PRONEWS

  • imgABOUT
  • imgTWI
  • imgFB
  • imgYTU

トップ > 特集 > [CP+2016]ニコンブース:35mmフルサイズセンサーD5を始め、カメラ、双眼鏡、ソフトウェアまでが勢揃い

News

[CP+2016]ニコンブース:35mmフルサイズセンサーD5を始め、カメラ、双眼鏡、ソフトウェアまでが勢揃い

2016-02-26 掲載

ニコンはブースに掲げられたNikonのロゴに「At the heart of the image」を掲げて、カメラから双眼鏡、ソフトウェアのほか、タッチ&トライのコーナーや、2つの講演ステージやフォトギャラリーなどを含む広いブースを展開。

デジタル一眼レフカメラのフラッグシップモデルとなる35mmフルサイズセンサーを搭載したD5や、DXフォーマットセンサー(APS-C)搭載のD500、1インチサイズの大判センサーを搭載したコンパクトデジタルカメラのDLシリーズとしてDL18-50 f/1.8-2.8やDL24-85 f/1.8-2.8、DL24-500 f/2.8-5.6のほか、カメラの前後に2つの広角レンズを搭載したカメラを備え360°全方位を撮影ができる同社初のアクションカメラKeyMission 360などを出展した。

こうしたカメラの殆どはBluetoothによりスマートデバイスとの常時接続を可能にするSnapBridgeに対応しており、撮影画像の伝送やリモート撮影などに対応するという。SnapBridgeはBluetooth low energyによって、消費電力を抑えながらもカメラとスマートデバイスのシームレスな接続を可能にしたもので、App StoreやGoogle Playから無償でダウンロードできるアプリをiOSやAndroid端末にインストールして使用することで、最初に1回だけ接続設定を行うことで、SnapBridge対応のカメラと常時接続でき、1台のカメラに対して5台までのスマートディバイスとペアリングが可能となっている。これによりスマートディバイスから日時・位置情報の同期や撮影中でもHDサイズの写真を自動送信できるほか、SNSやNIKON IMAGE SPACEに簡単に画像をアップロードすることができる。

カメラ前後にフィッシュアイレンズのカメラを搭載した全周囲撮影カメラといえばリコーイメージングのTHETAがすでに発売されているが、KeyMission 360はアクションカメラとして水深30mまで対応のほか2mの耐落下衝撃性能などを有しているほか、4K(UHD)動画記録やカメラ内で合成することが可能となっており、活用シーンやコンセプトが異なるようだ。

フラッグシップD5と初のアクションカメラKeyMission 360に注目

CP2016_Nikon_00329 D5はAF・AE追従で約12コマ/秒の高速連写機能や新開発のマルチCAM 20Kオートフォーカスセンサーモジュールを採用した153点AFシステムのほか常用感度ISO102400、増感時ISO3280000相当(Hi 5)まで可能など報道カメラマンが求める基本機能をブラッシュアップ CP2016_Nikon_00331 タッチパネル採用の3.2型約236万ドットの高精細画像モニターを搭載したD5の背面操作面。大量の撮影画像を素早く確認できるフレームアドバンスバーや文字入力のタッチ操作などにも対応している CP2016_Nikon_00335 D5と同等の新世代の153点AFシステムを搭載したほか、約10コマ/秒の高速連続撮影が可能なD500。4K UHD(3840×2160)動画やカメラとスマートデバイスをシームレスにつなぐアプリSnapBridgeにも対応している CP2016_Nikon_00336

同社では初となるアクションカメラKeyMission 360。アクションカメラはピントの問題などで通常ワイドレンズが搭載されており、それがHDになることで高精細なワイド画面が主観映像の臨場感を産んだといえるが、ニコンはそれを一気に360°に拡張した。HMDなどと組み合わせた疑似体験的な視聴や360°画面の再現方法など視聴方法との組み合わせによっては新たな映像世界が開けそうだ

CP2016_Nikon_00348 KeyMission 360保護ジャケットや吸盤のついたマウンター、手持ち撮影用スティック、リモコン、装着用バンドなどアクションカメラとして定番のアクセサリーなども用意されるという CP2016_Nikon_01382 ブース左側に設けられたデモブースで行われていたD500のデモンストレーション。ちょうど午後になり一般来場者が入場してきたということもあるが、ブース前を通るのも大変なくらい多くの人が集まった
ニコンブース 360°全天球動画
RICOH THETA Sで撮影した360°全天球動画です。視点変更機能を利用するにはPC版Google ChromeブラウザおよびiOS/Android版YouTubeアプリが必要です。(アプリ起動はこちら)

[ Category : , ]
[ DATE : 2016-02-26 ]
[ TAG : ]

この記事に関連する記事一覧

[4K・8K映像技術展Report]Vol.07 ニコンブース:配信やカメラコントロールが可能な4Kワンオペライブ配信ソリューションを展示

少人数でもライブ配信が可能な4Kワンオペライブ配信ソリューション ニコンは、一眼カメラやミラーレスカメラでお馴染みのニコンは、動画のライブ配信をするためのワンマンオペレーショ... 続きを読む

[Digital Cinema Bülow VIII~Cine Gear 2019]Vol.11 ニコン、フルフレームミラーレスカメラで12ビットProRes Raw出力対応「Z 7」を展示

txt・構成:編集部 3:2のフルフレームセンサーを16:9に上下カットした形で収録可能予定 Cine Gear展示エリアに、ニコンはブース出展していない。しかし、AT... 続きを読む

[NAB2019:Nikon]フルサイズミラーレスカメラ「ニコン Z 7」「ニコン Z 6」を展示。映像撮影に必要なものをワンパッケージにした「Z 6フィルムメーカーズキット」にも注目

360°全天球動画 Insta360 ONE Xで撮影した360°全天球動画です。視点変更機能を利用するにはPC版Google ChromeブラウザおよびiOS/An... 続きを読む

[CP+2019]プロ向け動画エリア:カメラ、レンズ、周辺機器などの動画ソリューションを一気に堪能!

