PRONEWS

  • imgABOUT
  • imgTWI
  • imgFB
  • imgYTU

トップ > 特集 > [IBC2015]Vol.00 HDRが一気に活況、実用IP化への更なる進展へ

News

[IBC2015]Vol.00 HDRが一気に活況、実用IP化への更なる進展へ

2015-09-17 掲載

txt:石川幸宏 構成:編集部

また産まれる新しい技術が活用される未来を体験

IBC2014_00_01 IBC2015初日の朝は気温15℃と肌寒いながらも気持ちよく晴れ渡り、絶好の展示会日和となった

欧州最大の映像・放送展「IBC(International Broadcast Conference)2015」が、今年もオランダ・アムステルダムのRAI会場で例年通り開催された。この時期のアムステルダムは、晴天と不安定な天候が不規則に入り乱れる季節で、今年も初日、2日目と一日中気持ちよく晴れ渡り、3日目以降は曇天から雨天と天候不順ではありながら、全般的には盛況な開催となった。今年は世界170カ国から参加企業が1,800社以上、登録来場者数も55,182名と、昨年2014年の記録を更新するなど、参加者もここ数年好調な伸びを見せている。

各社ともHDR技術が活況に

IBC2014_00_02 IBC会場であるRAIは今年拡張し、施設が増設しており、今年オープンしたAmtriumにはカンファレンスルームのほか、レストラン等も完備している

今年のトレンドとしては、IBCの開催数日前にドイツ・ベルリンで開催されていたコンシューマー家電の展示会「IFA」でも観られたのと同様に、HDR(ハイダイナミックレンジ)が大きなテーマとなっていた。

HDの次世代放送としての4K化は欧州の各放送局もすでに睨みつつも、やはり「価値ある=ユーザーメリットがある高画質化」という意味ではHDRを意識することは有意義であるし、ある意味で当然の方向性だと考えられる。ただ、いま論じられているHDRは、これまでのTVに比べて、広いダイナミックレンジを表示できるというものであり、モニタリング側の要素として主にディスプレイ分野で着目されているわけで、制作側においては、すでにカメラのダイナミックレンジはそれ相応に広くなってきているため、あまり大きな技術的革新は見られない。

IBC2014_00_05 The Future Zoneに設けられたNHKのブース。今年は恒例の8Kシアターから8K HDRモニターを設置。これまでの8Kとは大きく異なる高画質に連日多くの来場者を引きつけた

その中でもNHKが例年の8K関連展示を行う中で、新たにシャープと共同開発した8KのHDR対応モニターを世界初展示。そこにはHDR実現のために8Kカメラ用に新開発された“ハイブリッドLogガンマ”を英国BBCと共同で開発し、ソニーのF65に搭載して撮影された8K HDR映像を上映するなど、8K放送のHDR表示実現に向けて、早くもアクションを起こしたようだ。

BBCとは方式が同様ながら、日本と英国では表示に関する規定が異なるため、EBUでも同様のLogガンマを用いて撮影されたHDR映像がBBC方式で上映されていた。その他にもドルビー、ソニーといったHDR先導メーカーを始め、ARRIのAMIRAで撮影されたHDR映像が最新のSamsungの民生用HDR対応TVで上映されたり、REDやグラスバレーなどでも独自のHDR映像の上映展示と、各所でHDRが活況を呈していた。

また今春のNABに引き続き、放送のIP化への実運用に向けた動きが更に顕著になったことだろう。IPによる放送技術がより具現化してきたこと、そして4K放送に必須となるHEVCに関する技術も熟れてきたようで、随所に実運用可能な製品群が目に見えるカタチで出て来たことで、今後放送の4K化がさらに加速されることになりそうだ。

新製品よりも実製品展示に注力

IBC2014_00_04 RAIのちょうど中央部分にある広場に設置されたドローンゾーン。DJI社を中心に連日各社のドローンのデモフライトが実施されていた

カメラ関係の新製品は、ソニーがミッドレンジ向けのコンパクトな4KカメラPXW-FS5と、ミラーレス一眼タイプのα7sIIを一挙に発表してきた以外、他社はあまり大きな動きが無く、NABで発表された新製品の実機展示や、ソフトウェアのファームアップデートやアップグレード品の展示が多かった。また大きな動きとしては、ここでもやはりドローンに関する展示が多く増えたこと。会場中央の屋外にはドローンエリアが設けられ、ここでは各社のテストフライトなどが模様された。

IBC2014_00_03

DJIを中心に、多くは中国のドローンメーカーが軒を連ねたと同時に、一時期ところ狭しとひしめいていた中国系LEDメーカーが鳴りを潜めた様相だ。またNABよりも放送に大きく力点を置いているIBCだからなのか?Nikon、Autodeskといった企業が自社出展を見送ったり、また東欧などの小国からの面白いアイディア製品の展示が少なくなるなど、欧州全体の経済不審の影響も少なからず見えた。

とはいえ、新たな話題も多かった今年のIBC2015で、特に注目された製品展示を中心に最新のレポートをお届けする。

IBC2014_00_06 今年のテーマ的なキーワードは、“THE FUTURE IS NOW.”というわけで、プレスルームのある8ホール前の入り口付近には、映画「バック・トゥ・ザ・フューチャー」でおなじみのデロリアンが展示されていた
txt:石川幸宏 構成:編集部
[IBC 2015] Vol.01

[ Category : , ]
[ DATE : 2015-09-17 ]
[ TAG : ]

この記事に関連する記事一覧

[CES2020]Vol.11 Crystal LEDとAtom Viewで実現するヴァーチャルセット最前線~まさにリアルを超える?!

