PRONEWS

  • imgABOUT
  • imgTWI
  • imgFB
  • imgYTU

トップ > 特集 > [Digital Cinema Bülow V~CineGear 2016]Vol.04 Cine Gear Expoフォトレポート Part2〜気になる製品編…

News

[Digital Cinema Bülow V~CineGear 2016]Vol.04 Cine Gear Expoフォトレポート Part2〜気になる製品編〜

2016-06-15 掲載

txt:石川幸宏 / 猪川知紀(編集部) 構成:編集部

MANTIS

CGE_04_01

MOTION IMPOSSIBLE社のリモートドリーシステムMANTISは、様々なカメラとジンバルシステムを搭載できる無人移動撮影用のリモートシステム。会場では普通のビデオカメラ以外に、360°撮影用のノキアOZOや360Herosなども搭載。約300mの範囲でリモート可能で駆動音も非常に静かと、モジュラーマンティスシステムとよばれる、文字通りMANTIS=カマキリの腕のような伸縮自在のシステムで地面スレスレのアングルから、2m程度のアングルまで対応。

360Abyss

CGE_04_02

360°映像もついに海中へ進出!深海3,280フィート(約1,000m)まで潜水可能(本当?)という、360Herosの360°水中撮影用ユニット、360Abyss。6面のGoPro HERO(3/3+/4に対応)取り付け用ドームに、Bullet 360という水中用コントロールユニットを上部に配置。筐体から8本のボールジョイントが突出しており、筐体を守る。

LIFEPOWER

CGE_04_03

持ち運び可能なソーラーパワーユニット、LIFEPOWER。14.85cm×15.2cm×2.55cm、800gほどの手のひらサイズのA2Lと呼ばれるリチウムイオン電池の本体と、折りたたみ式のソーラーパネルを組み合わせて、ソーラー充電を行える携帯電源装置。3時間の電源チャージでUSBのアウトプットからDC 5V/3A up to 15Wの出力。100W/120WのLEDライトやビデオモニターはもちろん、ラップトップPCやDSLR(6台分)、ドローン用チャージャーなど用途も様々。

Lanparte

CGE_04_04

香港の手持ちジンバルメーカー、Lanparte。GoPro HEROやスマートフォン用のハンドヘルドジンバルシステムを展示。GoPro HERO用の3軸ジンバル部LA3Dに、小型のトランスミッターユニットを装備したワイヤレスコントロールキットGWCK-01を装着。さらにバキュームの脚をつけて走行中の車両等でも遠隔コントロールできる「GoPro On WIRELESS CONTROL KIT」を新発表。スマートフォン対応のワイヤレスコントロールもある。

HIVE

CGE_04_05

省電力・長寿命のプラズマ光源を利用した、高発色のプラズマ照明システム、HIVE。アメリカではLEDにかわる照明として、かなりメジャーになってきているようだ。今回はWASP1000、Bee1000の最新2機種を展示。ともに新しい1000Wプラズマバルブを用いて、これまでの250W対応のプラズマバルブに比べて約5倍の明るさを実現。それでも5万時間と長寿命で、スペクトラム特性が良い点や、100%フリッカーフリーなところなど、次世代照明システムとしての期待値も高い。

CGE_04_06 プラズマバルブ

X-Rite

CGE_04_07

X-Riteからはおなじみのカラーチャート(ColorChecker)より、ビデオ向けのX-Rite ColorChecker Videoが登場。左列から、肌色、リニアグレースケール、中央4枚の大型グレーレベル、右側2列の高彩度色と配置されており、裏面にはホワイトバランスターゲットがある。小型サイズのColorChecker PASSPORT VIDEOもある。

LUME CUBE

CGE_04_08

GoPro HERO等と組み合わせて仕様できる超小型(2.54×3.81cm)の強力LEDライト、LUME CUBE。1個の明るさが1500lmと明るく、USB充電で駆動、Bluetoothによるワイヤレス調光も可能でスマートフォンの専用アプリから最大100キューブまでのコントロールが可能。また最大5個までを組み合わせて使用する事もできるので通常のビデオ撮影はもちろん、アクションカメラやドローンとの組み合わせなど様々な用途で使用できる。100フィート(約30m)までの防水対応。昨年度は数々の賞も受賞。シングルキューブで$79.99から。

