PRONEWS

  • imgABOUT
  • imgTWI
  • imgFB
  • imgYTU

トップ > 特集 > [IBC2016]Vol.03 トレンドウォッチ@IBC2016 Part02

News

[IBC2016]Vol.03 トレンドウォッチ@IBC2016 Part02

2016-09-20 掲載

txt:石川幸宏 構成:編集部

ライカ(CW Sonderoptic)

ibc2016_leica_01

ライカは、同社の名機Leica Mレンズにシネマ用のギアピッチの標準値である0.8M(モジュール)ギアを配し、実際にギアを装着したムービー撮影向けのレンズM 0.8 LENSESを5本発表した。ライカMマウントのスチル用レンズにシネマカメラ標準の0.8Mギアを装着したもの。さらにマウントアダプターでライカSL(Lマウント)や、ソニーのEマウント、FZマウントへの変換も可能。今回発表したレンズと販売予定価格は以下の通り。

  • Leica M 0.8 Summilux 21mm f/1.4(€7,500:約87万円)
  • Leica M 0.8 Summilux 24mm f/1.4(€7,400:約85万円)
  • Leica M 0.8 Summilux 28mm f/1.4(€5,900:約68万円)
  • Leica M 0.8 Summilux 35mm f/1.4(€5,300:約61万円)
  • Leica M 0.8 Noctilux 50mm f/0.95(€12,000:約138万円)
ibc2016_leica_02

CW Sonderopticはライカグループのシネマレンズ専門部隊。NABでもCW Sonderopticの本社もライカの本社があるWetzlar(ヴィッラー)市内のLeitz-Park(ライツパーク)内にある。日本国内ではSummilux-Cシリーズと同じく三友が販売。

アンジェニュー EZシリーズ

ibc2016_ange_ez-01

アンジェニューからは、マウント側の後玉レンズを交換することで、スーパー35mmとフルフレーム/ビスタビジョンのどちらのフォーマットにも対応可能な新システムを搭載した、ズームレンズシリーズ「Angenieux Type EZシリーズ」2本が発表された。

ibc2016_ange_ez_02

ユニークなのは、後玉レンズ交換方式の技術(Interchangeable Rear Optics IRO technology)を採用したことで、スーパー35mmのイメージサークル(最大30mm)とフルフレーム/ビスタビジョンフォーマット(最大46mm)に1本のレンズで自在に変更できることだ。簡単な道具のみでユーザー自身が10分ほどで交換が可能だという。

ibc2016_ange_ez_03

Type EZ-1は、ズーム比3倍の標準ズームレンズ。スーパー35mmフォーマットのカメラと組み合わせた際、焦点距離は30-90mm、開放値F1.9/T2。後玉群を交換することでレンズは対角46mmのイメージサークルをカバーし、45-135mm/T3となる(45-135mm F2.8/T3)。Type EZ-2は、ズーム比2.7倍の広角ズームレンズでスーパー35mmでは、焦点距離15-40mm、開放値F1.9/T2。後玉交換でフルフレームの場合、22-60mm、F2.8/T3。

マウント部もPL、EF、Eマウントに対応、発売時期はEZ-1が2017年の2~3月、EZ-2が6~7月頃を予定しており、レンタル製品というよりも個人にも所有して欲しいレンズというメーカー思惑から、EZ-1が$10,500(予定価格)、EZ-2が$13,500(予定価格)とかなり手頃な値段を想定している。

また特長として、あらゆるシネマカメラや一眼カメラと連携を取れるように、このレンズには全く電子的な部分が存在せず、ガラスと金属の塊という製品なのだ。カメラが変わってもレンズは長年使えるというユーザーメリットまでも考えた、完全な光学レンズであることも最近のシネマレンズとは全く違うこだわりを感じる。

ibc2016_ange_mikami 三上泰彦氏

実はEZシリーズは、日本のアンジェニュー代表/タレスジャパン株式会社 VP CINEMA/TV BISINESS DEVELOPMENT & ASIAN OPERATION 三上泰彦氏の発案とプロデュースによるもの。同氏は元ソニーでシネマカメラ設計等に関わっていた人物でもあり、アンジェニュー社に移ってすぐ、スーパー35mmセンサーのカメラが次々と出てくる中で全てイメージサークルが異なり、さらにカメラのリプレースやトレンドの変化も激しく、スピードブースターなどの製品が出てきたことなどから、EZシリーズの仕組みを発案したという。また同レンズの設計自体は完全にフランス本社で行われたが、レンズの製造は日本国内で行われるという。

