PRONEWS

  • imgABOUT
  • imgTWI
  • imgFB
  • imgYTU
  1. トップ
  2.  > 
  3. 特集
  4.  > 
  5. [NAB2015もうひとつの視点]Vol.04 NAB2015総括。おもちゃ箱がブラックボックス化していく放送業界
News

[NAB2015もうひとつの視点]Vol.04 NAB2015総括。おもちゃ箱がブラックボックス化していく放送業界

#NAB2015 #Nabshow2015 #NAB2015もうひとつの視点

2015-05-01 掲載

txt:江口靖二 構成:編集部

NAB会期後に思う事

NABから帰国して10日ほどが経過したところだ。今回のNABは正確な回数は分からないが、筆者としては十数回目になると思うのだが今までとは様子が異なっていたなと、「じわじわ思う」のである。それは決して目立つことではない、現場にいた時には感じ取れなかったことが、帰国して、時間が経過して、アタマが整理できて、なるほどこういうかと思うことがある。

もちろん、例年のように今年もいくつかのトピックスがあった。それは4K、HDR、そしてドローンあたりだろうか。これらは言うまでもなく、それぞれ重要なイノベーションだと思う。また別記事でも書いたが、これらに隠れて、粛々と進行しつつあるのが、放送のオールIP化の流れだ。これは日本にいると非常にわかりにくいというか、感じにくい事象だと思う。理由はやはり別記事に記載の通り、国内ではそれは未だタブーにすら近く、大部分のメーカーやシステム会社がそれに関する情報提供を行わないからだ。それぞれの企業の事業の維持継続の視点からは、一概に悪くいうことばかりもできない。

では何をじわじわ感じたのか。それは、放送業界はすでに放送業界ではないんだということだ。少なくともNABではそうだ。何を言っているのかわからないという意見と、今さら何を言っているんだという意見の両方があるだろう。

まずは来場者、出展者の服装がすっかり変わった。NABは実はコンサバティブな、エスタブリッシュメントとしての放送技術者が集う会であったので、ダークスーツに身を固めた白人が大多数だった。そして彼らの大半は太りすぎだ。ところが最近はそうではない、ポロシャツとかTシャツ系の若者が相当増えた。それは各企業内で変化が起きたのではなく、出展者と参加者の層が変化しているということだ。

こうしたことを感じられる現象を書き連ねてみる。

  • 服装の変化。ダークスーツからポロシャツ、Tシャツへ
  • 展示物が無くなった、ほとんどがディスプレイの中にあるので

ぱっと見だけではそれが何なのか全くわからない。

  • モノがあったとしても、全部が超小型化した
  • 白人の減少。有色人種の増加。中南米とインド

特に物がなくなっていく傾向は、展示会的にも、それに関わる人の属性はもちろん考え方にも大きな変化を与えているように思う。たとえばソフトウェアの世界ではもともと姿形がないので、そういうものだということで理解納得されると思う。ところが放送機器がソフトウェア化、デジタル化、さらにIP化していくと、元々あったモノが消えてしまうことになる。これまでは機器と機器、モノとモノをケーブルで組み合わせの数だけ繋いでいた時代だった。そう、ちょうどレゴブロックで色んな物を創り出すような感覚に近い。放送業界はこんなおもちゃ箱だらけだったのだ。

ところがこれからはまるで違う世界に入ろうとしている。目で見て、手にとって、確認できたものからすべてがディスプレイの中に入り込んでいく。これは決して悪いことではない。確かにある意味ブラックボックス化されるともいえるが、ある意味、ドリームボックスなのかもしれない。

こうした傾向で、一番わかり易いのは「Harris」が「Imagine」になったあたりからだろうか。元々軍事用の無線送信機を作っていた同社は、やがて総合放送関連システムメーカーになっていった。ところがデジタル化まではなんとかリーディングカンパニーであったが、その先のマルチスクリーン対応やIP化に向かう段階で失速した。いや、自らギブアップして生まれ変わったと見るべきだろう。今年のImagineブースはすべてがIP対応を謳っていた。

NAB_EX04_00945 Imagineのデモ。どの機能のデモも見た目は全部こうなってしまう NAB_EX04_00946 Imagineのクラウドベース放送システムの概念

NABは多分年々、ベースバンド系の放送技術者には居心地が悪い場所になっているに違いない。自分も身体半分以上はそちら側である。一方、ドリームボックスを使いこなしていく人々が、NABにはまだほとんど参加していないのが気になるところだ。

txt:江口靖二 構成:編集部
Vol.03[NAB2015もうひとつの視点] Vol.01

[ Category : , ]
[ DATE : 2015-05-01 ]
[ TAG : ]

この記事に関連する記事一覧

[After Beat NAB SHOW 2015]Vol.04 After NAB Show Tokyo 2015レポート01

txt:稲田出 構成:編集部 定番となりつつあるAfter NAB Show さる5月21、22日の2日間、東京・秋葉原のUDXにおいてラスベガスで開催されたN... 続きを読む

[After Beat NAB SHOW 2015]Vol.03 伝送にはじまるIP化への波

txt:稲田出 構成:編集部 そしてIP伝送はスタンダードへ 当初はTV会議システムから始まったネットを利用したIP伝送はアナログテレビ放送の時代からあり、その歴史はけっこ... 続きを読む