CGE_04_09

総括~2016年のCine Gearに思うこと

CGE_04_10

毎年訪れていると、あまり代わり映えしない製品(良い意味で!)も多いCine Gear Expoだが、今回は意外にも大きな変化があったように思う。昨年までのドローンや小型ジンバル系の出展が目立たなくなった分、元々の映画撮影用途に特化した製品の出展が目立ったように思われる。

また初日の展示時間が、昨年までの午後14時~21時から、昼12時~20時に変更されたことも、従来は屋外での照明機材の展示を行うための夜間展示が多かったが、今回からはステージ内での照明展示が大部分を占めたため、屋外展示の必要性が無くなったようだ。屋外のみの展示となると、昼間にあまり効果的な展示ができないというのも確かに不公平感がある。とはいえ、照明に関する展示は年々増えている感じもあり、以前のような中国系の似通ったLEDパネルばかりではなく、ちゃんとした映画に使える照明機材展示が充実している点でも、Cine Gear Expo視察への価値は高いと思われる。

CGE_04_Party_Storaro © CineGearExpo2016
レジェンドであるヴィットリオ・ストラーロ氏の登場も驚きだった

今年はPanavision、ソニーから目玉の出展があったが、アメリカではNetflix、Amazon.comなどのネット映像との連携により、ますます映画界が活況になっているようだ。新しいものに全て取り替えるのではなく、新旧とりまぜ、いかに共存できるのか?という視点から成長過が見えるのがすばらしい。来年もシネマ制作の新たな技術・製品展示のサプライズを期待したい。

txt:石川幸宏 / 猪川知紀(編集部) 構成:編集部
Vol.03 [Digital Cinema Bülow V] Vol.00

[ Category : , ]
[ DATE : 2016-06-15 ]
[ TAG : ]

この記事に関連する記事一覧

[Digital Cinema Bülow VIII~Cine Gear 2019]Vol.16 会場で気になったあれこれ

txt・構成:編集部 美しい肌の色調と滑らかなボケ味を実現したPLプライムレンズ「Sumire Prime」 キヤノンは、NABで発表したSumire Prim... 続きを読む

[Digital Cinema Bülow VIII~Cine Gear 2019]Vol.15 SmallHD/Teradek:ワイヤレスプロダクションモニターやカメラコントロール対応モニターを展示。両社の技術が新製品に集結

txt・構成:編集部 撮影現場での映像確認やDITに最適な17インチワイヤレスプロダクションモニター「17RX」 TeradekやWooden Camera、Sma... 続きを読む

[Digital Cinema Bülow VIII~Cine Gear 2019]Vol.14 Cine Gear Expo 2019〜ATOMOS:オンセットやスタジオ用HDRシネマモニター/レコーダー「NEON」を展示

txt・構成:編集部 オンセットやスタジオ向けのHDRシネマモニターレコーダーが登場 ATOMOSは、Cine GearでHDRシネマモニター/レコーダー「NEON」を... 続きを読む

[Digital Cinema Bülow VIII~Cine Gear 2019]Vol.13 富士フイルム、100メガピクセルのラージフォーマットミラーレス「GFX100」やシネマカメラ用ズームレンズ「Premista」を展示

txt・構成:編集部 話題のラージフォーマットミラーレスカメラとシネマカメラ用ズームレンズ「Premista」との組み合わせがユニーク 富士フイルムブースの注目は、... 続きを読む

[Digital Cinema Bülow VIII~Cine Gear 2019]Vol.12 きれいなフレアとボケ味が特徴のプライムレンズの新製品「Tokina Vista One」シリーズを展示

txt・構成:編集部 シングルコートが特徴のフレアを実現したVista Oneシリーズをデモ 今年のTokina Cinemaブースは、昨年よりも大きくなっている。メイ... 続きを読む