txt:西村真里子・猪蔵・編集部 構成:編集部 リアルとバーチャルの境目がなくなる影像制作 CES 2020はそれまでのCESの歴史から大きくシフトを宣言している年であ... 続きを読む

[CES2020]Vol.10 テレビ局が不在でも完全に8Kが主流のCES2020

txt:江口靖二 構成:編集部 CES 2020の主流が「8K」となった理由 CES 2020では完全に8Kが主流である。グローバルで市場を牽引する中国とアメリカでは、... 続きを読む

[CES2020]Vol.09 「次の10年のエンターテインメント・プラットフォーム」とは?〜モバイル向け動画配信サービスQuibiスタート直前

txt:加藤薫(博報堂DYメディアパートナーズ) 構成:編集部 モバイル向けストリーミングサービス「Quibi」とは? 生活を変えるテクノロジーのショーケースとして... 続きを読む

[CES2020]Vol.08 日常が“つながる”と意外なものがメディアになる?未来の生活を彩るものたち

txt:平野陽子 (大広) 構成:編集部 2020年1月7日~1月10日、米国ラスベガスにて「CES 2020」が開催された。すでに多くのメディアで語られているが、再度振り返... 続きを読む

[CES2020]Vol.07 人工人間、身体性が問われるテクノロジー「NEONプロジェクト」

txt:西村真里子 構成:編集部 CES 2020で注目のテクノロジー「NEON」とは CES 2020の日本のスタートアップが出展するEureka Parkに... 続きを読む

[CES2020]Vol.06 目の付け所がAIなプロダクトが続々登場〜会場から見えてくるAIプロダクト達

txt:江口靖二 構成:編集部 進化する画像センサーがより良い未来を作る サムスンの「Ballie」は目の付け所がサムスンなプロダクトだ。百聞は一見にしかず、サムス... 続きを読む

[CES2020]Vol.05 航空会社として初基調講演。デルタ航空が考えるイノベーション〜パラレル リアリティ ディスプレイ

txt:江口靖二 構成:編集部 航空会社として初めての基調講演 CESでのキーノートには、例年家電メーカーであったり、インテルやクアルコムのようなチップ系のメーカー、最近では自... 続きを読む

[CES2020]Vol.04 より多くの人を集めるために〜CESにおける「見せ方」と「ブランディング」効果とは?

Audiのブースは上からキラキラしたリボンが無数に装飾されており、否が応でも足を踏み入れたくなる txt:清水幹太 構成:編集部 来場者の気を引く“見せ方”は多種多様 ... 続きを読む

[CES2020]Vol.03 一般化を迎えたカテゴリーに花開く、味わい深いプロダクトたち〜展示会スタート

txt:清水幹太 / 編集部 構成:編集部 いよいよ展示会が始まる MediaDayが終わり、CES展示会場での展示がいよいよ始まった。CESの他の展示会と大きく違う点... 続きを読む

特集記事

Camera Preview 2020 Camera Preview 2020
2019年から2020年春にかけて発表された話題の新製品やカメラシステムを紹介。
AfterCOVID-19 映像業界サバイバル AfterCOVID-19 映像業界サバイバル
社会的危機となっている新型コロナウイルス拡大の状況を分析し、今何が起こり、何が必要で、その後に何が訪れるのかを考えてみる。
Film Shooting Rhapsody 上映編 Film Shooting Rhapsody 上映編
16mmフィルムトライアルルームの荒木泰晴氏によるフィルム特集第2弾。今回はフィルム現像から紹介する。
再現:NAB2020 再現:NAB2020
米国ラスベガスにて開催予定だった世界最大の放送機器展覧会 2020 NAB Showでお披露目される予定だった内容を再現していく。
Film Shooting Rhapsody Film Shooting Rhapsody
16mmフィルムトライアルルームの荒木泰晴氏によるフィルム特集第2弾。
再現:CP+2020 再現:CP+2020
開催中止となってしまったCP+2020をPRONEWS誌面上で再現して行く。
CES2020 CES2020
米国ラスベガスで開催された世界最大の国際家電見本市 CES2020をレポート。
PRONEWS AWARD 2019 PRONEWS AWARD 2019
2019年は映像業界にとってどんな年だったのだろうか。PRONEWS AWARDで部門ごとに振り返る。
Inter BEE 2019 Inter BEE 2019
千葉幕張メッセにて開催される国際放送機器展“Inter BEE“をレポート。
InterBEE 2019の歩き方 InterBEE 2019の歩き方
今年もInterBEEの歩き方をジャンル別にピックアップし、6種類のコースを紹介。
Film Shooting Rhapsody Film Shooting Rhapsody
フィルム撮影の経験をしたい人に向けてフィルム撮影で必要な各種の工程について解説していく。
IBC2019 IBC2019
欧州最大の業務用映像・音響の専門展示会「IBC2019」をレポート。
新世紀シネマレンズ漂流 新世紀シネマレンズ漂流
シネマレンズを中心に一眼やミラーレスデジタルカメラの動画撮影機能と組み合わせて使われる交換レンズの最新動向を紹介する。
BIRTV2019 BIRTV2019
中国・北京の中国国際展覧中心で開催された展示会「BIRTV 2019」をレポート。
SIGGRAPH2019 SIGGRAPH2019
世界最大のコンピュータグラフィックスとインタラクティブ技術に関する学会・展示会SIGGRAPH2019をレポート。

トップ > 特集 > [IBC2015]Vol.00 HDRが一気に活況、実用IP化への更なる進展へ