PRONEWS

  • imgABOUT
  • imgTWI
  • imgFB
  • imgYTU
  • imgInstagram
  1. トップ
  2.  > 
  3. 特集
  4.  > 
  5. [CES2016]Vol.00 International CES 2016開会直前〜もはや家電ショーではない展示会へ様変わり
Special

[CES2016]Vol.00 International CES 2016開会直前〜もはや家電ショーではない展示会へ様変わり

2016-01-06 掲載

開催直前のCES2016より

世界最大の国際家電見本市、2016 International CES(Consumer Electronics Show)が米国現地時間1月6日から9日の4日間、米国ラスベガスで開催される。1月4日(米国現地時間)より展示会前のプレス向けカンファレンスや招待制イベントが2日に渡り行われている。

会場は大幅に増床され、Tech EastとTech West、そしてTech Southと3つのエリアから構成される。そしてプレス日は、Mandalay Bayコンベンションセンターがフル稼働する。20万人近くが訪問するCESでは期間中に全ての物を見る事は物理的に不可能だ。「何を見るよりも、何を見ないか?」と決めて自分の関心のある部分にフォーカスし、欲張らない事がCESを乗り切る秘訣だという。

  • Tech East:LVCC(ラスベガスコンベンションセンター)周辺
  • Tech West:Sands Expo、Venetian、Wynn、Encore周辺
  • Tech South:C Space at ARIA、Cosmopolitan、Vdara
  • Unveiled/Press day:Mandalayコンベンションセンター

CES主催であるコンシューマー・エレクトロニクス協会(CEA)は昨年、新しく「コンシューマー技術協会(CTA)」と名称を変更した。それに伴いCESのロゴや会場の構成が再編成された。これまでの家電ショーではカバーできなくなってきたCESに主催者側が柔軟に動いたカタチだ。もはや消費者のハイテク産業全範囲を意味しない“エレクトロニクス”という用語を“テクノロジー”へ置き換えることで新しい時代の方向性が見えてくる。

過去にも1924年にラジオ工業会として設立され後幾度と名称が変更され、今回の改名になった。実際に会員であるフォード、BMWといった車産業、Google、Netflixや20世紀Foxといった家電メーカーではない企業が牽引している事も事実である。CTA会長兼最高経営責任者のゲーリー・シャピロ氏は、以下のように述べている。

協会の名前は進化し続けながらも、消費者向け技術産業を成長させる使命は引き継がれている。

一足先に開催されるUnveiledは、今年のトレンドが分かるプレス向けイベント。しかし今年のテーマは多岐に渡りすぎつかみ所が無い!


今年は、セキュリティーが非常に厳しい。持ち込みバックには中が見える透明かメッシュの物が推奨されている。会期を前にセキュリティーの強化のアナウンスが再三されていた。そんな見地から、プレスに配布されるバックも丈夫なディバッグタイプの物からからメッシュバックへと変更された

今年は、セキュリティーが非常に厳しく、持ち込み荷物は中が見えるメッシュの物が推奨されている。会期を前にセキュリティーの強化アナウンスが再三され、毎年プレスに配布されるバックも丈夫なディバッグタイプの物からからメッシュバックへと変更

開催日を前に各社多くのプレスカンファレンスが行われる。CESでは、デジタル家電やオーディオ機器だけではなく、自動車分野、ヘルスケアに加え、今や世の中の生活を支えるインフラとなったインターネットやスマートフォンに関連する様々なソリューションが複合した世界最大の展示会へと様変わりしている。ここ10年CESに参加しているが、今年が一番面白いのかもしれない。そして事前に毎年テーマがおぼろげながら浮かび上がるのだが、今年ほどテーマが広すぎて、これ!と言う物が浮かび上がらないのが現状だ。IoTが全てのカテゴリー飲み込んで様々なビジネスが産まれている現状がそこにはある。まさにカオスである事は言うまでもない。それがチャンスでもあり面白さとなっているのだろう。その中でもキーワードはいくつも見えている。

時代を牽引するCES〜キーワードで見るトレンド

玉石混合の会場から見えてくるキーワードなんだろうか?「IoT」「スマートフォン」「3Dプリンター」「ウェアラブル」「ドローン」「ラップトップ」「VR」などいくつかのキーワードが上げられる。会場ではこれまでの主役であったTVから自動車に関する展示も多くなっている。名も無きメーカーが、家電領域に参戦し、市場を塗り替えて行くその勢いは、IoTによってさらに加速されている。その例が、自動車でのスタートアップであるFaraday Futureだ。彼らは、電気自動車のコンセプト・カーをデビューするようだ。

本当に会場に足を踏み入れるまで何があるかは分からない。清濁合わせ飲む部分もあり、それが非常にダイナミックで面白いと言う事だ。展示会の始まる6日から現場で見られる面白い物を逐次取り上げていきたいと思う。今年は、少し変わった領域もとらえるように視野に入れている。いよいよ明日から展示会が始まる。CES 2016からニュースを随時お届けする。

■特集:CES2016 Index

恒例となった“プレスカンファレンス”ライブ配信

今年も1月5日午前10時(日本時間では1月6日午前3時)のPanasonicを皮切りに、各社が会場からプレスカンファレンスをライブ配信する。アーカイブされるので見返しすことも可能だ。

Sony CES Press Conference 2016
Panasonic Live @ CES
[CES2016] Vol.01

[ Category : , ]
[ DATE : 2016-01-06 ]
[ TAG : ]

この記事に関連する記事一覧

特集記事

GH world
正式に発表されたパナソニック「GH5 II」と「GH6」。実機やインタビューを通して、GHシリーズの今後の展開を占う。
Virtual Production Field Guide Season2
バーチャルプロダクション特集のSeason2。引き続き国内の最新の動向やワークフローを追う。
ARRI, my love
映画機材界の雄であるARRI。日本での販売拡大に注目されるARRIの歴史から実用例までフィーチャーする。
SXSW2021
3/16~20日にオンライン開催となった「SXSW2021」をレポートする。
Virtual Production Field Guide
国内のバーチャルプロダクションの展開と、映像制作ワークフローへの影響について紹介
CP+2021
オンライン開催のCP+2021で発表された新製品をレポート。
新世紀シネマレンズ漂流:NewTrend 2021編
2020年末から2021年に発売されたレンズ新製品をピックアップする。
映像基礎講座 Episode 2
2020年8月に公開された特集「映像基礎講座」続編。引き続き映像の基本や基礎知識を学ぶ。
CES2021
オールデジタルのオンライン開催となったCES2021をレポートする。
年末イッキ読み!
2020年に話題になった製品の特集やコラム記事をまとめて振り返る。
PRONEWS AWARD 2020
激動の1年となった2020年の映像業界を、PRONEWS編集部が総括する。
2020年11月特集:[再現:Inter BEE 2020]-Web Trade Show- 再現:Inter BEE 2020-Web Trade Show-
11月18日(水)からオンライン開催されるInterBEEを解説する。
Inter BEE 2019 ぼくらのEDIUS X
約3年ぶりのメジャーバージョンアップとなる「EDIUS X」の魅力を紹介。
InterBEE 2019の歩き方 Broadcast & Cinema EXPO 2020
映像制作者、映像業界関係者向け情報イベント配信番組。
ATEM WORLD ATEM WORLD
ラインナップ充実のATEM Miniシリーズの選び方や使いこなしをご紹介。
  1. トップ
  2.  > 
  3. 特集
  4.  > 
  5. [CES2016]Vol.00 International CES 2016開会直前〜もはや家電ショーではない展示会へ様変わり