PRONEWS

  • imgABOUT
  • imgTWI
  • imgFB
  • imgYTU
  1. トップ
  2.  > 
  3. 特集
  4.  > 
  5. [CP+2015]Vol.02 今年のカメラのトレンドを探る〜CP+の会場から
News

[CP+2015]Vol.02 今年のカメラのトレンドを探る〜CP+の会場から

#Report NOW! #CP+ #CP+2015

2015-02-15 掲載

ミラーレス一眼へトレンドの流れが変化

カメラは、デジタル一眼による動画撮影からミラーレス一眼へトレンドの流れが変わり、手軽にデジタル一眼のクォリティを手にできるミラーレスに各社ともに力を入れてきた。特にキヤノンの参入により活気づいてきたともいえるが、現行のデジタル一眼ほどレンズを初めとした周辺機器が揃っていないのが現状だ。フィルムカメラの時代から長い時間をかけて揃えてきたレンズのラインナップはミラーレス用にそのまま使えるとは限らず、新たに設計し直さなくてはならないことが多い実情もある。

毎年ミラーレス用の交換レンズは増えているが、比較的使用頻度が高い焦点距離のズームレンズが多く、単焦点のレンズはなかなか手がつけられないようである。というのも先鞭をつけて発売したパナソニックとオリンパスはマイクロフォーサーズでそれ以外のメーカーはセンサーサイズがまちまちだったり、マウントが異なるため互換性に問題があるからだろう。ちなみにCP+直前にマルチコプターのメーカーであるDJIや中国のレンズメーカーJCD Optical、放送機器などを手がけるフローベルと言ったメーカーもマイクロフォーサーズに参入しているので今後に期待が持てそうである。

CP2015_02_01 初日、二日目と週末に向けて来場者は増えていく

一方カメラ本体は新たなセンサーへの対応や画像エンジンのデバイスが新しくなるなど、毎年のように新製品が発売されている。すでにほとんどのカメラメーカーは35mmフルサイズ対応のレンズとAPS対応のレンズラインナップを揃えているが、今年は更に新製品のレンズが登場している。

一例を上げてみるとソニーは35mmフルサイズ対応のFEレンズDistagon T*35mmF1.4のほか、FE90mmF2.8MacroやFE28mmF2、FE24-240mmF3.5-6.3の4本を、キヤノンは超広角ズームレンズEF11-24mmF4L USMを、ニコンはDXフォーマットのNIKKOR 55-200mmとAF-S NIKKOR 300mmの2本、パナソニックはマイクロフォーサーズ対応の30mmF2マクロレンズを新製品として発表。

レンズ専業メーカーは、シグマが24mm F1.4 DG HSMと150-600mm F5-6.3 DG OS HSMの2本、タムロンはSP 15-30mm F/2.8 Di VC USD、28-300mm F/3.5-6.3 Di VC PZD、14-150mm F/3.5-5.8 Di III、18-200mm F/3.5-6.3 Di III VC、16-300mm F/3.5-6.3 Di II VC PZD MACRO、SP 150-600mm F/5-6.3 Di VC USDの6本、トキナーはAT-X 24-70mm F2.8 PRO FX、AT-X 11-20 PRO DXの2本が主な新製品だ。

