PRONEWS

  • imgABOUT
  • imgTWI
  • imgFB
  • imgYTU

トップ > 特集 > [Digital Cinema Bülow V~CineGear 2016]Vol.03 Cine Gear Expoフォトレポート Part1〜 魅惑のレンズ…

News

[Digital Cinema Bülow V~CineGear 2016]Vol.03 Cine Gear Expoフォトレポート Part1〜 魅惑のレンズ編〜

2016-06-13 掲載

今春発売された新たなレンズラインナップの実物が出揃うのが、Cine Gear Expoだ。さらに今回はシネマレンズ関連の新たな展示も多く見られた。カメラ以上にレンズも撮影の要である事は言うまでもない。その中で目立ったものをいくつかピックアップしていこう。

富士フイルム(フジノン)

CGE_03_01

4月のNABで発表されたスーパー35mmフォーマットの4K対応Cabrioレンズシリーズ5本目の新ラインナップとなる20-120mmズームレンズ、Cabrio XK6×20 20-120 T3.5。コンパクトな筐体でリーズナブルな価格も魅力ながら、単焦点レンズ数本を持つのと同等なクオリティを目指して開発された性能も高評価のようだ。脱着可能なサーボユニットも便利だ。ブースではパナソニックVARICAM LTとの組み合わせで展示。

DJI

CGE_03_02

今回屋外に単独で展示スペースを出展し、クレーン等を除けばCine Gear Expoのブース出展最大規模になったDJI。今回もNABまでに発表された新製品Phantom 4、Zenmuse X5R、RONIN MX、Osmo Z-Axis等をハンズオンできるコーナーを設置。独自のドローン飛行エリアも設けて随時イベントも開催するなど、その勢いの凄さを物語っていた。

CGE_03_02b

キヤノン

CGE_03_03b

最新の4Kカメラ対応シネサーボレンズ、”CN-E18-80mm T4.4 L IS KAS S”の実機を展示。電動ズームユニットを一体化して低速でも高速でもスムーズな駆動が可能。やはり米国でも高機能に加えたコンパクトさが人気のようだ。またブースには、高感度カメラME20F-SHとEFシネマレンズ、Zacutoの新型VFの組み合わせによる、シネマ撮影スタイルでの展示も行われていた。

CGE_03_04

ライカ(CW Sonderopticとして出展)

CGE_03_05

コンパクトかつ高い描写力で人気のシネマレンズ、SUMMICRON-Cレンズシリーズの新ラインナップとして、40mmと15mmを新発表。40mmは今月、15mmは今年10月に出荷される模様。これでSUMMICRON-Cは、15、18、21、25、29、35、40、50、75、100、135mmの全11本のシリーズになった。

Cooke

CGE_03_06

4月に登場したCookeのアナモフィックズームレンズ、35-140mm T3.1 Zoomを発売開始。Cookeはこれまで5本のアナモフィックレンズシリーズ(32、40、50、75、100mm)を2014年4月にリリース、その後もラインナップを拡張しており、今年度末には25mm、135mmのリリースを予定している。35-140mmの気になるお値段は$60,000(約650万円)相当。

Scorpio

CGE_03_07

軽量コンパクトなアナモフィックレンズとして人気のスペイン製レンズScorpioから、こちらも4月のNABで初のアナモフィックズームレンズ、138-405mm T4.3が発表されている。これまでの単焦点アナモレンズシリーズ14本(20mm~135mm)も総じて軽量コンパクトだったが、こちらの重量も3.3kgと非常に軽量だ。

Veydra

CGE_03_08

Cine Gear Expo初お目見えの、マイクロフォーサーズとソニーEマウントに対応したコンパクトシネマレンズVeydra。トップコピーに“ミラーレスシネマレンズ”を謳っており、ミラーレスカメラ用のプライムレンズに特化している点がユニークだ。現行機種は12、16、25、35、50、85mm/T2.2の6本のラインナップで、どれも$899~$1299までのお手頃価格。年内に19mmの発売開始も予定している(写真は試作品)。

CGE_03_09

KOWA

CGE_03_10

日本のKOWAからは、今年2月のCP+で参考出展していた、CINE PROMINERレンズシリーズのフォローフォーカスギア付きタイプを正式発表。コンパクトワイドレンズとして人気の8.5mm T3.0(15万円)、12mm T1.9(13万円)、25mm T1.9(10万円)の3本が共に対応。基本はブラック仕様になっているがオプションラインナップとしてゴールドバージョンもある。

txt:石川幸宏 / 編集部 構成:編集部
Vol.02 [Digital Cinema Bülow V] Vol.04

[ Category : , ]
[ DATE : 2016-06-13 ]
[ TAG : ]

この記事に関連する記事一覧

[Digital Cinema Bülow VIII~Cine Gear 2019]Vol.16 会場で気になったあれこれ

txt・構成:編集部 美しい肌の色調と滑らかなボケ味を実現したPLプライムレンズ「Sumire Prime」 キヤノンは、NABで発表したSumire Prim... 続きを読む

[Digital Cinema Bülow VIII~Cine Gear 2019]Vol.15 SmallHD/Teradek:ワイヤレスプロダクションモニターやカメラコントロール対応モニターを展示。両社の技術が新製品に集結

txt・構成:編集部 撮影現場での映像確認やDITに最適な17インチワイヤレスプロダクションモニター「17RX」 TeradekやWooden Camera、Sma... 続きを読む

