PRONEWS

  • imgABOUT
  • imgTWI
  • imgFB
  • imgYTU

トップ > 特集 > [IBC2016]Vol.05 トレンドウォッチ@IBC2016 Part04

News

[IBC2016]Vol.05 トレンドウォッチ@IBC2016 Part04

2016-09-23 掲載

txt:石川幸宏 構成:編集部

アドビ システムズ

ibc2016_adobe-01

今回のIBCでアドビ システムズ社は、Adobe Creative Cloud(CC)の次期バージョンアップに関して様々な機能拡張を発表。その概要について、アドビ システムズ プロフェッショナルビデオ&オーディオ シニアプロダクトマネージャーのパトリック J.パーマー氏に話を聞いた。

ibc2016_adobe-patrick パトリック J.パーマー氏
■チームプロジェクト
ibc2016_adobe-02

パーマー氏:このIBCでの発表は、“チームプロジェクト”が一番のテーマです。それはユーザー同士のコネクティングを強化できる機能です。複数人が同じプロジェクトで作業する場合、これまでは全てのメディアとプロジェクトファイルを送る必要がありましたが、Adobe CCを使うことによって逐一データを送らなくてもプロジェクトを共有することが出来るようになりました。

今回の“チームプロジェクト”を使って頂ければ、そうした共同作業がさらにスムーズになります。例えば一人がオンラインのメディアを持っていて、もう一人がプロキシメディア(ex.6月のアップデートで可能になった4K/8Kからの低解像度メディアのこと)を持っている場合、プロジェクトファイルを使って、お互いに行ったり来たりができるわけです。

ただ、これまでの共同作業という部分で問題だったのは“バージョン違い”というところでしたが、このチームプロジェクトではそれもサポートされています。また同じプロジェクト内で、同じ部分を二人の人が操作してしまうといった編集情報の競合が起きた時の問題を解決できるというのもポイントです。このようなチームプロジェクト機能が、Adobe CCでは標準でご利用頂けます。

このソフトのバージョニングやコンフリクトの解決の諸機能は、Adobe CCメンバーであれば次期バージョンアップにてご利用頂けます。またチームプロジェクト機能は、Premiere Proだけではなく、After EffectsやPreludeといった併用するアプリケーションとも全て共有できるようになっています。共有という部分ではテロップ等で使用されるグラフィックやテキストといった情報も含めて、プロジェクト内で共有できるようになります。

また個別の作業環境内におけるフォントの有無の問題もCCのタイプキットを使えば簡単に解決できます。このチームプロジェクトのもう一つの大きな利点は、Adobe CCをオフィスとモバイルPC等の2つのPCにインストールされている場合でも、2つの違うマシンでも同環境で作業が続けられるということもあります。

■Live Textテンプレート/オーディオ機能
ibc2016_adobe-03

パーマー氏:一年ほど前に新機能として入ったものですが、今回は機能を少し変更しています。例えばAfter Effectsでモーショングラフィックスを作って頂いたときに、今回のLive Textテンプレートを使うと一つのファイルの中にフォントやアニメーションなど全ての情報が入っていて、それをPremiere Proでも使用頂けます。例えばPremiere Proの方でテキスト情報のみを変更するということも可能で、その際にAfter Effectsで作ったモーショングラフィックス情報はそのまま維持しつつ、変更が可能です。

これは他の製品でも共通に行って来たテーマですが、要はワークフローをいかにシンプルにするか?というのが大きなポイントになっています。オーディオやカラーの部分でもそれは反映され、例えばAdobe Auditionで持っているノイズリダクションやコンプレッサー、イコライザーといった一部の機能をPremiere Proから直接操作できるようになりました。これらのこれまでAuditionでした提供していなかった機能もPremiere Proのオーディオ機能の中で操作することが可能になりました。

■After Effectsのパフォーマンスアップ

パーマー氏:After Effectsについては、今まで以上にパフォーマンス機能のアップという点を重視し、機能よりもスピード=パフォーマンスという点を強化しています。次期バージョンの中で大きな2つのポイントは、Cine Renderと呼ばれるCINEMA 4Dの3Dレンダリングエンジンの統合という部分です。今回CPUを使った高速な3Dレンダリングエンジンが搭載されるようになりました。もう一つのポイントはRAWメディア(ファイルをエフェクトを掛けないそのままの状態)でもPremiere Proと同様にリアルタイム再生が出来ます。

■HDR対応

パーマー氏:映像業界全体がHDR(ハイダイナミックレンジ)へ向かっている中で、HDRについてもHDRメタデータへの対応という新たな機能が装備されます。Premiere Proの次期アップデートでは、インポートされたHDRのデータを認識する事はもちろん、書き出しの部分でもエクスポートのデータにHDRデータを付加して書き出しということもできるようになっています。HDRはかなりテクニカルなものですが、ルメトリー(Premiere Proのカラーエフェクト)も強化され、セカンダリーでのカラーコレクションをより簡単にする機能強化が図られています。選択した特定の色成分の補正等が簡単にできます。

