PRONEWS

  • imgABOUT
  • imgTWI
  • imgFB
  • imgYTU
  1. トップ
  2.  > 
  3. 特集
  4.  > 
  5. [Digital Cinema Bülow III ~CineGear 2015]Vol.01 Report Part1 ―8Kデモに盛り上がるPanavisi…
News

[Digital Cinema Bülow III ~CineGear 2015]Vol.01 Report Part1 ―8Kデモに盛り上がるPanavisionと”Tomorrowland”4K上映

#CINE GEAR EXPO #Report NOW! #cinegear

2015-06-11 掲載

注目はLight Iron × Panavisionの8Kデモ

OLYMPUS DIGITAL CAMERA 8Kデモには毎回の周囲に多くの人が集結

今年のCine Gear会場で最も人気を呼んだのはおそらくパナビジョンのブースだろう。2000年代中盤までの開催では、いつも会場内でARRIと最大規模の出展ブースを構えていた映画機材専門のレンタル会社で映画用レンズメーカーでもあるパナビジョン。しかし2000年代後半になるとその影も薄れ、近年では身売りの話も出る等、その行く末が案じられていた。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA やはりPanavisionのロゴマークには誰もが映画を想像させる魔力がある

しかし昨年からパナビジョンが経営陣も入れ替わり業界にもその勢いを復活させてきた。今年は「Panavision」という名義での出展ではないが、Stage32の中のLight Iron社ブースに共同出展というカタチで、あの有名なロゴマークがCineGearに戻ってきた。そこで行われていたのが、注目の8K映像のデモ上映だ。これまでNAB等ではNHKが率先して8K上映をしてきたが、実験映像的なものはいくつかあれど、他社が8K映像の本格的なワークフローを元にデモ作品として上映したのはおそらく始めてではないだろうか?

OLYMPUS DIGITAL CAMERA 今年Digital Cinema ReportのCatalyst Award Winnerに選ばれた Pablo Rio 8K

正確に言えば、今回の作品はQuantel/Snell社のPablo Rio 8Kを使ってカラーグレーディングされた、Light Iron社の8Kグレーディングワークフローのデモである。そこにRED Dragonの新しい8Kセンサーを搭載したWEAPONを使用して、Panavision社の新しいプライムレンズシリーズ“Panavision Primo 70”で撮影した。

さらに、そのフッテージをいまや映像業界の風雲児として名を挙げているマイケル・シオーニ氏率いるLight Iron社がPablo Rio 8Kでカラーグレーディングを施し、上映ディスプレイも中国・北京に本社を置くBOE Technology社(京東方科技集団)の今年4月に発表された最新の98インチ/8K(QUHD=7,680×4,320)ディスプレイで上映するという、一気通貫の8Kワークフローのファーストデモである。ちなみにBOE社は4月の同時期に透明シート型の液晶ディスプレイなども発表し、近年の液晶技術では先端を行っている企業でもある。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA PanavisionのOn-setシステム“OUTPOST”も展示

8Kのデモ映像の内容は、およそ3分程度の自然のテクスチャーや夜景空撮をモチーフとした、昨年マイケル氏が作成したPanasonic VARICAM 35のデモフッテージに似た作風。そのテクスチャー表現の繊細さや、入念にグレーディングされた色調の度合いもさすがLight Iron社と言わせるものがあり、これまでの8K映像のクオリティを完全に凌駕するものだろう。

ただし現場では、8KPabloからの直接出力のため、かなりのデータ運用を強いられる環境であるためか、やはり何度か不可解なマシンダウン等のトラブルがあったようだが、いずれにせよHDRとともに次世代高画質の試金石となるデモであった。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA Primo 70のプライムレンズシリーズと8KカメラのRED WEAPON

その他、ブース内には実際にカメラに装着されたPanavisionのPrimo 70プライムレンズシリーズの展示の他、同社の新しいリグシリーズも展示公開。ARRI以上にいかにもアメリカ製的な堅牢かつフィルム現場を熟知した作りが関心を呼んでいた。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA ステディカムやスタジオセットなど使用用途に応じてフィットできるパナビジョンのリグキット

