PRONEWS

  • imgABOUT
  • imgTWI
  • imgFB
  • imgYTU
  • imgInstagram
  1. トップ
  2.  > 
  3. 特集
  4.  > 
  5. [CES2017]Vol.02 今年のトレンドの一つの解答「VR」の意味とは?
Special

[CES2017]Vol.02 今年のトレンドの一つの解答「VR」の意味とは?

2017-01-10 掲載

txt:江口靖二 構成:編集部

CES2017、テレビを巡る空気感とは?

まずは今年のCESにおけるテレビ周りの状況を紹介したい。CESはコンシューマーベースの展示会であるので、放送業界、放送機器メーカーの思惑よりも、よりコンシューマーに近い状況がとてもよくわかる。

02ces_sony

テレビそのものに関して言うと、ソニーがついに4K OLEDの市場投入機を展示。確かにその筐体のデザイン性も含めて完成度は高いが、それ以上ではない。映像品質だけで言えば、4K HDRプロセッサー「X1 Extreme」や、薄型バックライト技術「Slim Backlight Drive+」を搭載したLCD機の画質向上が目覚ましい。プレスカンファレンスで平井CEOは今年も「KANDO(感動)」というキーワードを何回か口にした。それに匹敵するような画質ではあるかもしれないが、テレビを取り巻く時代の空気は、CES全体を通して見るとそこではないような気がしてならない。

02ces_06538 02ces_01514

パナソニックの展示の主役はここ数年を継承してエアラインやモビリティ(クルマ)、リテールといった完全にB2Bである。テレビに関してはやはり4K OLEDを展示したが、よく探さないとどこにあるのか気が付かないような展示だ。あくまでも4Kブルーレイプレイヤーとコンテンツのデモ表示装置という位置づけでしかない。これは製品に自信がないという話ではまったくなく、テレビというハードウェアそのものは主役ではないという話である。

02ces_6679

LGのOLED

韓国勢はLGだけがOLED TVを全面に打ち出しているが、「そうですか」といった印象。サムスンは例のバッテリー問題を引きずっているのかわからないが、重たい雰囲気が隠せず、かつてのようなスマートTVを全面的にプロモートしていた頃とは隔世の感すら感じる。

中国勢のTCL、Hisense、Haier、Skyworthはどれも広大なスペースを構えてはいるが、新しい提案はなく、技術的にもまだまだ日韓メーカーには追いつけていない。

どのメーカーにも共通して言えるのは、スマートTVを主軸においている会社がひとつもないということ。これはスマートテレビ=NetflixとAmazonというのが結局の結論だからだ。さて、ではトレンドは何なのか。それはVRである。と言うとたぶん誤解をされると思うので続きを読んでいただきたい。

さらに今年のトレンドを紐解く

Insta360 PROという製品を例に説明しよう。これは360映像をカメラ6台で最大8K(7680×3840)30fpsでHDRとRAWで撮影できる。また4K解像度ではなんと100fpsを達成している。さらにハードウェアによるリアルタイムスティッチング(合成)が可能で、USB経由にSSDなどをつなげば録画ができる。スティッチングはズレや遅延を発生させないためにあらかじめセットされたテンプレートによる合成パラメータではなく、オプティカルフロー、(見た目優先ということ)で合成している。今年の4月に3000ドルで発売される。詳しいスペックはこちらを見ていただくとして、最低限プロユースにも耐えられるスペックであろう。

02ces_01523

6台のカメラが配置されたInsta360 PRO

02ces_01521

リアルタイム出力された映像

この製品は3,000ドルで8Kカメラの登場という点も驚きであるが、4K/30fpsでライブ配信が可能だ。他にも同社のInsta360 Nano、GIROPTIC社のGiroptic iO、リコーのTHETA SやRなど、続々と360のライブに対応できる製品が登場してきた。写真や録画された360映像では足りない、リアリティやリアルタイムがこうした製品で壁を乗り越えていくのではないか。

壁というのは、マウスをグリグリ動かしたり、スマホの向きを変えたり、HMDを装着するといったような面倒くささを克服する決め手は、「今」であることだ。今しかないから、今この瞬間だから、こうしたVRの「R」の部分を補足し、カバーする。これらはソーシャルメディアにポストされ、もちろん後から見てもいいのだが、今を共有できるところがポイントであると考える。

Netflixなどに代表されるような完パケモノのライブラリー映像は、好きなときに完成度の高い作品を見られるという点で、従来の放送にはできない部分を一定数カバーしている。しかしこうした完パケモノの嘘くささというのが時代の空気感だ。今年はLINEライブが縦動画に移行する。これは大きな意味を持つ。縦以外のポジションがあり得ないスマホでのライブストリーミングが徐々に主流になり、数年後にはこうした360リアルタイム映像に拡大していくのではないだろうか。だがこれが従来の放送局の、将来の仕事なのかどうかはまだよくわからないが。

txt:江口靖二 構成:編集部


Vol.01 [CES2017] Vol.03

[ Category : , ]
[ DATE : 2017-01-10 ]
[ TAG : ]

この記事に関連する記事一覧

特集記事

GH world
正式に発表されたパナソニック「GH5 II」と「GH6」。実機やインタビューを通して、GHシリーズの今後の展開を占う。
Virtual Production Field Guide Season2
バーチャルプロダクション特集のSeason2。引き続き国内の最新の動向やワークフローを追う。
ARRI, my love
映画機材界の雄であるARRI。日本での販売拡大に注目されるARRIの歴史から実用例までフィーチャーする。
SXSW2021
3/16~20日にオンライン開催となった「SXSW2021」をレポートする。
Virtual Production Field Guide
国内のバーチャルプロダクションの展開と、映像制作ワークフローへの影響について紹介
CP+2021
オンライン開催のCP+2021で発表された新製品をレポート。
新世紀シネマレンズ漂流:NewTrend 2021編
2020年末から2021年に発売されたレンズ新製品をピックアップする。
映像基礎講座 Episode 2
2020年8月に公開された特集「映像基礎講座」続編。引き続き映像の基本や基礎知識を学ぶ。
CES2021
オールデジタルのオンライン開催となったCES2021をレポートする。
年末イッキ読み!
2020年に話題になった製品の特集やコラム記事をまとめて振り返る。
PRONEWS AWARD 2020
激動の1年となった2020年の映像業界を、PRONEWS編集部が総括する。
2020年11月特集:[再現:Inter BEE 2020]-Web Trade Show- 再現:Inter BEE 2020-Web Trade Show-
11月18日(水)からオンライン開催されるInterBEEを解説する。
Inter BEE 2019 ぼくらのEDIUS X
約3年ぶりのメジャーバージョンアップとなる「EDIUS X」の魅力を紹介。
InterBEE 2019の歩き方 Broadcast & Cinema EXPO 2020
映像制作者、映像業界関係者向け情報イベント配信番組。
ATEM WORLD ATEM WORLD
ラインナップ充実のATEM Miniシリーズの選び方や使いこなしをご紹介。
  1. トップ
  2.  > 
  3. 特集
  4.  > 
  5. [CES2017]Vol.02 今年のトレンドの一つの解答「VR」の意味とは?