PRONEWS

  • imgABOUT
  • imgTWI
  • imgFB
  • imgYTU

トップ > 特集 > [NAB2015:Autodesk]SHOTGUN、Flame、Mayaなどの最新バージョンを展示。アーティスト同士の作業効率化を図った製品展開

News

[NAB2015:Autodesk]SHOTGUN、Flame、Mayaなどの最新バージョンを展示。アーティスト同士の作業効率化を図った製品展開

2015-04-28 掲載

Autodeskブース動画

Autodeskブースレポート

Autodeskは昨年と同様、新しくなった製品の紹介を行う大きなブースをメインにFlame、Maya、3ds Maxの新バージョンを個別に紹介する小ブースを設け製品のアピールを行っていた。

今年はFlame、Maya、3ds Maxの2016版を出展したほか、プロジェクト管理ツールSHOTGUNの新バージョンも発表した。Flameはパフォーマンスのアップや各種ツールの拡充のほかLightbox、Actionに追加されたMatchbox、カラーマネジメントの強化などが行われ、MayaはBifrostという液体シミュレーションアニメーションプレビューの高速化、3ds Maxは今回3ds Maxおよび3ds Max Designが一体となり、新たにMAXクリエーショングラフという機能を搭載。ノードベースでユーザーがツールを制作できるようになった。なお、SHOTGUNはFlameとの連携のほか、今回新たに買収したTweak SoftwareのRV Ver6と一緒に提供されるようになり、より一層使いやすくなった。

NAB2015_Autodesk_0209 プロジェクト管理ツールSHOTGUNとFlameとの連携デモンストレーションなどが行われたデモブース

Industry StrategyシニアマネージャーMarcus Schioler氏へインタビュー!

Autodesk Industry StrategyシニアマネージャーのMarcus Schioler氏に、今回のNABでのトピックや新製品情報についてお話をうかがった。

NAB2015_Autodesk_0478 お話をうかがったAutodesk Industry StrategyシニアマネージャーMarcus Schioler氏
――NABでの注目トピックはなんですか。

Schioler氏:Flame、Maya、3ds Max、SHOTGUNが主な新製品となりますが、その前に当社の今回のNABでのテーマがあります。それは、“アーティストコネクテッド”、すなわちアーティスト同士をつなげようということです。なぜこのようなテーマを選んだかというと現在多くの方々が映像制作を行っているのですが、これからも映像制作者の数は増え続けると思っています。こうしている今現在も映像制作者は増えていて、みんなが映像を作る時代がくると思います。

例えばハリウッドの状況を見ると映像制作のワークフローが複雑化していて一箇所に多くのクリエイターが集まって制作するのではなく、世界中にいるクリエイターたちが連携して制作しています。そうしたクリエイターたちはMAXやMayaなどのクリエイティブツールあるいはFlame、SHOTGUNなどのツールを使って素晴らしい作品を世に送り出しています。

――新製品についてはいかがでしょうか。

Schioler氏:まず最初に新しいFlameについてご紹介しましょう。沢山の特長があるのですが主なものに絞って説明しましょう。まず非常に使いやすくなったLightboxがあります。3Dの空間の中でライトを使うのですが、それを効果的にカラーコレクションできます。2Dと3Dの空間をコンポジットして色々連携させようとすると3Dの環境でライティングのカラーコレクションを行う場合非常に複雑な操作が必要になるのですが、それが非常にやりやすくなっています。他にもアプリケーションワークフローについても数々の改善を施しました。

Flameというのは数々のツールを備えたアプリケーションなのですが、タイムライン、Batch、リールを結びつけるコンテキストベースのワークフローがあります。今回のリリースではワークフローが更に効率的に使えるようになっています。というのは色々なツール間の使い分けとかをアーティストの人たちが使いやすいように順番とか組み合わせができるようになっています。

また、SHOTGUNのワークフローとFlameとの連携できるようになっています。他のアプリケーションやファイル交換用のフォーマットに送ったり、レビューや承認用にコンテンツを共有したりが簡単な操作で可能になっています。

他にもパフォーマンスに付いても色々なところで向上を図っていて、プロキシの処理についてもレンダリング、エクスポートなどは高速化を図りスムーズな作業が行えるようになっています。リリースは4月16日です。

