PRONEWS

  • imgABOUT
  • imgTWI
  • imgFB
  • imgYTU
  1. トップ
  2.  > 
  3. 特集
  4.  > 
  5. [CES2015]Vol.06 生活を豊かにするIoT、生活をスマートにする“センサー”
News

[CES2015]Vol.06 生活を豊かにするIoT、生活をスマートにする“センサー”

#Report NOW! #CES2015

2015-01-09 掲載

txt:西村 真里子 構成:編集部

大幅に増床したEureka Parkで見えて来た事は?

CESにはEureka Park(エウレカパーク)と言われる世界のスタートアップ企業がソリューションや製品を展示する一角が準備されている。昨年までは文化祭のノリでギュッと中規模ホールに収められていたのだが、Sandsコンベンションセンターに移動し、今年は大手企業ブースと肩を並べるほどのエリア規模で展開されていた。

KickstarterやIndieGoGoなどのクラウドファンディングで資金を募っている企業が展示しているケースが多い。SONYなどの大手メーカーと近しいIoTアプローチをスタートアップ企業が進めておりCESでは双方比較できるのが面白い。これが新しい企業のカタチなのかもしれない。

そして今年はスタートアップ企業の製品のデザイン性が高くなった印象を受けた。ドローンで有名なフランスのParrot社(Vol.05で紹介)の影響かな?そもそもの文化的な背景も大きいと思うがフランスのスタートアップ企業製品はデザイン性に優れていて今すぐ欲しい!と思わせる製品がいくつかあった。

また、Samsungはセンサー技術を使ったスマートなオーブンDUAL DOORを紹介しCESイノベーションアワードを受賞していたが、CES全般として「センサー技術」が注目されていた。スタートアップ企業もセンサー技術を活用した新しい製品を紹介しており“センサー”も時代を読むキーワードとして重要であると感じた。さて、2日目CES2015現地レポートではスタートアップ企業を中心に、以下の切り口で展示を紹介する。

  • 生活を豊かにするIoT
  • デザイン性高い!フランスIoT製品

生活を豊かにするIoT

iHome防犯ソリューションや、哺乳瓶とスマホ連動の赤ちゃん向けソリューションなど日常の「あったらいいな」をCESスタートアップ企業は製品として提示してくれる。その中で筆者が感動したのがペット向けソリューションPETCUBEとモトローラのMotorola MultiCollar by Binatoneだ。

■PETCUBE/Motorola MultiCollar by Binatone

監視カメラ、スピーカーそしてレーザー搭載の小型デバイスを設置しておくと、遠隔地からでもペットに話しかけられるし、一緒に遊ぶことができる。スマホ上の専用アプリで監視カメラ経由の映像にタップをすると、その動きに応じてレーザーが発動し、ペットは気になってレーザーを追っかける。あたかも家庭内で猫ちゃんと一緒に遊んでいる疑似体験が遠隔地からも可能である。

筆者も愛猫をおいてラスベガス出張に来ているので、このソリューションがあれば留守番中の猫ちゃんとも遊べるのに、と今すぐにでも$199払って入手したくなった一品だ。

CES2015_Nishimura02_1 CES2015_Nishimura02_2

また、モトローラMotorola MultiCollar by Binatoneは、犬に装着することによって、飼い主が遠隔で犬の様子を知ることができる首輪型デバイス。カメラやスピーカー、GPSが搭載されており、飼い主はいつでも犬の位置を知ることができ、スピーカーから話しかけることもできる。映像ソリューションがペットと人間の距離を縮めてくれる。IoTありがとう。

CES2015_Nishimura02_3

デザイン性が高い!フランスIoT製品

筆者はParrot社の製品が大好きである。それはIoTソリューションとデザインが綺麗に融合している成功例と考えるからだ。CES2015でもParrot社はフィリップスタルクデザインのスポーツ特化型のワイヤレスヘッドセットParrot Zik Sportやキュートな植物向け第2世代の園芸用スマート・システムParrot Pot /Parrot H2Oを提供していたが、CESスタートアップブースでもフランス企業はデザイン性高い製品を紹介していた。

■ゴミ分別デバイス:R3D3 by Green CREATIVE

日本でもコンビニ横にペットボトル、プラスティック、缶の分別ゴミ箱があるが、今回紹介されていたR3D3はセンサー技術で分別ゴミを自動的に仕分けてくれる。一つのゴミ箱で上記3種類のゴミを分別してくれるのでスペースの削除になる、と同時にデザイン性高いので洒落たオブジェを置いているように見える。リンゴなど分別ゴミ以外のものは赤アラートが出て捨てられないので、ちゃんと分別ゴミだけが仕分けられる環境にも優しいデザイン性高いデバイスである。東京にもオリンピックに向けてデザイン性高いゴミ箱が街中に溢れるといいな(形状にあわせてネーミングもスターウォーズR2D2もじりでかわいい)。

CES2015_Nishimura02_4 デザイン性も優れているR3D3 CES2015_Nishimura02_4-c プラカップOK CES2015_Nishimura02_4_b リンゴはNG

まとめ

CES2015 Eureka Parkスタートアップ企業の製品群は昨年より展示数の多さだけではなく、レベルアップしていると感じた。一部使用用途不明の製品も展示されている愛嬌あるゾーンだが、クラウドファンディングですでに世間にお披露目している製品も多いだけに見応えあり。CESは大手企業とスタートアップ企業のトレンドが一気に確認できる貴重な展示会である、なぜなら新しいライフスタイルを妄想できるからなのだ。


txt:西村 真里子 構成:編集部
Vol.05 [CES2015] Vol.07

[ Category : , ]
[ DATE : 2015-01-09 ]
[ TAG : ]

