PRONEWS

  • imgABOUT
  • imgTWI
  • imgFB
  • imgYTU
  • imgInstagram
  1. トップ
  2.  > 
  3. 特集
  4.  > 
  5. [NAB2016]Day01(4月18日) 「IP」「4K」「HDR」キーワードが浮かび上がる初日の会場から
Special

[NAB2016]Day01(4月18日) 「IP」「4K」「HDR」キーワードが浮かび上がる初日の会場から

2016-04-20 掲載

日本と違って湿度が低くこちらのほうが気温が高いにも関わらず非常に清々しい。朝は風のある日陰では肌寒いほどである。初日の朝一はBlackmagic Designのプレス発表があり、昨年ほどではないものの今年も数多くの新製品が発表されたほか、IP伝送機器にintoPIX社のTICO4:1ビジュアルロスレス圧縮アルゴリズムを採用することが発表された。また、URSA Mini OSやATEM 6.8及びDaVinci Resolve 12.5などのアップデートも発表された。

Blackmagic Design

NAB2016_day01_01977

同社は昨年SDIとIPの双方向変換が可能なTeranex Mini IP Videoコンバーターを参考出品しており、自社が提唱している12G-SDIとともに今後IP対応の製品が発表されると思われる。昨年まではカメラの新製品に力を入れていた同社だが、今年はカメラの新製品はなかったものの、URSA Miniのアップデートが発表された。このファームウェアアップデートは主にカメラの操作に関わるものだが、まるで別のカメラと思われるほどの内容となっている。

NAB2016_day01_02060

内容が一新されたURSA Mini OSにより、まるで別のカメラになったような印象だ。今回のアップデートによって、ATEMスイッチャーからのトークバック、タリー、カメラコントロール、カラーバランス、レンズコントロールなどが可能になったほか、カメラID、リファレンスタイミング、SDI出力オプションの設定も可能。

新製品としては、7型のURSA Studio Viewfinder、Video Assist 4Kビデオレコーダー、40Gb/s Thunderbolt 3を搭載したUltraStudio 4K Extreme 3、HDMI・SDI対応のMicro Converter、SDメモリースロット25基とH.264エンコーダーを搭載したDuplicator 4K、単一のモニターで4つの画像を分割表示できるMultiView 4、4系統対応のキャプチャー・再生PCI ExpressカードDeckLink Duo 2、Blackmagic Camera SDI Control Protocolを使用してカメラをリモートコントロールするためのArduino 3G-SDI Shieldなどとなっている。

NAB2016_day01_02089

URSA Studio Viewfinder。前後上下の位置調節が可能なほか、タリーやフレームガイドの表示が可能。URSA Miniをバージョンアップし組み合わせることでスタジオカメラとして最適な組み合わせになる

NAB2016_day01_02093

Video Assist 4Kビデオレコーダー。2160p30までのUltra HDビデオを一般的に市販されているSDメモリーカードに収録できる。ファイルフォーマット10-bit 4:2:2ビデオで、ProResまたはDNxHDに対応。

NAB2016_day01_02081

SDメモリースロット25基とH.264エンコーダーを搭載したDuplicator 4K。12G-SDIインターフェースを搭載しており、2160p60までのあらゆるSD、HD、Ultra HDフォーマットに対応している。カスケード接続可能で、25基単位で一度に記録できるSDメモリー枚数を増やすことが可能。

こうして製品を一望してみると、すでに発売した製品の周辺機器やユーザーからの要望に答えた製品が多いように思う。おそらく、IPやHDRといった最近のトレンドに対応した製品を開発しており、早ければIBCあたりで発表されるのではないだろうか。

そうした中でちょっと特徴的なのがDuplicator 4Kだ。プレス発表でも一番最初に紹介された製品。4KのコンテンツをSDメモリーカードで一般に簡単に提供できるようにするもので、Bru-Rayディスクのように専用のプレーヤーがなくてもSDメモリーカードならばPCやテレビで直接視聴することが可能だ。プレスリリースにも記載されているが、イベントの後にそのイベントで収録したものを終了後に配布することが可能で、日本ではブライダルビデオなどでこうしたことが行われている。H.264エンコーダーを内蔵しており、8GBのSDメモリーカードに約1時間記録できるという。一般に販売されている安価なメモリーを使用することができ、再利用可能なことから、今後こうしたスタイルでの4Kコンテンツの普及が見込まれる。

