PRONEWS

  • imgABOUT
  • imgTWI
  • imgFB
  • imgYTU
  1. トップ
  2.  > 
  3. 特集
  4.  > 
  5. [CP+2015]Vol.01 「FOCUS!フレームの向こうにある感動」〜各社から特徴のある新製品が多数出展される
News

[CP+2015]Vol.01 「FOCUS!フレームの向こうにある感動」〜各社から特徴のある新製品が多数出展される

#Report NOW! #CP+ #CP+2015

2015-02-13 掲載

CP+2015が開催。今年も大盛況!

2月12日~15日の期間中、パシフィコ横浜において「FOCUS!フレームの向こうにある感動」をテーマにCP+2015が開催されている。初日の午前中は「プレミアタイム」としてマスコミ関係者や招待者の来場が中心だが、一般来場者も入場料3,000円を支払えば入場可能ということもあって、午後からの一般入場を待ちきれずに多くの入場者が詰めかけた(当日一般入場は1,500円。ネットなどによる事前予約で無料に)。毎年午後からの一般入場が始まると堰を切ったように流れこんでくるのが半ば恒例となっているが、今年は午前中からの入場も多く午前中から大盛況であった。

CP2015_01_0601 8Kスーパーハイビジョン特別展示。紅白歌合戦などのコンテンツを迫力ある画像で見ることができる

今年はNHKによる8Kスーパーハイビジョン特別展示や4K映像体験コーナーが新たに開設され、来るべき4K/8K放送と写真の融合を予感させるような出展である。4Kシアターは来場者が持ち込んだ写真データを4Kモニターで表示できるというシステムだが、単に見せて体験させるだけでなく、SDやHDより規格上広い色域をもつ4Kのメリットを知らせる方法論もあったのではないかと思う。

CP2015_01_0606 4Kシアターでは来場者が持参したSDカードの画像を4Kディスプレイで見せてもらえる

iPodやスマホの撮影性能が向上し、コンパクトデジタルカメラ(コンデジ)は低迷しているようだが、コンデジならではの新たな機能や性能、用途を取り入れ、今年も各社から様々な新製品が登場している。すでにいちジャンルを築いたといえるアクションカメラや防振防塵対応のヘビーデューティー仕様のもの、ワンショットで360°撮影可能なパノラマカメラ、自分撮り、画質や機能にこだわったものなど、実にバラエティに富んでいる。スマホとの差別化といってしまえばそれまでだが、各社の思惑はそれだけではなさそうだ。

カメラ女子という言葉が定着した背景には女子高生の間で流行した使い捨てカメラ(レンズ付きフィルムカメラ)があったが、その後のプリクラの流行や現在の携帯(スマホ)のカメラ機能とソーシャルメディアを利用しているユーザーはどこに流れるのか。コンデジはそうしたユーザーを取り入れようとしているようだ。ただ、日常生活に密着した映像が多く、趣味的な要素も入るため特定用途に特化した製品となり、結果バラエティに富んだラインナップになってくるということであろう。

一方デジタル一眼は、ミラーレスが登場することで手軽になり、ライトなユーザーが増えるとともにマウントアダプターによりメーカーやマウントに関係なく新旧のレンズを装着できるようになり、新たな趣味の方向性が開けたといえるだろう。特に2012年からキヤノンも参列に加わり一つの流れができたといえる。数年前までのデジタル一眼による動画撮影は半ば当たり前となり、動画撮影を全面に出したアピールはなくなり、デジタル一眼の当然の機能となってきた。今年は35mmフルサイズのセンサーや高感度化、高画素化へ向かっている。

レンズもそうした背景もあり、手軽な製品だけでなくよりクオリティを追求したレンズが各社から出展されている。特にミラーレスが普及するにあたりメーカーをまたいで装着可能となったことも要因としてあるだろう。

