PRONEWS

  • imgABOUT
  • imgTWI
  • imgFB
  • imgYTU

トップ > 特集 > [CP+2016]AJAブース:4K対応のミニコンバーターやカメラを展示

News

[CP+2016]AJAブース:4K対応のミニコンバーターやカメラを展示

2016-03-04 掲載

同社はミニコンバーターのメーカーとして定評があり、数々の製品をラインナップしており、小型ビデオカメラやデジタル一眼などを使った撮影現場では必需品といえる。HD収録が始まった頃からモニターとカメラを接続する際にアナログコンポーネントとHD-SDI、更にはコンポジットへの変換、HDMIとHD-SDI変換、伝送距離に限りのあるHDMIやHD-SDIを長距離伝送するファイバー伝送装置などを市場に投入し、まさに痒いところに手が届く製品を投入している。また、カメラ収録より高画質で収録可能なレコーダーKiProシリーズや、4K対応のカメラCIONなど、コンバーターから収録機材全般に幅を広げている。

今回は、デジタル一眼などのHDMI信号をHD-SDIに変換するミニコンバーターや、昨年発表された4K対応レコーダーKi Pro Ultra、4K対応プロダクションカメラCIONのほか、ワイヤレスタイムコード同期システムTimecode Buddyなどを出展した。今回はCP+ということもあり2月10日に発表されたRovoCamは出展されていなかった。

CP2016_AJA_00443 4K/UHD/2K/HD対応レコーダー/プレーヤーKi Pro Ultra。4K(4096×2160)、UHD(3840×2160)、2K(2048×1080)、HD(1920×1080)に対応しており、小型ながら4K60p収録も可能。接続方法は3G-SDI、ファイバー、HDMIによる入出力が可能となっており、あらゆる機器と接続できる CP2016_AJA_00437 4K対応プロダクションカメラCION。Apple ProRes 4444(最高4K 30fps)や ProRes 422(最高4K 60fps)への直接収録や最高4K 120fpsのAJA Rawデータ出力が可能。Thunderboltコネクターを装備しており、4K 30fpsのAJA Raw出力が可能 CP2016_AJA_00441 HD-SDI×4の4K信号をHDMIに変換するコンバーターHi5-4K。4096×2160ピクセルの4K信号を3840×2160のUHDに変換したり、50/60fpsの4K/UHD信号を25/30fpsの4K HDMIに変換可能なほか、HD-SDIからHDMI変換にも対応している CP2016_AJA_0437 光ファイバーコンバーターFiDO-4R-ST/FiDO-4T-ST。FiDO-4R-STは光ファイバーから3G-SDI×4へFiDO-4T-STは3G-SDIから光ファイバーへ変換可能で、この2台をペアで使用することで、3G-SDIを光ファイバーで長距離伝送することができる CP2016_AJA_00439 ワイヤレスタイムコード同期システムTimecode Buddy。マルチカメラ収録時やビデオと音声レコーダーとのタイムコード同期をワイヤレスで行うことが可能な機器で、タイムコードは外部だけでなく内部のテイムコードを使用することも可能

[ Category : , ]
[ DATE : 2016-03-04 ]
[ TAG : ]

この記事に関連する記事一覧

[InterBEE2019]AJA Video Systemsブース:8K対応のHDR Image Analyzer 12Gや、Ki Pro GOおよびKi Pro Ultra Plusのアップグレード版を展示

AJA Video Systemsブース動画 AJA Video Systemsブースレポート AJAはIBCで発表したHDR Image Analyzer 1... 続きを読む

[NAB2019]AJAブース(動画)

NAB2019のAJAブース動画です。 ... 続きを読む

[NAB2019]AJAプレスカンファレンス(動画)

NAB2019のAJAプレスカンファレンス動画です。 ... 続きを読む

[CP+2019]プロ向け動画エリア:カメラ、レンズ、周辺機器などの動画ソリューションを一気に堪能!