■360°VR機能の強化
ibc2016_adobe-04

パーマー氏:360°のVR機能についても強化しています。ビューワーでイクイレクタンギュラ(正距円筒図法=360°映像の全展開画面)のデータを表示してVRモードにする際に、以前は平面もしくはステレオ立体視のものであれば立体視の上下左右を選ぶ必要があったのですが、次期アップデートでは素材の映像を自動認識して平面視なのか立体視なのかを勝手に認識して、立体視のものであればVR表示機能がつくため作業が非常に早く行えます。

■キーボードショートカットの画面設定

パーマー氏:最後に最も重要なアップデートポイントとして、キーボードショートカットのカスタマイズ設定が画面でキーボードの図面を見ながら行えるようになりました!この機能は日本のユーザーから非常に要望が多かった機能です。

これらの次期バージョンへの機能アップデートは、2016年の後半を予定している。同社ブースではVR制作向けのセミナーなども開催され、多くの来場者が訪れるなど、終日まで賑わいを見せていた。

キヤノン

ibc2016_canon-01

IBCでは、他の展示会では見られない(!)ユニークな展示ディスプレイで毎回来場者を楽しませてくれるキヤノン。ここ数年Canon Europeでは、変わったスポーツを題材にカメラの機動性やAFスピード、描写力などをアピールしてきたが、今年のテーマは「München City Surf」。そう、ドイツ・ミュンヘンのアイスバッハで行われている街中のサーフィンだ。激流の川の流れに乗って海のない内陸地のミュンヘンでもサーフィンを楽しむ人たちがいる。このサーフショップをテーマに各ブース内のディスプレイが行われていた。

新製品は、先述のシネマカメラの最高峰機種EOS C700の発表を筆頭に、放送用レンズ、HDR対応ディスプレイ、小型カメラなど多岐にわたる新製品を展示。

ibc2016_canon-02

放送レンズでは、スポーツ中継等でグラウンドレベルから選手を広角で狙うための、ユーザー待望の同社初の4Kスタジオズームレンズ「UHD-DIGISUPER 27」が登場。2/3型センサー搭載の放送用カメラ向けのスタジオレンズで、焦点距離6.5~180mmの27倍の全ズーム域で4Kを超える高い光学性能を持ち、しかも従来のHDTV対応スタジオズームレンズと同等の大きさ・質量を抑えたズームレンズ。さらに、焦点距離を2倍に引き上げるエクステンダーをレンズ本体に内蔵、望遠端360mmまでの撮影領域でも4Kを超える描写性を持った高精細な映像撮影が可能だ。

HDR制作向けとして、昨年同様にMISTIKAを配したカラーグレーディングコーナーを設置。新発表の高輝度業務用4Kディスプレイの新機種、24型の「DP-V2420」と業界初となる17型「DP-V1710」を出展。DP-V2420は、HDR時代の各種方式に対応。ITU提唱の「ITU-R BT.2100-0」、キヤノンのデジタルシネマカメラの「Canon Log」「Canon Log2」「Canon Log3」などに対応。

ibc2016_canon-03 XC15

小型4Kカメラで、映画「シン・ゴジラ」の撮影にARRI ALEXAとともに使われたXC10。その後継機種となるXC15も発表された。XC10をベースに、XLR端子のマイクが使用可能になり、またEOS C300 Mark IIと同様の色合いを持つルック(映像表現選択モード)を追加。またウェーブフォームなども表示できる機能が追加されている。EOS C300 Mark IIなどシネマ系撮影のサブカメラとしても活用できる。XC15は9月下旬からの出荷予定。

ibc2016_canon-04 ibc2016_canon-05 txt:石川幸宏 構成:編集部
Vol.04 [IBC 2016] Vol.06

[ Category : , ]
[ DATE : 2016-09-23 ]
[ TAG : ]

この記事に関連する記事一覧

[BIRTV 2017]Day.03 常に新しいメディアであり続けられる中国のテレビ放送

txt:小寺信良 構成:編集部 北京取材も本日で3日目。最終日は明日だが、この日はもうブースをたたむメーカーも出てくるそうで、フルで取材できるのは本日が最後となる。国外企業が... 続きを読む

[BIRTV 2017]Day.02 ついにAU-EVA1の実働モデルが登場!Panasonic他

「AU-EVA1」を入念にチェックする岡カメラマン。詳しいレポートが期待できそうだtxt:小寺信良 構成:編集部 ついにAU-EVA1の実働モデルが登場! | Panason... 続きを読む

[BIRTV 2017]Day.01 中国企業に席巻!一味違う製品が一堂に揃うBIRTV

txt:小寺信良 構成:編集部 いい意味で期待を裏切られたBIRTV 8月23日から25日まで3日間の予定で、中国は北京で開催される映像機材展「BIRTV」を取材した。... 続きを読む

[BIRTV 2017]Day.00 アジア地区の大規模放送機器展の一つであるBIRTVに注目せよ!