さて、開催初日はこうした特徴的なコンデジのほか、デジタル一眼やレンズを中心に取り上げてみよう。

今年はアクションカメラや自分撮りなど、バラエティに富んだラインナップ

■パナソニック | LUMIX CM1
CP2015_01_0446

2090万画素の1インチCMOSセンサーを搭載しており、2cmほどの厚さで35mm判換算28mmの5群6枚構成のレンズを搭載している。マニュアルフォーカス機能やフィルターの装着が可能で、電子コンパス、加速度、ジャイロ、照度、近接、気圧と言ったセンサーや無線LANとBluetoothによる通信機能のほか、4G(LTE)、3G(WCDMA)、2G(GSM)に対応しておりGPSも備えている。携帯電話としても機能するので、スマホとカメラが合体したような製品といえる。

■エプソン | スマートグラスMOVERIO BT-200AV/BT-200
CP2015_01_0678

単に大画面を視聴できるだけでなく画面と同時に周りの状況も見えるほかOSとしてAndroidを搭載しているので、各種アプリで様々な楽しみ方が可能。

■オリンパス | AIR A01
CP2015_01_0827

スマホをファインダーとして利用するという発想は他社にもすでにあったものだが、OLYMPUS AIRをコントロールするSDKや製品のCADデータがオープンとなっており、自分なりのカメラを構築することが可能。この試みは「OPC Hack & Make Project」と称しコミュニティサイトが用意されている。

■キヤノン | EOS 5Ds R
CP2015_01_0105

35mmフルサイズ約5,060万画素のCMOSセンサーを搭載したデジタル一眼レフカメラ。ローパスフィルター効果をキャンセルした、EOS 5Dsの高解像バージョン。

■ニコン | 天体撮影専用の超高精細モデルD810A
CP2015_01_DSC_0379

D810と同様に光学ローパスフィルターレス仕様だが、撮像素子前面にある光学フィルターのHα(エッチアルファ)線の透過率をD810比で約4倍に引き上げており、一般的なデジタル一眼レフカメラでは撮影が難しいHα線の波長で発光する星雲を鮮やかに赤く写すことが可能だ。

■Carl Zeiss | Otus 85mm F1.4
CP2015_01_0547

非球面レンズや異常部分分散性の特殊ガラスを採用することで、優れた描写性能を達成した中望遠レンズ。FマウントおよびEFマウントが用意されている。4月発売予定。


[CP+2015] Vol.02

[ Category : , ]
[ DATE : 2015-02-13 ]
[ TAG : ]

この記事に関連する記事一覧

[CES2020]Vol.11 Crystal LEDとAtom Viewで実現するヴァーチャルセット最前線~まさにリアルを超える?!

txt:西村真里子・猪蔵・編集部 構成:編集部 リアルとバーチャルの境目がなくなる影像制作 CES 2020はそれまでのCESの歴史から大きくシフトを宣言している年であ... 続きを読む

[CES2020]Vol.10 テレビ局が不在でも完全に8Kが主流のCES2020

txt:江口靖二 構成:編集部 CES 2020の主流が「8K」となった理由 CES 2020では完全に8Kが主流である。グローバルで市場を牽引する中国とアメリカでは、... 続きを読む

[CES2020]Vol.09 「次の10年のエンターテインメント・プラットフォーム」とは?〜モバイル向け動画配信サービスQuibiスタート直前

txt:加藤薫(博報堂DYメディアパートナーズ) 構成:編集部 モバイル向けストリーミングサービス「Quibi」とは? 生活を変えるテクノロジーのショーケースとして... 続きを読む

[CES2020]Vol.08 日常が“つながる”と意外なものがメディアになる?未来の生活を彩るものたち

txt:平野陽子 (大広) 構成:編集部 2020年1月7日~1月10日、米国ラスベガスにて「CES 2020」が開催された。すでに多くのメディアで語られているが、再度振り返... 続きを読む

[CES2020]Vol.07 人工人間、身体性が問われるテクノロジー「NEONプロジェクト」

txt:西村真里子 構成:編集部 CES 2020で注目のテクノロジー「NEON」とは CES 2020の日本のスタートアップが出展するEureka Parkに... 続きを読む