[Digital Cinema Bülow VIII~Cine Gear 2019]Vol.14 Cine Gear Expo 2019〜ATOMOS:オンセットやスタジオ用HDRシネマモニター/レコーダー「NEON」を展示

txt・構成:編集部 オンセットやスタジオ向けのHDRシネマモニターレコーダーが登場 ATOMOSは、Cine GearでHDRシネマモニター/レコーダー「NEON」を... 続きを読む

[Digital Cinema Bülow VIII~Cine Gear 2019]Vol.13 富士フイルム、100メガピクセルのラージフォーマットミラーレス「GFX100」やシネマカメラ用ズームレンズ「Premista」を展示

txt・構成:編集部 話題のラージフォーマットミラーレスカメラとシネマカメラ用ズームレンズ「Premista」との組み合わせがユニーク 富士フイルムブースの注目は、... 続きを読む

[Digital Cinema Bülow VIII~Cine Gear 2019]Vol.12 きれいなフレアとボケ味が特徴のプライムレンズの新製品「Tokina Vista One」シリーズを展示

txt・構成:編集部 シングルコートが特徴のフレアを実現したVista Oneシリーズをデモ 今年のTokina Cinemaブースは、昨年よりも大きくなっている。メイ... 続きを読む

[Digital Cinema Bülow VIII~Cine Gear 2019]Vol.11 ニコン、フルフレームミラーレスカメラで12ビットProRes Raw出力対応「Z 7」を展示

txt・構成:編集部 3:2のフルフレームセンサーを16:9に上下カットした形で収録可能予定 Cine Gear展示エリアに、ニコンはブース出展していない。しかし、AT... 続きを読む

[Digital Cinema Bülow VIII~Cine Gear 2019]Vol.10 パナビジョン、NDフィルターの度合いを調整できる6ストップ「LCND」フィルターシステムを展示

txt・構成:編集部 スタンドアロンでもワイヤレスでも濃度の調整が可能な「LCND」 パナビジョンは、レンズ、カメラ、フィルターから制作ワークフロー、ポストプロダクショ... 続きを読む

[Digital Cinema Bülow VIII~Cine Gear 2019]Vol.08 Leitz、プライムレンズのThalia-Tシリーズに新ラインナップを検討中

txt・構成:編集部 ライカユーザーならお馴染みのTHAMBAR 90mmがThalia-Tシリーズとして登場 2019年8月発売予定のThalia-T 90m... 続きを読む

[Digital Cinema Bülow VIII~Cine Gear 2019]Vol.07 カールツァイス小倉氏にラインナップが充実してきた「Supreme Prime」の魅力について聞く

txt・構成:編集部 Supreme Primeの拡充から見えてくること Cine Gear展示会場の見どころは、やはりほぼすべてが出揃っているレンズメーカーの展示だ。... 続きを読む

特集記事

AfterCOVID-19 映像業界サバイバル AfterCOVID-19 映像業界サバイバル
社会的危機となっている新型コロナウイルス拡大の状況を分析し、今何が起こり、何が必要で、その後に何が訪れるのかを考えてみる。
Film Shooting Rhapsody 上映編 Film Shooting Rhapsody 上映編
16mmフィルムトライアルルームの荒木泰晴氏によるフィルム特集第2弾。今回はフィルム現像から紹介する。
再現:NAB2020 再現:NAB2020
米国ラスベガスにて開催予定だった世界最大の放送機器展覧会 2020 NAB Showでお披露目される予定だった内容を再現していく。
Film Shooting Rhapsody Film Shooting Rhapsody
16mmフィルムトライアルルームの荒木泰晴氏によるフィルム特集第2弾。
再現:CP+2020 再現:CP+2020
開催中止となってしまったCP+2020をPRONEWS誌面上で再現して行く。
CES2020 CES2020
米国ラスベガスで開催された世界最大の国際家電見本市 CES2020をレポート。
PRONEWS AWARD 2019 PRONEWS AWARD 2019
2019年は映像業界にとってどんな年だったのだろうか。PRONEWS AWARDで部門ごとに振り返る。
Inter BEE 2019 Inter BEE 2019
千葉幕張メッセにて開催される国際放送機器展“Inter BEE“をレポート。
InterBEE 2019の歩き方 InterBEE 2019の歩き方
今年もInterBEEの歩き方をジャンル別にピックアップし、6種類のコースを紹介。
Film Shooting Rhapsody Film Shooting Rhapsody
フィルム撮影の経験をしたい人に向けてフィルム撮影で必要な各種の工程について解説していく。
IBC2019 IBC2019
欧州最大の業務用映像・音響の専門展示会「IBC2019」をレポート。
新世紀シネマレンズ漂流 新世紀シネマレンズ漂流
シネマレンズを中心に一眼やミラーレスデジタルカメラの動画撮影機能と組み合わせて使われる交換レンズの最新動向を紹介する。
BIRTV2019 BIRTV2019
中国・北京の中国国際展覧中心で開催された展示会「BIRTV 2019」をレポート。
SIGGRAPH2019 SIGGRAPH2019
世界最大のコンピュータグラフィックスとインタラクティブ技術に関する学会・展示会SIGGRAPH2019をレポート。
QBEE2019 QBEE2019
九州放送機器展(QBEE)をいつもの会場練り歩き方式でレポート。

トップ > 特集 > [Digital Cinema Bülow V~CineGear 2016]Vol.03 Cine Gear Expoフォトレポート Part1〜 魅惑のレンズ編〜