■キヤノン EF11-24mmF4L USM
CP2015_02_0204 非球面レンズやUDレンズをふんだんに採用したキヤノン超広角ズームレンズEF11-24mmF4L USM CP2015_02_5953 EF11-24mmF4L USMのカットモデル
■ソニー FEレンズシリーズ
CP2015_02_0086 ソニーは35mmフルサイズ対応のFEレンズDistagon T*35mmF1.4のほか、FE90mmF2.8MacroやFE28mmF2、FE24-240mmF3.5-6.3の4本とワイドコンバーター、ウルトラワイドコンバーターを新製品として出品
■タムロン SP 15-30mm F/2.8 Di VC USD
CP2015_02_0867 タムロンのSP 15-30mm F/2.8 Di VC USD
■シグマ 150-600mm F5-6.3 DG OS HSM | Sports
CP2015_02_0123 最高レベルの光学性能と運動性能を追求したSIGMA 150-600mm F5-6.3 DG OS HSM | Sportsと持ち運びや長時間の手持ち撮影を考慮した小型軽量が売りのSIGMA 150-600mm F5-6.3 DG OS HSM | Contemporary
■富士フイルム Xマウントレンズシリーズ
CP2015_02_0265 富士フイルムが出展していた新製品のXマウントレンズXC16-50mm F3.5-5.6 OIS IIとXC50-230mm F4.5-6.7 OIS II
■パナソニック マイクロフォーサーズ対応30mmF2マクロレンズ
CP2015_02_0465 パナソニックのマイクロフォーサーズ対応30mmF2マクロレンズ
■SAMYANG12mmF2.8ED AS Fisheye
CP2015_02_0509 ケンコー/トキナーが扱うSAMYANGの12mmF2.8ED AS Fisheye
■TOKINA CINEMA PLマウントレンズ11-16mmT3
CP2015_02_0524 ケンコー/トキナーが扱うCINEMAのPLマウントレンズ11-16mmT3

CP+今年のトレンドとは?

さて、こうしたことを背景に今年のCP+のトレンドを探ってみると、大判センサーを採用したカメラとレンズの2つと言えるだろう。センサーは半導体製造技術で作られるものなので、量産しなくては品質の良い(歩留まりの良い)ものが望めないばかりかコストダウンすることが不可能だ。一眼カメラだけでなくコンデジなどにも同じセンサーを使うことで解決しようという方向性が見えてくる。画像エンジンも同様でメーカーによってはビデオカメラにも搭載しており、コスト的に少しでも他社より有利にしていこうという企業努力がみられる。

大判センサーを搭載した主なカメラとしては、ニコンD810A、D5500、パナソニックDMC-GF7、DMC-CM1、SIGMA dp0 Quattro、dp3 Quattro、キヤノンEOS 8000D、EOS 5Ds、EOS M3、EOS Kiss X8iなどが新製品として出展されていた。

■キヤノンEOS 5Ds
CP2015_02_0107
■ニコンD5500
CP2015_02_0298 ニコンD5500のカットモデル
■ニコン1
CP2015_02_0333 1インチ相当のセンサーを搭載したコンパクトミラーレス一眼ニコン1
■パナソニックGH4
CP2015_02_0421 有効画素数約1,605万画素のLive MOSセンサーを搭載しているGH4
Vol.01 [CP+2015] Vol.03

[ Category : , ]
[ DATE : 2015-02-15 ]
[ TAG : ]

この記事に関連する記事一覧

[CES2020]Vol.11 Crystal LEDとAtom Viewで実現するヴァーチャルセット最前線~まさにリアルを超える?!

txt:西村真里子・猪蔵・編集部 構成:編集部 リアルとバーチャルの境目がなくなる影像制作 CES 2020はそれまでのCESの歴史から大きくシフトを宣言している年であ... 続きを読む

[CES2020]Vol.10 テレビ局が不在でも完全に8Kが主流のCES2020

txt:江口靖二 構成:編集部 CES 2020の主流が「8K」となった理由 CES 2020では完全に8Kが主流である。グローバルで市場を牽引する中国とアメリカでは、... 続きを読む

[CES2020]Vol.09 「次の10年のエンターテインメント・プラットフォーム」とは?〜モバイル向け動画配信サービスQuibiスタート直前

txt:加藤薫(博報堂DYメディアパートナーズ) 構成:編集部 モバイル向けストリーミングサービス「Quibi」とは? 生活を変えるテクノロジーのショーケースとして... 続きを読む

[CES2020]Vol.08 日常が“つながる”と意外なものがメディアになる?未来の生活を彩るものたち

txt:平野陽子 (大広) 構成:編集部 2020年1月7日~1月10日、米国ラスベガスにて「CES 2020」が開催された。すでに多くのメディアで語られているが、再度振り返... 続きを読む

[CES2020]Vol.07 人工人間、身体性が問われるテクノロジー「NEONプロジェクト」

txt:西村真里子 構成:編集部 CES 2020で注目のテクノロジー「NEON」とは CES 2020の日本のスタートアップが出展するEureka Parkに... 続きを読む

