PRONEWS

  • imgABOUT
  • imgTWI
  • imgFB
  • imgYTU

トップ > 特集 > [CP+2015]ニコンブース:強力な手ぶれ補正機能を搭載したコンパクトデジタルカメラや望遠レンズの新製品が登場

News

[CP+2015]ニコンブース:強力な手ぶれ補正機能を搭載したコンパクトデジタルカメラや望遠レンズの新製品が登場

2015-02-16 掲載

ニコンの今年の新製品は、天体撮影専用超高精細デジタル一眼レフカメラD810Aおよび小型・軽量&タッチ操作のD5500の2機種で、コンパクトデジタルカメラは光学30倍ズームに広視野角の3型バリアングル液晶モニターを搭載したCOOLPIX S9900、光学20倍ズームで薄型ボディーのCOOLPIX S7000、光学60倍ズームと高性能手ブレ補正機能を搭載したCOOLPIX P610、水深30m防水と耐衝撃性能を備えたCOOLPIX AW130などで、2011年の発売から毎年新機種のカメラを発表していたミラーレス一眼Nikon 1シリーズの新製品はなかった。すでにレンズなどのラインナップは揃っているもののカメラ本体の新製品がなかったのは個人的には残念だ。

ニコンは2012年から毎年35mmフルサイズ相当のFXフォーマットデジタル一眼レフカメラの新製品を出しており、中級以上はフルサイズの一眼へ、DXフォーマットのエントリークラスの入門向けデジタル一眼はNikon 1のようなミラーレス一眼に収束していく方向かと思っていたがどうやらそうではないらしい。

cp2015_Nikon_0322 ハンズオンのコーナーは常に順番待ちの行列ができていた

一方コンパクトデジタルカメラは20倍以上の高倍率ズームレンズを搭載したモデルが3機種新製品として登場しており、スマホのカメラでは絶対に真似のできない領域を狙っているようだ。これは、強力な手ブレ補正機能を搭載していないと意味が無いことであり、実際そのあたりの性能を体感すべくハンズオンのコーナーは賑やかだった。

cp2015_Nikon_0296 望遠レンズのハンズオンコーナー。重量の関係か、よく見るとビデオ用のボールヘッドを使っている

レンズの新製品は、大幅な小型軽量化とより強力な手ブレ機能を搭載したAF-S 300mm F4 PF ED VRと、沈胴機構を採用することで小型軽量化を図ったAF-S DX 55-200mm F4-5.6 ED VR IIの2機種となっている。いずれも望遠系のレンズだが、小型軽量化と強力な手ぶれ補正という組み合わせとなっており、カメラ本体の小型軽量化に合わせたものといえるだろう。

今回新製品として発表したD5500は「世界最小・最軽量、薄型ボディー」を特徴として謳っており、AF-S 55-200mmは標準ズームとともにセット販売をねらったものと思われるが、2014年2月6日発売のD3300のダブルズームキット2として販売されるようである。AF-S 300mmは35mmフルサイズ対応のレンズということもあり、価格的にみて報道などプロ向けかマニア向けのレンズである。

