PRONEWS

  • imgABOUT
  • imgTWI
  • imgFB
  • imgYTU

トップ > 特集 > [InfoComm2016]Vol.01 あらゆる演出テクノロジーが一堂に会する展示会を巡る

News

[InfoComm2016]Vol.01 あらゆる演出テクノロジーが一堂に会する展示会を巡る

2016-06-23 掲載

NABではカバーしないオーディオ&ビジュアル専門展示会

InfoComm2016_01 会場はNABと同じくLVCCでの開催。ただしノースホールとセントラルホールの2つのホールのみ

infoCommは、主にディスプレイやサイネージ、プロジェクターなどのイベント系オーディオビジュアル機材+コンテンツ制作関係などの専門総合展示会だ。アメリカ東海岸のフロリダ州オーランド(ちょうど開催期間直後に銃乱射事件があったが!)と、ラスベガスを毎年交互に開催しており、今年はラスベガスでの開催となった。会場は、4月のNABの会場と同じくラスベガスコンベンションセンター(LVCC)。ただし、展示会の開催規模はNABの1/4程度といった感じで、ノースホールとセントラルホールの2ヵ所のみの展示だ。展示会は6月8日~10日の3日間で、その前の4日間は、200クラス以上のカンファレンスやセミナーやラボと呼ばれる研究会や勉強会などが盛んに行われていた。

InfoComm2016_11 InfoCommのメインスポンサーでもあるSAMSUNGはショップディスプレイ街中のサイネージを中心に最も大きなブースを展示

展示出展のカテゴライズとしては、オーディオ、デジタルサイネージ、ユニファイド・コミュニケーション&コラボレーション(テレビ&ウェブビデオ会議等)、ライブイベント、ビデオおよび映像、コントロールシステム&ソフトウェア、電子システム(セキュリティカメラ等)、アクセサリーとなっており、来場参加者のうち7、8割がこうしたシステムを構築するシステムエンジニアやシステムインテグレーターなどの、IT系技術者もしくはイベント関係などのコーディネーター、テクニカルスタッフやラインプロデューサーなどが占めるという。一般人向けのイベントではなく、あくまでそうした技術関係者向けのイベントのため、専門的な勉強会やセミナーなども数多く開催されていた。今回は映像制作後の送出、上映、サイネージなどいつもとは違うスタンスのレポートをお送りする。

InfoComm2016_03 ブラックマジックデザインも大きなブースで出展。今回はオール同社機材で構成した小型中継車を展示

「infoComm16」と題された今年の展示会は、約1,000社の出展(新規出展は112社)、38,833名の登録来場者数を数えているが、これでも一時期より減ったようだ。過去、中国資本等のLEDプロジェクターなどが世界的に流行った頃は、出展社も来場者もそれらのムーブメントに乗った形でかなりの隆盛を極めたようだが、ここ数年はその流れも落ち着きこの分野を牽引しているSAMSUNG、LGなどの韓国企業や、日本のソニーやキヤノン、パナソニック、エプソン、カシオ、日立、東芝などの電気系メーカー各社、そしてNABでもおなじみのブラックマジックデザイン、Matrox、AJA、ATOMOSなどの映像系主要メーカーも軒を連ねている。

InfoComm2016_02 今年の話題の中心はなんといってもソニーのCLEDIS。これまでのLEDとは一線を画す高精細で高輝度な画質に来場客の誰もがくぎ付けに

今年の目玉はなんといっても、ソニーがこのinfoCommで世界初披露した、新たに開発した微細なLED素子を敷き詰めて画面表面のブラックが占める割合を99%以上に高め、高精細高画質を実現した新型ディスプレイシステム「CLEDIS(クレディス)」。144枚のユニットを継ぎ目なく張り合わせて8K×2K(横9.7m×縦2.7m)の大型パネルの美しさ、高精細さに会場でも大きな話題を呼んだ(詳細記事はVol.2へ)。

InfoComm2016_04 超高感度のキヤノンME20F-SHの兄弟機種で、スーパー35mmセンサー仕様のME200S-SH(日本未発売)が、CN-E18-80mm T4.4 L IS KAS Sとともに監視用カメラ仕様で出品 InfoComm2016_05 キヤノンも4Kレーザープロジェクターを参考出品

そのほか、キヤノンが4Kプロジェクターの参考出品と、日本未発売の高感度マルチパーパスカメラ「ME200S-SH」を最新のEFシネマレンズのコンパクトサーボレンズ「CN-E 18-80m L IS KAS S」との組み合わせで展示。ME200S-SHは、ISO400万を超える超高感度カメラとしてすでに多くの放送局などにも納入されているME20F-SHの下位機種にあたり、20Fが35mmフルサイズセンサー搭載なのに対して、200SはフルHD収録(最高60pまで)ながら、スーパー35mm/APS-Cサイズセンサーを搭載、感度もISO204800までと標準的なカメラになっており、筐体は20Fと同寸の102×116×113mmのキューブ型。EFマウント(ロックタイプ)でデュアルピクセルCMOS AFやCanon Logも搭載している。価格も米ドルで$5,999(約625,000円)とお手頃な値段なのだが、どういうわけか日本国内だけが発表・発売が無く、検討中とのこと。

InfoComm2016_06 ランプ式プロジェクターと違うレーザープロジェクターの利点は機材自体の傾きが変えられること。パナソニックブースではプロジェクター自体を360°回転させるデモが行われていた

