PRONEWS

  • imgABOUT
  • imgTWI
  • imgFB
  • imgYTU
  1. トップ
  2.  > 
  3. 特集
  4.  > 
  5. [Digital Cinema Bülow III ~CineGear 2015]Vol.03 Report Part3 ―会場で目立つスグレもの達
News

[Digital Cinema Bülow III ~CineGear 2015]Vol.03 Report Part3 ―会場で目立つスグレもの達

#CINE GEAR EXPO #Report NOW! #Digital Cinema Bülow #cinegear

2015-06-15 掲載

txt:石川幸宏 構成:編集部

足を踏み入れて初めて出会う機材達

Cine Gear Expoではカメラ製品ももちろん数多く出展されるが、その多くはすでに4月のNABで発表されているもので、ここでは実機に関する展示もそれほど力を入れているというわけではない。あくまで撮影現場における周辺機材を中心に、特機や照明機材がほとんどである。

前述のようにこのところドローンやOn-Set(現場)におけるソフトウェアシステムなどの展示も増えて来た。面白いのは毎回、「これはイイ!」と思えるような斬新なアイディア製品や他ジャンルで成功した製品が新たに参入してきて、これが最新カメラとともに並んでいるのがこの展示会の醍醐味だ。さすがに映画作りの現場を熟知した人が山ほどいるハリウッド。日本ではなかなかお目にかかれない面白い現場の小道具、ガジェット、ツールが目白押しだ。ここでは、今年のCineGearで気になった注目製品をフォトダイジェストで紹介しよう。

SwichBord(Magnetic Storyboard Display)

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

SwichBordはマグネット式のストーリーボードディスプレイ。ディスプレイといってもいわゆる冷蔵庫の扉に様々なマグネットで生活メモを貼付けるのと全く同じで、紙を使わずにマグネットで現場での諸々の告知メモなどを要所で貼っておくエコ時代の現場グッズ。しかも専用キャリーケース付きで持ち運びも便利。使用時はトップ部分の穴をCスタンド(センチュリースタンド)等のバーに差し込むだけ。ホワイトボードのようなペーパー10枚、カード型のメモパッドが50枚、その他専用ペンやライト、マグネットがついて、1日レンタルで$25。

Digital Bolex

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

若い世代のフィルムメーカーにも話題のDigital BolexがCineGearに独自のブース出展で初参戦。新しく出たMFTマウントとKish/Bolexシリーズプライムレンズを中心に、さらに今回4つの新プロダクトを発表した。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

D16のモニターフード、ボディプロテクション用のラバー製ウェザースキン、凹型専用チーズプレート、そして新たにレザーのKishレンズ専用ケース(3本入り)の新製品を展示。またこの期にファームウェアもver1.3へバージョンアップされ、プレイバックがリアルタイムで出来たり、WAVやAIFFのオーディオフォーマット対応、バックグラウンドでのSSD/CFカードへの自動バックアップ機能などが追加されているという。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

ThunderPack

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

ロケ現場にケース一つでコンパクトに持ち運べる、Motion FX Systems社のお手軽On-Set DITシステム「ThunderPack」。RAIDシステムやバッテリーからRAIDシステム、各種I/Oはペリカンケース風の専用ケースにすべて同梱され、ケースの伸張ハンドル部分とスタンドの間にポリカーボネートのデスク部/マウスパッド部を取り付けて、ラップトップPCであればデスクトップDIT環境をいつでもどこでも構築可能。ユニークなのは、通常のRAIDシステムから、Blackmagic Design用やAJA Video Systems用など、フロントパネルオプションが6タイプほど用意されている。まさにキャッチコピーの「あなたのDIT環境をスイス製アーミーナイフのように!」といったこれからのDITスタッフのスタイルを掲示するもの。価格はシステム構成によって、€13,999(195万円)~€31,990(445万円)。

WOODEN CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

今年5月の中旬、LA近郊のバーバンクに専門ショップもオープンした、カメラアクセサリー専門メーカーのWOODEN CAMERA。とにかく新型カメラが出ると真っ先に専用リグを作ってくる。今回早くも、ALEXA Mini、そしてRED WEAPON、Blackmagic URSA Miniのリグを早くも出展。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

Aladdin BI-FLEX

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

シート型のLEDライトがこのところ人気で、昨年ぐらいから各社様々な形状のものが発表されているが、Aladdin light社は韓国製のLEDパネル。300×300mmの布状で自由に折れ曲がる仕様のLEDライトシートをテントのように4点留めのクロスの骨組みで専用スタンドに装着。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

