PRONEWS

  • imgABOUT
  • imgTWI
  • imgFB
  • imgYTU
  • imgInstagram
  1. トップ
  2.  > 
  3. 特集
  4.  > 
  5. [NAB2016]Day02(4月19日) 展示会の主人公撮影機材あれこれ
Special

[NAB2016]Day02(4月19日) 展示会の主人公撮影機材あれこれ

2016-04-21 掲載

2日目に入ったということもあり、少しは人出が緩和されるのでは?という甘い期待は見事に裏切られ、今日も満員電車の中を移動するように目指すブースを周る事となった。

さて、すでに4K対応のカメラは各社から発売されているが、スポーツ中継などで欠かせないスローモーション対応のカメラや4Kのその先にある8K対応のカメラが出てきている。また、4Kまたは8K対応のレンズやレコーダーなどの周辺機器なども各社から出展されている。本放送を開始した国はまだないものの、すでに視聴の環境は出来上がりつつあり、ネットやメモリーカードなどを利用したコンテンツの流通が始まっている。HDまではテレビ放送ありきで放送局がいかに魅力的なコンテンツを放送するかが普及への鍵といえたが、4Kは放送を待たずに進んできている。

こうしたこともテレビ離れの一因ともいえるが、オリンピックやフットボール、野球、サッカー、ゴルフなどのビックイベントやメジャーな音楽番組など制作規模が大きくなるようなコンテンツでは、放送局の存在は欠かせない。放送に向けてのビデオ機材は必然的にこうしたコンテンツ制作に対応してのものとなり、大きなシステムとしての運用が前提となっているわけだ。規格の統一ももちろんだが、信頼性や運用性、長期にわたっての保守が担保されるかなども重要になってくるので、同じレベルの画質であっても製品の価格は桁違いになってしまうことも珍しくはない。NABではこうした機材から民生機までが同じ会場内に並んでしまうところが面白い。まずは最も価格差が大きい撮影機材から見ていこう。

数万円のトイカメラからスタートしたGoProも今やNABの常連となっている。ブースの場所もパナソニックの隣で、センターホールの入り口からほど近い場所に構えている。スポーツカメラとかアクションカメラと言われるジャンルの先駆者だが、その路線もそろそろ限界に来ているようで、最近では360°を撮影できるカメラリグやこうしたシステムで撮影した映像をシームレスにつなぎ合わせ、編集するソフトウェアなども扱っている。16台のGoProをドーナツ状に設置するOdysseyとキューブ上の6面に6台のGoProを設置するOmniが出展された。

NAB2016_day02_02344

VR用の映像を撮影する方式はいくつかあるが、キューブ状の6面にカメラが配置されたGoPro Omniは全く死角のない撮影が可能。単純に複数のカメラをマウントするリグと異なり6台のカメラは同期して撮影が可能

NAB2016_day02_02343

16台のGoProをドーナッツ状に設置したOdyssey。カメラの台数が多いため画質的には有利ともいえるが、撮影距離によって隣り合うカメラとのオーバーラップが生じるので、比較的近距離で有効な方法といえよう

NAB2016_day02_02258

2/3型B4レンズマウントに対応したショルダータイプの4K対応カメラソニーPXW-Z450。PXW-X400をデザインコンセプトとしており、4Kカメラをあまり意識せずに運用できる。4K CMOSイメージセンサーを搭載しており、記録はXAVC Intra、XAVC Longコーデックにより4K(3840×2160)60p記録が可能なほかMPEG HD422などのHD記録にも対応している。米国発表で国内での発売は未定

NAB2016_day02_02285

ソニー4K対応ライブカメラHDC-4800。4Kで最大8倍速スーパースローモーション撮影が可能なほか、BT.2020の広い色域やIP伝送にも対応している。現在最も進んだスタジオ・中継カメラシステムといえるが、ベースバンドプロセッサーユニットBPU-4800とのセットで価格は約4,000万円となっている

NAB2016_day02_02374

4Kカメラの新たなシリーズとなるパナソニックのAG-UX90。パナソニックの4KカメララインナップはハイエンドのCINEMA VARICAMシリーズと先に発売になったAG-DVX200に代表されるDVX 4Kシリーズがあるが、今回小型ビデオカメラのシリーズとしてUXシリーズが加わった。写真のAG-UX90以外にAG-UX180が年内に発売される模様。AG-UX90は1型MOSセンサーを採用しており、光学15倍ズーム、UHD 30p記録に対応。最大で4K(4096×2160、24pのみ)、UHD(3840×2160)での記録が可能