cp2015_Nikon_DSC_0379 デジタル一眼D810A。赤外線カットフィルターの透過特性を天体撮影用に変更したほか最長900秒までの露光時間を設定できる長時間露光マニュアルモードや、ピント合わせや構図調整に便利な30秒より長い露光時間設定時のライブビューにおけるプレビュー機能など、天体撮影用に特化したカメラ cp2015_Nikon_DSC_0381 デジタル一眼D810A紹介コーナー cp2015_Nikon_DSC_0300 世界最小・最軽量、薄型ボディーのD5500。D5300とカメラ内部の回路基板の比較をしているほか、高剛性炭素繊維複合材料を採用したモノコックボディにより堅牢性と小型化を実現した cp2015_Nikon_0349 COOLPIX S9900。光学30倍ズームのほか、暗い場所でもキレイに撮れる「夜撮りキレイテクノロジー」やWi-Fiによるスマホとの連携操作、綺麗撮りのための各種シーンモードの搭載、高速連写機能、内蔵世界地図など多彩な機能をコンパクトなボディに凝縮したモデル cp2015_Nikon_DSC_0347 COOLPIX S7000。薄型ボディーに光学20倍ズームを搭載したほか、各種シーンモードやスマホとの連携機能、笑顔の瞬間を自動撮影するベストフェイスモードなどを搭載している cp2015_Nikon_0352 COOLPIX P610。超望遠1440mm相当までの焦点距離をカバーする光学60倍の超高倍率ズームを搭載しているほか、電子ズーム領域でも最大約2880mm相当まで撮影可能。また、レンズ前約1cmまで被写体に近づいて撮影できるマクロAFも搭載している。よく使う焦点距離へすばやく移動するズームメモリー、AFエリア自動追尾機能などを装備している cp2015_Nikon_DSC_0357 COOLPIX AW130。水深30mまでの本格防水および耐衝撃や耐寒、防塵性能に優れたカメラで、35mm判換算24mm相当からの光学5倍ズームを搭載している。内蔵GPSによる移動ルートログ機能や内蔵世界地図、高度計/水深計、気圧/水圧表示などアウトドアで便利な機能も搭載している cp2015_Nikon_DSC_0383 デジタル一眼でいち早くHD動画撮影機能を搭載したニコンのD-MOVIE。現在D4s/D810/D7100/D5500/D5300/D3300/D750/D610などのデジタル一眼が対応しており、NABでもブースを出してPRしている cp2015_Nikon_DSC_0324 レーザー距離計COOLSHOT 40。ゴルフで使われることが多いそうだが、シネスタイルの撮影でも距離が長い場合利用できそうだ。7.5~590mまでの直線距離が測定できる

[ Category : ]
[ DATE : 2015-02-16 ]
[ TAG : ]

この記事に関連する記事一覧

[4K・8K映像技術展Report]Vol.07 ニコンブース:配信やカメラコントロールが可能な4Kワンオペライブ配信ソリューションを展示

少人数でもライブ配信が可能な4Kワンオペライブ配信ソリューション ニコンは、一眼カメラやミラーレスカメラでお馴染みのニコンは、動画のライブ配信をするためのワンマンオペレーショ... 続きを読む

[Digital Cinema Bülow VIII~Cine Gear 2019]Vol.11 ニコン、フルフレームミラーレスカメラで12ビットProRes Raw出力対応「Z 7」を展示

txt・構成:編集部 3:2のフルフレームセンサーを16:9に上下カットした形で収録可能予定 Cine Gear展示エリアに、ニコンはブース出展していない。しかし、AT... 続きを読む

[NAB2019:Nikon]フルサイズミラーレスカメラ「ニコン Z 7」「ニコン Z 6」を展示。映像撮影に必要なものをワンパッケージにした「Z 6フィルムメーカーズキット」にも注目

360°全天球動画 Insta360 ONE Xで撮影した360°全天球動画です。視点変更機能を利用するにはPC版Google ChromeブラウザおよびiOS/An... 続きを読む

[CP+2019]プロ向け動画エリア:カメラ、レンズ、周辺機器などの動画ソリューションを一気に堪能!

CP+会期中の2月28日と3月1日の2日間、パシフィコ横浜の会議センター3階ではプロ向け動画エリアが設けられ、主に動画撮影に必要なカメラやレンズ、撮影機材などのメーカー14社が出展... 続きを読む

[CP+2019]HK YONGNUO LIMITEDブース:キヤノンEFマウント搭載のスマートフォン型カメラを展示

中国のカメラアクセサリーメーカーのYongnuoは、特にスピードライトや交換レンズでお馴染みのメーカーで、交換レンズはAFに対応したラインナップを揃えていることでも有名だ。 ... 続きを読む