スタンドは三脚やCスタンド、ポールなどに取り付けたり、ヘッド部分がマグネットになっていて、スチールであれば重さも220gと軽いのでどこにでも取り付け可能。さらに防水加工もなされているという優れもの。DC12~18V、50/60Hz、50W/3000K~6000Kで調光可能。DC 24~30V、200Wで300×1200mm(800g)のサイズもある。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

PIPELINE

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

BBS Lighting社のPIPELINEは、その名の通りの棒状のLEDライトシステム。10W、ACかDC14Vバッテリーで起動。3200K、4300K、5600Kを選択でき、種類も305mm、610mm、914mm、1219mmの4つの長さがある。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

キヤノンのEOS C300 Mark IIのデモセッションではこのライティングシステムが使用され、持ち運びや移動もカンタンで撮影を伴うプレゼンテーションなどにも使用しやすそうだった。

COOLSHIRT SYSTEMS

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

今年もハリウッドでは、5月1日に封切りされた人気超大作「アベンジャーズ/エイジ・オブ・ウルトロン」が興行3日間で1億9,127万1,109ドル(約230億円)を記録、前作に続く歴代2位の興行収益をたたき出した。各々のコスチュームを身にまとったヒーロー達が画面上で大活躍している反面、こうしたコスチュームでの演技は、ときに撮影時にアクターやスタントマンには現場環境の寒暖の問題もあり、思うような演技をする上でも非常に厄介だ。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

またそれを撮影するスタッフ側もときに過酷な環境化で撮影しなければならず、こちらも役者同様に困難な現場を強いられることも多い。そんなときに活躍するのがこのCOOLSHIRT。パイプが張り巡らされたシャツ(ベストタイプもある)に水を通して、クーリング(冷)もヒーティング(暖)もできる特製シャツ。独自のSAFETEMPセンサーにより、必要以上の温度にならないように管理もできる。

もちろん映画撮影専用というわけではなく、すでに5万人以上のモータースポーツレーサーが使用していたり、その他メディカル、工業作業などでも使用されているもの。

ROBO CUP

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

ロボコップならぬその名もROBO CUP(ロボカップ)。カップとカップの間が強力なピンチになっており、ポールなどを挟み込みんで三脚やCスタンド、イントレポールなど、どこにでもクリップオン!

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

2つのカップがセットになっているカップ式のツールホルダーだ。形状からドリンクホルダーとして使用出来るのももちろんのこと、GRIPマンの工具やライトなど、現場にちょっとあると便利なグッズだ。

VARAVON

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

韓国のVARAVONも独自ブースでのCineGear出展は初ではないだろうか?今回はATOMOS SHOGUN専用のケージ「ARMOR」と、これにGoPro HERO4とハンドルグリップを組み合わせた、4K撮影ハンディユニットなどを展示。さらにオリジナルの3軸ジンバルシステムBirdycam 2などを展示した。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA txt:石川幸宏 構成:編集部
Vol.02 [Digital Cinema Bülow III] Vol.04

[ Category : , ]
[ DATE : 2015-06-15 ]
[ TAG : ]

この記事に関連する記事一覧

[CES2020]Vol.11 Crystal LEDとAtom Viewで実現するヴァーチャルセット最前線~まさにリアルを超える?!

txt:西村真里子・猪蔵・編集部 構成:編集部 リアルとバーチャルの境目がなくなる影像制作 CES 2020はそれまでのCESの歴史から大きくシフトを宣言している年であ... 続きを読む

[CES2020]Vol.10 テレビ局が不在でも完全に8Kが主流のCES2020

txt:江口靖二 構成:編集部 CES 2020の主流が「8K」となった理由 CES 2020では完全に8Kが主流である。グローバルで市場を牽引する中国とアメリカでは、... 続きを読む

[CES2020]Vol.09 「次の10年のエンターテインメント・プラットフォーム」とは?〜モバイル向け動画配信サービスQuibiスタート直前

txt:加藤薫(博報堂DYメディアパートナーズ) 構成:編集部 モバイル向けストリーミングサービス「Quibi」とは? 生活を変えるテクノロジーのショーケースとして... 続きを読む

[CES2020]Vol.08 日常が“つながる”と意外なものがメディアになる?未来の生活を彩るものたち

txt:平野陽子 (大広) 構成:編集部 2020年1月7日~1月10日、米国ラスベガスにて「CES 2020」が開催された。すでに多くのメディアで語られているが、再度振り返... 続きを読む