現在では、レンズ設計に関するソフトウェアも非常に良く出来ているため、基本となる数値さえ入れてしまえば何百というパターンの設計も簡単に出来てしまうが、最終的にそこからどういう結果がベストかを選び出すには、やはり人間の判断が必要となる。その何百という光学設計パターンの中からこれという逸品を選び出すセンスにおいて、やはりアンジェニュー社がこれまで培ってきた歴史ならではのセンスは抜群で、逆に日本は決まった設計を緻密かつ正確に作り上げる技術を持つ。その2つが合わさった、まさに日仏混血の秀逸なシネマレンズが誕生したようだ。

富士フイルム

ibc2016_fujix-t2_01

同社初となる、本格4Kムービーが撮影可能なXシリーズの最高峰カメラ「X-T2」に、4K対応のFUJINON XK6×20 20-120mm/T3.5を装着。モニターレコーダーにはATOMOS NINJA FLAMEを装備した、まさに4Kムービー撮影スタイルのX-T2が、動画系の展示会に初お目見えした。

ibc2016_fuji_x-t2-02

X-T2では誰もが気になっている、過去の富士フイルムの名フィルムルックを再現する“フィルムシュミレーション機能”について、やはり海外の多くのカメラファンからも注目されており、ブースも1台のみの地味な展示だったにも関わらず、見入る客が絶えなかったようだ。

ibc2016_fuji_x-t2-03

ソニー

ibc2016_sony18-110

ソニーからも、α7SやFS7、FS5のユーザー向けに新たに18-110mm F4のズームレンズが出展された。FS7発表時に同時発表された28-135mmレンズとほぼ同形、同デザインで、フライ・バイ・ワイヤ方式のフォーカスシステムを採用しマニュアルフォーカスにも対応している。また、ズームリングの回転方向も、下部のスイッチにより簡単に逆回転に変更も可能。IBC2016では今年12月の発売予定と発表しているが、日本における製品内容、発売時期についての詳細は未確定。

txt:石川幸宏 構成:編集部
Vol.02 [IBC 2016] Vol.04

[ Category : , ]
[ DATE : 2016-09-20 ]
[ TAG : ]

この記事に関連する記事一覧

[CES2018]Extra.01 停電のエレクトロニクスショーその時考える“電気”のこと

txt:小寺由子&編集部 / 構成:編集部 印象的だった今年のCES2018 1月12日に幕を閉じたCES2018。様々な余韻を残しながら、例年にない大きな変化が見られ... 続きを読む

[CES2018]Vol.07 大量中華ブースが繰り広げる「もうひとつのCES」〜真の主人公ここにあり

“DESGIN & SOURCE”と銘打たれた新設ブース。しかしその実態は…。大きさはほぼLVCCサウスホールと同じ規模面積。このテントの大きさを見るだけでも価値あり…。 txt... 続きを読む

[CES2018]Vol.06 制作・開発者目線から見たCES2018〜なぜ僕らはCESに足を向けるのか?

txt:清水幹太 編集部 /  構成:編集部 見方によって景色は大きく変わる これを書いている筆者は、普段はテクニカルディレクター及び開発者として様々な制作・開発プロジ... 続きを読む

[CES2018]Vol.05 気になるディスプレイ関連の注目ポイント

txt:江口靖二 / 編集部 構成:編集部 CES2018で気になったディスプレイ製品色々 サムスンのメディア向けカンファレンスで発表された「The Wall」 ... 続きを読む

