PRONEWS

  • imgABOUT
  • imgTWI
  • imgFB
  • imgYTU

トップ > 特集 > [Digital Cinema Bülow V~CineGear 2016]Vol.00 ハリウッド映画の歴史と技術の変遷を垣間みるCine Gear Expo…

News

[Digital Cinema Bülow V~CineGear 2016]Vol.00 ハリウッド映画の歴史と技術の変遷を垣間みるCine Gear Expo開催

2016-06-07 掲載

Panavision x Light Iron × REDが産んだ8Kデジタルシネマカメラシステム「DXL」

ハリウッド映画の歴史と技術をもう一度考えてみる

2月の特集を受け、今年2回目のDigital Cinema Bulowをお送りする。これまで幾度とデジタルシネマについて考えて来たが、今回も例年通り、この時期ハリウッドで行われる映画機材専門の展示会イベント、Cine Gear Expo 2016のレポートから見えたデジタルシネマの現況などを伝えて行きたい。例年通り、6月最初の週末に開催された(6月2日~5日、展示会2日間のみ)Cine Gear Expoは、映画撮影の現場機材とその関連製品を中心に、カメラや照明周りに特化したハリウッドの撮影関係者へ向けた展示会だ。

今年で21回目の開催を迎える。筆者も2006年からこの展示会の取材をはじめて11年目になるが、過去にはMGM、ワーナー、ユニバーサル、ソニー(元コロンビア)などメジャースタジオが毎年持ち回り制で巡回していたようだが、2009年以降はパラマウントスタジオ内での開催に固定されてきた。

パラマウントスタジオはハリウッド市のほぼ中央に位置し、有名な「HOLLYWOOD」サインからまっすぐ降りて来たGower st.とMelrose Ave.の交差点にある。チャイニーズシアターやハリウッドハイランドといったハリウッドのシンボル的な場所からも近い距離だ。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA 開催両日とも好天に恵まれ、30℃を超えたであろう暑さの中、多くの来場者が訪れた

このパラマウントスタジオでCine Gear Expo開催直前の5月20日、ある特別なイベントが行われた。それは全米で今夏7月22日から公開となる新スター・トレックシリーズの第三弾「STAR TREK BEYOND」の公開を記念したファンイベントだ。TVと映画で1960年代から絶大な人気を誇るこのSFドラマ「STAR TREK(スター・トレック)」が最初に生まれた場所が実はここパラマウントスタジオなのである。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA 各Stage(スタジオ)前には、そこでどんな作品が撮られたかが刻印してあり、Stage32には、1966~1969 STAR TREKの名前が!

イベント当日、会場には2009年から始まったこの新スター・トレックシリーズの初代監督であり、最新作の製作総指揮を務めたJ.J.エイブラムスをはじめ、メインキャストのカーク船長役のクリス・パイン、ミスタースポック役のザカリー・クイント、そしてドクターマッコイ役のカール・アーバンが登場、さらに初の本シリーズ監督を務めた「ワイルド・スピード」シリーズの監督で有名な台湾出身のジャスティン・リン氏など豪華メンバーが揃って登場し、新作に関する熱いトークが展開されたという。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA LEONARD NIMOY WAYと名付けられた、Stage32の前のストリート

そのイベント内でスター・トレックのファンにとっては重要な発表があった。実は、今回Cine Gear Expoが開催されたメイン会場NEWYORK Backlot(オールドニューヨークタウンセット)に併設する、Stage31、32の2つのスタジオは、1966年に放映開始された初代スター・トレックのTVシリーズが撮影された、まさにスター・トレック生誕の聖地なのである。

そしてCine Gear Expoではソニー、ARRI、パナソニックなどが出展する室内展示のメイン会場にもなっている。このスタジオ前のストリートが先述のファンイベントで、初代ミスタースポック役の名優レナード・ニモイ(1931-2015)氏の名前をとって新たに「LEONARD NIMOY WAY」と名付けられた。その命名以降、今回のCine Gear Expoが、一般人がその名を目に触れることができる初のイベント開催となったわけだ。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA セミナーやシアター会場へ抜ける道が、MICHAEL BAY Ave.