[CES2020]Vol.06 目の付け所がAIなプロダクトが続々登場〜会場から見えてくるAIプロダクト達

txt:江口靖二 構成:編集部 進化する画像センサーがより良い未来を作る サムスンの「Ballie」は目の付け所がサムスンなプロダクトだ。百聞は一見にしかず、サムス... 続きを読む

[CES2020]Vol.05 航空会社として初基調講演。デルタ航空が考えるイノベーション〜パラレル リアリティ ディスプレイ

txt:江口靖二 構成:編集部 航空会社として初めての基調講演 CESでのキーノートには、例年家電メーカーであったり、インテルやクアルコムのようなチップ系のメーカー、最近では自... 続きを読む

[CES2020]Vol.04 より多くの人を集めるために〜CESにおける「見せ方」と「ブランディング」効果とは?

Audiのブースは上からキラキラしたリボンが無数に装飾されており、否が応でも足を踏み入れたくなる txt:清水幹太 構成:編集部 来場者の気を引く“見せ方”は多種多様 ... 続きを読む

[CES2020]Vol.03 一般化を迎えたカテゴリーに花開く、味わい深いプロダクトたち〜展示会スタート

txt:清水幹太 / 編集部 構成:編集部 いよいよ展示会が始まる MediaDayが終わり、CES展示会場での展示がいよいよ始まった。CESの他の展示会と大きく違う点... 続きを読む

特集記事

	
Shoot with Vlog cam Shoot with Vlog cam
個人の動画ブログ「Vlog」が隆盛するいま、Vlog用カメラを通して映像を撮ることを数回にわたり考える。
Camera Preview 2020 Camera Preview 2020 Part II
2019年から2020年春にかけて発表された話題の新製品やカメラシステムを紹介。
Camera Preview 2020 Camera Preview 2020 Part I
2019年から2020年春にかけて発表された話題の新製品やカメラシステムを紹介。
AfterCOVID-19 映像業界サバイバル AfterCOVID-19 映像業界サバイバル
社会的危機となっている新型コロナウイルス拡大の状況を分析し、今何が起こり、何が必要で、その後に何が訪れるのかを考えてみる。
Film Shooting Rhapsody 上映編 Film Shooting Rhapsody 上映編
16mmフィルムトライアルルームの荒木泰晴氏によるフィルム特集第2弾。今回はフィルム現像から紹介する。
再現:NAB2020 再現:NAB2020
米国ラスベガスにて開催予定だった世界最大の放送機器展覧会 2020 NAB Showでお披露目される予定だった内容を再現していく。
Film Shooting Rhapsody Film Shooting Rhapsody
16mmフィルムトライアルルームの荒木泰晴氏によるフィルム特集第2弾。
再現:CP+2020 再現:CP+2020
開催中止となってしまったCP+2020をPRONEWS誌面上で再現して行く。
CES2020 CES2020
米国ラスベガスで開催された世界最大の国際家電見本市 CES2020をレポート。
PRONEWS AWARD 2019 PRONEWS AWARD 2019
2019年は映像業界にとってどんな年だったのだろうか。PRONEWS AWARDで部門ごとに振り返る。
Inter BEE 2019 Inter BEE 2019
千葉幕張メッセにて開催される国際放送機器展“Inter BEE“をレポート。
InterBEE 2019の歩き方 InterBEE 2019の歩き方
今年もInterBEEの歩き方をジャンル別にピックアップし、6種類のコースを紹介。
Film Shooting Rhapsody Film Shooting Rhapsody
フィルム撮影の経験をしたい人に向けてフィルム撮影で必要な各種の工程について解説していく。
IBC2019 IBC2019
欧州最大の業務用映像・音響の専門展示会「IBC2019」をレポート。
新世紀シネマレンズ漂流 新世紀シネマレンズ漂流
シネマレンズを中心に一眼やミラーレスデジタルカメラの動画撮影機能と組み合わせて使われる交換レンズの最新動向を紹介する。
  1. トップ
  2.  > 
  3. 特集
  4.  > 
  5. [CP+2015]Vol.01 「FOCUS!フレームの向こうにある感動」〜各社から特徴のある新製品が多数出展される