PRONEWS

  • imgABOUT
  • imgTWI
  • imgFB
  • imgYTU
  • imgInstagram
  1. トップ
  2.  > 
  3. 特集
  4.  > 
  5. [Digital Cinema Bülow III ~CineGear 2015]Vol.01 Report Part1 ―8Kデモに盛り上がるPanavisi…
Special

Vol.01 Report Part1 ―8Kデモに盛り上がるPanavisionと”Tomorrowland”4K上映

2015-06-11 掲載

注目はLight Iron × Panavisionの8Kデモ

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

8Kデモには毎回の周囲に多くの人が集結

今年のCine Gear会場で最も人気を呼んだのはおそらくパナビジョンのブースだろう。2000年代中盤までの開催では、いつも会場内でARRIと最大規模の出展ブースを構えていた映画機材専門のレンタル会社で映画用レンズメーカーでもあるパナビジョン。しかし2000年代後半になるとその影も薄れ、近年では身売りの話も出る等、その行く末が案じられていた。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

やはりPanavisionのロゴマークには誰もが映画を想像させる魔力がある

しかし昨年からパナビジョンが経営陣も入れ替わり業界にもその勢いを復活させてきた。今年は「Panavision」という名義での出展ではないが、Stage32の中のLight Iron社ブースに共同出展というカタチで、あの有名なロゴマークがCineGearに戻ってきた。そこで行われていたのが、注目の8K映像のデモ上映だ。これまでNAB等ではNHKが率先して8K上映をしてきたが、実験映像的なものはいくつかあれど、他社が8K映像の本格的なワークフローを元にデモ作品として上映したのはおそらく始めてではないだろうか?

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

今年Digital Cinema ReportのCatalyst Award Winnerに選ばれた Pablo Rio 8K

正確に言えば、今回の作品はQuantel/Snell社のPablo Rio 8Kを使ってカラーグレーディングされた、Light Iron社の8Kグレーディングワークフローのデモである。そこにRED Dragonの新しい8Kセンサーを搭載したWEAPONを使用して、Panavision社の新しいプライムレンズシリーズ“Panavision Primo 70”で撮影した。

さらに、そのフッテージをいまや映像業界の風雲児として名を挙げているマイケル・シオーニ氏率いるLight Iron社がPablo Rio 8Kでカラーグレーディングを施し、上映ディスプレイも中国・北京に本社を置くBOE Technology社(京東方科技集団)の今年4月に発表された最新の98インチ/8K(QUHD=7,680×4,320)ディスプレイで上映するという、一気通貫の8Kワークフローのファーストデモである。ちなみにBOE社は4月の同時期に透明シート型の液晶ディスプレイなども発表し、近年の液晶技術では先端を行っている企業でもある。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

PanavisionのOn-setシステム“OUTPOST”も展示

8Kのデモ映像の内容は、およそ3分程度の自然のテクスチャーや夜景空撮をモチーフとした、昨年マイケル氏が作成したPanasonic VARICAM 35のデモフッテージに似た作風。そのテクスチャー表現の繊細さや、入念にグレーディングされた色調の度合いもさすがLight Iron社と言わせるものがあり、これまでの8K映像のクオリティを完全に凌駕するものだろう。

ただし現場では、8KPabloからの直接出力のため、かなりのデータ運用を強いられる環境であるためか、やはり何度か不可解なマシンダウン等のトラブルがあったようだが、いずれにせよHDRとともに次世代高画質の試金石となるデモであった。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

Primo 70のプライムレンズシリーズと8KカメラのRED WEAPON

その他、ブース内には実際にカメラに装着されたPanavisionのPrimo 70プライムレンズシリーズの展示の他、同社の新しいリグシリーズも展示公開。ARRI以上にいかにもアメリカ製的な堅牢かつフィルム現場を熟知した作りが関心を呼んでいた。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA ステディカムやスタジオセットなど使用用途に応じてフィットできるパナビジョンのリグキット

HDR/IMAXを前提とした「Tomorrowland」4K上映

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

4名の著名なクリエイターが登壇するとあって大人気のイベントに。終了は深夜11時ごろになったとか…

展示会初日の夜に、メインシアターとなるパラマウントシアターでディズニーとソニーの主催により、ジョージ・クルーニー主演の新作映画「Tomorrowland」が4K上映された。この映画は、今後のデジタルシネマの行く末を占う意味でも非常にチャレジングな制作が行われた。まず4Kフォーマットでの撮影〜仕上げに加えて、通常のSDR(スタンダードダイナミックレンジ)に加えて、HDR上映を前提にしたハイダイナミックレンジとIMAX上映に対応、アスペクト比も通常のシネスコサイズである2.39:1ではなく、IMAX上映を前提とした、旧来からのIMAXの画角である2.2:1で制作されていることも興味深い。