この記事に関連する記事一覧

[CES2020]Vol.11 Crystal LEDとAtom Viewで実現するヴァーチャルセット最前線~まさにリアルを超える?!

txt:西村真里子・猪蔵・編集部 構成:編集部 リアルとバーチャルの境目がなくなる影像制作 CES 2020はそれまでのCESの歴史から大きくシフトを宣言している年であ... 続きを読む

[CES2020]Vol.10 テレビ局が不在でも完全に8Kが主流のCES2020

txt:江口靖二 構成:編集部 CES 2020の主流が「8K」となった理由 CES 2020では完全に8Kが主流である。グローバルで市場を牽引する中国とアメリカでは、... 続きを読む

[CES2020]Vol.09 「次の10年のエンターテインメント・プラットフォーム」とは?〜モバイル向け動画配信サービスQuibiスタート直前

txt:加藤薫(博報堂DYメディアパートナーズ) 構成:編集部 モバイル向けストリーミングサービス「Quibi」とは? 生活を変えるテクノロジーのショーケースとして... 続きを読む

[CES2020]Vol.08 日常が“つながる”と意外なものがメディアになる?未来の生活を彩るものたち

txt:平野陽子 (大広) 構成:編集部 2020年1月7日~1月10日、米国ラスベガスにて「CES 2020」が開催された。すでに多くのメディアで語られているが、再度振り返... 続きを読む

[CES2020]Vol.07 人工人間、身体性が問われるテクノロジー「NEONプロジェクト」

txt:西村真里子 構成:編集部 CES 2020で注目のテクノロジー「NEON」とは CES 2020の日本のスタートアップが出展するEureka Parkに... 続きを読む

[CES2020]Vol.06 目の付け所がAIなプロダクトが続々登場〜会場から見えてくるAIプロダクト達

txt:江口靖二 構成:編集部 進化する画像センサーがより良い未来を作る サムスンの「Ballie」は目の付け所がサムスンなプロダクトだ。百聞は一見にしかず、サムス... 続きを読む

[CES2020]Vol.05 航空会社として初基調講演。デルタ航空が考えるイノベーション〜パラレル リアリティ ディスプレイ

txt:江口靖二 構成:編集部 航空会社として初めての基調講演 CESでのキーノートには、例年家電メーカーであったり、インテルやクアルコムのようなチップ系のメーカー、最近では自... 続きを読む

[CES2020]Vol.04 より多くの人を集めるために〜CESにおける「見せ方」と「ブランディング」効果とは?

Audiのブースは上からキラキラしたリボンが無数に装飾されており、否が応でも足を踏み入れたくなる txt:清水幹太 構成:編集部 来場者の気を引く“見せ方”は多種多様 ... 続きを読む

[CES2020]Vol.03 一般化を迎えたカテゴリーに花開く、味わい深いプロダクトたち〜展示会スタート

txt:清水幹太 / 編集部 構成:編集部 いよいよ展示会が始まる MediaDayが終わり、CES展示会場での展示がいよいよ始まった。CESの他の展示会と大きく違う点... 続きを読む

特集記事

	
Shoot with Vlog cam Shoot with Vlog cam
個人の動画ブログ「Vlog」が隆盛するいま、Vlog用カメラを通して映像を撮ることを数回にわたり考える。
Camera Preview 2020 Camera Preview 2020 Part II
2019年から2020年春にかけて発表された話題の新製品やカメラシステムを紹介。
Camera Preview 2020 Camera Preview 2020 Part I
2019年から2020年春にかけて発表された話題の新製品やカメラシステムを紹介。
AfterCOVID-19 映像業界サバイバル AfterCOVID-19 映像業界サバイバル
社会的危機となっている新型コロナウイルス拡大の状況を分析し、今何が起こり、何が必要で、その後に何が訪れるのかを考えてみる。
Film Shooting Rhapsody 上映編 Film Shooting Rhapsody 上映編
16mmフィルムトライアルルームの荒木泰晴氏によるフィルム特集第2弾。今回はフィルム現像から紹介する。
再現:NAB2020 再現:NAB2020
米国ラスベガスにて開催予定だった世界最大の放送機器展覧会 2020 NAB Showでお披露目される予定だった内容を再現していく。
Film Shooting Rhapsody Film Shooting Rhapsody
16mmフィルムトライアルルームの荒木泰晴氏によるフィルム特集第2弾。
再現:CP+2020 再現:CP+2020
開催中止となってしまったCP+2020をPRONEWS誌面上で再現して行く。
CES2020 CES2020
米国ラスベガスで開催された世界最大の国際家電見本市 CES2020をレポート。
PRONEWS AWARD 2019 PRONEWS AWARD 2019
2019年は映像業界にとってどんな年だったのだろうか。PRONEWS AWARDで部門ごとに振り返る。
Inter BEE 2019 Inter BEE 2019
千葉幕張メッセにて開催される国際放送機器展“Inter BEE“をレポート。
InterBEE 2019の歩き方 InterBEE 2019の歩き方
今年もInterBEEの歩き方をジャンル別にピックアップし、6種類のコースを紹介。
Film Shooting Rhapsody Film Shooting Rhapsody
フィルム撮影の経験をしたい人に向けてフィルム撮影で必要な各種の工程について解説していく。
IBC2019 IBC2019
欧州最大の業務用映像・音響の専門展示会「IBC2019」をレポート。
新世紀シネマレンズ漂流 新世紀シネマレンズ漂流
シネマレンズを中心に一眼やミラーレスデジタルカメラの動画撮影機能と組み合わせて使われる交換レンズの最新動向を紹介する。
  1. トップ
  2.  > 
  3. 特集
  4.  > 
  5. [CES2015]Vol.06 生活を豊かにするIoT、生活をスマートにする“センサー”