PRONEWS

  • imgABOUT
  • imgTWI
  • imgFB
  • imgYTU

トップ > 特集 > [SIGGRAPH2016]Vol.01 CGの祭典SIGGRAPH2016開催!

News

[SIGGRAPH2016]Vol.01 CGの祭典SIGGRAPH2016開催!

2016-08-03 掲載

会場となったアナハイムコンベンションセンター
txt:安藤幸央 構成:編集部

VR映像が大流行り。SIGGRAPHはより多角的な展開へ。まずはCAFの紹介

SIGGRAPH(シーグラフ)は世界最大のコンピュータグラフィックスとインタラクティブ技術に関する学会・展示会である。第43回となるSIGGRAPH 2016が7月24日から28日の5日間、米国アナハイムコンベンションセンターで開催された。アナハイムでのSIGGRAPHは、2013年に開催されて以来となる。1万4000人を超える参加者を73ヶ国から迎え、発表者の数も総勢1760名という情報量、展示量も膨大なカンファレンスであった。昨年から予兆はあったが、今年は特にVR関係の勢いがあり、新しいハードウェア、最新の研究、工夫をこらしたコンテンツといい、会場のあちこちでVRの話題が広がっていた。

それでは初代ディズニーランドの地でもあるアナハイムより、まずコンピュータアニメーションフェスティバル(以下:CAF)から紹介しよう。

今年のCAFでは、昨年までのカテゴリ分けと若干異ることとなった。「BREAK IT DOWN」という映像のメイキングにまつわるもの「THE ARCADE」というゲーム映像にまつわるもの「>DEMOSCENE_」という少しふざけた表記の、サイズの小さな映像生成プログラムであるデモシーンにまつわるもの「WINNDER’S CIRCLE」という過去7年間からのCAF受賞作品の再上映という4種類の分類だ。CAF入賞作の中からよりすぐりの作品が毎晩上映されるElectronic Theaterでは、そのうち25作品が2時間にわたって上映された。上映には昨年に続きスポンサーであるクリスティデジタルの最高峰のプロジェクタ「CP4230」が用いられた。

毎年好例の、CAFの目玉となるPixarの短編作品上映は、愛らしい小鳥の小さな冒険を描いたAlan Barillaro 監督の「Piper」(注:笛を吹く人という意味)、さらに体の中の器官を独立したキャラクターとしてコミカルに描いたWalt Disney Animation Studiosの「Inner Workings」が、このSIGGRAPHで一般には初公開となり、会場でもおおいに拍手喝采を浴びていた。

「Piper」予告編

またCAFのカテゴリの中にはReal-Time Live!というゲーム映像や、VRなど、リアルタイムでCG映像を生成して活用するもの、Production Sessionsという映画やゲームのメイキングセッションもCAFの中に含まれる。その中でも大きな話題をさらったのは、Real-Time Live!の発表会場で「Best Real-Time Graphics and Interactivity賞」を受賞した「From Previs to Final in Five Minutes: A Breakthrough in Live Performance Capture(訳:ライブパフォーマンスキャプチャで現状突破。5分でプレビズから最終映像に)」であった。

SIGGRAPH会場でのReal-Time Cinematographyの実演と制作システムの解説 SIGGRAPH2016_P7271278 左画面が生成中の映像、右側の画面がフェイシャル+全身キャプチャ中の女優さんと、バーチャルカメラ用のリグを構えるカメラマン
映像制作を担当したNinja Theoryのサイトに、さらに詳しい解説あり

このリアルタイムデモストレーションはタイトル通り、たった5分間であらかじめ用意した試作/テスト用の簡易映像であれるプレビズを、ファイナルと呼ばれる最終品質の映像にしてしまうというもの。デモは、全身のモーションキャプチャーと顔全面のフェイシャルキャプチャと音声集録用の機材を装着した女優さんが1名、CG映像空間内でのカメラ撮影を担当するバーチャルカメラ用のリグをかかえたカメラマンが1名待機し、女優さんは1人で2役をこなすというものであった。

