PRONEWS

  • imgABOUT
  • imgTWI
  • imgFB
  • imgYTU
  1. トップ
  2.  > 
  3. 特集
  4.  > 
  5. [CP+2015]シグマブース:撮影に応じて選択可能な「SIGMA dp0 Quattro」4機種をラインナップ
News

[CP+2015]シグマブース:撮影に応じて選択可能な「SIGMA dp0 Quattro」4機種をラインナップ

#CP+ #CP+2015 #SIGMA

2015-02-16 掲載

同社は一貫してデジタルカメラにFoveonセンサーを採用しているが、今年はRGB3層構造に輝度の層をプラスし4層構造としたFoveon Quattroセンサーを搭載したSIGMA dp0 QuattroとSIGMA dp3 Quattroを出展した。すでに発売されいるdp1 Quattroとdp2 Quattroを含め4機種がラインナップされたことで、撮影目的に応じて21mm(SIGMA dp0 Quattro)、28mm(SIGMA dp1 Quattro)、45mm(SIGMA dp2 Quattro)、75mm(SIGMA dp3 Quattro)、90mm(dp3 Quattro専用の1.2倍テレコンバーター装着)の中から最適な選択が可能となった。

レンズの新製品は24mm F1.4 DG HSMと150-600mm F5-6.3 DG OS HSM | Contemporaryの2本となっており、Artシリーズの単焦点レンズ30mm F1.4 DC HSM、35mm F1.4 DG HSM、50mm F1.4 DG HSMに24mmの広角レンズが加わった。150-600mmというレンジの望遠ズームは150-600mm F5-6.3 DG OS HSM | Sportがすでにあるが、今回発表となったのは光学系は同じで小型軽量化を図ったモデルとなっている。

その他新製品としてSIGMA dp3 Quattro専用コンバージョンレンズFT-1201、SIGMA 150-600mm F5-6.3 DG OS HSM | Sportsに取り付け可能なTRIPOD SOCKET TS-81が出展された。

cp2015_sigma_0128 SIGMA dp0 Quattro。Quattroセンサーに最適化した専用設計の超高性能14mm F4レンズ(35mm版カメラ換算21mm相当の画角)を搭載した超広角モデル cp2015_sigma_DSC_0132 SIGMA dp3 Quattro。50mm F2.8レンズ(35mm版カメラ換算75mm相当の画角)を搭載したモデルで、本格的なマクロ撮影が可能なほか別売りの専用コンバージョンレンズFT-1201で焦点距離を1.2倍にすることも可能 cp2015_sigma_0154 SIGMA 24mm F1.4 DG HSM | Art。サジタルコマフレア、色収差、歪曲収差、周辺減光などを追い込み、滲みや歪みのほとんどないクラス最高レベルの性能を実現。サジタルコマフレアは、特に大口径レンズで発生しやすい収差で、レンズの最後部に非球面レンズを配し、光の入射角度を調整するなどでF1.4開放から高い描写性能を発揮。天体やイルミネーションの撮影おいて点光源のにじみの少ない描写が可能 cp2015_sigma_0123 SIGMA 150-600mm F5-6.3 DG OS HSM | Contemporary、SIGMA 150-600mm F5-6.3 DG OS HSM | Sportsの比較をわかりやすく展示。同じ光学系を採用しているので、レンズ性能は同じだが形状などが若干異なり使い勝手の違いが気になるところ

[ Category : ]
[ DATE : 2015-02-16 ]
[ TAG : ]

この記事に関連する記事一覧

[Camera Preview 2020]Vol.11 SIGMA fpとBlackmagic Video Assist 12G HDRでBlackmagic RAW収録を試す

txt:伊藤格 構成:編集部 SIGMA fp firmware version 2 & Blackmagic Video Assist 12G HDR SIGMA f... 続きを読む

[InterBEE2019]シグマブース:クラシカルな映像表現を可能にした「Classic Prime Line」や、小型シネマカメラ「SIGMA fp」を展示

解像感とクラシカルな映像表現を両立したClassic Prime Line登場 ガラスケースの手前側がClassic Prime Lineの展示。High Speed... 続きを読む

[IBC2019]Vol.07 SIGMA fp発売直前、一台のカメラに二つのカメラが共存する!?山木社長と若松氏に聞く

シグマ代表取締役社長 山木和人氏(左)と、商品企画部の若松大久真氏(右)txt・構成:編集部 いよいよ発売直前。気になる時期と販売価格は? 7月に発表されたSIGMA ... 続きを読む

[NAB2019:SIGMA]プライムレンズの新製品「28mm T1.5 FF」「40mm T1.5 FF」「105mm T1.5 FF」や、ほぼすべてのスチル用交換レンズを展示

SIGMAブース動画 360°全天球動画 Insta360 ONE Xで撮影した360°全天球動画です。視点変更機能を利用するにはPC版Google C... 続きを読む

[NAB2019]SIGMAブース(動画)

NAB2019のSIGMAブース動画です。 ... 続きを読む

[CP+2019]プロ向け動画エリア:カメラ、レンズ、周辺機器などの動画ソリューションを一気に堪能!

