PRONEWS

  • imgABOUT
  • imgTWI
  • imgFB
  • imgYTU

トップ > 特集 > [CP+2016]富士フイルムブース:フィルムカメラを彷彿させるデザインのX-Pro2をはじめ、写真関わる幅広い商品ラインアップを展示

News

[CP+2016]富士フイルムブース:フィルムカメラを彷彿させるデザインのX-Pro2をはじめ、写真関わる幅広い商品ラインアップを展示

2016-02-29 掲載

富士フイルムは、デジタルカメラXシリーズの最新機種FUJIFILM X-Pro2やFUJIFILM X70のほか、超望遠レンズXF100-400mmF4.5-5.6 R LM OIS WRを含めて合計21種類となるフジノンXマウントレンズなどを出展したほか、チェキinstax mini 70、スマホ用写真検索アプリ「写真でmikke」など幅広い写真の楽しみ方を提案した。

2013年に安価なコンパクトデジタルカメラの開発中止を発表し、ラインナップを整理してきた同社だが、今年1月にFinePix XP90が発売されている。とはいってもFinePixのシリーズはこのXP90と生産中止になったFinePix S9900Wの2機種が残るのみとなっており、FinePixシリーズは今年XP90の発売が最後になるかもしれない。その他のコンパクト機も新製品となるX70とX30、X100Tとなっており、レンズ交換式カメラへシフトしていくようだ。

FUJIFILM X-Pro2はX-Pro1の後継機でセンサーが1,630万画素X-Trans CMOSセンサーから約2,430万画素のX-Trans CMOS IIIセンサーになったほか、画像処理プロセッサーの変更、アドバンスドハイブリッドマルチビューファインダーの搭載、1/8000秒のメカニカルシャッター、フィルムシミュレーションACROS、AFエリアの拡大、ロスレス圧縮RAW対応などのブラッシュアップが施されている

同社のレンズ交換式カメラのデザインはフィルムカメラを彷彿させるものとなっており、新製品のX-Pro2は往年のレンジファインダー式カメラのような光学式のファインダーが装備されている。X70も正面や背面はよくあるコンパクトデジタルカメラのデザインだが軍艦部側から見るとシャッターダイヤルや絞りメモリが配置されておりフィルムカメラそのもののデザインだ。

同社のレンズ交換式カメラは懐古趣味的にフィルムカメラのデザインを踏襲したのではなく、一貫してフィルムカメラの操作性を追求した結果のデザインといえよう。こうしたデザイン以外にも独自のフィルター配列を採用したセンサーX-Trans CMOSを採用することでモアレや偽色の発生を抑え、光学ローパスフィルターを不要としている。同社はハニカム構造の独自センサーを採用していた時期もあり、センサーに関しても一方ならぬこだわりを持っているようだ。ちなみにFinePixシリーズと生産終了のX-A2はX-Trans CMOSではない。

fuji_cp_00702 海外で発売されたX-E2sは国内では発売未定となっているが、2月4日公開の新ファームウェアVer.4.00を現行X-E2に適用すると、X-E2S相当となる。エンブレムの刻印が異なるが内容は同等 fuji_cp_00706 FUJIFILM X70は広角28mm相当のレンズを搭載したコンパクトデジタルカメラで、デジタルテレコンバーター機能により35mm相当、50mm相当の画角で撮影することができる。モニター上にも画角に応じたスルー画が表示されるので、レンズ交換をしている感覚で撮影可能 fuji_cp_00700 超望遠レンズXF100-400mmF4.5-5.6 R LM OIS WR。35mm判換算で152mm~609mm相当の焦点距離をカバーする超望遠ズームレンズで、超望遠ズームレンズで生じやすい色収差を徹底的に低減したほか、AF駆動に高速なリニアモーターを採用することで、1.4kg以下の小型・軽量化を達成。超望遠領域での手持ち撮影が可能としている fuji_cp_00685

チェキシリーズはハローキティモデルやクラッシックデザインのもの、ワイドレンズ搭載モデルなど様々なデザインが製品化されているが、写真のinstax mini 70は「撮ルをあそぼう。」をキャッチフレーズに、白、黄色、青の3カラーが用意されているほか、セルフショットミラー&セルフィーモードや肌色を明るく写せるハイキーモードなどを搭載している。

fuji_cp_00680 スマホ用写真検索アプリ写真をmikke。スマホにたまった大量の写真の中から写真を楽しく簡単に検索して見つけ出すことができるアプリで、iOSおよびAndroidに対応している。写真に写った人物ごとに分類したり、家族やグループ、人数などのキーワードで分類整理できる fuji_cp_00690 独自画像解析ソフトで、人物・風景などのカテゴリー別に画像を自動整理することができるワンダーフォトボックス。デジカメやスマホ、パソコンに保管されている沢山の画像などを簡単に取り込んで自動的にカテゴリーごとに整理して保管することができる
富士フイルムブース 360°全天球動画
RICOH THETA Sで撮影した360°全天球動画です。視点変更機能を利用するにはPC版Google ChromeブラウザおよびiOS/Android版YouTubeアプリが必要です。(アプリ起動はこちら)

[ Category : , ]
[ DATE : 2016-02-29 ]
[ TAG : ]

この記事に関連する記事一覧

[CP+2019]プロ向け動画エリア:カメラ、レンズ、周辺機器などの動画ソリューションを一気に堪能!

