PRONEWS

  • imgABOUT
  • imgTWI
  • imgFB
  • imgYTU

トップ > 特集 > [CES2017]Vol.01 デジタルサイネージを身にまとう時代へ

News

[CES2017]Vol.01 デジタルサイネージを身にまとう時代へ

2017-01-10 掲載

txt:西村真里子 / 編集部 構成:編集部

世界最大規模に開催されるCESの多様性

01_ces_00

今年50周年目を迎えたInternational CES(Consumer Electronics Show)。1月5日から8日(米国現地時間)の4日間、17万人規模の来場者が世界から集まる世界最大の国際家電見本市が、米国ラスベガスで開催されている。事前に1月3日(米国現地時間)よりプレス向けカンファレンスや招待制イベントが2日間に渡り行われた。一世代前の家電やテレビがCESの主役だった時代から、自動運転を始めとする自動車メーカーの最新技術や、VR/AR、音声入力などの台頭が目立つようになったのが今年のCESの特徴だった。映像に関しては目新しい発表はあまり見られなかったのが正直な所だ。

そんな中でもCPUやディスプレイの軽量化、安価化に伴い“身にまとえるデジタルサイネージ”プロダクトも多く目にするようになった。身にまとうウェアラブルデバイスとしてスマートウォッチが登場したのはいまから2、3年前のCESからだが、それは生体データを取ることを目的にしていた。今年目にしたウェアラブルデバイス達は、純粋にサイネージとしての価値を示していた。ここでは身にまとうサイネージと題していくつか紹介して行こう。その他今回の特集は以下の通りである。

POP-I E Inkディスプレイでマイサイネージを

01_ces_02

Eインクディスプレイを革製バックパックに編み込み、自分だけのオリジナルバッグを作れる「POP-I」はカリフォルニア、サンタモニカのスタートアップだ。HD 10インチ×4.7インチのE Inkディスプレイに自分のお気に入りの写真をスマホ上から選んで、バックパックに瞬時に反映できる。ユースケースとして話されたのは自分のペットの写真を入れたり、お気に入りの写真を入れたりしてEインクディスプレイに反映させると愛着の湧くバックパックが出来上がるという。私は猫を飼っているのだが、確かに愛猫の写真はいつでもどこでも自慢したいので、背中に写真を背負いながら多くの人に愛猫を褒めてもらえるという親バカスピリッツをくすぐられる。

そして「あなたの猫ちゃん、可愛いですね」と話すキッカケとなり、コミュニケーションが生まれるデバイスとも考えられる。そして本題であるデジタルサイネージ活用を考えると、自社のサービス、プロダクトを文字通り“背負い”ながら、人通りの多い界隈を歩くことにより宣伝につながる。ニューヨーク在住のデザイナーと組んでつくったファッショナブルなデジタルサイネージ「POP-I」は新たなサイネージの可能性を提示している。

VINCI“Connected”な生活の中心にヘッドフォンを!

01_ces_03

「“Connected”な生活の中心にヘッドフォンを!」と、Inspero Inc.「VINCI」の説明員は語る。このデバイスは、音声認識搭載、16GB容量、ノイズキャンセリング、ワイヤレス、人工知能、しかもスマホ不要のヘッドフォン型コンピューターでもある。音楽を聞きながら、雨が降り出しそうな場合には「傘の準備が必要だよ!」と話しかけられ、目的地に向かう電車が遅延している場合には「別ルートを紹介します」とナビゲーションしてくれたり。ヘッドフォン型であるからこそとてもスマートな“Connected”体験を提供してくれる。

スマートフォンが顔の横についているようイメージしてもらえるといいのだが、このデジタルサイネージ上から発信するメッセージは身近な人にはとてもインパクトがある。特に日本では満員電車の中でこのヘッドフォンからメッセージが流れたら思わず目に止めてしまうだろう。

COSMOヘルメット後頭部もサイネージに!?