CP+会期中の2月28日と3月1日の2日間、パシフィコ横浜の会議センター3階ではプロ向け動画エリアが設けられ、主に動画撮影に必要なカメラやレンズ、撮影機材などのメーカー14社が出展... 続きを読む

[CP+2019]HK YONGNUO LIMITEDブース:キヤノンEFマウント搭載のスマートフォン型カメラを展示

中国のカメラアクセサリーメーカーのYongnuoは、特にスピードライトや交換レンズでお馴染みのメーカーで、交換レンズはAFに対応したラインナップを揃えていることでも有名だ。 ... 続きを読む

[CP+2019]サイトロンジャパン/Anhui Changgeng Opticsブース:話題の中国レンズメーカーがシネマレンズを発表。シネズームとプライムレンズを展示

PLマウントのシネマズームでシネマ業界に参入 Anhui Changgeng Optics Technologyは中国に本社を置くメーカーで、LAOWAブランドでお馴染み... 続きを読む

[CP+2019]パナソニックブース:LUMIX Sシリーズの体験コーナーに大行列ができるほどの大盛況

パナソニックのフルサイズミラーレス体験コーナーが大盛況 パナソニックブースの注目はなんといってもLUMIX Sシリーズの展示だ。パナソニックブースには長い行列ができていて、体... 続きを読む

[CP+2019]ニッシンジャパンブース:マシンガンストロボの後継機種が2機種登場。待望のクリップオンタイプも展示

クオーツ発光管のモデルが2機種登場。MG10を含めて3ラインナップへ ブース側面に設置されていたタッチ&トライコーナー ニッシンは2012年に高耐熱クオーツ管搭載マ... 続きを読む

[CP+2019]アドビ システムズブース:動画編集で注目のPremiere RushやPhotoshop、Lightroomのショートセミナーを今年も実施

今年のアドビブースはPremiere Rushを一押し アドビはCP+に2017年から出展を始めて、今年で3年目。展示ブースは毎年ショートセッションがメインで、今年も1日15... 続きを読む

特集記事

SIGGRAPH2019 SIGGRAPH2019
世界最大のコンピュータグラフィックスとインタラクティブ技術に関する学会・展示会SIGGRAPH2019をレポート。
QBEE2019 QBEE2019
九州放送機器展(QBEE)をいつもの会場練り歩き方式でレポート。
4K・8K映像技術展Report 4K・8K映像技術展Report
東京ビッグサイト青海展示棟にて開催された4K・8K映像技術などの最新技術が一堂に出展する「通信・放送Week2019」をレポート。
DSJ2019 DSJ2019
幕張メッセで開催された国内最大のデジタルサイネージの展示会「DSJ2019」をレポート。
Digital Cinema Bülow VIII~Cine Gear 2019 Digital Cinema Bülow VIII~Cine Gear 2019
米国ハリウッドのパラマウントスタジオ内で開催された映画撮影機材の専門展示会「Cine Gear Expo」をレポート。
After Beat NAB SHOW 2019 After Beat NAB SHOW 2019
東京・秋葉原のUDXにて開催されたAfter NAB Show 2019をレポート。
NAB2019 NAB2019
米国ネバダ州ラスベガスにて開催される世界最大の放送機器展覧会「NAB2019」をレポート。
SXSW2019 SXSW2019
テキサス州オースティンで開催されたSXSW2019をレポート。
CP+2019 CP+2019
パシフィコ横浜にて開催されたカメラと写真の総合展示会「CP+2019」をレポート。
Film Shooting Rhapsody Film Shooting Rhapsody
いまだから知っておきたいフィルムの現状や伝統的な技術などを紹介する。
CES2019 CES2019
米国ラスベガスで開催された世界最大の国際家電見本市 CES2019をレポート。
PRONEWS AWARD 2018 PRONEWS AWARD 2018
2018年は映像業界にとってどんな年だったのだろうか。PRONEWS AWARDで部門ごとに振り返る。
10万円以下のジンバル選び 10万円以下のジンバル選び
一層注目が増している小型カメラジンバルをDJIやZHIYUN、FEIYU TECH、FILMPOWERの4社5機種に渡って比較紹介。
Inter BEE 2018 Inter BEE 2018
千葉幕張メッセにて開催される国際放送機器展“Inter BEE“をレポート。
InterBEE 2018の歩き方 InterBEE 2018の歩き方
今年もInterBEEの歩き方をジャンル別にピックアップし、6種類のコースを紹介。

トップ > 特集 > [CP+2016]ニコンブース:35mmフルサイズセンサーD5を始め、カメラ、双眼鏡、ソフトウェアまでが勢揃い