[Digital Cinema Bülow VIII~Cine Gear 2019]Vol.11 ニコン、フルフレームミラーレスカメラで12ビットProRes Raw出力対応「Z 7」を展示

txt・構成:編集部 3:2のフルフレームセンサーを16:9に上下カットした形で収録可能予定 Cine Gear展示エリアに、ニコンはブース出展していない。しかし、AT... 続きを読む

[Digital Cinema Bülow VIII~Cine Gear 2019]Vol.10 パナビジョン、NDフィルターの度合いを調整できる6ストップ「LCND」フィルターシステムを展示

txt・構成:編集部 スタンドアロンでもワイヤレスでも濃度の調整が可能な「LCND」 パナビジョンは、レンズ、カメラ、フィルターから制作ワークフロー、ポストプロダクショ... 続きを読む

[Digital Cinema Bülow VIII~Cine Gear 2019]Vol.08 Leitz、プライムレンズのThalia-Tシリーズに新ラインナップを検討中

txt・構成:編集部 ライカユーザーならお馴染みのTHAMBAR 90mmがThalia-Tシリーズとして登場 2019年8月発売予定のThalia-T 90m... 続きを読む

[Digital Cinema Bülow VIII~Cine Gear 2019]Vol.07 カールツァイス小倉氏にラインナップが充実してきた「Supreme Prime」の魅力について聞く

txt・構成:編集部 Supreme Primeの拡充から見えてくること Cine Gear展示会場の見どころは、やはりほぼすべてが出揃っているレンズメーカーの展示だ。... 続きを読む

特集記事

DSJ2019 DSJ2019
幕張メッセで開催された国内最大のデジタルサイネージの展示会「DSJ2019」をレポート。
Digital Cinema Bülow VIII~Cine Gear 2019 Digital Cinema Bülow VIII~Cine Gear 2019
米国ハリウッドのパラマウントスタジオ内で開催された映画撮影機材の専門展示会「Cine Gear Expo」をレポート。
After Beat NAB SHOW 2019 After Beat NAB SHOW 2019
東京・秋葉原のUDXにて開催されたAfter NAB Show 2019をレポート。
NAB2019 NAB2019
米国ネバダ州ラスベガスにて開催される世界最大の放送機器展覧会「NAB2019」をレポート。
SXSW2019 SXSW2019
テキサス州オースティンで開催されたSXSW2019をレポート。
CP+2019 CP+2019
パシフィコ横浜にて開催されたカメラと写真の総合展示会「CP+2019」をレポート。
Film Shooting Rhapsody Film Shooting Rhapsody
いまだから知っておきたいフィルムの現状や伝統的な技術などを紹介する。
CES2019 CES2019
米国ラスベガスで開催された世界最大の国際家電見本市 CES2019をレポート。
PRONEWS AWARD 2018 PRONEWS AWARD 2018
2018年は映像業界にとってどんな年だったのだろうか。PRONEWS AWARDで部門ごとに振り返る。
10万円以下のジンバル選び 10万円以下のジンバル選び
一層注目が増している小型カメラジンバルをDJIやZHIYUN、FEIYU TECH、FILMPOWERの4社5機種に渡って比較紹介。
Inter BEE 2018 Inter BEE 2018
千葉幕張メッセにて開催される国際放送機器展“Inter BEE“をレポート。
InterBEE 2018の歩き方 InterBEE 2018の歩き方
今年もInterBEEの歩き方をジャンル別にピックアップし、6種類のコースを紹介。
新世紀シネマレンズ漂流:最新単焦点レンズ編 新世紀シネマレンズ漂流:もの作りの現場から
「新世紀シネマレンズ漂流:最新単焦点レンズ編」の続編。前回紹介することができなかったシネマレンズメーカーを取材。
Photokina2018 Photokina2018
ドイツ・ケルンメッセで開催されたスチルカメラの祭典 Photokina2018をレポート。
IBC2018 IBC2018
オランダ・アムステルダムで開催された欧州最大の映像・放送の展示会IBC2018をレポート。

トップ > 特集 > [Digital Cinema Bülow V~CineGear 2016]Vol.04 Cine Gear Expoフォトレポート Part2〜気になる製品編〜