PRONEWS

  • imgABOUT
  • imgTWI
  • imgFB
  • imgYTU
  • imgInstagram
  1. トップ
  2.  > 
  3. 特集
  4.  > 
  5. [NAB2016:富士フイルム]HDから8Kまで幅広いレンズ製品群を展示
Special

[NAB2016:富士フイルム]HDから8Kまで幅広いレンズ製品群を展示

2016-04-27 掲載

富士フイルムブース動画

富士フイルムブース 360°全天球動画

RICOH THETA Sで撮影した360°全天球動画です。視点変更機能を利用するにはPC版Google ChromeブラウザおよびiOS/Android版YouTubeアプリが必要です。(アプリ起動はこちら)

富士フイルムブースレポート

富士フイルムはブース内をHD、UHD、PLマウントシネカメラ用といったコーナーに分け、UHD対応のB4マウントレンズFUJINON UA107×8.4やFUJINON UA13×4.5、FUJINON UA80×9 1.2x EXTのほか、デジタルシネマ用4K対応PLマウントズームレンズXK6x20などの新製品を出展した。

同社ではUHD対応レンズとしてすでにFUJINON UA80×9とFUJINON UA22x8を発売しているが、今回FUJINON UA107×8.4やFUJINON UA13×4.5、FUJINON UA80×9 1.2x EXTを発表したことで、UHD対応レンズのラインナップが拡充された。なお、これらのレンズは4Kを超える解像力(2/3型4Kセンサー・2.5μmピッチ以上を解像する性能を持つ)と高コントラスト、高ダイナミックレンジの高性能ズームレンズでとなっており、今後、同社はこれらの高性能レンズを「4K Plus Premier(4Kプラスプレミア)」シリーズとして発売するという。ちなみに、昨年発売したFUJINON UA80×9とFUJINON UA22x8は、 4K Premierシリーズとして発売していたが、今回それらを含め「4K Plus Premier」シリーズとしてラインアップされるという。

NAB2016_FUJIFILM_02750

XK6x20は4Kカメラに対応し、20mmから120mmの焦点距離をカバーし、ズーム全域でT3.5の明るさを実現したシネマカメラ用ズームレンズ

NAB2016_FUJIFILM_02759

4K対応の放送用ズームレンズとして世界最高107倍ズームを実現したFUJINON UA107×8.4

NAB2016_FUJIFILM_02754

広角4.5mmからの撮影が可能な4Kカメラ対応の高性能放送用ワイドズームレンズFUJINON UA13×4.5

NAB2016_FUJIFILM_02777

昨年発売したFUJINON UA80×9に1.2倍エクステンダーを搭載することで望遠側の焦点距離864mmを実現した高倍率ズームレンズFUJINON UA80×9 1.2x EXT

NAB2016_FUJIFILM_02743

8K対応3倍ズームレンズFUJINON SK3×12-SM。12-36mmT3.1のPLマウントレンズ(参考出品)

また、同社は、PLマウントズームレンズにも力を入れており、すでにHK 4K Plus Premierシリーズとして、HK3.1×14.5、HK4.7×18、HK7.5×24、HK5.3×75が、ZK 4K Premier CabrioシリーズとしてZK2.5×14、ZK4.7×19、ZK3.5×85、ZK12x25を発売しているが、今回PLマウントズームレンズXK6x20が加わった。

HKシリーズは劇場用映画撮影に対応したフラッグシップモデルとなっており、ZKシリーズは放送や番組制作に適した設計となっている。なお、XK6x20を含め、これらPLマウントシリーズは色味が統一して設計されており、複数のレンズを併用する際に必要なカラーグレーディングを簡略化することができるとしている。


[ Category : , ]
[ DATE : 2016-04-27 ]
[ TAG : ]

この記事に関連する記事一覧

特集記事

GH world
正式に発表されたパナソニック「GH5 II」と「GH6」。実機やインタビューを通して、GHシリーズの今後の展開を占う。
Virtual Production Field Guide Season2
バーチャルプロダクション特集のSeason2。引き続き国内の最新の動向やワークフローを追う。
ARRI, my love
映画機材界の雄であるARRI。日本での販売拡大に注目されるARRIの歴史から実用例までフィーチャーする。
SXSW2021
3/16~20日にオンライン開催となった「SXSW2021」をレポートする。
Virtual Production Field Guide
国内のバーチャルプロダクションの展開と、映像制作ワークフローへの影響について紹介
CP+2021
オンライン開催のCP+2021で発表された新製品をレポート。
新世紀シネマレンズ漂流:NewTrend 2021編
2020年末から2021年に発売されたレンズ新製品をピックアップする。
映像基礎講座 Episode 2
2020年8月に公開された特集「映像基礎講座」続編。引き続き映像の基本や基礎知識を学ぶ。
CES2021
オールデジタルのオンライン開催となったCES2021をレポートする。
年末イッキ読み!
2020年に話題になった製品の特集やコラム記事をまとめて振り返る。
PRONEWS AWARD 2020
激動の1年となった2020年の映像業界を、PRONEWS編集部が総括する。
2020年11月特集:[再現:Inter BEE 2020]-Web Trade Show- 再現:Inter BEE 2020-Web Trade Show-
11月18日(水)からオンライン開催されるInterBEEを解説する。
Inter BEE 2019 ぼくらのEDIUS X
約3年ぶりのメジャーバージョンアップとなる「EDIUS X」の魅力を紹介。
InterBEE 2019の歩き方 Broadcast & Cinema EXPO 2020
映像制作者、映像業界関係者向け情報イベント配信番組。
ATEM WORLD ATEM WORLD
ラインナップ充実のATEM Miniシリーズの選び方や使いこなしをご紹介。
  1. トップ
  2.  > 
  3. 特集
  4.  > 
  5. [NAB2016:富士フイルム]HDから8Kまで幅広いレンズ製品群を展示