機会があれば訪問するべし!近くて遠い中国 ダイナミックに躍進を続けるお隣中国。すでに頭打ちであると言われているが、破竹の勢いで経済成長を遂げ、今や世界第2位のGDPを誇る中国... 続きを読む

[Digital Cinema Bülow VI~CineGear 2017]Vol.02 ムービープロダクションの2017最新キーワード

Cine Gear Expoにおけるその他の展示から、2017年のムービープロダクションのキーワードを探ってみたい。 「画づくりの個性重視」 特にこのところのシネマレン... 続きを読む

[Digital Cinema Bülow VI~CineGear 2017]Vol.01 Cine Gear Expo 2017にみるムービープロダクションの最新キーワード

ハリウッドの中心で行われる機器展 6月初頭のハリウッドはすでに夏の気候。日本よりも乾燥しているので体感ではそれほど暑さを感じないものの、連日30℃位まで気温は上がり、強い直射... 続きを読む

[QBEE2017]Vol.02 九州放送機器展開催〜まだまだあるぞ注目の新製品

txt/movie:MonkeyHills(岡英史&猿田守一) 構成:編集部 SIGMA ここ数年の同社のスチルレンズ・ラインナップは目を見張るものがある。特に... 続きを読む

[QBEE2017]Vol.01 九州放送機器展開催〜おもしろい情報と製品が出揃うエキサイティングな展示

txt/movie:MonkeyHills(岡英史&猿田守一) 構成:編集部 モックや参考出品物が実機・β機種として展示されるQBEE 入り口のサインが看板からデジ... 続きを読む

[QBEE2017]Vol.00 今年も始まる九州放送機器展にかける思い!〜事前予習編

txt岡英史 構成:編集部 今年は暑いか?熱いか? 7月と言えば、この時期最後の放送機器展示会が九州放送機器展(以下:QBEE)である。毎年はるばるQBEEを訪ねるのは... 続きを読む

特集記事

inside DaVinci 14 inside DaVinci 14
4月に行われたNAB2017にて発表となったDaVinci Resolve 14を紹介。
SIGGRAPH2016 How to Media Composer | First
Avid Media Composerのインターフェースを誰でも無料で使えるAvid Media Composer | Firstのセットアップ方法や、使い勝手を解説していく。
QBEE2016 BIRTV 2017
中国・北京で開催されたアジア地区ではInterBEEと並ぶ大規模な放送機器展 BIRTVをレポート。
SIGGRAPH2017 SIGGRAPH2017
世界最大のコンピュータグラフィックスとインタラクティブ技術の学会・展示会SIGGRAPH2017ををレポート。
THE ROAD TO VR THE ROAD TO VR
幅広いジャンルで活用されているVRが、いかに普及、どのように進化していくのかを考える。
Digital Cinema Bülow VI~CineGear 2017 Digital Cinema Bülow VI~CineGear 2017
米国ハリウッドで開催された映画撮影機材の専門展示会 Cine Gear Expoをレポート。
QBEE2017 QBEE2017
九州放送機器展(QBEE)をいつもの会場練り歩き方式でレポート。
After Beat NAB SHOW 2017 After Beat NAB SHOW 2017
東京秋葉原のUDXにおいて開催されたAfterNABshowで今年のNABの総括を考える。
NAB2017 NAB2017
米国ネバダ州ラスベガスにて開催される世界最大の放送機器展覧会 2017 NAB Showをレポート。
SXSW2017 SXSW2017
米国テキサス州オースティンで開催された、SXSW(The South by Southwest:サウス・バイ・サウスウエスト)をレポート。
CP+2017 CP+2017
カメラと写真の総合展示会、CP+2017をレポート。
CES2017 CES2017
世界最大の国際家電見本市、2017 International CESをレポート。
PRONEWS AWARD 2016 PRONEWS AWARD 2016
2016年は映像業界にとってどのような年だったのか。PRONEWS AWARDで部門ごとに振り返る。
Inter BEE 2016 Inter BEE 2016
千葉幕張メッセにて開催されるInterBEE2016をレポート。
InterBEE2016の歩き方 InterBEE2016の歩き方
目的に合わせたブースをピックアップし、最小限の力で最大の効果が得られる最強の「Inter BEE 2016の歩き方」を紹介。
Photokina2016 Photokina2016
2年に一度催される、世界最大のカメラ関連の展示会“Photokina(フォトキナ)”をレポート。

トップ > 特集 > [IBC2016]Vol.05 トレンドウォッチ@IBC2016 Part04