PRONEWS

  • imgABOUT
  • imgTWI
  • imgFB
  • imgYTU
  1. トップ
  2.  > 
  3. 特集
  4.  > 
  5. [NAB2016:EIZO]これからの4K、HDR制作に欠かせないモニターやソウフトウェアを展示
News

[NAB2016:EIZO]これからの4K、HDR制作に欠かせないモニターやソウフトウェアを展示

#ブースレポート #EIZO #NAB2016

2016-05-11 掲載

EIZOブースレポート

デジタルシネマにおけるDIはもちろんのこと最近ビデオでもHDR対応が盛んに謳われるようになってきたが、こうした作業を行う上で重要な役割をはたすのがモニターだ。

EIZOブースでは、4K対応のモニターとしてDCI対応のColorEdge CG318-4Kや、UHD対応のColorEdge CG248-4Kといった製品を発売しているほか、今回のNABでは新製品としてHD対応のColorEdge CG2420を出展したほか、HDR対応のモニターとして開発中の製品を出品した。こうしたモニターは色の基準となるもので、キャリブレーションが不可欠になり、従来は専用の機器によってキャリブレーションを行っていたが、新製品においてはセンサーを内蔵するとともに専用のソフトウェアにより、自動化している。また、ColorNavigator Networkにより、複数のモニターをまとめてキャリブレーションしたり管理することが可能だ。

開発中のHDRモニターは、放送業界向けにHybrid Logガンマ形式のHDR映像をリアルに再現できるもので、色域だけでなく輝度の範囲も広いものとなっている。一般には現行のHDが100nit(BT.709)に対してHDRでは1000nitほどとされており、今回出品されていたモニターも強力なバックライトのためそれなりに奥行きがあり、ファンによる冷却も行われている。また、規格上でもUHDではBT.2020があるが、HDRではSMPTE ST2084やARIB STD-B67などがあり、今後の商品化にあたっては、バックライトによる大型化をどれだけ抑えることができるのかとHDRの規格への対応が主な課題と言える。

NAB2016_EIZO_03303 右が開発中のモニター。左はColorEdge CG318-4K。見た目にもHDRのほうが輝度が高いのがわかる。現状はバックライトの冷却のためファンなどが組み込まれており、それなりに奥行きがある。画面の均一性などは画面の複数箇所で制御しており、画面全域にわたって均一な表現が可能となっている。4096×2160ピクセルで、Rec.2020、PQガンマ、Hybrid Logガンマに対応 NAB2016_EIZO_03307 ColorEdge CG2420は24.1型1920×1200ピクセルのカラーキャリブレーションセンサー内蔵のモニター。Adobe RGBカバー率99%、暗所での表示に強い高コントラスト比1500:1のほか、3分で輝度、色度、階調特性が安定するように設計されている。写真はキャリブレーション中のものだが、従来の機種に比べセンサーが小型化されている NAB2016_EIZO_03305 ColorEdge CG248-4K。3840×2160の4K解像度をカバーするモニターで、Adobe RGBのほか、DCI-P3も93%カバーしている。また、EBU、Rec.709、SMPTE-C、DCI、Rec.2020などの放送規格で定められた色域・ガンマを再現するモードを備えている NAB2016_EIZO_03309 ColorEdge CG277は27型2560×1440ピクセルのパネルを搭載したモニターで、バックライトの輝度調整時画面のちらつきが起こりにくい高速PWM調光方式を採用。調光周波数は約18kHzで、人の目で感知できないレベルのちらつきまで抑制されている NAB2016_EIZO_03310 27型2560×1440ピクセルPC用モニターFlexScan EV2750。周囲の明るさを検知して、モニター表示を最適な輝度に抑える自動調光機能Auto EcoViewを搭載。眩しさを低減しているほか、紙に似た風合いに調整できる「Paperモード」が備わっている。自動調光機能とPaperモードを組み合わせることで、モニターから出るブルーライトを大幅カットしている

[ Category : , ]
[ DATE : 2016-05-11 ]
[ TAG : ]

この記事に関連する記事一覧

[再現NAB2020]まとめ:EIZO編

60seconds Shot! 製品レポート CG3146 関連記事 ... 続きを読む

[再現NAB2020:動画]EIZO「ColorEdge PROMINENCE CG3146」

NAB2020で展示予定だった製品を1分間の動画で紹介するコーナー。EIZO社から「ColorEdge PROMINENCE CG3146」をご紹介いただきました! ... 続きを読む

[再現NAB2020:EIZO]キャリブレーションセンサーを内蔵したHDRリファレンスモニター「ColorEdge PROMINENCE CG3146」

60seconds Shoots DCI 4K解像度を持つ31.1型HDRリファレンスモニター「ColorEdge PROMINENCE CG3146」 EIZ... 続きを読む