HDR/IMAXを前提とした「Tomorrowland」4K上映

OLYMPUS DIGITAL CAMERA 4名の著名なクリエイターが登壇するとあって大人気のイベントに。終了は深夜11時ごろになったとか…

展示会初日の夜に、メインシアターとなるパラマウントシアターでディズニーとソニーの主催により、ジョージ・クルーニー主演の新作映画「Tomorrowland」が4K上映された。この映画は、今後のデジタルシネマの行く末を占う意味でも非常にチャレジングな制作が行われた。まず4Kフォーマットでの撮影〜仕上げに加えて、通常のSDR(スタンダードダイナミックレンジ)に加えて、HDR上映を前提にしたハイダイナミックレンジとIMAX上映に対応、アスペクト比も通常のシネスコサイズである2.39:1ではなく、IMAX上映を前提とした、旧来からのIMAXの画角である2.2:1で制作されていることも興味深い。

CGE_01_08 スタジオ内で最大のシアター施設、Paramount Theaterも当日は超満員で入場制限

この映画の撮影ではソニーF65が採用されたが、今回の4K上映前には、「Mr.インクレディブル」「レミーのおいしいレストラン」の2作でアカデミー長編アニメ賞を受賞している、本作の監督、Bred Bird監督。そして撮影監督でディビッド・フィンチャー監督の「ベンジャミン・バトン 数奇な人生」でデジタルシネマカメラ撮影で初めてアカデミー撮影賞にノミネート、さらに3Dで撮影された「Life of Pie」で同賞受賞の経歴をもつ、Claudio Miranda A.S.C.氏の2名のオスカー受賞者。それに加えて、本作のCo-ProducerでVFXディレクターでもあるTom PeitzmanやCompany 3のシニアカラーリスト、Stephen Nakamura氏の4名を迎えてのQ&Aとパネルディスカッションが行われた。

この中では、なぜF65が選ばれたのか?までが解説され、カメラ選定にあたりF65をはじめ、65mmカメラ、ビスタビジョンカメラ、35mmのフィルムカメラからRED、F55、ALEXA、果てはGoProまでと、ありとあらゆるカメラをテストした上で、この映画に最もフィットするカメラとしてF65を選択したという。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA Stage32に設けられたソニーブースには話題のSDR/HDR比較コーナーも設営

ソニー自体は、Stage32の中に大きなブースを出展。NABでも見せていた、業務用OLED4KモニターBVM−X300による、SDR/HDRのデモ映像コーナーを設け、その他カメラやアクションカム、またドローン系へのアプローチも独自に展開する等、積極的な展示を行っていた。

OLYMPUS DIGITAL CAMERASDR/HDR比較コーナー。BVM-X300もSMPTE ST 2084サポートに txt:石川幸宏 構成:編集部
Vol.00 [Digital Cinema Bülow III] Vol.02

[ Category : , ]
[ DATE : 2015-06-11 ]
[ TAG : ]

この記事に関連する記事一覧

[CES2020]Vol.11 Crystal LEDとAtom Viewで実現するヴァーチャルセット最前線~まさにリアルを超える?!

txt:西村真里子・猪蔵・編集部 構成:編集部 リアルとバーチャルの境目がなくなる影像制作 CES 2020はそれまでのCESの歴史から大きくシフトを宣言している年であ... 続きを読む

[CES2020]Vol.10 テレビ局が不在でも完全に8Kが主流のCES2020

txt:江口靖二 構成:編集部 CES 2020の主流が「8K」となった理由 CES 2020では完全に8Kが主流である。グローバルで市場を牽引する中国とアメリカでは、... 続きを読む

[CES2020]Vol.09 「次の10年のエンターテインメント・プラットフォーム」とは?〜モバイル向け動画配信サービスQuibiスタート直前

txt:加藤薫(博報堂DYメディアパートナーズ) 構成:編集部 モバイル向けストリーミングサービス「Quibi」とは? 生活を変えるテクノロジーのショーケースとして... 続きを読む

[CES2020]Vol.08 日常が“つながる”と意外なものがメディアになる?未来の生活を彩るものたち

txt:平野陽子 (大広) 構成:編集部 2020年1月7日~1月10日、米国ラスベガスにて「CES 2020」が開催された。すでに多くのメディアで語られているが、再度振り返... 続きを読む

[CES2020]Vol.07 人工人間、身体性が問われるテクノロジー「NEONプロジェクト」

txt:西村真里子 構成:編集部 CES 2020で注目のテクノロジー「NEON」とは CES 2020の日本のスタートアップが出展するEureka Parkに... 続きを読む

