PRONEWS

  • imgABOUT
  • imgTWI
  • imgFB
  • imgYTU

トップ > 特集 > [CP+2016]グラスバレーブース:カラーグレーディング機能に対応したEDIUS Pro 8バージョン8.2を展示

News

[CP+2016]グラスバレーブース:カラーグレーディング機能に対応したEDIUS Pro 8バージョン8.2を展示

2016-03-04 掲載

グラスバレーがベルデン傘下になり、ますます放送局など大きなシステムが多くなり、EDIUSのように個人レベルで導入することの多い製品は少なくなってしまったが、EDIUはカノープス時代からのファンも多く、いち早く最新のコーデックに対応する姿勢は今も引き継がれている。EDIUSはいち早く一眼レフカメラの動画編集に対応したことから、カメラメーカー各社が動画対応になったころ動画編集のデモに盛んに利用していた。

EDIUSは4KやHD、SDなどの解像度やフレームレートの異なるビデオを一つのタイムライン上で編集でき、様々なフォーマットを変換なしでネイティブに編集することができるので、編集用の中間コーデックへの変換に煩わされることなく編集を行えることからスピーディーな編集を行うことが可能で、デジタル一眼の動画編集のみならず一般のビデオ編集用のソフトとして利用しているユーザーが多い。

CP2016_GrassValley_00529 最新バージョンのEDIUS 8は、Windows 10対応やマルチコアCPU対応、GV Browserの搭載により、更にスピーディーかつ効率的な編集作業が行えるようになった。ラップトップとデスクトップのターンキーシステムを出展

昨年発売となったEDIUS 8は、SD/HD/4K対応のビデオカメラで撮影された様々なファイルをレンダリングなしでネイティブ編集が可能なほか、新たなツールとしてGV Browserが搭載され、ビデオや写真など、PC上に保存されたコンテンツを統合管理することが可能になった。また、Windows 10をサポートし、最新のマルチコアCPUに最適化したことで、他の編集ソフトに比べて高速なノンリニア編集環境を提供している。

今回新製品として出品したEDIUS 8は、Windows10対応やマルチコアCPU対応、GV Browserの搭載など最新のOSやハードに対応したもので、GV Browserは、XDCAM、P2、XAVCなどのプロフェッショナル用カメラフォーマットのほか、デジカメ、スマートフォン、ウェアラブルカメラなどのコンシューマー製品にもネイティブ対応しており、コメントやレーティングなどのメタデータを登録でき、簡単な操作で検索することができる。また、GV Browserの登録内容は、EDIUSのソースブラウザー上にも表示され、編集素材の管理においても便利になった。

CP2016_GrassValley_00534 EDIUS Pro 8編集画面。GV Browserの搭載により編集素材の管理やメタデータの編集、検索などは簡単な操作で行えるようになった CP2016_GrassValley_00532 EDIUS 8が搭載されたノンリニア編集用ラップトップワークステーションREXCEED LT-G2

[ Category : , ]
[ DATE : 2016-03-04 ]
[ TAG : ]

この記事に関連する記事一覧

[NAB2019]ナブブラリVol.08(動画)

NAB2019の会場で気になったところをぶらぶらしながらレポートするコーナー。Grass Valleyブースからお届けします。 ... 続きを読む

[NAB2019]ナブブラリVol.07(動画)

NAB2019の会場で気になったところをぶらぶらしながらレポートするコーナー。Panasonicブース、JVCケンウッドブース、Grass Valleyブースからお届けします。 ... 続きを読む

[NAB2019]Grass Valleyプレスカンファレンス(動画)

NAB2019のGrass Valleyプレスカンファレンス動画です。 ... 続きを読む

[CP+2019]プロ向け動画エリア:カメラ、レンズ、周辺機器などの動画ソリューションを一気に堪能!

