PRONEWS

  • imgABOUT
  • imgTWI
  • imgFB
  • imgYTU

トップ > 特集 > [PRONEWS AWARD 2016]Vol.04 PRONEWS AWARD大賞 -2016年大晦日に思う事-

News

[PRONEWS AWARD 2016]Vol.04 PRONEWS AWARD大賞 -2016年大晦日に思う事-

2016-12-31 掲載

待望の2/3インチ、4Kカメラ、ソニーPXW-Z450が受賞!

毎年大晦日の恒例、いよいよPRONEWS AWARDの発表。2016年はカメラ仕様としての4K撮影機能がすでにスタンダード化した中で、さらに利便性、汎用性、そしてこれまでの操作性の継承が求められるようになってきた。その中で、過去のENGスタイルをそのまま踏襲した、2/3インチセンサー搭載、B4マウントレンズ対応というスタンダードは守りつつも、4K収録対応ができるカメラの登場は多くの放送局、業務用レンジのビデオカメラマンが待ち望んでいた。そして満を持して登場したのが今回のソニーPXW-Z450だ。

大賞
XDCAMメモリーカムコーダー PXW-Z450
ソニー
award2016_01_sony_pxw_z450_gold

4月のNABで発表されたXDCAMショルダーカムコーダーPXW-Z450は、業界初(2016年9月9日時点ソニー調べによる)となる新開発2/3型Exmor R CMOSイメージセンサーを搭載し、高品位な4K/HD撮影を実現。さらに放送局でのテレビ番組制作や報道制作現場で広く使われているB4マウントレンズに対応し、従来からのレンズ資産を活用できることは放送局やB4マウントレンズユーザーにとって大きなメリットとなる。

操作性については、スタンダードな形状も含めてこれまでのHDショルダーカムコーダーのデザインと操作性を継承し、普段の操作方法で4K撮影が可能となる。本体設計にも細かい配慮がなされており、軽量設計およびレンズ装着時の重心位置の最適化され、肩に担いだ状態で最適な重量バランスとなっている。

記録フォーマットにはXAVC Intra/Longフォーマットによる4K/59.94p収録が可能で、さらにHD収録で幅広く使用されているMPEG HD422、MPEG HDもサポートするマルチフォーマット収録ができ、4KとHDが混在するいまの現場においても費用対効果に優れた運用が可能だという。またネットワーク機能を内蔵し、ファイル転送やライブストリーミングなど、ネットワークを活用した最新のワークフローにも対応している。

さらに2017年度中のソフトウェアアップデートにより、4K/HD同時記録、SDIでの4K/59.94p出力への対応も予定。これは、NAB発表時点では4K60pの外部出力が不可能だったが、世界の放送局ユーザーから提言も多くあったようで、9月のIBC時点では収録と同時に後部出力端子部の改造により4K60p出力が可能となった。これまでの撮影操作リテラシーを継承しつつ、多くのカメラマンが望む4K撮影を放送・業務でスタンダード化する、この命題に真摯に向き合った姿勢を評価し、今回の大賞には各部門を越えて、このPXW-Z450を選出した。

2017年の展望

2016年の一年を振り返り眺望してみると、HDRや8K、また360°/VRといった先進技術に対応する製品も多く発表された。またNABで突然発表された、Lytro Cinema Cameraのような、未来を想像させる次世代映像制作の革命的なアイデア製品の登場も記憶に新しい。しかし多くのユーザーにとっては、これといった現実感が少ない製品、技術も多かったことも確かなようだ。

その反面、技術的には斬新ではなく発表自体も地味ではあったものの、4Kスタンダードの足下を踏み固めるような堅実な製品の発表もあり、現実的にはこれが多くのユーザーに支持され受け入れられた傾向もある。また2015年以前に発表されたカメラや周辺機器がようやく性能が安定し、本来の長所を活かしつつ普及しはじめた、というような「製品の熟成進化」というのも近年の著しい傾向だ。

果たして2017年の映像機器はどのような展開を見せるのか?昨年末に予想した展望がほぼ当たっていたように、ワンマンに近いオペレーション制作を安定して行えるスモールプロダクションの環境は今後も進化していくだろう。また解像度や様々なスペックよりもルックや画の雰囲気を作るカラーの個性といった方向は、シネマカメラ系を中心により追求されてくるはずだ。ドローンやジンバルなどの新たな周辺機器も地味ながらもその存在意義は定着したので、それぞれ進化し続けると思われる。