システム構築を担当したのはEpic Games、Ninja Theory、Cubic Motion、3Lateral Studio。映像生成には、高画質の汎用ゲームエンジンとして知られるUnreal Engine4が使われた。まず最初に1人目の演技をリアルタイムで集録し、声に加えて顔と体のモーションキャプチャのデータが、瞬時にCG映像内のキャラクタに反映する。その収録後の映像に追加する形で、2役目の動きも集録してしまうのだ。もちろん綿密な準備が必要で、事前準備には7週間かかったとのこと。技術的には現在の技術で充分可能であることは誰の頭でも理解できることなのだが、ほんとうに数分で高品質な映像がなんともスムーズに完成してしまい、会場からは賞賛の拍手喝采であった。

何も無いところで、顔中に照明を浴びながら迫真の演技を、それも役どころを変えながら何度も演技しなければいけない女優さんも大変であるし、小さなプレビュー画面で確認し、何も無い背景を想像しならが撮影しなければいけないバーチャルカメラのカメラマンも相当な習熟が必要と思われる。けれどもその苦労を払拭してしまうほどの、リアルタイム性の高い高品質の映像作成の手順をSIGGRAPH参加者は、まじまじと見せつけられたのであった。

Computer Animation Festival受賞作品

■Best in Show(最優秀賞)

作品名:Borrowed Time(アメリカ)
監督:Andrew Coats, Lou Hamou-Lhadj
公式サイト

荒野にたたずむ保安官の過去の悲しい出来事と、それを乗り越える想いを描いた作品。


■Jury’s Choice(審査員賞)

作品名:Cosmos Laundromat(オランダ)
監督:Ton Roosendaal
公式サイト

落ち込んだ羊と、奇妙なセールスマン、ベクターとの風変わりなストーリー。長編作品を作るためのパイロット版として作られた短編作品。この映像作品はBlenderという無料の3DCGソフトのコミュニティが主導の映像作品プロジェクトとして作られたもの。


■Best Student Project(優秀学生プロジェクト賞)

作品名:Crabe-Phare(フランス)
監督:Mengjung Yang, Gaëtan Borde, Benjamin Lebourgeois, Clarie Vandermeersch, Alendandre Veaux
公式Facebook

船舶をコレクションしている巨大で老齢なカニのお話し。フランスのアート系の学校ルビカの学生チームによる作品各種映像祭で多数の賞を受賞している。独得の色合いと、雰囲気を持った美しい作品。


■日本からのElectronic Theater上映作品

作品名:Tokyo Cosmo(日本)
監督:Takuya Okada(ストーリー、ストーリーボード)Takahiro Miyauchi(監督、CG)
公式サイト

東京で生活する一人暮らしの寂しいOLの日常と、その生活の中での妄想を描いた、コミカルなアニメーション作品。CGプロダクションに勤めるメンバーによる自主制作作品。

その他のCAF注目作品と、リアルタイムグラフィックス作品は、続くレポートで紹介する。

txt:安藤幸央 構成:編集部
[SIGGRAPH 2016] Vol.02

[ Category : , ]
[ DATE : 2016-08-03 ]
[ TAG : ]

この記事に関連する記事一覧

[SIGGRAPH2019]Vol.05 技術進歩で制作そのものが変化する。CG技術で進化する映像制作のワークフロー

txt:安藤幸央 構成:編集部 リアルな撮影、バーチャルな撮影 バーチャルスタジオでの撮影の様子。床面のみ実物で、砂や石ころが敷き詰められている 今年のSIGGR... 続きを読む

[SIGGRAPH2019]Vol.04 未来の表示装置と、リアルタイムCGの世界

txt:安藤幸央 構成:編集部 先端技術展示。未来的のディスプレイデバイスの紹介 最新技術の展示体験コーナー、レーザー描画の絵柄でお出迎え SIGGRAPHの... 続きを読む

[SIGGRAPH2019]Vol.03 最新鋭の映像機器、VR応用の最先端

txt:安藤幸央 構成:編集部 新しい映像配給チャネル、Netflixが考えるCG/VFXと、ストリーミングの勘所 SIGGRAPHのプロダクションセッションと言えば、... 続きを読む

[SIGGRAPH2019]Vol.02 生々しい制作の現場。プロダクションギャラリーで制作の現場に出会う

txt:安藤幸央 構成:編集部 CG/VFX制作の現場を知るプロダクションギャラリー SIGGRAPHの人気展示のひとつ、プロダクションギャラリーは2017年から企画が... 続きを読む