Panasonic

さて、Blackmagic Designのプレス発表の後はパナソニック。サウスホールからノースポールまでほぼ会場の端から端までの移動ということで、昨年同様質問の余裕もなく足早に会場に向かう事になった。

NAB2016_day01_02124

パナソニックも冒頭からIP対応の発表である。AIMSアライアンスへの参加とintoPIX社のTICO4:1ビジュアルロスレス圧縮アルゴリズムの採用が発表され、intoPIX社のCTOと硬い握手を交わすなどかなり積極的な印象を受けた。

NAB2016_day01_02132

また今回キヤノンブースとパナソニックブースをIPで結び相互に映像を伝送を披露することが発表された。

NAB2016_day01_02142

気になる新製品はVARICAM LTとVARICAM 35Cinemaカメラ、4K対応のショルダータイプカメラUC3000および240fps撮影が可能なHDカメラHC5000などとなっている。

NAB2016_day01_02174

なお、昨年から本格始動を開始したクラウドネットワークサービスP2 Castのさらなる充実やプロジャクターやモニター、監視カメラシステムなどもあり、放送から業務用、デジタルシネマを含め幅広く対応していくようだ。

2日目は、放送機器を総合的に扱っているリーディングカンパニー4社のプレス発表を見てきたわけだが、通して言えるのはIP、4K、HDRがキーワードとになっているということだ。いずれも昨年以前から言われてきてはいるものの、内容的には放送システムを前提としたものになってきており、放送に向けてのラストスパートの幕が切られたといえよう。


Day00 [NAB2016デイリーレポート] Day02

[ Category : , ]
[ DATE : 2016-04-20 ]
[ TAG : ]

この記事に関連する記事一覧

特集記事

GH world
正式に発表されたパナソニック「GH5 II」と「GH6」。実機やインタビューを通して、GHシリーズの今後の展開を占う。
Virtual Production Field Guide Season2
バーチャルプロダクション特集のSeason2。引き続き国内の最新の動向やワークフローを追う。
ARRI, my love
映画機材界の雄であるARRI。日本での販売拡大に注目されるARRIの歴史から実用例までフィーチャーする。
SXSW2021
3/16~20日にオンライン開催となった「SXSW2021」をレポートする。
Virtual Production Field Guide
国内のバーチャルプロダクションの展開と、映像制作ワークフローへの影響について紹介
CP+2021
オンライン開催のCP+2021で発表された新製品をレポート。
新世紀シネマレンズ漂流:NewTrend 2021編
2020年末から2021年に発売されたレンズ新製品をピックアップする。
映像基礎講座 Episode 2
2020年8月に公開された特集「映像基礎講座」続編。引き続き映像の基本や基礎知識を学ぶ。
CES2021
オールデジタルのオンライン開催となったCES2021をレポートする。
年末イッキ読み!
2020年に話題になった製品の特集やコラム記事をまとめて振り返る。
PRONEWS AWARD 2020
激動の1年となった2020年の映像業界を、PRONEWS編集部が総括する。
2020年11月特集:[再現:Inter BEE 2020]-Web Trade Show- 再現:Inter BEE 2020-Web Trade Show-
11月18日(水)からオンライン開催されるInterBEEを解説する。
Inter BEE 2019 ぼくらのEDIUS X
約3年ぶりのメジャーバージョンアップとなる「EDIUS X」の魅力を紹介。
InterBEE 2019の歩き方 Broadcast & Cinema EXPO 2020
映像制作者、映像業界関係者向け情報イベント配信番組。
ATEM WORLD ATEM WORLD
ラインナップ充実のATEM Miniシリーズの選び方や使いこなしをご紹介。
  1. トップ
  2.  > 
  3. 特集
  4.  > 
  5. [NAB2016]Day01(4月18日) 「IP」「4K」「HDR」キーワードが浮かび上がる初日の会場から