PRONEWS

  • imgABOUT
  • imgTWI
  • imgFB
  • imgYTU
  • imgInstagram
  1. トップ
  2.  > 
  3. 特集
  4.  > 
  5. [QBEE2016]Vol.02 九州放送機器展開催〜歩けば見つける注目の製品たち!
News

[QBEE2016]Vol.02 九州放送機器展開催〜歩けば見つける注目の製品たち!

2016-07-25 掲載

txt/movie:MonkeyHills(岡英史&猿田守一) 構成:編集部

キヤノン

QBEE2016_05972 QBEE2016_05970

キヤノンブースはAfter NAB及び関西放送機器展とほぼ同じ様な展示だ。面白い試みとして2台のHDカメラにHDレンズと4Kレンズを装着しその詳細さを比較していた。こらはHDカメラが出始めた頃にSDレンズとHDレンズとの比較をしていたのと全く同じ手法で、今回もやはり4Kレンズを装着したカメラの方が解像度はレンズ1枚分クリアに見える感じだ。

QBEE2016_05974

また既にコラムでも紹介したが、EFマウントのENGレンズであるCN-E18-80mm T4.4L IS KAS Sレンズの展示も当然の様に鎮座。このレンズはまだデモ機が確立されていないが、筆者的には購入も考えており非常に興味があるもの。秋口にはデモ機材も出て来るそうなので今から楽しみなレンズだ。

QBEE2016_05976

ブース去り際にふと気づくと見慣れないカメラ&RIGが。良く見ると小型のマルチパーパスカメラにHDCAM系のVFを取り付けた物を展示。これが中々良く出来ており、実際に担いで見たがそのバランスは思った以上に良く、モンキーヒルズでも太鼓判を押すもの。このセットは良い意味でキヤノンらしくない面白いカメラシステムだ。

QBEE2016_05978

ソニー

此方も初お目見え機種として先月リリースがあったばかりの最新機種、デュアルバンドワイヤレスレシーバーURX-P03Dと4KショルダーカメラであるZ450(仮称)の2つが大きい。デュアルバンダーは従来のURXシングルバンダーと前面から見る限りはほとんど同じ大きさが特徴だ。この筐体の小ささはZ150との組み合わせでしばらくはデジロケの定番になるのでは?Z450はまだまだブラッシュアップ中なので全ての機能が見れた訳では、PXWの流れを汲む筐体デザインはソニーユーザーなら何の違和感も無くオペレートできるはず。気になる予価はまだ何ともわからないが300~350万円前後になるのか?!

QBEE2016_05934 QBEE2016_05929

ブラックマジックデザイン

NAB ShowやInterBEEでは大きいブースを構える同社も、QBEEはコンパクトに出展。組み込み系の基盤や超ミニコンバーターは驚きの1万円を切る価格。モニター兼キャプチャーデバイスのVideo Assistも4K版が登場。他にもURSA Miniをスタジオカメラとして使える7inchビューファーの展示が目に付いた。いつも話題に欠かないメーカーである。

QBEE2016_05917 QBEE2016_05918 QBEE2016_05919

ATOMOS

ATOMOS OSのアップデートによりHDRでの運用がより実用的になった。少し前のリリースにアナログ音声入出力の訂正があったが、それ以外は特に大きな変更は無い。SHOGUN INFERNOは勿論九州初上陸である。

QBEE2016_05909

朋栄

相変わらず安心できる堅実なシステムを作りこんでくるメーカーだが、今回はニュースキャスター向けのシステムを前面に展示。ソフトウェアで自社のSWをもコントロールし従来なら複数人でしなければならなかった事をワンマンオペレートでこなすことが出来る。これは中々言葉での説明が難しいので是非動画で確認して貰いたい。

