PRONEWS

  • imgABOUT
  • imgTWI
  • imgFB
  • imgYTU

トップ > 特集 > [After Beat NAB SHOW 2015]Vol.00 見えてきた4Kの方向性と実用性

News

[After Beat NAB SHOW 2015]Vol.00 見えてきた4Kの方向性と実用性

2015-05-28 掲載

txt:稲田出 構成:編集部

2015NABshowが終了してはやくも1ヶ月

今年のNABは昨年以上に右を見ても左を見ても4K三昧だった。ちょっと前までの4K=デジタルシネマという図式も4K放送が目前に迫ってきた今年は放送を対象とした4Kがキーワードとなっており、多くのブースに4Kが掲げられていてもその内容は異なっている。デジタルシネマでは収録、カラーグレーディング、編集、上映と比較的シンプルなワークフローで進めることができたが、放送ではライブ中継やマルチカメラによるスタジオ収録、報道など目的に応じた機材が必要とされ、それぞれの現場に応じた機材が必要とされる。

また、放送では設備としてどうまとめるか、マイクロ波や衛星を使った回線なども必要となってくるので、デジタルシネマより、多くのメーカーが4K対応をしていくことになる。デジタルシネマには不慣れなメーカーもようやく本領を発揮できる時代となり、勢いのよい新製品ラッシュとなったといえよう。もちろんこうした背景には世界的に景気が上向いて来たことも大きな要因といえる。広告収入を糧としている放送局では収入が確保できる見通しが立つことで今まで機材更新を見送ってきたところも新たな設備投資に動く可能性が高いからだ。虎視眈々とそのタイミングを図ってきたメーカーもこうした好機を逃すまいとしているようだ。

もはやデファクトスタンダードの4K、早くも次を見据えて

一方、こうした新製品ラッシュの裏では規格化が進んでおり4K放送への道筋を支えている。それは、3840×2160だったり記録フォーマットや6G-SDIや12G-SDI、IP伝送など多岐にわたっており、すでに何年も前から規格化に合わせて製品化は進んでいたものの、必ずしも4Kを表に出していなかったため目立つ存在としてあまり注目されていなかったものもある。これらは、4Kの伝送実験などで使われ実績を積み重ね、実践投入に向けて改良が施され、それが規格にも反映されながらブラッシュアップしている。

放送に向けた4Kが進む中でデジタルシネマの4Kも次のステージへとコマを進めつつあるようだ。アナモフィックレンズに対応したカメラやセンサーのアスペクト比など、従来HDと同じ16:9が多かったがシネマスコープなど2:1以上の撮影に対応したものが出てきている。こうした流れはカメラだけでなくレコーダーやレンズなども同じような動きとなっている。すでに2:1のアスペクト比をもつモニターなども市販されており、ある程度視聴環境が整ったということも背景にあるだろうが、4K放送とは差別化を図っていこうという流れだと思うのが自然だろう。

今回のNABはデジタルシネマの4Kと放送の4Kの分岐点でもあり、デジタルシネマは上映用の4Kの方向へ、放送の4Kは放送システムとしてより現実的な方向に向かっているといえよう。

総務省のロードマップによれば4Kの本放送を今年から来年にかけて行うとしており、すでにCS(3月より4K本放送として「スカパー!4K」がスタートしている)が先行して放送を開始しているほか、来年にはBSによる放送もスタートする予定となっている。また、8Kも2016年から試験放送を開始し、2020年のオリンピックには4K/8Kともに一般家庭でも視聴できるようにする方向だ。

今年は4Kの本放送が始まった年でもあり、国内メーカーを始めとして様々な4K対応の製品が出たわけだが、来年には8Kの試験放送も控えており、ノースホールのNHKブース以外にも8K対応の製品も出始めている。ただ、8Kに関しては日本以外の国で積極的な推進を表明しているところはなく、未知数な部分も多い。

今回のNABで見えてくる4Kの方向について、デジタルシネマや放送、IP対応といった切り口で各メーカーの新製品を中心に見ていこう。今回の特集のラインナップは以下の通り。