NAB2015_Autodesk_0205 新しいLightboxとMatchbox Actionツールが搭載されたAutodesk Flame Premium。GPUのGLSLシェーダーによる高速処理にも対応

Schioler氏:3ds Maxは新たにMAXクリエーショングラフという機能を搭載しています。これはクリエイターが自身で使いやすいようにカスタマイズできるもので、新たなツールを作り出すことができるものです。これはユーザーコミュニティでユーザー同士が融通しあうこともできます。ビジュアルのノードツリーで視覚的に作ることができますので、クリエイターの人たちはスクリプトとか難しいことをしなくても自身で必要なツールを作ることができるのです。昔のMAXスクリプトのように社内や社外の人たちとこうして作ったツールを共有することができるのです。具体的な使い方についてはWebサイトに掲載していますので見てください。

Mayaはアニメーションが高速になったことと協業がやりやすくなっています。特に強調していっておきたいことにBifrostという液体シミュレーションがあります。泡などの描画が非常に緻密に行えるのです。液体効果をシミュレーションするプロシージャエンジンBifrostの機能拡張を行いカメラに近い場所では高解像度のシミュレーションを作成し、他の領域では泡のパーティクルの計算を軽減することにより、シミュレーション時間を短縮しています。

液体シミュレーションは物理的に正確な演算をするのですが、アーティストにしてみるとよりそれらしく見せるためにシズル感とか様々な味付けをします。ガイド付きシミュレーションワークフローはキャッシュされたシミュレーションまたはアニメートされたメッシュオブジェクトを使用して、液体の動作を操作することができます。例えば水面が波打っている様子をアニメーションとしてシミュレーションの中に取り入れるというものです。

NAB2015_Autodesk_0204 液体効果をシミュレーションするプロシージャエンジンBifrostの機能拡張が行われたAutodesk Maya、新たにMAXクリエーショングラフ機能が搭載されたAutodesk 3ds Max

Schioler氏:SHOTGUNは、冒頭でアーティストがつながることがテーマというお話をしましたがまさにそれを具現化するツールがSHOTGUNといえます。

昨年の夏にSHOTGUNを買収したのですが、3ヶ月ほど前にTweak SoftwareというRVというソフトを持っている会社を買収してこの2つのソフトをSHOTGUNをご購入のお客様にお使いいただけるようになりました。RVと言うのはレンダリングしたものを再生して見ることができる、いわゆるビューアーですが様々なフォーマットファイルが扱え、それらを比較したり変換したりできるものです。以前からSHOTGUNとTweak Softwareは協業していて、広く両社のソフトは使われていました。なので、2社を買収したのは必然といえます。

アーティストコネクテッドを進める上で様々なツールを使いこなすアーティストだけでなく、スーパーバイザーや作品の決定権を持つ人など様々な人達との協業が必要になりますが、それが今や世界中に散らばっていてコミュニケーションが必須となります。SHOTGUNとRVはそれを可能にするものです。例えば当社のソフト以外を使っているアーティストの方との協業や連携が必要になる場合でもスムーズに行うことができるようになります。


[ Category : , ]
[ DATE : 2015-04-28 ]
[ TAG : ]

この記事に関連する記事一覧

[NAB2017:Panasonic]放送・制作向けの大型ライブスイッチャーや4Kスタジオハンディカメラ、HDスタジオハンディカメラを出展

Panasonicプレスカンファレンス動画 360°全天球動画 RICOH THETA Sで撮影した360°全天球動画です。視点変更機能を利用するにはP... 続きを読む

[NAB2017:Sony]4K映像やHDR、IPライブ伝送などに対応した新製品やソリューションを出展

Sonyプレスカンファレンス動画 360°全天球動画 RICOH THETA Sで撮影した360°全天球動画です。視点変更機能を利用するにはPC版Goo... 続きを読む

[NAB2016:Tektronix]ハイブリッドIP/SDIメディア解析プラットフォームやHEVC解析ツールなどのビデオネットワーク解析に関するソリューションを展示

Tektronixブース動画 Tektronixブース 360°全天球動画 RICOH THETA Sで撮影した360°全天球動画です。視点変更機能... 続きを読む