また来年注目なのは、大手メーカーのこの分野における事業体に大きな改変があることだ。ソニーがすでに映像音響分野の分社化を決定しているが、他の大手メーカーも何らかの変更・改変があるという。これによりハイエンドと言われる放送・映画分野のハイスペック製品と、ローエンド/コンシューマ製品がより緊密を増してくる傾向にあると思われ、このようなメーカー側の体質の改善進化によって、これまでとはまた違った技術進化と変革が行われることに期待したい。

PRONEWS 編集部


Vol.03 [PRONEWS AWARD 2016] Vol.00

[ Category : ]
[ DATE : 2016-12-31 ]
[ TAG : ]

この記事に関連する記事一覧

[PRONEWS AWARD 2016]Vol.03 映像業界を取り巻く周辺機器編

多岐にわたる周辺機器のこれから 4K放送もCSやネットなどを通じて開始されており、4K対応スタジオや中継車なども徐々に広がりを見せ始めている。カメラも初期の4Kカメラから2世... 続きを読む

[PRONEWS AWARD 2016]Vol.02 映像制作新領域を再考するプロスーマ・ネクストソリューション編

新たな撮影スタイルを実現する製品群が登場 映像制作の現場では、ますます多様性に富んだ撮影スタイルの変化と拡張が止まらない。性能・スペックという点では、一昨年あたりからの、小型... 続きを読む

[PRONEWS AWARD 2016]Vol.01 4K/8K時代の新領域カメラ編

運用性や収録システムとしての多様性に期待 4K/8Kは総務省のロードマップに従い規格の策定、民生機や放送機器の開発が行われ、着々と本放送に向けての準備が進んでいる。4Kの実用... 続きを読む

[PRONEWS AWARD 2016]Vol.00 映像業界の2016年を振り返ろう

年の瀬に振り返る映像業界の今と未来 年末恒例のPRONEWS AWARDの季節である。いよいよAWARDも今年で8回目を迎えた。毎度この年の瀬の時期に思うの事は、今年も映像業... 続きを読む

特集記事

inside DaVinci 14 inside DaVinci 14
4月に行われたNAB2017にて発表となったDaVinci Resolve 14を紹介。
SIGGRAPH2016 How to Media Composer | First
Avid Media Composerのインターフェースを誰でも無料で使えるAvid Media Composer | Firstのセットアップ方法や、使い勝手を解説していく。
QBEE2016 BIRTV 2017
中国・北京で開催されたアジア地区ではInterBEEと並ぶ大規模な放送機器展 BIRTVをレポート。
SIGGRAPH2017 SIGGRAPH2017
世界最大のコンピュータグラフィックスとインタラクティブ技術の学会・展示会SIGGRAPH2017ををレポート。
THE ROAD TO VR THE ROAD TO VR
幅広いジャンルで活用されているVRが、いかに普及、どのように進化していくのかを考える。
QBEE2017 QBEE2017
九州放送機器展(QBEE)をいつもの会場練り歩き方式でレポート。
After Beat NAB SHOW 2017 After Beat NAB SHOW 2017
東京秋葉原のUDXにおいて開催されたAfterNABshowで今年のNABの総括を考える。
NAB2017 NAB2017
米国ネバダ州ラスベガスにて開催される世界最大の放送機器展覧会 2017 NAB Showをレポート。
SXSW2017 SXSW2017
米国テキサス州オースティンで開催された、SXSW(The South by Southwest:サウス・バイ・サウスウエスト)をレポート。
CP+2017 CP+2017
カメラと写真の総合展示会、CP+2017をレポート。
CES2017 CES2017
世界最大の国際家電見本市、2017 International CESをレポート。
PRONEWS AWARD 2016 PRONEWS AWARD 2016
2016年は映像業界にとってどのような年だったのか。PRONEWS AWARDで部門ごとに振り返る。
Inter BEE 2016 Inter BEE 2016
千葉幕張メッセにて開催されるInterBEE2016をレポート。
InterBEE2016の歩き方 InterBEE2016の歩き方
目的に合わせたブースをピックアップし、最小限の力で最大の効果が得られる最強の「Inter BEE 2016の歩き方」を紹介。
Photokina2016 Photokina2016
2年に一度催される、世界最大のカメラ関連の展示会“Photokina(フォトキナ)”をレポート。

トップ > 特集 > [PRONEWS AWARD 2016]Vol.04 PRONEWS AWARD大賞 -2016年大晦日に思う事-