AfterBeat2015_canon キヤノンはレンズはもちろんカメラやモニターなども4K対応の製品を出展。レンズは放送に対応した箱型レンズや2/3インチENGレンズなどを出展 AfterBeat2015_0294 キヤノン8K対応7倍スームレンズ。4Kの4倍となる8Kではさらなる高解像度が必要になることから、対応したレンズを参考出品していた AfterBeat2015_sony ソニーは毎年ブース奥に中継車を出展。今年は4K対応の中継車でIP伝送を取り入れたシステムを出展 AfterBeat2015_0170 ソニーのIPソリューション。今回スイッチャーの出展もあり、4K対応のキーとなる機材はひと通り揃ったといえる AfterBeat2015_panasonic パナソニックはカメラなどの放送機器だけでなくサイネージ用のディスプレイやプロジェクター、PCなどを出展 AfterBeat2015_panasonic_IP パナソニックのクラウドソリューションP2Cast。他社製品とのコラボで達成を目指しているようで、餅屋は餅屋というスタンスで対応 AfterBeat2015_0748a 朋栄は4K対応としてハイスピードカメラやスイッチャー、伝送装置などシステムの要となる機器を出展 AfterBeat2015_0315 富士フイルムの4K UHDレンズのコーナー。2/3インチセンサーに対応した箱型レンズやENG用レンズなどを出展 AfterBeat2015_0055 Red Digital Cinemaは1台のカメラでデジタルシネマや放送、スチル対応をアピール AfterBeat2015_0184 GoProも4K対応のカメラを出展。スポーツカムのメーカーとして不動の地位を保っている AfterBeat2015_0391 NTTではAVC/H.264に対して理論的に2倍のデータ圧縮率を達成した4K放送の圧縮コーデックであるHEVCエンコーダーを披露していた AfterBeat2015_0687 アストロデザインは早くから8K対応の製品に着手しており、カメラやレコーダー、モニターなどを出展した AfterBeat2015_0699s 池上通信機8K対応カメラ。2002年からNHKと共同で開発しており今回のカメラは第4世代となる。初代に比べて1/10の小型軽量化を実現 AfterBeat2015_0834 日立国際電気の8Kカメラ。ドッカブルタイプとなっており、レコーダーやCCUなど組み合わせで様々な運用が可能(NHKブース) AfterBeat2015_0844 パナソニック8K対応レコーダー。P2メモリーカードを4枚1セットで使用することで約60分の記録が可能(NHKブース) txt:稲田出 構成:編集部
[After Beat NAB2015] Vol.01

[ Category : ]
[ DATE : 2015-05-28 ]
[ TAG : ]

この記事に関連する記事一覧

[After Beat NAB SHOW 2019]Vol.03 富士フイルム、「FUJINON映像機器内覧会2019」を開催。4K対応46倍ポータブルレンズや新型デマンドを展示

txt・構成:編集部 4K対応ポータブルズームレンズや箱型レンズの実機展示が人気 富士フイルムは、東京と大阪で最新ラインアップ製品を展示する「FUJINON映像機器内覧... 続きを読む

[After Beat NAB SHOW 2019]Vol.02 After NAB Show Tokyo 2019レポート02

txt:稲田出 構成:編集部 RAID RAIDはSmallHD社のCINE-7やocus7などのフィールドモニターのほか、Teradek社のワイヤレスシステム... 続きを読む

[After Beat NAB SHOW 2019]Vol.01 After NAB Show Tokyo 2019レポート01

txt:稲田出 構成:編集部 今年もこの季節がやってきた!After NAB Show開催 5月22~23日、東京・秋葉原にあるUDXにおいてAfter NAB Sho... 続きを読む

[After Beat NAB SHOW 2018]Vol.04 注目の360°VRの課題は、どこで、なにで、なにを見るのか

txt:稲田出 構成:編集部 AR/MR/VRがもたらす未来とは テレビは4K/8Kの時代を迎え、解像度的には一般の視聴には充分といえる状況になってきた。テレビの進歩は... 続きを読む