CP+会期中の2月28日と3月1日の2日間、パシフィコ横浜の会議センター3階ではプロ向け動画エリアが設けられ、主に動画撮影に必要なカメラやレンズ、撮影機材などのメーカー14社が出展... 続きを読む

[CP+2019]HK YONGNUO LIMITEDブース:キヤノンEFマウント搭載のスマートフォン型カメラを展示

中国のカメラアクセサリーメーカーのYongnuoは、特にスピードライトや交換レンズでお馴染みのメーカーで、交換レンズはAFに対応したラインナップを揃えていることでも有名だ。 ... 続きを読む

[CP+2019]サイトロンジャパン/Anhui Changgeng Opticsブース:話題の中国レンズメーカーがシネマレンズを発表。シネズームとプライムレンズを展示

PLマウントのシネマズームでシネマ業界に参入 Anhui Changgeng Optics Technologyは中国に本社を置くメーカーで、LAOWAブランドでお馴染み... 続きを読む

[CP+2019]パナソニックブース:LUMIX Sシリーズの体験コーナーに大行列ができるほどの大盛況

パナソニックのフルサイズミラーレス体験コーナーが大盛況 パナソニックブースの注目はなんといってもLUMIX Sシリーズの展示だ。パナソニックブースには長い行列ができていて、体... 続きを読む

[CP+2019]ニッシンジャパンブース:マシンガンストロボの後継機種が2機種登場。待望のクリップオンタイプも展示

クオーツ発光管のモデルが2機種登場。MG10を含めて3ラインナップへ ブース側面に設置されていたタッチ&トライコーナー ニッシンは2012年に高耐熱クオーツ管搭載マ... 続きを読む

特集記事

DSJ2019 DSJ2019
幕張メッセで開催された国内最大のデジタルサイネージの展示会「DSJ2019」をレポート。
Digital Cinema Bülow VIII~Cine Gear 2019 Digital Cinema Bülow VIII~Cine Gear 2019
米国ハリウッドのパラマウントスタジオ内で開催された映画撮影機材の専門展示会「Cine Gear Expo」をレポート。
After Beat NAB SHOW 2019 After Beat NAB SHOW 2019
東京・秋葉原のUDXにて開催されたAfter NAB Show 2019をレポート。
NAB2019 NAB2019
米国ネバダ州ラスベガスにて開催される世界最大の放送機器展覧会「NAB2019」をレポート。
SXSW2019 SXSW2019
テキサス州オースティンで開催されたSXSW2019をレポート。
CP+2019 CP+2019
パシフィコ横浜にて開催されたカメラと写真の総合展示会「CP+2019」をレポート。
Film Shooting Rhapsody Film Shooting Rhapsody
いまだから知っておきたいフィルムの現状や伝統的な技術などを紹介する。
CES2019 CES2019
米国ラスベガスで開催された世界最大の国際家電見本市 CES2019をレポート。
PRONEWS AWARD 2018 PRONEWS AWARD 2018
2018年は映像業界にとってどんな年だったのだろうか。PRONEWS AWARDで部門ごとに振り返る。
10万円以下のジンバル選び 10万円以下のジンバル選び
一層注目が増している小型カメラジンバルをDJIやZHIYUN、FEIYU TECH、FILMPOWERの4社5機種に渡って比較紹介。
Inter BEE 2018 Inter BEE 2018
千葉幕張メッセにて開催される国際放送機器展“Inter BEE“をレポート。
InterBEE 2018の歩き方 InterBEE 2018の歩き方
今年もInterBEEの歩き方をジャンル別にピックアップし、6種類のコースを紹介。
新世紀シネマレンズ漂流:最新単焦点レンズ編 新世紀シネマレンズ漂流:もの作りの現場から
「新世紀シネマレンズ漂流:最新単焦点レンズ編」の続編。前回紹介することができなかったシネマレンズメーカーを取材。
Photokina2018 Photokina2018
ドイツ・ケルンメッセで開催されたスチルカメラの祭典 Photokina2018をレポート。
IBC2018 IBC2018
オランダ・アムステルダムで開催された欧州最大の映像・放送の展示会IBC2018をレポート。

トップ > 特集 > [CP+2016]グラスバレーブース:カラーグレーディング機能に対応したEDIUS Pro 8バージョン8.2を展示