PRONEWS

  • imgABOUT
  • imgTWI
  • imgFB
  • imgYTU
  1. トップ
  2.  > 
  3. 特集
  4.  > 
  5. [SXSW2015]Vol.00 SXSW(サウス・バイ・サウスウエスト)とは一体何なのか?
News

[SXSW2015]Vol.00 SXSW(サウス・バイ・サウスウエスト)とは一体何なのか?

#Report NOW! #SXSW2015

2015-03-23 掲載

参加した誰もが熱狂と感動に包まれオースティンを後にするSXSWとは?

SXSW(The South by Southwest:サウス・バイ・サウスウエスト:以下SXSW)は、テキサス州オースティンで開催されるイベントである。「Music」、「Interactive」、「Film」と三つのカテゴリーを中心に1000を超えるセッションや展示会から構成される。今年も3月13日から21日まで開催された。

SXSW2015_00_01 メイン会場はオースティンコンベンションセンターだが、周辺のホテルや公共施設も会場となる

元々は、オースティンで活躍するとある音楽マネージャーの呼びかけで始まったこのイベントは、1986年に地元の音楽関係者が開催したインディー音楽の見本市がその起源となり、1994年「Multimedia (Interactive)」、「Film」部門が設置された。現在のイベント形態が確立されたのは、Interactive部門が設置された1998年頃。またSXSWの由来は、映画「North by Northwest」(北北西に進路を取れ)に由来している。 オースティンコンベンションセンターを中心に市街のホテルや店舗を巻き込んでの開催で、関係ない市民でも参加してしまう街を挙げての一大イベントとなっている。

SXSW2015_00_02 会場周辺では、フライヤーや告知が貼られて行く。この時期は貼られた告知物を撤去しやすいようにゴミ箱や柱がラップにくるまれる SXSW2015_00_03コンベンションセンター近くのホテルやレストラン施設でも多くのセッションが開催される。(Yahoo!セッションより)

最近では”SXSWedu”、”SXSW V2V”、”SXSW Trade Show”など分科会が年々増殖して、その勢いは止まらない。その他のショーやカンファレンス等への参加者も含めるとのべ10万人を超えるビッグイベントである。チケットが$600〜1745と高価であるにもかかわらずSXSWが注目を集めている事からも窺い知れるだろう。ただし、この数はあくまでトレードショーやカンファレンスへの参加者のみ数であり、実際にはMusic期間中に街中で行われるライブへの参加者、及びそのアーティストの数を含めると、その数は測り知れない。

SXSW2015_00_7 Interactiveセッションでは、イラストによって内容が中継されるグラフィックレコーディングが名物。復習するのにぴったり! (C)shigeru Kobayashi

インディーズ音楽見本市であったSXSWが世に知れ渡ったきっかけは、2007年にTwitterがSXSWアワードを受賞し、世界的にブレイクしたことに端を発する。もちろんInteractive分野に留まらず、新しい情報や知的刺激を求める起業家からプログラマ、ジャーナリストら、IT関連の人々が一同に介する。またFilm部門であれば、映画監督、プロデューサー、俳優、TV局関連の関係者が集う。Music部門は、JAY Zやビヨンセ、Lady Gagaなど有名なミュージックスターがぶらりとセッションに参加するなど各部門に関わる人々が多くのこのSXSWを目指す。

SXSW2015_00_05 街中至る所にSXSWの休憩所が設けられる。コミュニケーションも大事

そんな何でも飲み込んでしまう多様性に満ちたSXSWは、ある意味森羅万象に起こる事をいち早く取り上げるため分野を超えて、様々な事に触れられる事が特徴だ。デジタルヘルスケアなども今回は分科会が発足し、展示会も行われた。注目となる分野は大体網羅されるため世の中で起こっている事を俯瞰出来る。参加者も様々な分野から参加する。

参加者によって、感想は様々で“最高の音楽イベントだった!”、“稀に見る映画祭だ!”、“スタートアップ企業が活躍できる格好のイベントだ!”とその参加したカテゴリーによって、回答は様々だ。 ある意味この多様性がSXSWの魅力であると誰もが言う。

いまや、オースティンの街への経済効果は100億円以上と言われており、イベント自体がオースティンの重要な産業になっている。閑散としていた田舎街が急激に開発されるなど、その加熱度は毎年増している。

SXSWからトレンドが生まれるSXSW Filmに注目

SXSW2015_00_09 Boyhood Post-Production: 13th Year of a 12 Year Movie(邦題:6才のボクが、大人になるまで。)セッションより

各分野の中でもPRONEWSは、SXSW Filmを中心にカバーする。いまやサンダンス映画祭に続く登竜門としてのポジション。最新映画作品のスクリーニングがメインだが、業界で影響力のあるスピーカーや映画監督のセッションは大きな見所のひとつである。若手のフィルムメーカーを対象に、現場に活かせるメソッドや考え方をレクチャーするワークショップ等も行われ濃厚なプログラムが用意されている。

今回はそんなSXSWを追ってみたいと思う。いつもとは少し違うPRONEWSのレポートに注目いただきたい。

  • Vol.01 宇宙とロボットとのインタラクション。未来はそこに!〜Interactive編
  • Vol.02 映像を全身で浴びる8日間〜Film編
  • Vol.03 失敗を恐れずに突き進め!SXSWスタートアップレポート
  • Vol.04 同時多発する周辺イベントがおもしろい!

