PRONEWS

  • imgABOUT
  • imgTWI
  • imgFB
  • imgYTU

トップ > 特集 > [CP+2016]ロモジャパンブース:遊び心とイマジネーションを掻き立てるガジェット群

News

[CP+2016]ロモジャパンブース:遊び心とイマジネーションを掻き立てるガジェット群

2016-03-02 掲載

ユニークなトイカメラや、オールドライクでアーティスティックな描写のレンズなど、遊び心とイマジネーションを掻き立てるガジェットを手掛ける同社は、ロシアレンズJupiter 3の改良版として、先月発売したロシアレンズNew Jupiter 3+ Art Lens、Lomographyの新商品Petzval Art LensやRussar+、LC-A120、Lomo’Instantなどのほか、LC-A+やLC-Wide、Diana F+などを出展した。

同社のトイカメラはチープな安物というより、通常のカメラでは得られないフィッシュアイや独特な描写表現を狙ったものが多く、35mmフィルムカメラコレクションや120フィルムを使用する中判カメラ、小さくて可愛らしい110フィルムを使用するbabyカメラなど、実にバラエティに富んでいる。今回発売されたレンズもこうした志向のもとに発売されたもので、写真が庶民の普及しだしたころのレンズを復刻したものとなっている。

同社の特徴的なのはそうしたレンズを現代的な無機質なデザインで再現するのではなく、デザインにもソレらしさを求めているところにあるといえるだろう。もちろん当時は4×5とか8×10といった大判のフィルムサイズだったので、当時のレンズをそのまま復刻したのでは現代の35mmカメラとはイメージサークルが違いすぎて独特の描写を再現できないわけで、現在のカメラに適合できるよう再設計されている。

CP2016_Lomography_00152

New Jupiter 3+ Art Lens 1.5/50 L39/M。Carl Zeissが開発したゾナー型をもとにロシアで作られたJupiterを原型にしたレンズ。当時は新しいレンズ構成のレンズが発表されるとそれを元にレンズメーカー各社が改良を重ねて製品化するようなことがあり、高画質を目指したがJupiterは収差をのこしたまま、それがレンズの味となっている。マウントはL39なので、デジタルカメラに装着するにはマウントアダプターが必要。

CP2016_Lomography_00137

Lomography Petzval 85 Lens – Brassはキヤノンとニコン用のマウントが用意されている。外装は人物撮影用のペッツバール式レンズが流行った1800年代のデザインとなっており、当時のレンズ同様ピント合わせはレンズ全体を前後にスライドする方式になっている。レンズ下にあるダイアルノブはそのためのもので、ヘリコイドが開発される前なのでこうした機構を採用していた。また、レンズ鏡筒上部にスリットがあり、ボケの効果が調節できるプレートを差し込むようになっている。

CP2016_Lomography_00139 Lomography Petzval 85 Lens – Brassにはゴールドとブラックの2種類が用意されている。このカラーリングも当時のレンズを再現したもの。ちなみにペッツバール式レンズはVoigtlanderを始めとしてダルメイヤーなど当時のレンズメーカー数社が人物撮影用レンズとして製造していた CP2016_Lomography_00143 NEW Russar+ 5.6/20mm L39/MとLOMO LC-A MINITAR-1 ART LENS 2.8/32M。NEW Russar+は真鍮製の20mmスーパーワイドアングルレンズで、1958年にゼニット社より発売されたルサールレンズを復刻したもの。マウントはL39。LOMO LC-Aは同社のLC-Aカメラに搭載されたいるMinitar-1レンズをMマウントの単体レンズとしたもの CP2016_Lomography_00148 見ているだけでも楽しいカメラ。フィッシュアイカメラや4眼カメラ、パノラマカメラなど、機能的にも特殊だがデザイン的にも面白いものが多い

[ Category : , ]
[ DATE : 2016-03-02 ]
[ TAG : ]

この記事に関連する記事一覧

[CP+2019]プロ向け動画エリア:カメラ、レンズ、周辺機器などの動画ソリューションを一気に堪能!

CP+会期中の2月28日と3月1日の2日間、パシフィコ横浜の会議センター3階ではプロ向け動画エリアが設けられ、主に動画撮影に必要なカメラやレンズ、撮影機材などのメーカー14社が出展... 続きを読む

[CP+2019]HK YONGNUO LIMITEDブース:キヤノンEFマウント搭載のスマートフォン型カメラを展示

中国のカメラアクセサリーメーカーのYongnuoは、特にスピードライトや交換レンズでお馴染みのメーカーで、交換レンズはAFに対応したラインナップを揃えていることでも有名だ。 ... 続きを読む

[CP+2019]サイトロンジャパン/Anhui Changgeng Opticsブース:話題の中国レンズメーカーがシネマレンズを発表。シネズームとプライムレンズを展示

PLマウントのシネマズームでシネマ業界に参入 Anhui Changgeng Optics Technologyは中国に本社を置くメーカーで、LAOWAブランドでお馴染み... 続きを読む

