PRONEWS

  • imgABOUT
  • imgTWI
  • imgFB
  • imgYTU
  • imgInstagram
  1. トップ
  2.  > 
  3. 特集
  4.  > 
  5. [CP+2016]ビデオサービスブース:RED SCARLET-WとRAVENを国内初展示
News

[CP+2016]ビデオサービスブース:RED SCARLET-WとRAVENを国内初展示

2016-03-04 掲載

ビデオサービスブースではRED Digital Cinema社の代理店となったRAIDが一緒に展示を行っていた。ビデオサービスは撮影機材にレンタルを行う会社で、RAIDは販売や輸入、放送システムの企画や設計、保守などを行う会社となっている。

今回新製品としてRED Digital Cinema社のSCARLET-WとRAVENを国内初展示したほか、ACEBILの三脚やクレーン、スライダーなどを展示。WEAPON、SCARLET-W、RAVENの3機種はREDが新たに提案するDMSC2(Digital Stills & Motion Camera2)というカテゴリー商品であり、今までのEPIC、SCARLET、DRAGONよりさらにモーション&スチールの両撮影が進化したカメラとなっている。2016年春には、多彩な入出力コネクターを装備したRED WEAPONやRED RAVENカメラシステムで使用可能なDSMC2 REDVOLT Expanderの出荷が予定されており、ゲンロックやHDMI出力のほか、USB電源出力や0B LEMO AUX PWRポートと、ピンLEMO 0Bなどのコネクターがサイドや背面に複数搭載されており、モニターやレンズリモートモータードライブ、ワイヤレスなど様々な周辺機器に電源供給可能となっている。

CP2016_videoservice_00559

RAVENはREDのカメララインナップの中ではリーズナブル価格となっているが、REDCODE RAWで4.5Kフルフレーム解像度で120fps、2Kフルフレーム解像度で240fpsの撮影が可能。また質量も1.58kgと軽量なカメラとなっている

CP2016_videoservice_00563

SCARLET-Wは、解像度が5Kの場合は毎秒60fps、4Kの場合は150fps、2Kの場合は300fpsの撮影(REDCODE RAWによる撮影時)が可能はほか、モノクロームカメラオプションにより高い解像度と光感度でモノクロ映像を撮影することがでる

CP2016_videoservice_00561

WEAPONは、周辺機器を集積回路に組み込むことによって、ケーブルレスを実現しており、トップハンドルやLCDディスプレーオプションなどとはDSMC2 BRAINに直接接続可能。また、オンボードのワイヤレス接続により、iOSまたはAndroidモバイルデバイスを使用してカメラをリモートコントロールできる

CP2016_videoservice_01168

ACEBILスライダーS20+PLUS KIT。最大耐荷重12kgに対応したスライダーで、平置きまたは三脚(三脚使用時は4kgまで)に装備して使用することが可能


[ Category : , ]
[ DATE : 2016-03-04 ]
[ TAG : ]

この記事に関連する記事一覧

[CP+2021]Vol.00 オンラインで開催されるCP+はいかに?

オンライン開催はいかに CP+の季節がやってきた。残念ながらは昨年のCP+2020は開催中止となったが、今年は、オンラインのみでCP+2021 ONLINEとして、2021年2月... 続きを読む

ソニーFX3メイン写真

[CP+2021]Vol.02 ソニー、小型シネマカメラ「FX3」発売。トップハンドルや冷却ファン、タリーランプなど動画専用機としての操作性や拡張性が魅力

txt・構成:編集部 ソニーは、フルサイズイメージセンサー搭載のCinema Lineの映像制作用カメラ「FX3」を2021年3月12日に発売する。受注開始は3月2日10時よ... 続きを読む

CP2021ズームレンズメイン

[CP+2021]Vol.01 パナソニック、焦点距離300mmでマクロ撮影が可能な望遠ズームレンズ「LUMIX S 70-300mm F4.5-5.6 O.I.S.」発売

txt・構成:編集部 小型化と軽量化を実現した望遠ズームレンズ登場 パナソニックは、フルサイズミラーレス一眼カメラLマウントシステム用交換レンズ「LUMIX S 70-... 続きを読む