ちなみに広いパラマウントスタジオの中でも固有人物の名前が命名されているのは「アルマゲドン」「トランスフォーマー」のマイケル・ベイ監督の「MICHAEL BAY Ave.」のみ。それぞれがパラマウントスタジオに大きく貢献した表れなのであろう(余談ではあるが、ニモイ氏が1988年に再婚した女優スーザン・ベイは、奇遇にもマイケル・ベイ監督の従姉妹)。

こんなエピソードが身近に存在し、ハリウッド映画好きであれば、長いその歴史的な時間の中をタイムトラベルするような感覚に否が応でも引きずり込まれるのが、Cine Gear Expo参加への醍醐味の一つだとも言える。

過去の映画制作ノウハウが、新たなデジタルシネマ制作に貢献する

OLYMPUS DIGITAL CAMERA Panavisionのブースには、新型カメラをいち早く確認しようと朝から多くの来場者が訪れた

さて、今年のCine Gear Expoでは、映画撮影関連の新製品や関連イベントにも、ハリウッドの長い歴史を肌身に感じることができる瞬間が多くあった。最も大きな話題を呼んだのは、Panavision社から突如発表された「Millenium DXL」カメラだろう。Panavisionは長きに渡ってハリウッド映画製作の中心にいる。とりわけ65mm、70mmといった大型映像用レンズ資産は数知れず、映画用レンズメーカーとしては世界最大だろう。

Cine Gear Expo開催当初から出展企業では業界最大手として大きな出展をしてきたが、映画撮影がデジタルに移行し、DSLRムービーなどの普及で、ダウンサイジング化が図られて以降、Cine Gear Expoへの出展を控えていたが、昨年からRED Digtal Cinema、Light Iron、Quantelらとともに8Kソリューションワークフローを出展。そのコラボレーションから生まれた新型8Kカメラ「Millenium DXL」を今回発表するに至った。過去の資産と最新のテクノロジーが凝縮された現在のデジタルシネマカメラの理想型カメラは多くの撮影監督、カメラマンの注目を集めていた(▶Vol.01)。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA ソニーF65で撮影された、ウッディ・アレン監督の最新作「Cafe Society」はDPXでのプレミア上映が行われた

その他、ソニーからはOVER4K、120fps等に対応する新しいファイルフォーマット「X-OCN」が発表された。またスクリーニングイベントでは、ソニーF65/4Kで撮影されたウッディ・アレン監督の最新作「Cafe Society」を上映。しかも通常のDCI上映ではなく、RGB非圧縮DPXで上映されたり、今回もメインスポンサー(Gold Sponsors)にブラックマジックデザインとともに名を連ねるなど、ソニーがこのCine Gear Expo=ハリウッド映画業界において、かなり力を入れて来た感が強く感じられた(▶Vol.02)。

その他では、他のイベント同様にDJIが比較的大きなブースを出展して来たり、それに反比例するかのように、昨年まで盛り上がりを見せていた中小のドローン関係企業の出展が減り、また各種シネマレンズ関係の出展が増えた。一時期のDSLR関係の小型カメラ用リグやサポート製品群も、群雄割拠するなかで次第に淘汰・整備され、安心品質の定番メーカーに絞られてきたようである。また今年は新たな照明関係の出展も多く、かなり企業数も増えたことなど、毎年微細ながらも変化する出展事情に、いまの映画業界の変遷ぶりを垣間みることができる。

年々参加人員と参加企業が増え、海外からの出展、来場者も増えているが、いずれにせよ、過去の映画に関わる歴史が長く深いハリウッドにあって、その中心で行われるCineGearExpoには、それ相応の意義が毎回確実に感じられる。

■特集:Digital Cinema Bülow V Index

txt:石川幸宏 / 猪川知紀(編集部) 構成:編集部
[Digital Cinema Bülow V] Vol.01

[ Category : , ]
[ DATE : 2016-06-07 ]
[ TAG : ]

この記事に関連する記事一覧

[Digital Cinema Bülow VIII~Cine Gear 2019]Vol.16 会場で気になったあれこれ

txt・構成:編集部 美しい肌の色調と滑らかなボケ味を実現したPLプライムレンズ「Sumire Prime」 キヤノンは、NABで発表したSumire Prim... 続きを読む

[Digital Cinema Bülow VIII~Cine Gear 2019]Vol.15 SmallHD/Teradek:ワイヤレスプロダクションモニターやカメラコントロール対応モニターを展示。両社の技術が新製品に集結

txt・構成:編集部 撮影現場での映像確認やDITに最適な17インチワイヤレスプロダクションモニター「17RX」 TeradekやWooden Camera、Sma... 続きを読む

[Digital Cinema Bülow VIII~Cine Gear 2019]Vol.14 Cine Gear Expo 2019〜ATOMOS:オンセットやスタジオ用HDRシネマモニター/レコーダー「NEON」を展示

txt・構成:編集部 オンセットやスタジオ向けのHDRシネマモニターレコーダーが登場 ATOMOSは、Cine GearでHDRシネマモニター/レコーダー「NEON」を... 続きを読む

[Digital Cinema Bülow VIII~Cine Gear 2019]Vol.13 富士フイルム、100メガピクセルのラージフォーマットミラーレス「GFX100」やシネマカメラ用ズームレンズ「Premista」を展示

txt・構成:編集部 話題のラージフォーマットミラーレスカメラとシネマカメラ用ズームレンズ「Premista」との組み合わせがユニーク 富士フイルムブースの注目は、... 続きを読む