    [ Category : , ]
    [ DATE : 2015-03-23 ]
    [ TAG : ]

    この記事に関連する記事一覧

    CES2021_06

    [CES2021]Vol.06 ALL DIGITALのCES2021で感じたこれからのビジネスコンベンションの行方

    txt:江口靖二 構成:編集部 「CES2021 IS ALL DIGITAL」ということで、CES2021は紆余曲折を経て最終的に完全オンライン開催となった。こうした環境下... 続きを読む

    [CES2021]Vol.05 インフラとしての責任を表明したTechGiantsとテクノロジーの未来とは

    txt:平野陽子(大広) 構成:編集部 CES2021は全てオンラインで開催したことは周知の通りだ。そのテクノロジーパートナーとしてて支えたのがMicrosoftだ。そう今回... 続きを読む

    CES2021_04_LG_top

    [CES2021]Vol.04 元気になる「LG Future Talk」がオススメ!

    txt:江口靖二 構成:編集部 LGがイメージするニューノーマルの世界観とは CES2020において、LGはプレスカンファレンスに加えてCES Spotlight Se... 続きを読む

    Verizon_CES_keynote

    [CES2021]Vol.03 5Gが映像業界を後押し、最高のエンターテインメントを生む

    txt:平野陽子(大広) 構成:編集部 オール・デジタルで始まったCES2021 その年の重要なテクノロジートレンドを体現する企業が務めるKeynoteトップバッタ... 続きを読む

    [CES2021]Vol.02 今年のテックトレンドとは?〜CTA’s 2021 Tech Trends to Watch解剖

    txt:西村真里子 構成:編集部 手探りのCES2021はどうなるのか? オール・デジタルのCESが開幕した。CESツイッターアカウントもこのデジタル化の波を楽しむかの... 続きを読む

    [CES2021]Vol.01 見本市の恐竜CESは絶滅を免れることができるのか?〜開催直前事前案内

    txt:西村真里子・猪蔵 構成:編集部 「現実」を見つめるチカラが試される2021年 CES2020基調講演の会場から 毎年年始、新年の浮かれ気分にプラス... 続きを読む

    [CES2020]Vol.11 Crystal LEDとAtom Viewで実現するヴァーチャルセット最前線~まさにリアルを超える?!

    txt:西村真里子・猪蔵・編集部 構成:編集部 リアルとバーチャルの境目がなくなる影像制作 CES 2020はそれまでのCESの歴史から大きくシフトを宣言している年であ... 続きを読む

    [CES2020]Vol.10 テレビ局が不在でも完全に8Kが主流のCES2020

    txt:江口靖二 構成:編集部 CES 2020の主流が「8K」となった理由 CES 2020では完全に8Kが主流である。グローバルで市場を牽引する中国とアメリカでは、... 続きを読む

    [CES2020]Vol.09 「次の10年のエンターテインメント・プラットフォーム」とは?〜モバイル向け動画配信サービスQuibiスタート直前

    txt:加藤薫(博報堂DYメディアパートナーズ) 構成:編集部 モバイル向けストリーミングサービス「Quibi」とは? 生活を変えるテクノロジーのショーケースとして... 続きを読む

    特集記事

    映像基礎講座 映像基礎講座 Episode 2
    2020年8月に公開された特集「映像基礎講座」続編。引き続き映像の基本や基礎知識を学ぶ。
    CES2021 CES2021
    オールデジタルのオンライン開催となったCES2021をレポートする。
    年末イッキ読み! 年末イッキ読み!
    2020年に話題になった製品の特集やコラム記事をまとめて振り返る。
    PRONEWS AWARD 2020 PRONEWS AWARD 2020
    激動の1年となった2020年の映像業界を、PRONEWS編集部が総括する。
    2020年11月特集:[再現:Inter BEE 2020]-Web Trade Show- 再現:Inter BEE 2020-Web Trade Show-
    11月18日(水)からオンライン開催されるInterBEEを解説する。
    Inter BEE 2019 ぼくらのEDIUS X
    約3年ぶりのメジャーバージョンアップとなる「EDIUS X」の魅力を紹介。
    InterBEE 2019の歩き方 Broadcast & Cinema EXPO 2020
    映像制作者、映像業界関係者向け情報イベント配信番組。
    ATEM WORLD ATEM WORLD
    ラインナップ充実のATEM Miniシリーズの選び方や使いこなしをご紹介。
    SIGGRAPH2020 SIGGRAPH2020
    オンライン開催されたVFXの祭典・SIGGRAPH2020をレポート。
    映像基礎講座 映像基礎講座
    映像の基本や基礎知識を学ぶ。映像制作初心者はもちろん、熟練者ももう一度初心に立ち返ろう。
    	
Shoot with Vlog cam Shoot with Vlog cam
    個人の動画ブログ「Vlog」が隆盛するいま、Vlog用カメラを通して映像を撮ることを数回にわたり考える。
    Camera Preview 2020 Camera Preview 2020 Part II
    2019年から2020年春にかけて発表された話題の新製品やカメラシステムを紹介。
    Camera Preview 2020 Camera Preview 2020 Part I
    2019年から2020年春にかけて発表された話題の新製品やカメラシステムを紹介。
    AfterCOVID-19 映像業界サバイバル AfterCOVID-19 映像業界サバイバル
    社会的危機となっている新型コロナウイルス拡大の状況を分析し、今何が起こり、何が必要で、その後に何が訪れるのかを考えてみる。
    Film Shooting Rhapsody 上映編 Film Shooting Rhapsody 上映編
    16mmフィルムトライアルルームの荒木泰晴氏によるフィルム特集第2弾。今回はフィルム現像から紹介する。
    1. トップ
    2.  > 
    3. 特集
    4.  > 
    5. [SXSW2015]Vol.00 SXSW(サウス・バイ・サウスウエスト)とは一体何なのか?