[Camera Preview 2020]Vol.12 RED KOMODO 石坂拓郎撮影監督インプレッションインタビュー

txt・構成:編集部 撮影監督石坂拓郎氏がRED KOMODOでアクション作品を撮る ... 続きを読む

[InterBEE2019]RAIDブース:シネマレンズにAF機能を付加できるFocusbug社のCine RTシステムに注目

RAIDブース動画 RAIDブースレポート RAIDはHELIUM 8K S35センサーを搭載したRED Digital CinemaのデジタルシネカメラRED... 続きを読む

[NAB2019]RED Digital Cinemaブース(動画)

NAB2019のRED Digital Cinemaブース動画です。 ... 続きを読む

[NAB2019:RED Digital Cinema]レンタル限定シネマカメラ「RANGER」やNVIDIAのGPUを使った8Kリアルタイム再生の実現を展示

RED Digital Cinemaブース動画 話題のレンタル限定シネマカメラ「RANGER」を展示 RED Digital Cinemaは昨年同様、展示会場に... 続きを読む

[CP+2019]プロ向け動画エリア:カメラ、レンズ、周辺機器などの動画ソリューションを一気に堪能!

CP+会期中の2月28日と3月1日の2日間、パシフィコ横浜の会議センター3階ではプロ向け動画エリアが設けられ、主に動画撮影に必要なカメラやレンズ、撮影機材などのメーカー14社が出展... 続きを読む

[CP+2019]HK YONGNUO LIMITEDブース:キヤノンEFマウント搭載のスマートフォン型カメラを展示

中国のカメラアクセサリーメーカーのYongnuoは、特にスピードライトや交換レンズでお馴染みのメーカーで、交換レンズはAFに対応したラインナップを揃えていることでも有名だ。 ... 続きを読む

特集記事

Virtual Production Field Guide Virtual Production Field Guide
国内のバーチャルプロダクションの展開と、映像制作ワークフローへの影響について紹介
CP+2021 CP+2021
オンライン開催のCP+2021で発表された新製品をレポート。
新世紀シネマレンズ漂流:NewTrend 2021編 新世紀シネマレンズ漂流:NewTrend 2021編
2020年末から2021年に発売されたレンズ新製品をピックアップする。
映像基礎講座 映像基礎講座 Episode 2
2020年8月に公開された特集「映像基礎講座」続編。引き続き映像の基本や基礎知識を学ぶ。
CES2021 CES2021
オールデジタルのオンライン開催となったCES2021をレポートする。
年末イッキ読み! 年末イッキ読み!
2020年に話題になった製品の特集やコラム記事をまとめて振り返る。
PRONEWS AWARD 2020 PRONEWS AWARD 2020
激動の1年となった2020年の映像業界を、PRONEWS編集部が総括する。
2020年11月特集:[再現:Inter BEE 2020]-Web Trade Show- 再現:Inter BEE 2020-Web Trade Show-
11月18日(水)からオンライン開催されるInterBEEを解説する。
Inter BEE 2019 ぼくらのEDIUS X
約3年ぶりのメジャーバージョンアップとなる「EDIUS X」の魅力を紹介。
InterBEE 2019の歩き方 Broadcast & Cinema EXPO 2020
映像制作者、映像業界関係者向け情報イベント配信番組。
ATEM WORLD ATEM WORLD
ラインナップ充実のATEM Miniシリーズの選び方や使いこなしをご紹介。
SIGGRAPH2020 SIGGRAPH2020
オンライン開催されたVFXの祭典・SIGGRAPH2020をレポート。
映像基礎講座 映像基礎講座
映像の基本や基礎知識を学ぶ。映像制作初心者はもちろん、熟練者ももう一度初心に立ち返ろう。
	
Shoot with Vlog cam Shoot with Vlog cam
個人の動画ブログ「Vlog」が隆盛するいま、Vlog用カメラを通して映像を撮ることを数回にわたり考える。
Camera Preview 2020 Camera Preview 2020 Part II
2019年から2020年春にかけて発表された話題の新製品やカメラシステムを紹介。
  1. トップ
  2.  > 
  3. 特集
  4.  > 
  5. [CP+2016]ビデオサービスブース:RED SCARLET-WとRAVENを国内初展示