PRONEWS

  • imgABOUT
  • imgTWI
  • imgFB
  • imgYTU
  • imgInstagram
  1. トップ
  2.  > 
  3. 特集
  4.  > 
  5. [NAB2016:Carl Zeiss]レンズだけでなくレンズアタッチメント、VR製品など幅広い製品が登場
Special

[NAB2016:Carl Zeiss]レンズだけでなくレンズアタッチメント、VR製品など幅広い製品が登場

2016-05-11 掲載

Carl Zeissブース 360°全天球動画

RICOH THETA Sで撮影した360°全天球動画です。視点変更機能を利用するにはPC版Google ChromeブラウザおよびiOS/Android版YouTubeアプリが必要です。(アプリ起動はこちら)

Carl Zeissブースレポート

Carl Zeissはデザインを一新した新たなレンズシリーズとして、デジタル一眼レフ用としてZEISS OtusやMilvus、ミラーレス一眼用オートフォーカス対応のEマウントレンズZEISS BatisやZEISS Loxiaを出展。ARRIブランドの新製品Anamorphic Ultra Wide Zoom AUWZ 19-36/T4.2はブースには見当たらなかった。

同社はCompact PrimeやUltra Primeなど新たなレンズシリーズを以前から立ち上げており、ARRIだけでなくソニーやExoLensなど他社との提携によるレンズ開発も行っており、レンズを元に映画や写真だけでなくビデオやスマホ用のレンズアタッチメントなど幅を広げている。

ZEISS Otusは、現在28/55/85mmの3本がラインナップされているされている。いずれもF1.4と比較的明るいレンズで、筐体が金属製ということもあるが、1kg以上の重量がある。映画系のレンズではこうした開放時の明るさを統一されていることが多いが写真用のレンズでは珍しい。ZEISS Milvusも写真用のレンズで21/35/50/85mmのほか、50/100mmのマクロレンズというラインナップで、写真撮影を行う上でよく使う焦点距離をカバーしている。F値は1.4/2/2.8それぞれ異なっており、Otusのように統一されていないが、Otus同様従来の写真用レンズに比べると比較的重量級だ。

NAB2016_Zeiss_02909

ZEISS Otusはスチールカメラ用のレンズで現在28/55/85mmの3本がラインナップされている。いずれもF1.4と非常に明るいレンズとなっているため、開放近くでの浅いピント範囲の描写が可能

ZEISS Batisは、オートフォーカス対応となっており、18/25/85mmの3本がラインナップされている。ピントの範囲がデジタル表示されるという機能を搭載しているが、マニュアルの写真用レンズには絞り指標に絞り値に応じたピント範囲の表示があるのが一般的でそれをデジタル表示したというイメージだ。ただ、ピントの合う範囲は画素ピッチやデベイヤーの処理方法、許容錯乱円によって異なるので正確さに関しては条件によって異なるはず。

NAB2016_Zeiss_02643_B

ミラーレス一眼用ZEISS Batis。有機ELディスプレーが装備されており、合焦距離と被写界深度が表示される。ピントが合った距離に対して前側と後ろのピント範囲がそれぞれ表示される

NAB2016_Zeiss_02650 写真左:ソニーEマウントマニュアルフォーカスレンズZEISS Loxia
写真右:ソニー製フルサイズミラーレスカメラ用オートフォーカス対応レンズZEISS Batis
NAB2016_Zeiss_02660

フォローフォーカスやモータードライブなどを利用する場合フォーカスリングなどにギアが必要となるが、今回Carl Zeiss製のギアが発売された

NAB2016_Zeiss_02621

ZEISS ARRI Master Anamorphic MA 180mm/T1.9。上映用映画撮影で使われる単焦点レンスのシリーズで28/35/40/50/60/75/100/135/180mmがラインナップされており、すべてT1.9に統一されている

NAB2016_Zeiss_02642

スマホを装着して使用する3DビュアーZEISS VR One。コンシューマ部門の製品だがNABでもVRや3D関係の出展もあり、メガネや双眼鏡なども扱っている同社としては当然のなりゆきなのかも知れない。但し日本未発売


[ Category : , ]
[ DATE : 2016-05-11 ]
[ TAG : ]

この記事に関連する記事一覧

[再現InterBEE2020:カールツァイス]新たに40mm T1.5が仲間入りした「ZEISS Supreme Primeレンズシリーズ」

2020年9月、本編映画の撮影現場でSupreme Prime 200mmを使う佐光朗J.S.C.。林の中を動く演者たちを200mmの望遠圧縮効果で、しかも絞りを開けて捉えることに... 続きを読む

[Digital Cinema Bülow VIII~Cine Gear 2019]Vol.07 カールツァイス小倉氏にラインナップが充実してきた「Supreme Prime」の魅力について聞く

txt・構成:編集部 Supreme Primeの拡充から見えてくること Cine Gear展示会場の見どころは、やはりほぼすべてが出揃っているレンズメーカーの展示だ。... 続きを読む