NAB2016_day02_03254

Grass Valley LDX 86N。すでに4K対応カメラとしてLDK86シリーズが出荷されているが、今回センサーをUHDネイティブ(3840×2160)にしたモデルとしてLDX 86Nシリーズが発表となった

NAB2016_day02_02876

8K対応カメラアストロデザインAH-4810-A。NHKの協力のもとにすでに幾つかのスーパーハイビジョンカメラを送り出しているが、今回のモデルは今までの箱型からビデオカメラらしいデザインになっている。センサーは35mmフルフレームの133MピクセルのCMOS単板で、レンズマウントはPL、EF、Fがあるという。出力はU-SDIで8K/60Hz/RGB4:4:4での伝送が可能。U-SDIはすでに規格としてARIB STD-B58のほかSMPTE ST2056-4、ITU-R BT.2077-1で定められている

NAB2016_day02_02808

8K対応ハンディタイプカメラ池上通信機SHK-810。フォーカス操作をサポートする「フォーカスアシスト機能」や、レンズの色収差データを自動的に読み込み補正する「レンズ色収差補正機能」のほか、「タリー」「インカム」などのコミュニケーション機能を搭載。従来のハイビジョンカメラと変わらない運用が可能。ただしレンズはセンサーのサイズが大きいので、PLマウントレンズとなっている。昨年発表されたカメラ

NAB2016_day02_03134

RED Digital Cinema WEAPON 8K。19MピクセルのRED DRAGONセンサーを搭載しており、アスペクト比2.4:1のワイドアングルで6Kの動画撮影が可能。また毎秒最大100フレームの静止画を記録できる


Day01 [NAB2016デイリーレポート] Day03(近日公開)▶

[ Category : , ]
[ DATE : 2016-04-21 ]
[ TAG : ]

この記事に関連する記事一覧

特集記事

GH world
正式に発表されたパナソニック「GH5 II」と「GH6」。実機やインタビューを通して、GHシリーズの今後の展開を占う。
Virtual Production Field Guide Season2
バーチャルプロダクション特集のSeason2。引き続き国内の最新の動向やワークフローを追う。
ARRI, my love
映画機材界の雄であるARRI。日本での販売拡大に注目されるARRIの歴史から実用例までフィーチャーする。
SXSW2021
3/16~20日にオンライン開催となった「SXSW2021」をレポートする。
Virtual Production Field Guide
国内のバーチャルプロダクションの展開と、映像制作ワークフローへの影響について紹介
CP+2021
オンライン開催のCP+2021で発表された新製品をレポート。
新世紀シネマレンズ漂流:NewTrend 2021編
2020年末から2021年に発売されたレンズ新製品をピックアップする。
映像基礎講座 Episode 2
2020年8月に公開された特集「映像基礎講座」続編。引き続き映像の基本や基礎知識を学ぶ。
CES2021
オールデジタルのオンライン開催となったCES2021をレポートする。
年末イッキ読み!
2020年に話題になった製品の特集やコラム記事をまとめて振り返る。
PRONEWS AWARD 2020
激動の1年となった2020年の映像業界を、PRONEWS編集部が総括する。
2020年11月特集:[再現:Inter BEE 2020]-Web Trade Show- 再現:Inter BEE 2020-Web Trade Show-
11月18日(水)からオンライン開催されるInterBEEを解説する。
Inter BEE 2019 ぼくらのEDIUS X
約3年ぶりのメジャーバージョンアップとなる「EDIUS X」の魅力を紹介。
InterBEE 2019の歩き方 Broadcast & Cinema EXPO 2020
映像制作者、映像業界関係者向け情報イベント配信番組。
ATEM WORLD ATEM WORLD
ラインナップ充実のATEM Miniシリーズの選び方や使いこなしをご紹介。
  1. トップ
  2.  > 
  3. 特集
  4.  > 
  5. [NAB2016]Day02(4月19日) 展示会の主人公撮影機材あれこれ