CGE_01_08

スタジオ内で最大のシアター施設、Paramount Theaterも当日は超満員で入場制限

この映画の撮影ではソニーF65が採用されたが、今回の4K上映前には、「Mr.インクレディブル」「レミーのおいしいレストラン」の2作でアカデミー長編アニメ賞を受賞している、本作の監督、Bred Bird監督。そして撮影監督でディビッド・フィンチャー監督の「ベンジャミン・バトン 数奇な人生」でデジタルシネマカメラ撮影で初めてアカデミー撮影賞にノミネート、さらに3Dで撮影された「Life of Pie」で同賞受賞の経歴をもつ、Claudio Miranda A.S.C.氏の2名のオスカー受賞者。それに加えて、本作のCo-ProducerでVFXディレクターでもあるTom PeitzmanやCompany 3のシニアカラーリスト、Stephen Nakamura氏の4名を迎えてのQ&Aとパネルディスカッションが行われた。

この中では、なぜF65が選ばれたのか?までが解説され、カメラ選定にあたりF65をはじめ、65mmカメラ、ビスタビジョンカメラ、35mmのフィルムカメラからRED、F55、ALEXA、果てはGoProまでと、ありとあらゆるカメラをテストした上で、この映画に最もフィットするカメラとしてF65を選択したという。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

Stage32に設けられたソニーブースには話題のSDR/HDR比較コーナーも設営

ソニー自体は、Stage32の中に大きなブースを出展。NABでも見せていた、業務用OLED4KモニターBVM−X300による、SDR/HDRのデモ映像コーナーを設け、その他カメラやアクションカム、またドローン系へのアプローチも独自に展開する等、積極的な展示を行っていた。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
SDR/HDR比較コーナー。BVM-X300もSMPTE ST 2084サポートに

txt:石川幸宏 構成:編集部


Vol.00 [Digital Cinema Bülow III] Vol.02

[ Category : , ]
[ DATE : 2015-06-11 ]
[ TAG : ]

この記事に関連する記事一覧

特集記事

GH world
正式に発表されたパナソニック「GH5 II」と「GH6」。実機やインタビューを通して、GHシリーズの今後の展開を占う。
Virtual Production Field Guide Season2
バーチャルプロダクション特集のSeason2。引き続き国内の最新の動向やワークフローを追う。
ARRI, my love
映画機材界の雄であるARRI。日本での販売拡大に注目されるARRIの歴史から実用例までフィーチャーする。
SXSW2021
3/16~20日にオンライン開催となった「SXSW2021」をレポートする。
Virtual Production Field Guide
国内のバーチャルプロダクションの展開と、映像制作ワークフローへの影響について紹介
CP+2021
オンライン開催のCP+2021で発表された新製品をレポート。
新世紀シネマレンズ漂流:NewTrend 2021編
2020年末から2021年に発売されたレンズ新製品をピックアップする。
映像基礎講座 Episode 2
2020年8月に公開された特集「映像基礎講座」続編。引き続き映像の基本や基礎知識を学ぶ。
CES2021
オールデジタルのオンライン開催となったCES2021をレポートする。
年末イッキ読み!
2020年に話題になった製品の特集やコラム記事をまとめて振り返る。
PRONEWS AWARD 2020
激動の1年となった2020年の映像業界を、PRONEWS編集部が総括する。
2020年11月特集:[再現:Inter BEE 2020]-Web Trade Show- 再現:Inter BEE 2020-Web Trade Show-
11月18日(水)からオンライン開催されるInterBEEを解説する。
Inter BEE 2019 ぼくらのEDIUS X
約3年ぶりのメジャーバージョンアップとなる「EDIUS X」の魅力を紹介。
InterBEE 2019の歩き方 Broadcast & Cinema EXPO 2020
映像制作者、映像業界関係者向け情報イベント配信番組。
ATEM WORLD ATEM WORLD
ラインナップ充実のATEM Miniシリーズの選び方や使いこなしをご紹介。
  1. トップ
  2.  > 
  3. 特集
  4.  > 
  5. [Digital Cinema Bülow III ~CineGear 2015]Vol.01 Report Part1 ―8Kデモに盛り上がるPanavisi…