[InterBEE2019]EIZOブース:CG3145-BS後継機種の開発中HDRリファレンスモニターを参考出展

12G-SDI入力対応、キャリブレーションセンサーを内蔵した開発中HDRリファレンスモニターを参考出展 右が開発中のHDRリファレンスモニターの参考出展 31.... 続きを読む

[NAB2019:EIZO]お手軽な価格でHDRコンテンツの編集作業や簡易色確認ができる27型カラーマネージメント液晶モニター「ColorEdge CG279X」を展示

EIZOブース動画 EIZOブースレポート メインの展示は、27型カラーマネージメント液晶モニター「ColorEdge CG279X」だ。27インチで解像度... 続きを読む

[NAB2019]EIZOブース(動画)

NAB2019のEIZOブース動画です。 ... 続きを読む

[CP+2019]EIZOブース:ColorEdgeの最新ラインナップおよび、デジタル写真をより楽しむためのモニターソリューションを展示

EIZOは、同社のカラーマネージメントモニターColorEdgeの最新ラインナップの出展および、デジタル写真をもっと楽しむためのモニターソリューションを披露した。 新発売とし... 続きを読む

[InterBEE2018]EIZOブース:PQ方式とHybrid Log Gamma方式両方のガンマに対応した27.0型カラーマネージメント液晶モニター「ColorEdge CG279X」を展示

EIZOブース 360°全天球動画 RICOH THETA Vで撮影した360°全天球動画です。視点変更機能を利用するにはPC版Google Chromeブラウザおよ... 続きを読む

[NAB2018:EIZO]PQ方式とHG方式に対応した「CG319X」と1000cd/m2まで安定表示やコントラスト比100万:1を実現した「CG3145」を展示

EIZOブース動画 HDR周りの機能をさらに充実させた「ColorEdge CG319X」 一押しの展示は5月23日に発売するDCI 4K解像度に対応した31.... 続きを読む

特集記事

CES2021 CES2021
オールデジタルのオンライン開催となったCES2021をレポートする。
年末イッキ読み! 年末イッキ読み!
2020年に話題になった製品の特集やコラム記事をまとめて振り返る。
PRONEWS AWARD 2020 PRONEWS AWARD 2020
激動の1年となった2020年の映像業界を、PRONEWS編集部が総括する。
2020年11月特集:[再現:Inter BEE 2020]-Web Trade Show- 再現:Inter BEE 2020-Web Trade Show-
11月18日(水)からオンライン開催されるInterBEEを解説する。
Inter BEE 2019 ぼくらのEDIUS X
約3年ぶりのメジャーバージョンアップとなる「EDIUS X」の魅力を紹介。
InterBEE 2019の歩き方 Broadcast & Cinema EXPO 2020
映像制作者、映像業界関係者向け情報イベント配信番組。
ATEM WORLD ATEM WORLD
ラインナップ充実のATEM Miniシリーズの選び方や使いこなしをご紹介。
SIGGRAPH2020 SIGGRAPH2020
オンライン開催されたVFXの祭典・SIGGRAPH2020をレポート。
映像基礎講座 映像基礎講座
映像の基本や基礎知識を学ぶ。映像制作初心者はもちろん、熟練者ももう一度初心に立ち返ろう。
	
Shoot with Vlog cam Shoot with Vlog cam
個人の動画ブログ「Vlog」が隆盛するいま、Vlog用カメラを通して映像を撮ることを数回にわたり考える。
Camera Preview 2020 Camera Preview 2020 Part II
2019年から2020年春にかけて発表された話題の新製品やカメラシステムを紹介。
Camera Preview 2020 Camera Preview 2020 Part I
2019年から2020年春にかけて発表された話題の新製品やカメラシステムを紹介。
AfterCOVID-19 映像業界サバイバル AfterCOVID-19 映像業界サバイバル
社会的危機となっている新型コロナウイルス拡大の状況を分析し、今何が起こり、何が必要で、その後に何が訪れるのかを考えてみる。
Film Shooting Rhapsody 上映編 Film Shooting Rhapsody 上映編
16mmフィルムトライアルルームの荒木泰晴氏によるフィルム特集第2弾。今回はフィルム現像から紹介する。
再現:NAB2020 再現:NAB2020
米国ラスベガスにて開催予定だった世界最大の放送機器展覧会 2020 NAB Showでお披露目される予定だった内容を再現していく。
  1. トップ
  2.  > 
  3. 特集
  4.  > 
  5. [NAB2016:EIZO]これからの4K、HDR制作に欠かせないモニターやソウフトウェアを展示