PRONEWS

  • imgABOUT
  • imgTWI
  • imgFB
  • imgYTU

トップ > 特集 > [CES2017]Vol.03 LUMIX GH5は避けて通れない存在〜プロフェッショナルとコンシューマの間にあるもの

News

[CES2017]Vol.03 LUMIX GH5は避けて通れない存在〜プロフェッショナルとコンシューマの間にあるもの

2017-01-10 掲載

txt:小寺信良 構成:編集部

LUMIX GH5実機がいよいよ登場

今年も米国ラスベガスにて、CES2017が開幕した。コンシューマ向けのショーではあるが、プロ映像業界ではもはやコンシューマ機の動向も見逃せないものとなっている。そのため毎年取材に来ているわけだが、今回はプロ機と言っても過言ではないカメラが発表された。パナソニックGH5がそれである。元々GHシリーズは、Gシリーズの上位モデルとしてスタートしたが、GH3以降は動画機能を強化し、プロからも注目されるシリーズとなった。

今回のGH5のポイントは、なんと言っても4K/60P記録だろう。ご存じのように4K放送では60Pが基準となっているわけだが、プロ用カムコーダを除けば、多くのDSLRはまだ4K/30P止まりである。唯一キヤノンのEOS-1D X Mark IIがMotionJPEGによる60P記録を可能にしているが、ミラーレスではGH5が初めての対応となる。

gh5_6625

また4K/30P撮影でも、4:2:2/10bitでの撮影が可能だ。さらに今年夏のファームアップでは、400Mbpsにものぼるビットレートで、All-Intraによる撮影も可能になるという。GH5は今年3月頃の発売で、米国での価格は約2000ドル(ボディのみ)。まさにプロ待望のDSLRだと言えそうだ。ここではプロユーザーが気になるであろうポイントに絞って、報告しよう。

LUMIX GH5期待のスペックは?

2014年に発売されたGH4は、早いタイミングで4K撮影を可能にしたモデルだ。拡張ユニット「AG-YAGHG」を使えばHD-SDI×4で4K出力が可能だったが、GH5ではAG-YAGHGはサポートしない。その代わり本体のHDMI出力から4:2:2/10bit出力が可能なので、外部レコーダやモニターにはそれで出力する。現時点ではATOMOSのSHOGUN INFERNOが対応できるほぼ唯一の外部レコーダとなるだろう。なお4K/60P撮影では、Rec中は4:2:2/8bit出力になってしまうが、Recしなければ4:2:2/10bitの出力が可能だ。

gh5_01030 ATOMOSのSHOGUN INFERNOと組み合わせたGH5

AG-YAGHGではXLRの音声入力にも対応したが、GH5の場合は別途XLRマイクロフォンアダプタ「DMW-XLR1」が発売される。ホットシューに取り付けるアダプタで、カメラから電源を取るため、別途電源は不要だ。

gh5_01022 XLRアダプタのDMW-XLR1 gh5_01020 ホットシューから電源を取って動作する

これに入力された音声は、DMW-XLR1内部でAD変換され、96kHz/24bitのハイレゾデータで本体のSDカードにMOVフォーマットとして映像とともに記録される。元々フラッシュを使うための高電圧ラインの中を、ノイズレスで音声データを通すのに苦労したという。なおDMW-XLR1はGH5専用というわけではなく、今後発売される同社製カメラでも使用できるようになる見込みだ。

AC駆動については、別途ACアダプタとDCカプラーが必要になる点は、GH4と変わっていない。ただ拡張バッテリーとして、バッテリーグリップ「DMW-BGGH5」も発売される。DMW-BGGH5を使えば、内蔵バッテリーのみに比べるてほぼ2倍の動作時間を確保できる。

Wi-FiとBluetoothも新しくなった。Wi-Fiは新たに5GHzに対応し、IEEE802.11acまでサポートする。Wi-Fiは遠隔からのライブビューに有効だが、展示会などでは2.4GHz帯では混雑していて繋がらないことも多い。5GHz帯へ逃げるのは必然である。

Bluetoothは新たに4.2に対応し、スマートフォンのコントロールアプリとは常時接続が標準となる。スマホで受信したGPSデータをカメラに取り込んだり、リモート撮影もいちいち再接続する必要がない。またリモート優先に設定しておけば、カメラ側の電源スイッチがOFFの状態でもカメラを起動して撮影できる。USBも新たにUSB-Cタイプのコネクタを採用し、3.1対応となった。USB 3.1は、2015年と2016年発売のMacBookでUSB3.1 Gen1、2016年末に発売されたMacBook ProでGen 2が採用されている。転送レートはUSB 3.1 Gen 1で5Gbps、USB 3.1 Gen 2で10Gbpsとなる。

そのほかフォト向けの機能ではあるが、6K/30Pの撮影も可能だ。6Kで撮影しておき、4Kに切り出しといった使い方も模索してみると面白いかもしれない。ただし6KはコーデックがHEVCなので、いったん編集向けコーデックに変換する必要がある。まだ現時点ではスペックが明らかになったに過ぎないが、実機でどれぐらいの画質なのか、プロカメラマンの評価を待ちたい。

txt:小寺信良 構成:編集部
Vol.02 [CES2016] Vol.04

[ Category : , ]
[ DATE : 2017-01-10 ]
[ TAG : ]