プロジェクター市場では世界でNo.1の市場(約35%程度)を持つパナソニックは、最新のコンパクト4Kレーザープロジェクター「PT-RQ32KU」を披露。最大27,000lmの明るさを実現し、解像度も5120×3200と広域対応。

InfoComm2016_07 LGの薄型両面表示のハイブリッドパネル、デュアルビューフラットOLED

また、LGが厚さわずか8.94mm、55インチサイズの表裏両面OLEDディスプレイ「Dual View Flat OLED」を発表するなど、最新のディスプレイ関係の展示に多くの注目が集まった。またNABでは解体してしまったサウンド/オーディオ関連が、このinfoCommではイベント向け、ステージ向けなどの分野で比較的大きな面積の展示が成されている。さらにはここでもドローンとVRに関心が高いようで、専用コーナーが各所に設けられていた。2017年度のinfoComm17は、2017年6月10日~16日にフロリダ州オーランドのthe Orange County Convention Centerで開催予定だ。

InfoComm2016_08 カシオのブースでは、Lampfree(=レーザー)とともにMade in JAPANを大きくアピールして製品展示を展開 InfoComm2016_09 照明機材コーナーでも照明とLEDパネルのハイブリッドな機材を展示。AYRTON Digital LightingのDREAMPANEL TWINはライティング面とLED表示パネル面のハイブリッドパネルが回転するユニーク仕様の照明機材 InfoComm2016_10 InfoCommでもドローンとVR系の展示が盛んに行われていた InfoComm2016_13 プロジェクターでは大きな市場を持つCHRISTIEは、上からのレーザーによるプロジェクションマッピングでアイスホッケーのコートを再現。スタッフも全員自分の名前が入ったユニフォームを着用し、ブース全体がホッケーの試合会場になっているなど、演出も凝っていた InfoComm2016_14 オーディオ関係はワイヤレスで盛り上がっているという。ゼンハイザーの最新ワイヤレスコンパクトスピーカーは、持ち運び用の専用ケースがバッテリーチャージャーにもなるというオシャレな仕様
txt:石川幸宏 / 猪川知紀(編集部) 構成:編集部
[InfoComm2016] Vol.02

[ Category : , ]
[ DATE : 2016-06-23 ]
[ TAG : ]

この記事に関連する記事一覧

[InfoComm2016]Vol.02 新時代のディスプレイ表現の世界〜CELDISの魅力

txt:石川幸宏 構成:編集部 ソニーがR&Dで温めてきた、新たなディスプレイ技術「CLEDIS(クレディス)」とは? 先述の通り、今年のinfoComm16で、最も注... 続きを読む

特集記事

inside DaVinci 14 inside DaVinci 14
4月に行われたNAB2017にて発表となったDaVinci Resolve 14を紹介。
SIGGRAPH2016 How to Media Composer | First
Avid Media Composerのインターフェースを誰でも無料で使えるAvid Media Composer | Firstのセットアップ方法や、使い勝手を解説していく。
QBEE2016 BIRTV 2017
中国・北京で開催されたアジア地区ではInterBEEと並ぶ大規模な放送機器展 BIRTVをレポート。
SIGGRAPH2017 SIGGRAPH2017
世界最大のコンピュータグラフィックスとインタラクティブ技術の学会・展示会SIGGRAPH2017ををレポート。
THE ROAD TO VR THE ROAD TO VR
幅広いジャンルで活用されているVRが、いかに普及、どのように進化していくのかを考える。
Digital Cinema Bülow VI~CineGear 2017 Digital Cinema Bülow VI~CineGear 2017
米国ハリウッドで開催された映画撮影機材の専門展示会 Cine Gear Expoをレポート。
QBEE2017 QBEE2017
九州放送機器展(QBEE)をいつもの会場練り歩き方式でレポート。
After Beat NAB SHOW 2017 After Beat NAB SHOW 2017
東京秋葉原のUDXにおいて開催されたAfterNABshowで今年のNABの総括を考える。
NAB2017 NAB2017
米国ネバダ州ラスベガスにて開催される世界最大の放送機器展覧会 2017 NAB Showをレポート。
SXSW2017 SXSW2017
米国テキサス州オースティンで開催された、SXSW(The South by Southwest:サウス・バイ・サウスウエスト)をレポート。
CP+2017 CP+2017
カメラと写真の総合展示会、CP+2017をレポート。
CES2017 CES2017
世界最大の国際家電見本市、2017 International CESをレポート。
PRONEWS AWARD 2016 PRONEWS AWARD 2016
2016年は映像業界にとってどのような年だったのか。PRONEWS AWARDで部門ごとに振り返る。
Inter BEE 2016 Inter BEE 2016
千葉幕張メッセにて開催されるInterBEE2016をレポート。
InterBEE2016の歩き方 InterBEE2016の歩き方
目的に合わせたブースをピックアップし、最小限の力で最大の効果が得られる最強の「Inter BEE 2016の歩き方」を紹介。
Photokina2016 Photokina2016
2年に一度催される、世界最大のカメラ関連の展示会“Photokina(フォトキナ)”をレポート。

トップ > 特集 > [InfoComm2016]Vol.01 あらゆる演出テクノロジーが一堂に会する展示会を巡る