[Digital Cinema Bülow VII~Cine Gear 2018]Vol.03 カールツァイス小倉氏にラージフォーマット対応Supreme Primeについて聞く

txt・構成:編集部 Supreme Primeのルック、小型化、軽量を実現できた理由を明かす! カールツァイスは5月24日、新しいハイエンドシネレンズシリーズ「Sup... 続きを読む

[CP+2018]カールツァイスブース:25mmの単焦点交換レンズ「Loxia 2.4/25」と「Milvus1.4/25」を展示

カールツァイスブース 360°全天球動画 RICOH THETA Sで撮影した360°全天球動画です。視点変更機能を利用するにはPC版Google Chromeブラウ... 続きを読む

[新世紀シネマレンズ漂流:最新単焦点レンズ編]Vol.02 シネプライムレンズの「CP.3」とスチルカメラ用レンズ「Otus」「Milvus」の違いを解説

txt:田中誠士 構成:編集部 CP.3とMilvus、Otusを検証する 「ツァイスレンズのCP.3、Milvus、Otusの違いについて解説する記事を執筆して頂けま... 続きを読む

[新世紀シネマレンズ漂流:最新単焦点レンズ編]Vol.01 カールツァイスにCP.3シリーズとOtus/Milvusの特長を聞く

txt・構成:編集部 人気のシネマプライムがリニューアルして発売開始 カールツァイスは、2017年にミドルレンジのシネマプライムであるCP.2シリーズの後継にあ... 続きを読む

[NAB2017:Panasonic]放送・制作向けの大型ライブスイッチャーや4Kスタジオハンディカメラ、HDスタジオハンディカメラを出展

Panasonicプレスカンファレンス動画 360°全天球動画 RICOH THETA Sで撮影した360°全天球動画です。視点変更機能を利用するにはP... 続きを読む

[NAB2017:Sony]4K映像やHDR、IPライブ伝送などに対応した新製品やソリューションを出展

Sonyプレスカンファレンス動画 360°全天球動画 RICOH THETA Sで撮影した360°全天球動画です。視点変更機能を利用するにはPC版Goo... 続きを読む

[After Beat NAB SHOW 2016]Vol.04 After NAB Show Tokyo 2016レポート02

txt:稲田出 構成:編集部 前回に続いて会場の各社ブースを紹介して行こう。 日本デジタル・プロセシング・システムズ 日本デジタル・プロセシング・システム... 続きを読む

特集記事

ARRI, my love ARRI, my love
映画機材界の雄であるARRI。日本での販売拡大に注目されるARRIの歴史から実用例までフィーチャーする。
SXSW2021 SXSW2021
3/16~20日にオンライン開催となった「SXSW2021」をレポートする。
Virtual Production Field Guide Virtual Production Field Guide
国内のバーチャルプロダクションの展開と、映像制作ワークフローへの影響について紹介
CP+2021 CP+2021
オンライン開催のCP+2021で発表された新製品をレポート。
新世紀シネマレンズ漂流:NewTrend 2021編 新世紀シネマレンズ漂流:NewTrend 2021編
2020年末から2021年に発売されたレンズ新製品をピックアップする。
映像基礎講座 映像基礎講座 Episode 2
2020年8月に公開された特集「映像基礎講座」続編。引き続き映像の基本や基礎知識を学ぶ。
CES2021 CES2021
オールデジタルのオンライン開催となったCES2021をレポートする。
年末イッキ読み! 年末イッキ読み!
2020年に話題になった製品の特集やコラム記事をまとめて振り返る。
PRONEWS AWARD 2020 PRONEWS AWARD 2020
激動の1年となった2020年の映像業界を、PRONEWS編集部が総括する。
2020年11月特集:[再現:Inter BEE 2020]-Web Trade Show- 再現:Inter BEE 2020-Web Trade Show-
11月18日(水)からオンライン開催されるInterBEEを解説する。
Inter BEE 2019 ぼくらのEDIUS X
約3年ぶりのメジャーバージョンアップとなる「EDIUS X」の魅力を紹介。
InterBEE 2019の歩き方 Broadcast & Cinema EXPO 2020
映像制作者、映像業界関係者向け情報イベント配信番組。
ATEM WORLD ATEM WORLD
ラインナップ充実のATEM Miniシリーズの選び方や使いこなしをご紹介。
SIGGRAPH2020 SIGGRAPH2020
オンライン開催されたVFXの祭典・SIGGRAPH2020をレポート。
映像基礎講座 映像基礎講座
映像の基本や基礎知識を学ぶ。映像制作初心者はもちろん、熟練者ももう一度初心に立ち返ろう。
  1. トップ
  2.  > 
  3. 特集
  4.  > 
  5. [NAB2016:Carl Zeiss]レンズだけでなくレンズアタッチメント、VR製品など幅広い製品が登場