[After Beat NAB SHOW 2015]Vol.02 放送系4Kの今後、その運用と課題

txt:稲田出 構成:編集部 放送に向けて様々な機器が出展 国内ではすでにスカパーJSATが放送を開始しており、スポーツや音楽もののイベントやドキュメンタリーなど様々な番組... 続きを読む

[After Beat NAB SHOW 2015]Vol.01 デジタルシネマ4Kの今を俯瞰する

txt:稲田出 構成:編集部 デジタルシネマの変遷を振り返る アフォーダブルなデジタルシネマはRED Digital Cinema CameraのRED ONEが2007年あた... 続きを読む

[After Beat NAB SHOW 2015]Vol.00 見えてきた4Kの方向性と実用性

txt:稲田出 構成:編集部 2015NABshowが終了してはやくも1ヶ月 今年のNABは昨年以上に右を見ても左を見ても4K三昧だった。ちょっと前までの4K=デジタルシネ... 続きを読む

[NAB2015:ATOMOS]ATOMOS日本法人社長 戒能氏が語るATOMOS製品の今と未来

(※個人の役職名は取材当時の名称。2017年8月末、戒能氏はATOMOS株式会社 代表取締役社長を退任) 展示ブースとドーム型シアターで盛り上がるATOMOS 数多くの... 続きを読む

[NAB2015:Autodesk]SHOTGUN、Flame、Mayaなどの最新バージョンを展示。アーティスト同士の作業効率化を図った製品展開

Autodeskブース動画 Autodeskブースレポート Autodeskは昨年と同様、新しくなった製品の紹介を行う大きなブースをメインにFlame、Maya、3ds... 続きを読む

[NAB2015:Red Digital Cinema]EPIC DRAGONで4K/HEVCストリーミング。8KセンサーWEAPONも登場

ODEMAXチャンネルでREDRAYプレイヤーを介してインディーズ作品をストリーミング配信する展開を一度は試みたREDだが、今回はライブリニアをOTTサービスとして一般家庭に届ける... 続きを読む

[NAB2015:アーキメディア]Altasメディアプレイヤー3.2とIrisフレームワークを発表。プロダクションパイプラインとワークフローを強化

米アーキメディア・テクノロジーは、ハリウッドの主要プロダクションや配給会社からのリクエストに応えつつAtlas(アトラス)メディアプレイヤーの機能を拡張してきた。そしてNABではこ... 続きを読む

特集記事

Inter BEE 2019 ぼくらのEDIUS X
約3年ぶりのメジャーバージョンアップとなる「EDIUS X」の魅力を紹介。
InterBEE 2019の歩き方 Broadcast & Cinema EXPO 2020
映像制作者、映像業界関係者向け情報イベント配信番組。
ATEM WORLD ATEM WORLD
ラインナップ充実のATEM Miniシリーズの選び方や使いこなしをご紹介。
SIGGRAPH2020 SIGGRAPH2020
オンライン開催されたVFXの祭典・SIGGRAPH2020をレポート。
映像基礎講座 映像基礎講座
映像の基本や基礎知識を学ぶ。映像制作初心者はもちろん、熟練者ももう一度初心に立ち返ろう。
	
Shoot with Vlog cam Shoot with Vlog cam
個人の動画ブログ「Vlog」が隆盛するいま、Vlog用カメラを通して映像を撮ることを数回にわたり考える。
Camera Preview 2020 Camera Preview 2020 Part II
2019年から2020年春にかけて発表された話題の新製品やカメラシステムを紹介。
Camera Preview 2020 Camera Preview 2020 Part I
2019年から2020年春にかけて発表された話題の新製品やカメラシステムを紹介。
AfterCOVID-19 映像業界サバイバル AfterCOVID-19 映像業界サバイバル
社会的危機となっている新型コロナウイルス拡大の状況を分析し、今何が起こり、何が必要で、その後に何が訪れるのかを考えてみる。
Film Shooting Rhapsody 上映編 Film Shooting Rhapsody 上映編
16mmフィルムトライアルルームの荒木泰晴氏によるフィルム特集第2弾。今回はフィルム現像から紹介する。
再現:NAB2020 再現:NAB2020
米国ラスベガスにて開催予定だった世界最大の放送機器展覧会 2020 NAB Showでお披露目される予定だった内容を再現していく。
Film Shooting Rhapsody Film Shooting Rhapsody
16mmフィルムトライアルルームの荒木泰晴氏によるフィルム特集第2弾。
再現:CP+2020 再現:CP+2020
開催中止となってしまったCP+2020をPRONEWS誌面上で再現して行く。
CES2020 CES2020
米国ラスベガスで開催された世界最大の国際家電見本市 CES2020をレポート。
PRONEWS AWARD 2019 PRONEWS AWARD 2019
2019年は映像業界にとってどんな年だったのだろうか。PRONEWS AWARDで部門ごとに振り返る。
  1. トップ
  2.  > 
  3. 特集
  4.  > 
  5. [NAB2015もうひとつの視点]Vol.04 NAB2015総括。おもちゃ箱がブラックボックス化していく放送業界