この記事に関連する記事一覧

[CES2018]Extra.01 停電のエレクトロニクスショーその時考える“電気”のこと

txt:小寺由子&編集部 / 構成:編集部 印象的だった今年のCES2018 1月12日に幕を閉じたCES2018。様々な余韻を残しながら、例年にない大きな変化が見られ... 続きを読む

[CES2018]Vol.07 大量中華ブースが繰り広げる「もうひとつのCES」〜真の主人公ここにあり

“DESGIN & SOURCE”と銘打たれた新設ブース。しかしその実態は…。大きさはほぼLVCCサウスホールと同じ規模面積。このテントの大きさを見るだけでも価値あり…。 txt... 続きを読む

[CES2018]Vol.06 制作・開発者目線から見たCES2018〜なぜ僕らはCESに足を向けるのか?

txt:清水幹太 編集部 /  構成:編集部 見方によって景色は大きく変わる これを書いている筆者は、普段はテクニカルディレクター及び開発者として様々な制作・開発プロジ... 続きを読む

[CES2018]Vol.05 気になるディスプレイ関連の注目ポイント

txt:江口靖二 / 編集部 構成:編集部 CES2018で気になったディスプレイ製品色々 サムスンのメディア向けカンファレンスで発表された「The Wall」 ... 続きを読む

[CES2018]Vol.04 CES2018で静かに盛り上がる「なんかいい」UX大系

txt:清水幹太  / 構成:編集部 直感的な“なんかいい”もの VRに人工知能、暗号通貨、あるいはAIスピーカー等々、最新技術の動向を色濃く投影するCESではある... 続きを読む

[CES2018]Vol.03 カメラコントロールボックスCCB-WD1で広がる映像の可能性

txt:小寺由子 編集部 / 構成:編集部 米国ラスベガスにおいて、恒例のCES2018が開催された。以前はその年の新製品や今後のコンセプトモデルなどが多数発表され、各社新製... 続きを読む

[CES2018]Vol.02 時代の潮目〜これからはモビリティが最上位概念であることを示したCES2018

txt:江口靖二 編集部 / 構成:編集部 CES2018のキーワードとは CESはご承知の通り、ここ数年テレビやデジタル家電だけの領域ではなく、IoTやAIなども含め... 続きを読む

[CES2018]Vol.01 混沌のCES開催〜“非接触性”の増加、未来のモビリティ提案

txt:西村真里子 編集部 / 構成:編集部 全く予想のつかないCES 今年のCESはいろんな意味で大いに荒れた。それは展示内容もそうだが、会期中珍しくラスベガ... 続きを読む

[BIRTV 2017]Day.03 常に新しいメディアであり続けられる中国のテレビ放送

txt:小寺信良 構成:編集部 北京取材も本日で3日目。最終日は明日だが、この日はもうブースをたたむメーカーも出てくるそうで、フルで取材できるのは本日が最後となる。国外企業が... 続きを読む

特集記事

CES2018 CES2018
米国ラスベガスで開催された世界最大の国際家電見本市 CES2018をレポート。
最新カメラ探訪2018 最新カメラ探訪2018
国内3大メーカーが世に問う「映像表現を進化させるプロダクト」とは?最新カメラ事情を紹介。
PRONEWS AWARD 2017 PRONEWS AWARD 2017
2017年は映像業界にとってどのような年だったのか。PRONEWS AWARDで部門ごとに振り返る。
Inter BEE 2017 Inter BEE 2017
千葉幕張メッセにて開催されるInterBEE2017をレポート。
InterBEE2017の歩き方 InterBEE2017の歩き方
目的に合わせたブースをピックアップし、最小限の力で最大の効果が得られる最強の「Inter BEE 2017の歩き方」を紹介。
inside DaVinci 14 inside DaVinci 14
4月に行われたNAB2017にて発表となったDaVinci Resolve 14を紹介。
SIGGRAPH2016 How to Media Composer | First
誰でも無料で使えるAvid Media Composer | Firstのセットアップ方法や、使い勝手を解説していく。
QBEE2016 BIRTV 2017
中国・北京で開催されたアジア地区ではInterBEEと並ぶ大規模な放送機器展 BIRTVをレポート。
SIGGRAPH2017 SIGGRAPH2017
世界最大のCGとインタラクティブ技術の学会・展示会SIGGRAPH2017をレポート。
THE ROAD TO VR THE ROAD TO VR
幅広いジャンルで活用されているVRが、いかに普及、どのように進化していくのかを考える。
Digital Cinema Bülow VI~CineGear 2017 Digital Cinema Bülow VI~CineGear 2017
米国ハリウッドで開催された映画撮影機材の専門展示会 Cine Gear Expoをレポート。
QBEE2017 QBEE2017
九州放送機器展(QBEE)をいつもの会場練り歩き方式でレポート。
After Beat NAB SHOW 2017 After Beat NAB SHOW 2017
東京秋葉原のUDXにおいて開催されたAfterNABshowで今年のNABの総括を考える。
NAB2017 NAB2017
米国ネバダ州ラスベガスにて開催される世界最大の放送機器展覧会 2017 NAB Showをレポート。
SXSW2017 SXSW2017
米国テキサス州オースティンで開催された、SXSWをレポート。

トップ > 特集 > [CES2017]Vol.03 LUMIX GH5は避けて通れない存在〜プロフェッショナルとコンシューマの間にあるもの