QBEE2016_05914 QBEE2016_05916

ローランド

最近イマイチ元気の無かった感じがするローランドもようやく多機能スイッチャーであるV-1200HDRの実機を展示。同社初のセパレート型スイッチャーには2つの大きなモニターが特徴の専用コントロールパネルが用意される。全てのアサインやセッティングはこのタッチパネルLCDモニターで制御でき、尚且つ映像表示も可能なので小さな現場での使い勝手は良い。

QBEE2016_05948 QBEE2016_05949

アイ・ディー・エクス

VマウントバッテリーDUOシリーズの新商品を展示。従来の物より容量アップしたDUO-C190とDUO-C95の展示。特徴的なDタップは従来の1個から2個に増え、USB5V出力も装備。Dタップに関しては将来充電も出来るハイブリッとタイプが装備された。また見通し距離で2kmと言う長距離伝送が可能なCW-F25も展示。その性能は筆者のコラムを参考にして頂きたい。

QBEE2016_05942 QBEE2016_05943 QBEE2016_05945

AJA

NAB Showで発表され、出る出る言われていた小型カメラRovoCamの展示を筆頭に、Ki Pro Ultraの収録部分をE-SATAコネクターを使い、外部のSSD等の記録媒体に直接書き込めるアダプターの展示等を積極的に行っていた。

ケンコープロフェショナルイメージング(KPI)

昨年のInterBEEで評判の良かったスタビライザーWenPodのフルラインナップをメインに展示。その中の3-axisモデルに乗っていたα7Sに見慣れないレンズが装着していた。まだ国内未発表のもので今回は参考出品扱い。EマウントとM4/3マウントの2種類があり、短焦点レンズのみを中心に展示が行われた。価格的には各々15万円前後を予定で、InterBEEでは正式発表が出るとの事。

QBEE2016_05963 QBEE2016_05961 QBEE2016_05962

総評

会場自体はInterBEEの1つ分のホール位のサイズだが、地方展示会としては上手くまとまっている感がある九州放送機器展。今年は特に学生や若手の来場者が多く目立った。また予想していた通りに既存製品が多い中QBEEが初お目見えとなる製品が展示してあるブースも少ないながらある。九州は東京からだと遠く感じるが、早割りのチケットを手配出来れば実は大阪に行くよりも安く行ける。意外な目玉が隠れている同展示会、来年も楽しみにしたい。

txt/movie:MonkeyHills(岡英史&猿田守一) 構成:編集部


◀︎Vol.01 [QBEE2016]

[ Category : , ]
[ DATE : 2016-07-25 ]
[ TAG : ]

この記事に関連する記事一覧

CES2021_06

[CES2021]Vol.06 ALL DIGITALのCES2021で感じたこれからのビジネスコンベンションの行方

txt:江口靖二 構成:編集部 「CES2021 IS ALL DIGITAL」ということで、CES2021は紆余曲折を経て最終的に完全オンライン開催となった。こうした環境下... 続きを読む

[CES2021]Vol.05 インフラとしての責任を表明したTechGiantsとテクノロジーの未来とは

txt:平野陽子(大広) 構成:編集部 CES2021は全てオンラインで開催したことは周知の通りだ。そのテクノロジーパートナーとしてて支えたのがMicrosoftだ。そう今回... 続きを読む

CES2021_04_LG_top

[CES2021]Vol.04 元気になる「LG Future Talk」がオススメ!

txt:江口靖二 構成:編集部 LGがイメージするニューノーマルの世界観とは CES2020において、LGはプレスカンファレンスに加えてCES Spotlight Se... 続きを読む

Verizon_CES_keynote

[CES2021]Vol.03 5Gが映像業界を後押し、最高のエンターテインメントを生む

txt:平野陽子(大広) 構成:編集部 オール・デジタルで始まったCES2021 その年の重要なテクノロジートレンドを体現する企業が務めるKeynoteトップバッタ... 続きを読む

[CES2021]Vol.02 今年のテックトレンドとは?〜CTA’s 2021 Tech Trends to Watch解剖

txt:西村真里子 構成:編集部 手探りのCES2021はどうなるのか? オール・デジタルのCESが開幕した。CESツイッターアカウントもこのデジタル化の波を楽しむかの... 続きを読む