[Digital Cinema Bülow VIII~Cine Gear 2019]Vol.12 きれいなフレアとボケ味が特徴のプライムレンズの新製品「Tokina Vista One」シリーズを展示

txt・構成:編集部 シングルコートが特徴のフレアを実現したVista Oneシリーズをデモ 今年のTokina Cinemaブースは、昨年よりも大きくなっている。メイ... 続きを読む

[Digital Cinema Bülow VIII~Cine Gear 2019]Vol.11 ニコン、フルフレームミラーレスカメラで12ビットProRes Raw出力対応「Z 7」を展示

txt・構成:編集部 3:2のフルフレームセンサーを16:9に上下カットした形で収録可能予定 Cine Gear展示エリアに、ニコンはブース出展していない。しかし、AT... 続きを読む

[Digital Cinema Bülow VIII~Cine Gear 2019]Vol.10 パナビジョン、NDフィルターの度合いを調整できる6ストップ「LCND」フィルターシステムを展示

txt・構成:編集部 スタンドアロンでもワイヤレスでも濃度の調整が可能な「LCND」 パナビジョンは、レンズ、カメラ、フィルターから制作ワークフロー、ポストプロダクショ... 続きを読む

[Digital Cinema Bülow VIII~Cine Gear 2019]Vol.08 Leitz、プライムレンズのThalia-Tシリーズに新ラインナップを検討中

txt・構成:編集部 ライカユーザーならお馴染みのTHAMBAR 90mmがThalia-Tシリーズとして登場 2019年8月発売予定のThalia-T 90m... 続きを読む

[DSJ2019]Vol.03 気になる表示装置と気になるアナ・デジ変換技術

txt:江口靖二 構成:編集部 シブくて新しい展示たち DSJは言うまでもなく日本最大のデジタルサイネージのイベントだ。デジタルサイネージには何かしらの表示装置が必要だ... 続きを読む

特集記事

DSJ2019 DSJ2019
幕張メッセで開催された国内最大のデジタルサイネージの展示会「DSJ2019」をレポート。
Digital Cinema Bülow VIII~Cine Gear 2019 Digital Cinema Bülow VIII~Cine Gear 2019
米国ハリウッドのパラマウントスタジオ内で開催された映画撮影機材の専門展示会「Cine Gear Expo」をレポート。
After Beat NAB SHOW 2019 After Beat NAB SHOW 2019
東京・秋葉原のUDXにて開催されたAfter NAB Show 2019をレポート。
NAB2019 NAB2019
米国ネバダ州ラスベガスにて開催される世界最大の放送機器展覧会「NAB2019」をレポート。
SXSW2019 SXSW2019
テキサス州オースティンで開催されたSXSW2019をレポート。
CP+2019 CP+2019
パシフィコ横浜にて開催されたカメラと写真の総合展示会「CP+2019」をレポート。
Film Shooting Rhapsody Film Shooting Rhapsody
いまだから知っておきたいフィルムの現状や伝統的な技術などを紹介する。
CES2019 CES2019
米国ラスベガスで開催された世界最大の国際家電見本市 CES2019をレポート。
PRONEWS AWARD 2018 PRONEWS AWARD 2018
2018年は映像業界にとってどんな年だったのだろうか。PRONEWS AWARDで部門ごとに振り返る。
10万円以下のジンバル選び 10万円以下のジンバル選び
一層注目が増している小型カメラジンバルをDJIやZHIYUN、FEIYU TECH、FILMPOWERの4社5機種に渡って比較紹介。
Inter BEE 2018 Inter BEE 2018
千葉幕張メッセにて開催される国際放送機器展“Inter BEE“をレポート。
InterBEE 2018の歩き方 InterBEE 2018の歩き方
今年もInterBEEの歩き方をジャンル別にピックアップし、6種類のコースを紹介。
新世紀シネマレンズ漂流:最新単焦点レンズ編 新世紀シネマレンズ漂流:もの作りの現場から
「新世紀シネマレンズ漂流:最新単焦点レンズ編」の続編。前回紹介することができなかったシネマレンズメーカーを取材。
Photokina2018 Photokina2018
ドイツ・ケルンメッセで開催されたスチルカメラの祭典 Photokina2018をレポート。
IBC2018 IBC2018
オランダ・アムステルダムで開催された欧州最大の映像・放送の展示会IBC2018をレポート。

トップ > 特集 > [Digital Cinema Bülow V~CineGear 2016]Vol.00 ハリウッド映画の歴史と技術の変遷を垣間みるCine Gear Expo開催