[CES2018]Vol.04 CES2018で静かに盛り上がる「なんかいい」UX大系

txt:清水幹太  / 構成:編集部 直感的な“なんかいい”もの VRに人工知能、暗号通貨、あるいはAIスピーカー等々、最新技術の動向を色濃く投影するCESではある... 続きを読む

[CES2018]Vol.03 カメラコントロールボックスCCB-WD1で広がる映像の可能性

txt:小寺由子 編集部 / 構成:編集部 米国ラスベガスにおいて、恒例のCES2018が開催された。以前はその年の新製品や今後のコンセプトモデルなどが多数発表され、各社新製... 続きを読む

[CES2018]Vol.02 時代の潮目〜これからはモビリティが最上位概念であることを示したCES2018

txt:江口靖二 編集部 / 構成:編集部 CES2018のキーワードとは CESはご承知の通り、ここ数年テレビやデジタル家電だけの領域ではなく、IoTやAIなども含め... 続きを読む

[CES2018]Vol.01 混沌のCES開催〜“非接触性”の増加、未来のモビリティ提案

txt:西村真里子 編集部 / 構成:編集部 全く予想のつかないCES 今年のCESはいろんな意味で大いに荒れた。それは展示内容もそうだが、会期中珍しくラスベガ... 続きを読む

[BIRTV 2017]Day.03 常に新しいメディアであり続けられる中国のテレビ放送

txt:小寺信良 構成:編集部 北京取材も本日で3日目。最終日は明日だが、この日はもうブースをたたむメーカーも出てくるそうで、フルで取材できるのは本日が最後となる。国外企業が... 続きを読む

特集記事

CES2018 CES2018
米国ラスベガスで開催された世界最大の国際家電見本市 CES2018をレポート。
最新カメラ探訪2018 最新カメラ探訪2018
国内3大メーカーが世に問う「映像表現を進化させるプロダクト」とは?最新カメラ事情を紹介。
PRONEWS AWARD 2017 PRONEWS AWARD 2017
2017年は映像業界にとってどのような年だったのか。PRONEWS AWARDで部門ごとに振り返る。
Inter BEE 2017 Inter BEE 2017
千葉幕張メッセにて開催されるInterBEE2017をレポート。
InterBEE2017の歩き方 InterBEE2017の歩き方
目的に合わせたブースをピックアップし、最小限の力で最大の効果が得られる最強の「Inter BEE 2017の歩き方」を紹介。
inside DaVinci 14 inside DaVinci 14
4月に行われたNAB2017にて発表となったDaVinci Resolve 14を紹介。
SIGGRAPH2016 How to Media Composer | First
誰でも無料で使えるAvid Media Composer | Firstのセットアップ方法や、使い勝手を解説していく。
QBEE2016 BIRTV 2017
中国・北京で開催されたアジア地区ではInterBEEと並ぶ大規模な放送機器展 BIRTVをレポート。
SIGGRAPH2017 SIGGRAPH2017
世界最大のCGとインタラクティブ技術の学会・展示会SIGGRAPH2017をレポート。
THE ROAD TO VR THE ROAD TO VR
幅広いジャンルで活用されているVRが、いかに普及、どのように進化していくのかを考える。
Digital Cinema Bülow VI~CineGear 2017 Digital Cinema Bülow VI~CineGear 2017
米国ハリウッドで開催された映画撮影機材の専門展示会 Cine Gear Expoをレポート。
QBEE2017 QBEE2017
九州放送機器展(QBEE)をいつもの会場練り歩き方式でレポート。
After Beat NAB SHOW 2017 After Beat NAB SHOW 2017
東京秋葉原のUDXにおいて開催されたAfterNABshowで今年のNABの総括を考える。
NAB2017 NAB2017
米国ネバダ州ラスベガスにて開催される世界最大の放送機器展覧会 2017 NAB Showをレポート。
SXSW2017 SXSW2017
米国テキサス州オースティンで開催された、SXSWをレポート。

トップ > 特集 > [IBC2016]Vol.03 トレンドウォッチ@IBC2016 Part02