[CP+2019]サイトロンジャパン/Anhui Changgeng Opticsブース:話題の中国レンズメーカーがシネマレンズを発表。シネズームとプライムレンズを展示

PLマウントのシネマズームでシネマ業界に参入 Anhui Changgeng Optics Technologyは中国に本社を置くメーカーで、LAOWAブランドでお馴染み... 続きを読む

[CP+2019]パナソニックブース:LUMIX Sシリーズの体験コーナーに大行列ができるほどの大盛況

パナソニックのフルサイズミラーレス体験コーナーが大盛況 パナソニックブースの注目はなんといってもLUMIX Sシリーズの展示だ。パナソニックブースには長い行列ができていて、体... 続きを読む

[CP+2019]ニッシンジャパンブース:マシンガンストロボの後継機種が2機種登場。待望のクリップオンタイプも展示

クオーツ発光管のモデルが2機種登場。MG10を含めて3ラインナップへ ブース側面に設置されていたタッチ&トライコーナー ニッシンは2012年に高耐熱クオーツ管搭載マ... 続きを読む

[CP+2019]アドビ システムズブース:動画編集で注目のPremiere RushやPhotoshop、Lightroomのショートセミナーを今年も実施

今年のアドビブースはPremiere Rushを一押し アドビはCP+に2017年から出展を始めて、今年で3年目。展示ブースは毎年ショートセッションがメインで、今年も1日15... 続きを読む

特集記事

SIGGRAPH2019 SIGGRAPH2019
世界最大のコンピュータグラフィックスとインタラクティブ技術に関する学会・展示会SIGGRAPH2019をレポート。
QBEE2019 QBEE2019
九州放送機器展(QBEE)をいつもの会場練り歩き方式でレポート。
4K・8K映像技術展Report 4K・8K映像技術展Report
東京ビッグサイト青海展示棟にて開催された4K・8K映像技術などの最新技術が一堂に出展する「通信・放送Week2019」をレポート。
DSJ2019 DSJ2019
幕張メッセで開催された国内最大のデジタルサイネージの展示会「DSJ2019」をレポート。
Digital Cinema Bülow VIII~Cine Gear 2019 Digital Cinema Bülow VIII~Cine Gear 2019
米国ハリウッドのパラマウントスタジオ内で開催された映画撮影機材の専門展示会「Cine Gear Expo」をレポート。
After Beat NAB SHOW 2019 After Beat NAB SHOW 2019
東京・秋葉原のUDXにて開催されたAfter NAB Show 2019をレポート。
NAB2019 NAB2019
米国ネバダ州ラスベガスにて開催される世界最大の放送機器展覧会「NAB2019」をレポート。
SXSW2019 SXSW2019
テキサス州オースティンで開催されたSXSW2019をレポート。
CP+2019 CP+2019
パシフィコ横浜にて開催されたカメラと写真の総合展示会「CP+2019」をレポート。
Film Shooting Rhapsody Film Shooting Rhapsody
いまだから知っておきたいフィルムの現状や伝統的な技術などを紹介する。
CES2019 CES2019
米国ラスベガスで開催された世界最大の国際家電見本市 CES2019をレポート。
PRONEWS AWARD 2018 PRONEWS AWARD 2018
2018年は映像業界にとってどんな年だったのだろうか。PRONEWS AWARDで部門ごとに振り返る。
10万円以下のジンバル選び 10万円以下のジンバル選び
一層注目が増している小型カメラジンバルをDJIやZHIYUN、FEIYU TECH、FILMPOWERの4社5機種に渡って比較紹介。
Inter BEE 2018 Inter BEE 2018
千葉幕張メッセにて開催される国際放送機器展“Inter BEE“をレポート。
InterBEE 2018の歩き方 InterBEE 2018の歩き方
今年もInterBEEの歩き方をジャンル別にピックアップし、6種類のコースを紹介。

トップ > 特集 > [CP+2015]ニコンブース:強力な手ぶれ補正機能を搭載したコンパクトデジタルカメラや望遠レンズの新製品が登場