PRONEWS

  • imgABOUT
  • imgTWI
  • imgFB
  • imgYTU

トップ > 特集 > [CP+2016]EIZOブース:モニターと写真をかんたん色合わせ!Quick Color Match付属のCS2420を出展

News

[CP+2016]EIZOブース:モニターと写真をかんたん色合わせ!Quick Color Match付属のCS2420を出展

2016-03-01 掲載

印刷業界ではデジタル化した画像データから最終段階の印刷まで色をきちんと管理して行わなくてはならない。写真業界でもRAWで撮影できるようになったことから印刷業界と同様に色管理が重要になっている。

同社のモニターはこうした中でCRTの時代から長年重要なポジションを占めている。今年は2月25日に発売のキャリブレーションセンサー内蔵のColorEdge CG2420と、かんたん写真色合せツールQuick Color Match付属のCS2420を出展。「かんたん色合わせで、写真プリントはさらに楽しい!」をテーマに、リリースしたばかりのQuick Color Matchを実際に操作体感できるコーナーや、ビデオ業界でもお馴染みのColorEdge CG318-4K、CG248-4Kなども出展した。

また、相談窓口を開設し、写真をプリントするとイメージ通りの色にならないとか、レタッチ表示ソフトのカラーマネージメント設定が正しいか不安など同社員が直接ColorEdgeに関する質問や疑問を受付けるコーナーや著名写真家によるトークショーなども開催された。

CP2016_EIZO_00307 ColorEdge CS2420には、プリンターとプリントする用紙を選ぶだけのシンプルな操作で、モニター画面と写真プリントの色合わせを簡単に実現できる専用ソフトウェアQuick Color Matchが付属する CP2016_EIZO_00308 Quick Color Match体感コーナーでは、かんたん色合わせツールQuick Color Matchを実際に操作して、モニター画面と写真プリントの色合わせ体験ができる。プリントまでの色合わせ手順をEIZOスタッフがサポート。プリントした写真は持ち帰り可能

Quick Color Match体感コーナーではエプソンやキヤノンのプリンターが用意されており、新製品のColorEdge CS2420を使ってモニター画面と写真プリントの色合わせ体験ができるようになっており、素材は来場者が持ち込んだものを利用。あてがいぶちのサンプルではなく自身が撮影した写真データー元に色合せからプリントアウトまでが体験できるという趣向だ。

CP2016_EIZO_00310 キャリブレーションセンサー搭載のColorEdge CG2420。工場で1台ごとにRGB各色0~255のすべての階調を調整。理想のガンマ値になるよう、最も適した値を16bit-LUT(約65000階調)を使って選択し、256階調に再割り当て。これにより、モニターごとにばらつきのない、極めて滑らかな階調表現を実現している。また、DVI端子、DisplayPort端子、HDMI端子を各1系統搭載し、全入力ポートで1920×1200表示に対応。DisplayPortとHDMIでの接続時、10bit入力が可能 CP2016_EIZO_00315 ColorEdge CG2420のセンサーはキャリブレーション時、自動的に画面内に現れるようになっており、手間なくスムーズにキャリブレーション作業を行うことが可能

ColorEdge CG2420およびCS2420はAdobe RGBを99%再現できる広色域で、sRGB相当の一般的なモニターでは再現しきれないAdobe RGBの鮮やかな青空や水色、新緑の緑色を忠実に再現可能なほか、印刷業界の標準色であるJMPAカラー、Japan Colorもカバーしており、印刷前から出力紙の色味をモニター上で確認可能。

なお、ColorEdge CG2420はデジタルシネマに用いられる規格、DCI-P3も98%カバーし、映像制作業界の標準色も再現できる。CG2420は1500:1、CS2420は1000:1の高コントラスト比を実現しており、液晶パネルの特性上、難しかった黒のディテールの再現力に優れ、白浮きを抑えた引き締まった黒色を表示できるほか、独自のデジタルユニフォミティ補正回路により、液晶パネルの輝度と色度が均一になるように画面全体、全階調で補正を行い、画面の隅々までムラの無い均一な表示を実現している。

CP2016_EIZO_00305 相談窓口を開設。カラーマネジメントのよろず相談を専門のスタッフが手ほどき。マンツーマンで親切に教えてくれる CP2016_EIZO_00298 ColorEdge CG318-4K、CG248-4Kなどプロ写真家も使用しているハイエンドモデルも展示
EIZOブース 360°全天球動画
RICOH THETA Sで撮影した360°全天球動画です。視点変更機能を利用するにはPC版Google ChromeブラウザおよびiOS/Android版YouTubeアプリが必要です。(アプリ起動はこちら)

[ Category : , ]
[ DATE : 2016-03-01 ]
[ TAG : ]

この記事に関連する記事一覧

[NAB2019:EIZO]お手軽な価格でHDRコンテンツの編集作業や簡易色確認ができる27型カラーマネージメント液晶モニター「ColorEdge CG279X」を展示

EIZOブース動画 EIZOブースレポート メインの展示は、27型カラーマネージメント液晶モニター「ColorEdge CG279X」だ。27インチで解像度... 続きを読む

[NAB2019]EIZOブース(動画)

NAB2019のEIZOブース動画です。 ... 続きを読む

[CP+2019]プロ向け動画エリア:カメラ、レンズ、周辺機器などの動画ソリューションを一気に堪能!