CP+会期中の2月28日と3月1日の2日間、パシフィコ横浜の会議センター3階ではプロ向け動画エリアが設けられ、主に動画撮影に必要なカメラやレンズ、撮影機材などのメーカー14社が出展... 続きを読む

[CP+2019]HK YONGNUO LIMITEDブース:キヤノンEFマウント搭載のスマートフォン型カメラを展示

中国のカメラアクセサリーメーカーのYongnuoは、特にスピードライトや交換レンズでお馴染みのメーカーで、交換レンズはAFに対応したラインナップを揃えていることでも有名だ。 ... 続きを読む

[CP+2019]サイトロンジャパン/Anhui Changgeng Opticsブース:話題の中国レンズメーカーがシネマレンズを発表。シネズームとプライムレンズを展示

PLマウントのシネマズームでシネマ業界に参入 Anhui Changgeng Optics Technologyは中国に本社を置くメーカーで、LAOWAブランドでお馴染み... 続きを読む

[CP+2019]パナソニックブース:LUMIX Sシリーズの体験コーナーに大行列ができるほどの大盛況

パナソニックのフルサイズミラーレス体験コーナーが大盛況 パナソニックブースの注目はなんといってもLUMIX Sシリーズの展示だ。パナソニックブースには長い行列ができていて、体... 続きを読む

特集記事

ATEM WORLD ATEM WORLD
ラインナップ充実のATEM Miniシリーズの選び方や使いこなしをご紹介。
SIGGRAPH2020 SIGGRAPH2020
オンライン開催されたVFXの祭典・SIGGRAPH2020をレポート。
映像基礎講座 映像基礎講座
映像の基本や基礎知識を学ぶ。映像制作初心者はもちろん、熟練者ももう一度初心に立ち返ろう。
	
Shoot with Vlog cam Shoot with Vlog cam
個人の動画ブログ「Vlog」が隆盛するいま、Vlog用カメラを通して映像を撮ることを数回にわたり考える。
Camera Preview 2020 Camera Preview 2020 Part II
2019年から2020年春にかけて発表された話題の新製品やカメラシステムを紹介。
Camera Preview 2020 Camera Preview 2020 Part I
2019年から2020年春にかけて発表された話題の新製品やカメラシステムを紹介。
AfterCOVID-19 映像業界サバイバル AfterCOVID-19 映像業界サバイバル
社会的危機となっている新型コロナウイルス拡大の状況を分析し、今何が起こり、何が必要で、その後に何が訪れるのかを考えてみる。
Film Shooting Rhapsody 上映編 Film Shooting Rhapsody 上映編
16mmフィルムトライアルルームの荒木泰晴氏によるフィルム特集第2弾。今回はフィルム現像から紹介する。
再現:NAB2020 再現:NAB2020
米国ラスベガスにて開催予定だった世界最大の放送機器展覧会 2020 NAB Showでお披露目される予定だった内容を再現していく。
Film Shooting Rhapsody Film Shooting Rhapsody
16mmフィルムトライアルルームの荒木泰晴氏によるフィルム特集第2弾。
再現:CP+2020 再現:CP+2020
開催中止となってしまったCP+2020をPRONEWS誌面上で再現して行く。
CES2020 CES2020
米国ラスベガスで開催された世界最大の国際家電見本市 CES2020をレポート。
PRONEWS AWARD 2019 PRONEWS AWARD 2019
2019年は映像業界にとってどんな年だったのだろうか。PRONEWS AWARDで部門ごとに振り返る。
Inter BEE 2019 Inter BEE 2019
千葉幕張メッセにて開催される国際放送機器展“Inter BEE“をレポート。
InterBEE 2019の歩き方 InterBEE 2019の歩き方
今年もInterBEEの歩き方をジャンル別にピックアップし、6種類のコースを紹介。
  1. トップ
  2.  > 
  3. 特集
  4.  > 
  5. [CP+2015]シグマブース:撮影に応じて選択可能な「SIGMA dp0 Quattro」4機種をラインナップ