[SIGGRAPH2019]Vol.01 CGの祭典SIGGRAPH2019開催!今年のテーマは「THRIVE」

会場となったロサンジェルスコンベンションセンター txt:安藤幸央 構成:編集部 リアルタイムCGが映像制作の現場に。VR技術で映像制作の可能性が広がる現場 SIGG... 続きを読む

[SIGGRAPH2018]Vol.05 応用例が広がるCG/VFXの世界

txt:安藤幸央 構成:編集部 SIGGRAPH 2018全体を振り返る 展示会会場で大人気だったNVIDIAのレイトレーシングブース リーマンショッ... 続きを読む

[SIGGRAPH2018]Vol.04 業界における最先端のノウハウが共有できるSIGGRAPHの醍醐味

txt:安藤幸央 構成:編集部 担当者が制作過程を惜しげもなく公開。現場の苦労が聞けるプロダクションセッション プロダクションセッションは、Computer Anima... 続きを読む

[SIGGRAPH2018]Vol.03 現場で使われた小道具と衣装が集合。プロダクションギャラリーの見所

txt:安藤幸央 構成:編集部 VFX制作の現場を知るプロダクションギャラリー SIGGRAPHの人気展示のひとつ、プロダクションギャラリーは昨年から企画がスタート... 続きを読む

[SIGGRAPH2018]Vol.02 昨年以上のVR三昧。ハリウッド資本の流入と、新デバイスの発展

txt:安藤幸央 構成:編集部 特別なVR体験と、身近なVR体験へ キャプション:バーチャルカメラでVR空間を描いた仮想セットのカメラアングルを検討するスピルバーグ... 続きを読む

特集記事

CES2020 CES2020
米国ラスベガスで開催された世界最大の国際家電見本市 CES2020をレポート。
PRONEWS AWARD 2019 PRONEWS AWARD 2019
2019年は映像業界にとってどんな年だったのだろうか。PRONEWS AWARDで部門ごとに振り返る。
Inter BEE 2019 Inter BEE 2019
千葉幕張メッセにて開催される国際放送機器展“Inter BEE“をレポート。
InterBEE 2019の歩き方 InterBEE 2019の歩き方
今年もInterBEEの歩き方をジャンル別にピックアップし、6種類のコースを紹介。
Film Shooting Rhapsody Film Shooting Rhapsody
フィルム撮影の経験をしたい人に向けてフィルム撮影で必要な各種の工程について解説していく。
IBC2019 IBC2019
欧州最大の業務用映像・音響の専門展示会「IBC2019」をレポート。
新世紀シネマレンズ漂流 新世紀シネマレンズ漂流
シネマレンズを中心に一眼やミラーレスデジタルカメラの動画撮影機能と組み合わせて使われる交換レンズの最新動向を紹介する。
BIRTV2019 BIRTV2019
中国・北京の中国国際展覧中心で開催された展示会「BIRTV 2019」をレポート。
SIGGRAPH2019 SIGGRAPH2019
世界最大のコンピュータグラフィックスとインタラクティブ技術に関する学会・展示会SIGGRAPH2019をレポート。
QBEE2019 QBEE2019
九州放送機器展(QBEE)をいつもの会場練り歩き方式でレポート。
4K・8K映像技術展Report 4K・8K映像技術展Report
東京ビッグサイト青海展示棟にて開催された4K・8K映像技術などの最新技術が一堂に出展する「通信・放送Week2019」をレポート。
DSJ2019 DSJ2019
幕張メッセで開催された国内最大のデジタルサイネージの展示会「DSJ2019」をレポート。
Digital Cinema Bülow VIII~Cine Gear 2019 Digital Cinema Bülow VIII~Cine Gear 2019
米国ハリウッドのパラマウントスタジオ内で開催された映画撮影機材の専門展示会「Cine Gear Expo」をレポート。
After Beat NAB SHOW 2019 After Beat NAB SHOW 2019
東京・秋葉原のUDXにて開催されたAfter NAB Show 2019をレポート。
NAB2019 NAB2019
米国ネバダ州ラスベガスにて開催される世界最大の放送機器展覧会「NAB2019」をレポート。

トップ > 特集 > [SIGGRAPH2016]Vol.01 CGの祭典SIGGRAPH2016開催!