CP+会期中の2月28日と3月1日の2日間、パシフィコ横浜の会議センター3階ではプロ向け動画エリアが設けられ、主に動画撮影に必要なカメラやレンズ、撮影機材などのメーカー14社が出展... 続きを読む

[CP+2019]HK YONGNUO LIMITEDブース:キヤノンEFマウント搭載のスマートフォン型カメラを展示

中国のカメラアクセサリーメーカーのYongnuoは、特にスピードライトや交換レンズでお馴染みのメーカーで、交換レンズはAFに対応したラインナップを揃えていることでも有名だ。 ... 続きを読む

[CP+2019]サイトロンジャパン/Anhui Changgeng Opticsブース:話題の中国レンズメーカーがシネマレンズを発表。シネズームとプライムレンズを展示

PLマウントのシネマズームでシネマ業界に参入 Anhui Changgeng Optics Technologyは中国に本社を置くメーカーで、LAOWAブランドでお馴染み... 続きを読む

[CP+2019]パナソニックブース:LUMIX Sシリーズの体験コーナーに大行列ができるほどの大盛況

パナソニックのフルサイズミラーレス体験コーナーが大盛況 パナソニックブースの注目はなんといってもLUMIX Sシリーズの展示だ。パナソニックブースには長い行列ができていて、体... 続きを読む

[CP+2019]ニッシンジャパンブース:マシンガンストロボの後継機種が2機種登場。待望のクリップオンタイプも展示

クオーツ発光管のモデルが2機種登場。MG10を含めて3ラインナップへ ブース側面に設置されていたタッチ&トライコーナー ニッシンは2012年に高耐熱クオーツ管搭載マ... 続きを読む

[CP+2019]アドビ システムズブース:動画編集で注目のPremiere RushやPhotoshop、Lightroomのショートセミナーを今年も実施

今年のアドビブースはPremiere Rushを一押し アドビはCP+に2017年から出展を始めて、今年で3年目。展示ブースは毎年ショートセッションがメインで、今年も1日15... 続きを読む

[CP+2019]プロフォトブース:小さな筐体に従来機種以上の機能を凝縮したモノブロック「B10」登場

プロフォトブース注目の新製品はモノブロックストロボの「Profoto B10」だ。ぱっと見た印象はとにかく小さくて、2灯でも持ち運べそうな外観をしている。軽量小型なのでトップライト... 続きを読む

特集記事

DSJ2019 DSJ2019
幕張メッセで開催された国内最大のデジタルサイネージの展示会「DSJ2019」をレポート。
Digital Cinema Bülow VIII~Cine Gear 2019 Digital Cinema Bülow VIII~Cine Gear 2019
米国ハリウッドのパラマウントスタジオ内で開催された映画撮影機材の専門展示会「Cine Gear Expo」をレポート。
After Beat NAB SHOW 2019 After Beat NAB SHOW 2019
東京・秋葉原のUDXにて開催されたAfter NAB Show 2019をレポート。
NAB2019 NAB2019
米国ネバダ州ラスベガスにて開催される世界最大の放送機器展覧会「NAB2019」をレポート。
SXSW2019 SXSW2019
テキサス州オースティンで開催されたSXSW2019をレポート。
CP+2019 CP+2019
パシフィコ横浜にて開催されたカメラと写真の総合展示会「CP+2019」をレポート。
Film Shooting Rhapsody Film Shooting Rhapsody
いまだから知っておきたいフィルムの現状や伝統的な技術などを紹介する。
CES2019 CES2019
米国ラスベガスで開催された世界最大の国際家電見本市 CES2019をレポート。
PRONEWS AWARD 2018 PRONEWS AWARD 2018
2018年は映像業界にとってどんな年だったのだろうか。PRONEWS AWARDで部門ごとに振り返る。
10万円以下のジンバル選び 10万円以下のジンバル選び
一層注目が増している小型カメラジンバルをDJIやZHIYUN、FEIYU TECH、FILMPOWERの4社5機種に渡って比較紹介。
Inter BEE 2018 Inter BEE 2018
千葉幕張メッセにて開催される国際放送機器展“Inter BEE“をレポート。
InterBEE 2018の歩き方 InterBEE 2018の歩き方
今年もInterBEEの歩き方をジャンル別にピックアップし、6種類のコースを紹介。
新世紀シネマレンズ漂流:最新単焦点レンズ編 新世紀シネマレンズ漂流:もの作りの現場から
「新世紀シネマレンズ漂流:最新単焦点レンズ編」の続編。前回紹介することができなかったシネマレンズメーカーを取材。
Photokina2018 Photokina2018
ドイツ・ケルンメッセで開催されたスチルカメラの祭典 Photokina2018をレポート。
IBC2018 IBC2018
オランダ・アムステルダムで開催された欧州最大の映像・放送の展示会IBC2018をレポート。

トップ > 特集 > [CP+2016]EIZOブース:モニターと写真をかんたん色合わせ!Quick Color Match付属のCS2420を出展