[CES2021]Vol.01 見本市の恐竜CESは絶滅を免れることができるのか?〜開催直前事前案内

txt:西村真里子・猪蔵 構成:編集部 「現実」を見つめるチカラが試される2021年 CES2020基調講演の会場から 毎年年始、新年の浮かれ気分にプラス... 続きを読む

[CES2020]Vol.11 Crystal LEDとAtom Viewで実現するヴァーチャルセット最前線~まさにリアルを超える?!

txt:西村真里子・猪蔵・編集部 構成:編集部 リアルとバーチャルの境目がなくなる影像制作 CES 2020はそれまでのCESの歴史から大きくシフトを宣言している年であ... 続きを読む

[CES2020]Vol.10 テレビ局が不在でも完全に8Kが主流のCES2020

txt:江口靖二 構成:編集部 CES 2020の主流が「8K」となった理由 CES 2020では完全に8Kが主流である。グローバルで市場を牽引する中国とアメリカでは、... 続きを読む

[CES2020]Vol.09 「次の10年のエンターテインメント・プラットフォーム」とは?〜モバイル向け動画配信サービスQuibiスタート直前

txt:加藤薫(博報堂DYメディアパートナーズ) 構成:編集部 モバイル向けストリーミングサービス「Quibi」とは? 生活を変えるテクノロジーのショーケースとして... 続きを読む

特集記事

Virtual Production Field Guide Virtual Production Field Guide
国内のバーチャルプロダクションの展開と、映像制作ワークフローへの影響について紹介
CP+2021 CP+2021
オンライン開催のCP+2021で発表された新製品をレポート。
新世紀シネマレンズ漂流:NewTrend 2021編 新世紀シネマレンズ漂流:NewTrend 2021編
2020年末から2021年に発売されたレンズ新製品をピックアップする。
映像基礎講座 映像基礎講座 Episode 2
2020年8月に公開された特集「映像基礎講座」続編。引き続き映像の基本や基礎知識を学ぶ。
CES2021 CES2021
オールデジタルのオンライン開催となったCES2021をレポートする。
年末イッキ読み! 年末イッキ読み!
2020年に話題になった製品の特集やコラム記事をまとめて振り返る。
PRONEWS AWARD 2020 PRONEWS AWARD 2020
激動の1年となった2020年の映像業界を、PRONEWS編集部が総括する。
2020年11月特集:[再現:Inter BEE 2020]-Web Trade Show- 再現:Inter BEE 2020-Web Trade Show-
11月18日(水)からオンライン開催されるInterBEEを解説する。
Inter BEE 2019 ぼくらのEDIUS X
約3年ぶりのメジャーバージョンアップとなる「EDIUS X」の魅力を紹介。
InterBEE 2019の歩き方 Broadcast & Cinema EXPO 2020
映像制作者、映像業界関係者向け情報イベント配信番組。
ATEM WORLD ATEM WORLD
ラインナップ充実のATEM Miniシリーズの選び方や使いこなしをご紹介。
SIGGRAPH2020 SIGGRAPH2020
オンライン開催されたVFXの祭典・SIGGRAPH2020をレポート。
映像基礎講座 映像基礎講座
映像の基本や基礎知識を学ぶ。映像制作初心者はもちろん、熟練者ももう一度初心に立ち返ろう。
	
Shoot with Vlog cam Shoot with Vlog cam
個人の動画ブログ「Vlog」が隆盛するいま、Vlog用カメラを通して映像を撮ることを数回にわたり考える。
Camera Preview 2020 Camera Preview 2020 Part II
2019年から2020年春にかけて発表された話題の新製品やカメラシステムを紹介。
  1. トップ
  2.  > 
  3. 特集
  4.  > 
  5. [QBEE2016]Vol.02 九州放送機器展開催〜歩けば見つける注目の製品たち!