PRONEWS

  • imgABOUT
  • imgTWI
  • imgFB
  • imgYTU

トップ > 特集 > [NAB2016:EIZO]これからの4K、HDR制作に欠かせないモニターやソウフトウェアを展示

News

[NAB2016:EIZO]これからの4K、HDR制作に欠かせないモニターやソウフトウェアを展示

2016-05-11 掲載

EIZOブースレポート

デジタルシネマにおけるDIはもちろんのこと最近ビデオでもHDR対応が盛んに謳われるようになってきたが、こうした作業を行う上で重要な役割をはたすのがモニターだ。

EIZOブースでは、4K対応のモニターとしてDCI対応のColorEdge CG318-4Kや、UHD対応のColorEdge CG248-4Kといった製品を発売しているほか、今回のNABでは新製品としてHD対応のColorEdge CG2420を出展したほか、HDR対応のモニターとして開発中の製品を出品した。こうしたモニターは色の基準となるもので、キャリブレーションが不可欠になり、従来は専用の機器によってキャリブレーションを行っていたが、新製品においてはセンサーを内蔵するとともに専用のソフトウェアにより、自動化している。また、ColorNavigator Networkにより、複数のモニターをまとめてキャリブレーションしたり管理することが可能だ。

開発中のHDRモニターは、放送業界向けにHybrid Logガンマ形式のHDR映像をリアルに再現できるもので、色域だけでなく輝度の範囲も広いものとなっている。一般には現行のHDが100nit(BT.709)に対してHDRでは1000nitほどとされており、今回出品されていたモニターも強力なバックライトのためそれなりに奥行きがあり、ファンによる冷却も行われている。また、規格上でもUHDではBT.2020があるが、HDRではSMPTE ST2084やARIB STD-B67などがあり、今後の商品化にあたっては、バックライトによる大型化をどれだけ抑えることができるのかとHDRの規格への対応が主な課題と言える。

NAB2016_EIZO_03303 右が開発中のモニター。左はColorEdge CG318-4K。見た目にもHDRのほうが輝度が高いのがわかる。現状はバックライトの冷却のためファンなどが組み込まれており、それなりに奥行きがある。画面の均一性などは画面の複数箇所で制御しており、画面全域にわたって均一な表現が可能となっている。4096×2160ピクセルで、Rec.2020、PQガンマ、Hybrid Logガンマに対応 NAB2016_EIZO_03307 ColorEdge CG2420は24.1型1920×1200ピクセルのカラーキャリブレーションセンサー内蔵のモニター。Adobe RGBカバー率99%、暗所での表示に強い高コントラスト比1500:1のほか、3分で輝度、色度、階調特性が安定するように設計されている。写真はキャリブレーション中のものだが、従来の機種に比べセンサーが小型化されている NAB2016_EIZO_03305 ColorEdge CG248-4K。3840×2160の4K解像度をカバーするモニターで、Adobe RGBのほか、DCI-P3も93%カバーしている。また、EBU、Rec.709、SMPTE-C、DCI、Rec.2020などの放送規格で定められた色域・ガンマを再現するモードを備えている NAB2016_EIZO_03309 ColorEdge CG277は27型2560×1440ピクセルのパネルを搭載したモニターで、バックライトの輝度調整時画面のちらつきが起こりにくい高速PWM調光方式を採用。調光周波数は約18kHzで、人の目で感知できないレベルのちらつきまで抑制されている NAB2016_EIZO_03310 27型2560×1440ピクセルPC用モニターFlexScan EV2750。周囲の明るさを検知して、モニター表示を最適な輝度に抑える自動調光機能Auto EcoViewを搭載。眩しさを低減しているほか、紙に似た風合いに調整できる「Paperモード」が備わっている。自動調光機能とPaperモードを組み合わせることで、モニターから出るブルーライトを大幅カットしている

[ Category : , ]
[ DATE : 2016-05-11 ]
[ TAG : ]

この記事に関連する記事一覧

[NAB2019:EIZO]お手軽な価格でHDRコンテンツの編集作業や簡易色確認ができる27型カラーマネージメント液晶モニター「ColorEdge CG279X」を展示

EIZOブース動画 EIZOブースレポート メインの展示は、27型カラーマネージメント液晶モニター「ColorEdge CG279X」だ。27インチで解像度... 続きを読む

[NAB2019]EIZOブース(動画)

NAB2019のEIZOブース動画です。 ... 続きを読む

[CP+2019]EIZOブース:ColorEdgeの最新ラインナップおよび、デジタル写真をより楽しむためのモニターソリューションを展示

EIZOは、同社のカラーマネージメントモニターColorEdgeの最新ラインナップの出展および、デジタル写真をもっと楽しむためのモニターソリューションを披露した。 新発売とし... 続きを読む