CP+会期中の2月28日と3月1日の2日間、パシフィコ横浜の会議センター3階ではプロ向け動画エリアが設けられ、主に動画撮影に必要なカメラやレンズ、撮影機材などのメーカー14社が出展... 続きを読む

[CP+2019]HK YONGNUO LIMITEDブース:キヤノンEFマウント搭載のスマートフォン型カメラを展示

中国のカメラアクセサリーメーカーのYongnuoは、特にスピードライトや交換レンズでお馴染みのメーカーで、交換レンズはAFに対応したラインナップを揃えていることでも有名だ。 ... 続きを読む

[CP+2019]サイトロンジャパン/Anhui Changgeng Opticsブース:話題の中国レンズメーカーがシネマレンズを発表。シネズームとプライムレンズを展示

PLマウントのシネマズームでシネマ業界に参入 Anhui Changgeng Optics Technologyは中国に本社を置くメーカーで、LAOWAブランドでお馴染み... 続きを読む

[CP+2019]パナソニックブース:LUMIX Sシリーズの体験コーナーに大行列ができるほどの大盛況

パナソニックのフルサイズミラーレス体験コーナーが大盛況 パナソニックブースの注目はなんといってもLUMIX Sシリーズの展示だ。パナソニックブースには長い行列ができていて、体... 続きを読む

[CP+2019]ニッシンジャパンブース:マシンガンストロボの後継機種が2機種登場。待望のクリップオンタイプも展示

クオーツ発光管のモデルが2機種登場。MG10を含めて3ラインナップへ ブース側面に設置されていたタッチ&トライコーナー ニッシンは2012年に高耐熱クオーツ管搭載マ... 続きを読む

特集記事

Camera Preview 2020 Camera Preview 2020 Part II
2019年から2020年春にかけて発表された話題の新製品やカメラシステムを紹介。
Camera Preview 2020 Camera Preview 2020 Part I
2019年から2020年春にかけて発表された話題の新製品やカメラシステムを紹介。
AfterCOVID-19 映像業界サバイバル AfterCOVID-19 映像業界サバイバル
社会的危機となっている新型コロナウイルス拡大の状況を分析し、今何が起こり、何が必要で、その後に何が訪れるのかを考えてみる。
Film Shooting Rhapsody 上映編 Film Shooting Rhapsody 上映編
16mmフィルムトライアルルームの荒木泰晴氏によるフィルム特集第2弾。今回はフィルム現像から紹介する。
再現:NAB2020 再現:NAB2020
米国ラスベガスにて開催予定だった世界最大の放送機器展覧会 2020 NAB Showでお披露目される予定だった内容を再現していく。
Film Shooting Rhapsody Film Shooting Rhapsody
16mmフィルムトライアルルームの荒木泰晴氏によるフィルム特集第2弾。
再現:CP+2020 再現:CP+2020
開催中止となってしまったCP+2020をPRONEWS誌面上で再現して行く。
CES2020 CES2020
米国ラスベガスで開催された世界最大の国際家電見本市 CES2020をレポート。
PRONEWS AWARD 2019 PRONEWS AWARD 2019
2019年は映像業界にとってどんな年だったのだろうか。PRONEWS AWARDで部門ごとに振り返る。
Inter BEE 2019 Inter BEE 2019
千葉幕張メッセにて開催される国際放送機器展“Inter BEE“をレポート。
InterBEE 2019の歩き方 InterBEE 2019の歩き方
今年もInterBEEの歩き方をジャンル別にピックアップし、6種類のコースを紹介。
Film Shooting Rhapsody Film Shooting Rhapsody
フィルム撮影の経験をしたい人に向けてフィルム撮影で必要な各種の工程について解説していく。
IBC2019 IBC2019
欧州最大の業務用映像・音響の専門展示会「IBC2019」をレポート。
新世紀シネマレンズ漂流 新世紀シネマレンズ漂流
シネマレンズを中心に一眼やミラーレスデジタルカメラの動画撮影機能と組み合わせて使われる交換レンズの最新動向を紹介する。
BIRTV2019 BIRTV2019
中国・北京の中国国際展覧中心で開催された展示会「BIRTV 2019」をレポート。

トップ > 特集 > [CP+2016]AJAブース:4K対応のミニコンバーターやカメラを展示