[NAB2016:Harmonic]Thomson Video Networksとともにビデオ配信の最新技術やVR体験などを展示

Harmonicブース 360°全天球動画 RICOH THETA Sで撮影した360°全天球動画です。視点変更機能を利用するにはPC版Google Chromeブラ... 続きを読む

[NAB2016:TASCAM]DSLR撮影向けマイクやレコーダーなどを出展

TASCAMブース動画 TASCAMブース 360°全天球動画 RICOH THETA Sで撮影した360°全天球動画です。視点変更機能を利用するに... 続きを読む

[NAB2016:DIGITAL FORECAST]参考出品を含む映像/音声信号変換・分配・延長製品「Bridge」シリーズを展示

DIGITAL FORECASTブース動画 DIGITAL FORECASTブースレポート DIGITAL FORECASTは、参考出品のLCDモニターを搭載し... 続きを読む

[NAB2016:Carl Zeiss]レンズだけでなくレンズアタッチメント、VR製品など幅広い製品が登場

Carl Zeissブース 360°全天球動画 RICOH THETA Sで撮影した360°全天球動画です。視点変更機能を利用するにはPC版Google Chrome... 続きを読む

[NAB2016:NewTek]ライブ映像配信システムやIPワークフローソリューションを展示

NewTekブース 360°全天球動画 RICOH THETA Sで撮影した360°全天球動画です。視点変更機能を利用するにはPC版Google Chromeブラウザ... 続きを読む

[NAB2016:EIZO]これからの4K、HDR制作に欠かせないモニターやソウフトウェアを展示

EIZOブースレポート デジタルシネマにおけるDIはもちろんのこと最近ビデオでもHDR対応が盛んに謳われるようになってきたが、こうした作業を行う上で重要な役割をはたすのが... 続きを読む

特集記事

SIGGRAPH2019 SIGGRAPH2019
世界最大のコンピュータグラフィックスとインタラクティブ技術に関する学会・展示会SIGGRAPH2019をレポート。
QBEE2019 QBEE2019
九州放送機器展(QBEE)をいつもの会場練り歩き方式でレポート。
4K・8K映像技術展Report 4K・8K映像技術展Report
東京ビッグサイト青海展示棟にて開催された4K・8K映像技術などの最新技術が一堂に出展する「通信・放送Week2019」をレポート。
DSJ2019 DSJ2019
幕張メッセで開催された国内最大のデジタルサイネージの展示会「DSJ2019」をレポート。
Digital Cinema Bülow VIII~Cine Gear 2019 Digital Cinema Bülow VIII~Cine Gear 2019
米国ハリウッドのパラマウントスタジオ内で開催された映画撮影機材の専門展示会「Cine Gear Expo」をレポート。
After Beat NAB SHOW 2019 After Beat NAB SHOW 2019
東京・秋葉原のUDXにて開催されたAfter NAB Show 2019をレポート。
NAB2019 NAB2019
米国ネバダ州ラスベガスにて開催される世界最大の放送機器展覧会「NAB2019」をレポート。
SXSW2019 SXSW2019
テキサス州オースティンで開催されたSXSW2019をレポート。
CP+2019 CP+2019
パシフィコ横浜にて開催されたカメラと写真の総合展示会「CP+2019」をレポート。
Film Shooting Rhapsody Film Shooting Rhapsody
いまだから知っておきたいフィルムの現状や伝統的な技術などを紹介する。
CES2019 CES2019
米国ラスベガスで開催された世界最大の国際家電見本市 CES2019をレポート。
PRONEWS AWARD 2018 PRONEWS AWARD 2018
2018年は映像業界にとってどんな年だったのだろうか。PRONEWS AWARDで部門ごとに振り返る。
10万円以下のジンバル選び 10万円以下のジンバル選び
一層注目が増している小型カメラジンバルをDJIやZHIYUN、FEIYU TECH、FILMPOWERの4社5機種に渡って比較紹介。
Inter BEE 2018 Inter BEE 2018
千葉幕張メッセにて開催される国際放送機器展“Inter BEE“をレポート。
InterBEE 2018の歩き方 InterBEE 2018の歩き方
今年もInterBEEの歩き方をジャンル別にピックアップし、6種類のコースを紹介。

トップ > 特集 > [NAB2015:Autodesk]SHOTGUN、Flame、Mayaなどの最新バージョンを展示。アーティスト同士の作業効率化を図った製品展開