[After Beat NAB SHOW 2018]Vol.03 これまでの放送と、これからの放送〜HDRとSDRがもたらすものとは

txt:稲田出 構成:編集部 これからのHDRとSDRワークフローに必要なモノ 次世代の放送として4K/8Kが目前に迫り一部では開始しており、時代も変化を迎えている。従... 続きを読む

[After Beat NAB SHOW 2018]Vol.02 After NAB Show Tokyo 2018レポート02

txt:稲田出 構成:編集部 AfterNABの会場はコンパクトではあるものの、50社近いメーカーが出展している。前回に引き続きブースの紹介をしていこう。 エーディ... 続きを読む

[After Beat NAB SHOW 2018]Vol.01 After NAB Show Tokyo 2018レポート01

txt:稲田出 構成:編集部 今年もこの季節がやってきた!After NAB Show開催 5月23、24日の2日間東京・秋葉原のUDXにおいて「After... 続きを読む

[After Beat NAB SHOW 2017]Vol.02 After NAB Show Tokyo 2017レポート02

txt:稲田出 構成:編集部 前回に続いて会場の各社ブースを紹介して行こう。 パナソニック パナソニックはブース名もPOVCAMとし、POVCAMを中... 続きを読む

[After Beat NAB SHOW 2017]Vol.01 After NAB Show Tokyo 2017レポート01

txt:稲田出 構成:編集部 今年のNABの総括をAfterNABshowで考える 2017年5月30日の大阪グランドフロント大阪に続き東京秋葉原のUD... 続きを読む

特集記事

Inter BEE 2019 Inter BEE 2019
千葉幕張メッセにて開催される国際放送機器展“Inter BEE“をレポート。
InterBEE 2019の歩き方 InterBEE 2019の歩き方
今年もInterBEEの歩き方をジャンル別にピックアップし、6種類のコースを紹介。
Film Shooting Rhapsody Film Shooting Rhapsody
フィルム撮影の経験をしたい人に向けてフィルム撮影で必要な各種の工程について解説していく。
IBC2019 IBC2019
欧州最大の業務用映像・音響の専門展示会「IBC2019」をレポート。
新世紀シネマレンズ漂流 新世紀シネマレンズ漂流
シネマレンズを中心に一眼やミラーレスデジタルカメラの動画撮影機能と組み合わせて使われる交換レンズの最新動向を紹介する。
BIRTV2019 BIRTV2019
中国・北京の中国国際展覧中心で開催された展示会「BIRTV 2019」をレポート。
SIGGRAPH2019 SIGGRAPH2019
世界最大のコンピュータグラフィックスとインタラクティブ技術に関する学会・展示会SIGGRAPH2019をレポート。
QBEE2019 QBEE2019
九州放送機器展(QBEE)をいつもの会場練り歩き方式でレポート。
4K・8K映像技術展Report 4K・8K映像技術展Report
東京ビッグサイト青海展示棟にて開催された4K・8K映像技術などの最新技術が一堂に出展する「通信・放送Week2019」をレポート。
DSJ2019 DSJ2019
幕張メッセで開催された国内最大のデジタルサイネージの展示会「DSJ2019」をレポート。
Digital Cinema Bülow VIII~Cine Gear 2019 Digital Cinema Bülow VIII~Cine Gear 2019
米国ハリウッドのパラマウントスタジオ内で開催された映画撮影機材の専門展示会「Cine Gear Expo」をレポート。
After Beat NAB SHOW 2019 After Beat NAB SHOW 2019
東京・秋葉原のUDXにて開催されたAfter NAB Show 2019をレポート。
NAB2019 NAB2019
米国ネバダ州ラスベガスにて開催される世界最大の放送機器展覧会「NAB2019」をレポート。
SXSW2019 SXSW2019
テキサス州オースティンで開催されたSXSW2019をレポート。
CP+2019 CP+2019
パシフィコ横浜にて開催されたカメラと写真の総合展示会「CP+2019」をレポート。

トップ > 特集 > [After Beat NAB SHOW 2015]Vol.00 見えてきた4Kの方向性と実用性