[CES2020]Vol.06 目の付け所がAIなプロダクトが続々登場〜会場から見えてくるAIプロダクト達

txt:江口靖二 構成:編集部 進化する画像センサーがより良い未来を作る サムスンの「Ballie」は目の付け所がサムスンなプロダクトだ。百聞は一見にしかず、サムス... 続きを読む

[CES2020]Vol.05 航空会社として初基調講演。デルタ航空が考えるイノベーション〜パラレル リアリティ ディスプレイ

txt:江口靖二 構成:編集部 航空会社として初めての基調講演 CESでのキーノートには、例年家電メーカーであったり、インテルやクアルコムのようなチップ系のメーカー、最近では自... 続きを読む

[CES2020]Vol.04 より多くの人を集めるために〜CESにおける「見せ方」と「ブランディング」効果とは?

Audiのブースは上からキラキラしたリボンが無数に装飾されており、否が応でも足を踏み入れたくなる txt:清水幹太 構成:編集部 来場者の気を引く“見せ方”は多種多様 ... 続きを読む

[CES2020]Vol.03 一般化を迎えたカテゴリーに花開く、味わい深いプロダクトたち〜展示会スタート

txt:清水幹太 / 編集部 構成:編集部 いよいよ展示会が始まる MediaDayが終わり、CES展示会場での展示がいよいよ始まった。CESの他の展示会と大きく違う点... 続きを読む

特集記事

	
Shoot with Vlog cam Shoot with Vlog cam
個人の動画ブログ「Vlog」が隆盛するいま、Vlog用カメラを通して映像を撮ることを数回にわたり考える。
Camera Preview 2020 Camera Preview 2020 Part II
2019年から2020年春にかけて発表された話題の新製品やカメラシステムを紹介。
Camera Preview 2020 Camera Preview 2020 Part I
2019年から2020年春にかけて発表された話題の新製品やカメラシステムを紹介。
AfterCOVID-19 映像業界サバイバル AfterCOVID-19 映像業界サバイバル
社会的危機となっている新型コロナウイルス拡大の状況を分析し、今何が起こり、何が必要で、その後に何が訪れるのかを考えてみる。
Film Shooting Rhapsody 上映編 Film Shooting Rhapsody 上映編
16mmフィルムトライアルルームの荒木泰晴氏によるフィルム特集第2弾。今回はフィルム現像から紹介する。
再現:NAB2020 再現:NAB2020
米国ラスベガスにて開催予定だった世界最大の放送機器展覧会 2020 NAB Showでお披露目される予定だった内容を再現していく。
Film Shooting Rhapsody Film Shooting Rhapsody
16mmフィルムトライアルルームの荒木泰晴氏によるフィルム特集第2弾。
再現:CP+2020 再現:CP+2020
開催中止となってしまったCP+2020をPRONEWS誌面上で再現して行く。
CES2020 CES2020
米国ラスベガスで開催された世界最大の国際家電見本市 CES2020をレポート。
PRONEWS AWARD 2019 PRONEWS AWARD 2019
2019年は映像業界にとってどんな年だったのだろうか。PRONEWS AWARDで部門ごとに振り返る。
Inter BEE 2019 Inter BEE 2019
千葉幕張メッセにて開催される国際放送機器展“Inter BEE“をレポート。
InterBEE 2019の歩き方 InterBEE 2019の歩き方
今年もInterBEEの歩き方をジャンル別にピックアップし、6種類のコースを紹介。
Film Shooting Rhapsody Film Shooting Rhapsody
フィルム撮影の経験をしたい人に向けてフィルム撮影で必要な各種の工程について解説していく。
IBC2019 IBC2019
欧州最大の業務用映像・音響の専門展示会「IBC2019」をレポート。
新世紀シネマレンズ漂流 新世紀シネマレンズ漂流
シネマレンズを中心に一眼やミラーレスデジタルカメラの動画撮影機能と組み合わせて使われる交換レンズの最新動向を紹介する。
  1. トップ
  2.  > 
  3. 特集
  4.  > 
  5. [Digital Cinema Bülow III ~CineGear 2015]Vol.01 Report Part1 ―8Kデモに盛り上がるPanavisi…