[InterBEE2018]EIZOブース:PQ方式とHybrid Log Gamma方式両方のガンマに対応した27.0型カラーマネージメント液晶モニター「ColorEdge CG279X」を展示

EIZOブース 360°全天球動画 RICOH THETA Vで撮影した360°全天球動画です。視点変更機能を利用するにはPC版Google Chromeブラウザおよ... 続きを読む

[NAB2018:EIZO]PQ方式とHG方式に対応した「CG319X」と1000cd/m2まで安定表示やコントラスト比100万:1を実現した「CG3145」を展示

EIZOブース動画 HDR周りの機能をさらに充実させた「ColorEdge CG319X」 一押しの展示は5月23日に発売するDCI 4K解像度に対応した31.... 続きを読む

[NAB2018]EIZOブース(動画)

NAB2018のEIZOブース動画です。 ... 続きを読む

[CP+2018]EIZOブース:写真、動画の両方で信頼性のあるカラーマネジメントディスプレイ

写真でもビデオでもカラーグレーディングを行う場合は信頼性のあるモニターが必要となる。モニターを見ながら色味などを調整するので当然だが、プリントが必要になる写真の場合はプリンターや最... 続きを読む

[InterBEE2017]EIZOブース:液晶としては驚きのHDR色再現。4K/HDR対応のリファレンスモニター「ColorEdge PROMINENCE CG3145」を展示

EIZOブース 360°全天球動画 RICOH THETA Vで撮影した360°全天球動画です。視点変更機能を利用するにはPC版Google Chromeブラウザおよ... 続きを読む

[NAB2017:Panasonic]放送・制作向けの大型ライブスイッチャーや4Kスタジオハンディカメラ、HDスタジオハンディカメラを出展

Panasonicプレスカンファレンス動画 360°全天球動画 RICOH THETA Sで撮影した360°全天球動画です。視点変更機能を利用するにはP... 続きを読む

特集記事

SIGGRAPH2019 SIGGRAPH2019
世界最大のコンピュータグラフィックスとインタラクティブ技術に関する学会・展示会SIGGRAPH2019をレポート。
QBEE2019 QBEE2019
九州放送機器展(QBEE)をいつもの会場練り歩き方式でレポート。
4K・8K映像技術展Report 4K・8K映像技術展Report
東京ビッグサイト青海展示棟にて開催された4K・8K映像技術などの最新技術が一堂に出展する「通信・放送Week2019」をレポート。
DSJ2019 DSJ2019
幕張メッセで開催された国内最大のデジタルサイネージの展示会「DSJ2019」をレポート。
Digital Cinema Bülow VIII~Cine Gear 2019 Digital Cinema Bülow VIII~Cine Gear 2019
米国ハリウッドのパラマウントスタジオ内で開催された映画撮影機材の専門展示会「Cine Gear Expo」をレポート。
After Beat NAB SHOW 2019 After Beat NAB SHOW 2019
東京・秋葉原のUDXにて開催されたAfter NAB Show 2019をレポート。
NAB2019 NAB2019
米国ネバダ州ラスベガスにて開催される世界最大の放送機器展覧会「NAB2019」をレポート。
SXSW2019 SXSW2019
テキサス州オースティンで開催されたSXSW2019をレポート。
CP+2019 CP+2019
パシフィコ横浜にて開催されたカメラと写真の総合展示会「CP+2019」をレポート。
Film Shooting Rhapsody Film Shooting Rhapsody
いまだから知っておきたいフィルムの現状や伝統的な技術などを紹介する。
CES2019 CES2019
米国ラスベガスで開催された世界最大の国際家電見本市 CES2019をレポート。
PRONEWS AWARD 2018 PRONEWS AWARD 2018
2018年は映像業界にとってどんな年だったのだろうか。PRONEWS AWARDで部門ごとに振り返る。
10万円以下のジンバル選び 10万円以下のジンバル選び
一層注目が増している小型カメラジンバルをDJIやZHIYUN、FEIYU TECH、FILMPOWERの4社5機種に渡って比較紹介。
Inter BEE 2018 Inter BEE 2018
千葉幕張メッセにて開催される国際放送機器展“Inter BEE“をレポート。
InterBEE 2018の歩き方 InterBEE 2018の歩き方
今年もInterBEEの歩き方をジャンル別にピックアップし、6種類のコースを紹介。

トップ > 特集 > [NAB2016:EIZO]これからの4K、HDR制作に欠かせないモニターやソウフトウェアを展示