01_ces_04

車のリアウィンドウにメッセージを出すデモンストレーションは1、2年前のCESで紹介されていたが、フランスのスタートアップが今年紹介していたのは、バイクのヘルメット用サイネージだ。COSMO社が提供するアタッチメントはヘルメットの後ろにつけるだけでいつブレーキを踏んだのか?わかるような仕組みになっている。もちろん安全面を優先するのが目的だが、いままで活用されてなかったヘルメット後頭部もサイネージとして利用できそうな可能性を感じる。

SAY WEAR 1.5インチOLEDディスプレイに自分のメッセージを

01_ces_05

最後に紹介するのは1.5インチOLEDディスプレイに自分のメッセージを詰め込めるイスラエルのスタートアップ「SAY WEAR」だ。ソーシャルメディア上だけの発言ではなく、リアルな空間でも自分の主張を伝えられるようにと開発したのがこのデバイスだ。ネット上の人格とリアルな人格を使い分けたい人もいるかもしれないが、どうしても伝えたいメッセージがある場合はスマホ経由でこのペンダント型ディスプレイに表示をすることができるものである。

上記で紹介したバックパック型、ヘッドフォン型、ヘルメット型に比べると、より身近な人に見てもらうためのメディアなので、この場所をサイネージとして使うことにより影響力は大きくなる。例えば、「SAY WEAR」を身につけた人との会話の中で、このディスプレイ上からおすすめのラーメン屋などが表示されていたらコミュニケーション終了後にその店に向かってしまうかもしれない。勉強会やイベントが多いこのご時世では、イベント告知がさり気なくされていたら認知拡大にもつながるだろう。

ウェアラブルデバイスは生体データの入力装置から、デジタルサイネージ利用へと活用幅を広げている。小型、安価なデバイスが多いので、無料バラマキ型にして情報一斉配信する広告モデルにするのも面白いかもしれない。かつての広告塔たる“サンドイッチマン”はデジタルデバイスをまとって蘇りそうである。

txt:西村真里子 / 編集部 構成:編集部
[CES2017] Vol.02

[ Category : , ]
[ DATE : 2017-01-10 ]
[ TAG : ]

この記事に関連する記事一覧

[CES2020]Vol.11 Crystal LEDとAtom Viewで実現するヴァーチャルセット最前線~まさにリアルを超える?!

txt:西村真里子・猪蔵・編集部 構成:編集部 リアルとバーチャルの境目がなくなる影像制作 CES 2020はそれまでのCESの歴史から大きくシフトを宣言している年であ... 続きを読む

[CES2020]Vol.10 テレビ局が不在でも完全に8Kが主流のCES2020

txt:江口靖二 構成:編集部 CES 2020の主流が「8K」となった理由 CES 2020では完全に8Kが主流である。グローバルで市場を牽引する中国とアメリカでは、... 続きを読む

[CES2020]Vol.09 「次の10年のエンターテインメント・プラットフォーム」とは?〜モバイル向け動画配信サービスQuibiスタート直前

txt:加藤薫(博報堂DYメディアパートナーズ) 構成:編集部 モバイル向けストリーミングサービス「Quibi」とは? 生活を変えるテクノロジーのショーケースとして... 続きを読む

[CES2020]Vol.08 日常が“つながる”と意外なものがメディアになる?未来の生活を彩るものたち

txt:平野陽子 (大広) 構成:編集部 2020年1月7日~1月10日、米国ラスベガスにて「CES 2020」が開催された。すでに多くのメディアで語られているが、再度振り返... 続きを読む

[CES2020]Vol.07 人工人間、身体性が問われるテクノロジー「NEONプロジェクト」

txt:西村真里子 構成:編集部 CES 2020で注目のテクノロジー「NEON」とは CES 2020の日本のスタートアップが出展するEureka Parkに... 続きを読む