[CP+2019]パナソニックブース:LUMIX Sシリーズの体験コーナーに大行列ができるほどの大盛況

パナソニックのフルサイズミラーレス体験コーナーが大盛況 パナソニックブースの注目はなんといってもLUMIX Sシリーズの展示だ。パナソニックブースには長い行列ができていて、体... 続きを読む

[CP+2019]ニッシンジャパンブース:マシンガンストロボの後継機種が2機種登場。待望のクリップオンタイプも展示

クオーツ発光管のモデルが2機種登場。MG10を含めて3ラインナップへ ブース側面に設置されていたタッチ&トライコーナー ニッシンは2012年に高耐熱クオーツ管搭載マ... 続きを読む

[CP+2019]アドビ システムズブース:動画編集で注目のPremiere RushやPhotoshop、Lightroomのショートセミナーを今年も実施

今年のアドビブースはPremiere Rushを一押し アドビはCP+に2017年から出展を始めて、今年で3年目。展示ブースは毎年ショートセッションがメインで、今年も1日15... 続きを読む

[CP+2019]プロフォトブース:小さな筐体に従来機種以上の機能を凝縮したモノブロック「B10」登場

プロフォトブース注目の新製品はモノブロックストロボの「Profoto B10」だ。ぱっと見た印象はとにかく小さくて、2灯でも持ち運べそうな外観をしている。軽量小型なのでトップライト... 続きを読む

[CP+2019]カールツァイスブース:Lightroom CC搭載のフルサイズ対応デジタルカメラ「ZEISS ZX1」が日本初展示

ボディ1台で撮影、編集、シェアができるカメラ「ZEISS ZX1」 展示の目玉は、photokina 2018で発表されたハイエンドのデジタルカメラ「ZEISS ZX1」だ。... 続きを読む

[CP+2019]東芝メモリブース:ドライブレコーダーや監視カメラの常時録画を想定して設計されたmicroSDカードEXCERIAや、4K/8K動画対応のSDメモリカードEXCERIA PROを展示

東芝メモリは、ドライブレコーダーや監視カメラの常時録画を想定して設計された高耐久microSDカードEXCERIAや、高速連写・4K/8K動画撮影に対応したSDメモリカードEXCE... 続きを読む

特集記事

DSJ2019 DSJ2019
幕張メッセで開催された国内最大のデジタルサイネージの展示会「DSJ2019」をレポート。
Digital Cinema Bülow VIII~Cine Gear 2019 Digital Cinema Bülow VIII~Cine Gear 2019
米国ハリウッドのパラマウントスタジオ内で開催された映画撮影機材の専門展示会「Cine Gear Expo」をレポート。
After Beat NAB SHOW 2019 After Beat NAB SHOW 2019
東京・秋葉原のUDXにて開催されたAfter NAB Show 2019をレポート。
NAB2019 NAB2019
米国ネバダ州ラスベガスにて開催される世界最大の放送機器展覧会「NAB2019」をレポート。
SXSW2019 SXSW2019
テキサス州オースティンで開催されたSXSW2019をレポート。
CP+2019 CP+2019
パシフィコ横浜にて開催されたカメラと写真の総合展示会「CP+2019」をレポート。
Film Shooting Rhapsody Film Shooting Rhapsody
いまだから知っておきたいフィルムの現状や伝統的な技術などを紹介する。
CES2019 CES2019
米国ラスベガスで開催された世界最大の国際家電見本市 CES2019をレポート。
PRONEWS AWARD 2018 PRONEWS AWARD 2018
2018年は映像業界にとってどんな年だったのだろうか。PRONEWS AWARDで部門ごとに振り返る。
10万円以下のジンバル選び 10万円以下のジンバル選び
一層注目が増している小型カメラジンバルをDJIやZHIYUN、FEIYU TECH、FILMPOWERの4社5機種に渡って比較紹介。
Inter BEE 2018 Inter BEE 2018
千葉幕張メッセにて開催される国際放送機器展“Inter BEE“をレポート。
InterBEE 2018の歩き方 InterBEE 2018の歩き方
今年もInterBEEの歩き方をジャンル別にピックアップし、6種類のコースを紹介。
新世紀シネマレンズ漂流:最新単焦点レンズ編 新世紀シネマレンズ漂流:もの作りの現場から
「新世紀シネマレンズ漂流:最新単焦点レンズ編」の続編。前回紹介することができなかったシネマレンズメーカーを取材。
Photokina2018 Photokina2018
ドイツ・ケルンメッセで開催されたスチルカメラの祭典 Photokina2018をレポート。
IBC2018 IBC2018
オランダ・アムステルダムで開催された欧州最大の映像・放送の展示会IBC2018をレポート。

トップ > 特集 > [CP+2016]ロモジャパンブース:遊び心とイマジネーションを掻き立てるガジェット群