[CES2020]Vol.07 人工人間、身体性が問われるテクノロジー「NEONプロジェクト」

txt:西村真里子 構成:編集部 CES 2020で注目のテクノロジー「NEON」とは CES 2020の日本のスタートアップが出展するEureka Parkに... 続きを読む

[CES2020]Vol.06 目の付け所がAIなプロダクトが続々登場〜会場から見えてくるAIプロダクト達

txt:江口靖二 構成:編集部 進化する画像センサーがより良い未来を作る サムスンの「Ballie」は目の付け所がサムスンなプロダクトだ。百聞は一見にしかず、サムス... 続きを読む

[CES2020]Vol.05 航空会社として初基調講演。デルタ航空が考えるイノベーション〜パラレル リアリティ ディスプレイ

txt:江口靖二 構成:編集部 航空会社として初めての基調講演 CESでのキーノートには、例年家電メーカーであったり、インテルやクアルコムのようなチップ系のメーカー、最近では自... 続きを読む

[CES2020]Vol.04 より多くの人を集めるために〜CESにおける「見せ方」と「ブランディング」効果とは?

Audiのブースは上からキラキラしたリボンが無数に装飾されており、否が応でも足を踏み入れたくなる txt:清水幹太 構成:編集部 来場者の気を引く“見せ方”は多種多様 ... 続きを読む

[CES2020]Vol.03 一般化を迎えたカテゴリーに花開く、味わい深いプロダクトたち〜展示会スタート

txt:清水幹太 / 編集部 構成:編集部 いよいよ展示会が始まる MediaDayが終わり、CES展示会場での展示がいよいよ始まった。CESの他の展示会と大きく違う点... 続きを読む

特集記事

	
Shoot with Vlog cam Shoot with Vlog cam
個人の動画ブログ「Vlog」が隆盛するいま、Vlog用カメラを通して映像を撮ることを数回にわたり考える。
Camera Preview 2020 Camera Preview 2020 Part II
2019年から2020年春にかけて発表された話題の新製品やカメラシステムを紹介。
Camera Preview 2020 Camera Preview 2020 Part I
2019年から2020年春にかけて発表された話題の新製品やカメラシステムを紹介。
AfterCOVID-19 映像業界サバイバル AfterCOVID-19 映像業界サバイバル
社会的危機となっている新型コロナウイルス拡大の状況を分析し、今何が起こり、何が必要で、その後に何が訪れるのかを考えてみる。
Film Shooting Rhapsody 上映編 Film Shooting Rhapsody 上映編
16mmフィルムトライアルルームの荒木泰晴氏によるフィルム特集第2弾。今回はフィルム現像から紹介する。
再現:NAB2020 再現:NAB2020
米国ラスベガスにて開催予定だった世界最大の放送機器展覧会 2020 NAB Showでお披露目される予定だった内容を再現していく。
Film Shooting Rhapsody Film Shooting Rhapsody
16mmフィルムトライアルルームの荒木泰晴氏によるフィルム特集第2弾。
再現:CP+2020 再現:CP+2020
開催中止となってしまったCP+2020をPRONEWS誌面上で再現して行く。
CES2020 CES2020
米国ラスベガスで開催された世界最大の国際家電見本市 CES2020をレポート。
PRONEWS AWARD 2019 PRONEWS AWARD 2019
2019年は映像業界にとってどんな年だったのだろうか。PRONEWS AWARDで部門ごとに振り返る。
Inter BEE 2019 Inter BEE 2019
千葉幕張メッセにて開催される国際放送機器展“Inter BEE“をレポート。
InterBEE 2019の歩き方 InterBEE 2019の歩き方
今年もInterBEEの歩き方をジャンル別にピックアップし、6種類のコースを紹介。
Film Shooting Rhapsody Film Shooting Rhapsody
フィルム撮影の経験をしたい人に向けてフィルム撮影で必要な各種の工程について解説していく。
IBC2019 IBC2019
欧州最大の業務用映像・音響の専門展示会「IBC2019」をレポート。
新世紀シネマレンズ漂流 新世紀シネマレンズ漂流
シネマレンズを中心に一眼やミラーレスデジタルカメラの動画撮影機能と組み合わせて使われる交換レンズの最新動向を紹介する。
  1. トップ
  2.  > 
  3. 特集
  4.  > 
  5. [Digital Cinema Bülow III ~CineGear 2015]Vol.03 Report Part3 ―会場で目立つスグレもの達