[CES2020]Vol.06 目の付け所がAIなプロダクトが続々登場〜会場から見えてくるAIプロダクト達

txt:江口靖二 構成:編集部 進化する画像センサーがより良い未来を作る サムスンの「Ballie」は目の付け所がサムスンなプロダクトだ。百聞は一見にしかず、サムス... 続きを読む

[CES2020]Vol.05 航空会社として初基調講演。デルタ航空が考えるイノベーション〜パラレル リアリティ ディスプレイ

txt:江口靖二 構成:編集部 航空会社として初めての基調講演 CESでのキーノートには、例年家電メーカーであったり、インテルやクアルコムのようなチップ系のメーカー、最近では自... 続きを読む

[CES2020]Vol.04 より多くの人を集めるために〜CESにおける「見せ方」と「ブランディング」効果とは?

Audiのブースは上からキラキラしたリボンが無数に装飾されており、否が応でも足を踏み入れたくなる txt:清水幹太 構成:編集部 来場者の気を引く“見せ方”は多種多様 ... 続きを読む

[CES2020]Vol.03 一般化を迎えたカテゴリーに花開く、味わい深いプロダクトたち〜展示会スタート

txt:清水幹太 / 編集部 構成:編集部 いよいよ展示会が始まる MediaDayが終わり、CES展示会場での展示がいよいよ始まった。CESの他の展示会と大きく違う点... 続きを読む

特集記事

Camera Preview 2020 Camera Preview 2020
2019年から2020年春にかけて発表された話題の新製品やカメラシステムを紹介。
AfterCOVID-19 映像業界サバイバル AfterCOVID-19 映像業界サバイバル
社会的危機となっている新型コロナウイルス拡大の状況を分析し、今何が起こり、何が必要で、その後に何が訪れるのかを考えてみる。
Film Shooting Rhapsody 上映編 Film Shooting Rhapsody 上映編
16mmフィルムトライアルルームの荒木泰晴氏によるフィルム特集第2弾。今回はフィルム現像から紹介する。
再現:NAB2020 再現:NAB2020
米国ラスベガスにて開催予定だった世界最大の放送機器展覧会 2020 NAB Showでお披露目される予定だった内容を再現していく。
Film Shooting Rhapsody Film Shooting Rhapsody
16mmフィルムトライアルルームの荒木泰晴氏によるフィルム特集第2弾。
再現:CP+2020 再現:CP+2020
開催中止となってしまったCP+2020をPRONEWS誌面上で再現して行く。
CES2020 CES2020
米国ラスベガスで開催された世界最大の国際家電見本市 CES2020をレポート。
PRONEWS AWARD 2019 PRONEWS AWARD 2019
2019年は映像業界にとってどんな年だったのだろうか。PRONEWS AWARDで部門ごとに振り返る。
Inter BEE 2019 Inter BEE 2019
千葉幕張メッセにて開催される国際放送機器展“Inter BEE“をレポート。
InterBEE 2019の歩き方 InterBEE 2019の歩き方
今年もInterBEEの歩き方をジャンル別にピックアップし、6種類のコースを紹介。
Film Shooting Rhapsody Film Shooting Rhapsody
フィルム撮影の経験をしたい人に向けてフィルム撮影で必要な各種の工程について解説していく。
IBC2019 IBC2019
欧州最大の業務用映像・音響の専門展示会「IBC2019」をレポート。
新世紀シネマレンズ漂流 新世紀シネマレンズ漂流
シネマレンズを中心に一眼やミラーレスデジタルカメラの動画撮影機能と組み合わせて使われる交換レンズの最新動向を紹介する。
BIRTV2019 BIRTV2019
中国・北京の中国国際展覧中心で開催された展示会「BIRTV 2019」をレポート。
SIGGRAPH2019 SIGGRAPH2019
世界最大のコンピュータグラフィックスとインタラクティブ技術に関する学会・展示会SIGGRAPH2019をレポート。

トップ > 特集 > [CES2017]Vol.01 デジタルサイネージを身にまとう時代へ