[CES2020]Vol.06 目の付け所がAIなプロダクトが続々登場〜会場から見えてくるAIプロダクト達

txt:江口靖二 構成:編集部 進化する画像センサーがより良い未来を作る サムスンの「Ballie」は目の付け所がサムスンなプロダクトだ。百聞は一見にしかず、サムス... 続きを読む

[CES2020]Vol.05 航空会社として初基調講演。デルタ航空が考えるイノベーション〜パラレル リアリティ ディスプレイ

txt:江口靖二 構成:編集部 航空会社として初めての基調講演 CESでのキーノートには、例年家電メーカーであったり、インテルやクアルコムのようなチップ系のメーカー、最近では自... 続きを読む

[CES2020]Vol.04 より多くの人を集めるために〜CESにおける「見せ方」と「ブランディング」効果とは?

Audiのブースは上からキラキラしたリボンが無数に装飾されており、否が応でも足を踏み入れたくなる txt:清水幹太 構成:編集部 来場者の気を引く“見せ方”は多種多様 ... 続きを読む

[CES2020]Vol.03 一般化を迎えたカテゴリーに花開く、味わい深いプロダクトたち〜展示会スタート

txt:清水幹太 / 編集部 構成:編集部 いよいよ展示会が始まる MediaDayが終わり、CES展示会場での展示がいよいよ始まった。CESの他の展示会と大きく違う点... 続きを読む

特集記事

	
Shoot with Vlog cam Shoot with Vlog cam
個人の動画ブログ「Vlog」が隆盛するいま、Vlog用カメラを通して映像を撮ることを数回にわたり考える。
Camera Preview 2020 Camera Preview 2020 Part II
2019年から2020年春にかけて発表された話題の新製品やカメラシステムを紹介。
Camera Preview 2020 Camera Preview 2020 Part I
2019年から2020年春にかけて発表された話題の新製品やカメラシステムを紹介。
AfterCOVID-19 映像業界サバイバル AfterCOVID-19 映像業界サバイバル
社会的危機となっている新型コロナウイルス拡大の状況を分析し、今何が起こり、何が必要で、その後に何が訪れるのかを考えてみる。
Film Shooting Rhapsody 上映編 Film Shooting Rhapsody 上映編
16mmフィルムトライアルルームの荒木泰晴氏によるフィルム特集第2弾。今回はフィルム現像から紹介する。
再現:NAB2020 再現:NAB2020
米国ラスベガスにて開催予定だった世界最大の放送機器展覧会 2020 NAB Showでお披露目される予定だった内容を再現していく。
Film Shooting Rhapsody Film Shooting Rhapsody
16mmフィルムトライアルルームの荒木泰晴氏によるフィルム特集第2弾。
再現:CP+2020 再現:CP+2020
開催中止となってしまったCP+2020をPRONEWS誌面上で再現して行く。
CES2020 CES2020
米国ラスベガスで開催された世界最大の国際家電見本市 CES2020をレポート。
PRONEWS AWARD 2019 PRONEWS AWARD 2019
2019年は映像業界にとってどんな年だったのだろうか。PRONEWS AWARDで部門ごとに振り返る。
Inter BEE 2019 Inter BEE 2019
千葉幕張メッセにて開催される国際放送機器展“Inter BEE“をレポート。
InterBEE 2019の歩き方 InterBEE 2019の歩き方
今年もInterBEEの歩き方をジャンル別にピックアップし、6種類のコースを紹介。
Film Shooting Rhapsody Film Shooting Rhapsody
フィルム撮影の経験をしたい人に向けてフィルム撮影で必要な各種の工程について解説していく。
IBC2019 IBC2019
欧州最大の業務用映像・音響の専門展示会「IBC2019」をレポート。
新世紀シネマレンズ漂流 新世紀シネマレンズ漂流
シネマレンズを中心に一眼やミラーレスデジタルカメラの動画撮影機能と組み合わせて使われる交換レンズの最新動向を紹介する。
  1. トップ
  2.  > 
  3. 特集
  4.  > 
  5. [CP+2015]Vol.02 今年のカメラのトレンドを探る〜CP+の会場から