CP+会期中の2月28日と3月1日の2日間、パシフィコ横浜の会議センター3階ではプロ向け動画エリアが設けられ、主に動画撮影に必要なカメラやレンズ、撮影機材などのメーカー14社が出展... 続きを読む

[CP+2019]HK YONGNUO LIMITEDブース:キヤノンEFマウント搭載のスマートフォン型カメラを展示

中国のカメラアクセサリーメーカーのYongnuoは、特にスピードライトや交換レンズでお馴染みのメーカーで、交換レンズはAFに対応したラインナップを揃えていることでも有名だ。 ... 続きを読む

[CP+2019]サイトロンジャパン/Anhui Changgeng Opticsブース:話題の中国レンズメーカーがシネマレンズを発表。シネズームとプライムレンズを展示

PLマウントのシネマズームでシネマ業界に参入 Anhui Changgeng Optics Technologyは中国に本社を置くメーカーで、LAOWAブランドでお馴染み... 続きを読む

[CP+2019]パナソニックブース:LUMIX Sシリーズの体験コーナーに大行列ができるほどの大盛況

パナソニックのフルサイズミラーレス体験コーナーが大盛況 パナソニックブースの注目はなんといってもLUMIX Sシリーズの展示だ。パナソニックブースには長い行列ができていて、体... 続きを読む

[CP+2019]ニッシンジャパンブース:マシンガンストロボの後継機種が2機種登場。待望のクリップオンタイプも展示

クオーツ発光管のモデルが2機種登場。MG10を含めて3ラインナップへ ブース側面に設置されていたタッチ&トライコーナー ニッシンは2012年に高耐熱クオーツ管搭載マ... 続きを読む

[CP+2019]アドビ システムズブース:動画編集で注目のPremiere RushやPhotoshop、Lightroomのショートセミナーを今年も実施

今年のアドビブースはPremiere Rushを一押し アドビはCP+に2017年から出展を始めて、今年で3年目。展示ブースは毎年ショートセッションがメインで、今年も1日15... 続きを読む

[CP+2019]プロフォトブース:小さな筐体に従来機種以上の機能を凝縮したモノブロック「B10」登場

プロフォトブース注目の新製品はモノブロックストロボの「Profoto B10」だ。ぱっと見た印象はとにかく小さくて、2灯でも持ち運べそうな外観をしている。軽量小型なのでトップライト... 続きを読む

[CP+2019]カールツァイスブース:Lightroom CC搭載のフルサイズ対応デジタルカメラ「ZEISS ZX1」が日本初展示

ボディ1台で撮影、編集、シェアができるカメラ「ZEISS ZX1」 展示の目玉は、photokina 2018で発表されたハイエンドのデジタルカメラ「ZEISS ZX1」だ。... 続きを読む

[CP+2019]東芝メモリブース:ドライブレコーダーや監視カメラの常時録画を想定して設計されたmicroSDカードEXCERIAや、4K/8K動画対応のSDメモリカードEXCERIA PROを展示

東芝メモリは、ドライブレコーダーや監視カメラの常時録画を想定して設計された高耐久microSDカードEXCERIAや、高速連写・4K/8K動画撮影に対応したSDメモリカードEXCE... 続きを読む

特集記事

SIGGRAPH2019 SIGGRAPH2019
世界最大のコンピュータグラフィックスとインタラクティブ技術に関する学会・展示会SIGGRAPH2019をレポート。
QBEE2019 QBEE2019
九州放送機器展(QBEE)をいつもの会場練り歩き方式でレポート。
4K・8K映像技術展Report 4K・8K映像技術展Report
東京ビッグサイト青海展示棟にて開催された4K・8K映像技術などの最新技術が一堂に出展する「通信・放送Week2019」をレポート。
DSJ2019 DSJ2019
幕張メッセで開催された国内最大のデジタルサイネージの展示会「DSJ2019」をレポート。
Digital Cinema Bülow VIII~Cine Gear 2019 Digital Cinema Bülow VIII~Cine Gear 2019
米国ハリウッドのパラマウントスタジオ内で開催された映画撮影機材の専門展示会「Cine Gear Expo」をレポート。
After Beat NAB SHOW 2019 After Beat NAB SHOW 2019
東京・秋葉原のUDXにて開催されたAfter NAB Show 2019をレポート。
NAB2019 NAB2019
米国ネバダ州ラスベガスにて開催される世界最大の放送機器展覧会「NAB2019」をレポート。
SXSW2019 SXSW2019
テキサス州オースティンで開催されたSXSW2019をレポート。
CP+2019 CP+2019
パシフィコ横浜にて開催されたカメラと写真の総合展示会「CP+2019」をレポート。
Film Shooting Rhapsody Film Shooting Rhapsody
いまだから知っておきたいフィルムの現状や伝統的な技術などを紹介する。
CES2019 CES2019
米国ラスベガスで開催された世界最大の国際家電見本市 CES2019をレポート。
PRONEWS AWARD 2018 PRONEWS AWARD 2018
2018年は映像業界にとってどんな年だったのだろうか。PRONEWS AWARDで部門ごとに振り返る。
10万円以下のジンバル選び 10万円以下のジンバル選び
一層注目が増している小型カメラジンバルをDJIやZHIYUN、FEIYU TECH、FILMPOWERの4社5機種に渡って比較紹介。
Inter BEE 2018 Inter BEE 2018
千葉幕張メッセにて開催される国際放送機器展“Inter BEE“をレポート。
InterBEE 2018の歩き方 InterBEE 2018の歩き方
今年もInterBEEの歩き方をジャンル別にピックアップし、6種類のコースを紹介。

トップ > 特集 > [CP+2016]富士フイルムブース:フィルムカメラを彷彿させるデザインのX-Pro2をはじめ、写真関わる幅広い商品ラインアップを展示