PRONEWS

  • imgABOUT
  • imgTWI
  • imgFB
  • imgYTU
  • imgInstagram
  1. トップ
  2.  > 
  3. 特集
  4.  > 
  5. [CES2017]Vol.03 LUMIX GH5は避けて通れない存在〜プロフェッショナルとコンシューマの間にあるもの
Special

[CES2017]Vol.03 LUMIX GH5は避けて通れない存在〜プロフェッショナルとコンシューマの間にあるもの

2017-01-10 掲載

txt:小寺信良 構成:編集部

LUMIX GH5実機がいよいよ登場

今年も米国ラスベガスにて、CES2017が開幕した。コンシューマ向けのショーではあるが、プロ映像業界ではもはやコンシューマ機の動向も見逃せないものとなっている。そのため毎年取材に来ているわけだが、今回はプロ機と言っても過言ではないカメラが発表された。パナソニックGH5がそれである。元々GHシリーズは、Gシリーズの上位モデルとしてスタートしたが、GH3以降は動画機能を強化し、プロからも注目されるシリーズとなった。

今回のGH5のポイントは、なんと言っても4K/60P記録だろう。ご存じのように4K放送では60Pが基準となっているわけだが、プロ用カムコーダを除けば、多くのDSLRはまだ4K/30P止まりである。唯一キヤノンのEOS-1D X Mark IIがMotionJPEGによる60P記録を可能にしているが、ミラーレスではGH5が初めての対応となる。

gh5_6625

また4K/30P撮影でも、4:2:2/10bitでの撮影が可能だ。さらに今年夏のファームアップでは、400Mbpsにものぼるビットレートで、All-Intraによる撮影も可能になるという。GH5は今年3月頃の発売で、米国での価格は約2000ドル(ボディのみ)。まさにプロ待望のDSLRだと言えそうだ。ここではプロユーザーが気になるであろうポイントに絞って、報告しよう。

LUMIX GH5期待のスペックは?

2014年に発売されたGH4は、早いタイミングで4K撮影を可能にしたモデルだ。拡張ユニット「AG-YAGHG」を使えばHD-SDI×4で4K出力が可能だったが、GH5ではAG-YAGHGはサポートしない。その代わり本体のHDMI出力から4:2:2/10bit出力が可能なので、外部レコーダやモニターにはそれで出力する。現時点ではATOMOSのSHOGUN INFERNOが対応できるほぼ唯一の外部レコーダとなるだろう。なお4K/60P撮影では、Rec中は4:2:2/8bit出力になってしまうが、Recしなければ4:2:2/10bitの出力が可能だ。

gh5_01030

ATOMOSのSHOGUN INFERNOと組み合わせたGH5

AG-YAGHGではXLRの音声入力にも対応したが、GH5の場合は別途XLRマイクロフォンアダプタ「DMW-XLR1」が発売される。ホットシューに取り付けるアダプタで、カメラから電源を取るため、別途電源は不要だ。

gh5_01022

XLRアダプタのDMW-XLR1

gh5_01020

ホットシューから電源を取って動作する

これに入力された音声は、DMW-XLR1内部でAD変換され、96kHz/24bitのハイレゾデータで本体のSDカードにMOVフォーマットとして映像とともに記録される。元々フラッシュを使うための高電圧ラインの中を、ノイズレスで音声データを通すのに苦労したという。なおDMW-XLR1はGH5専用というわけではなく、今後発売される同社製カメラでも使用できるようになる見込みだ。

AC駆動については、別途ACアダプタとDCカプラーが必要になる点は、GH4と変わっていない。ただ拡張バッテリーとして、バッテリーグリップ「DMW-BGGH5」も発売される。DMW-BGGH5を使えば、内蔵バッテリーのみに比べるてほぼ2倍の動作時間を確保できる。

Wi-FiとBluetoothも新しくなった。Wi-Fiは新たに5GHzに対応し、IEEE802.11acまでサポートする。Wi-Fiは遠隔からのライブビューに有効だが、展示会などでは2.4GHz帯では混雑していて繋がらないことも多い。5GHz帯へ逃げるのは必然である。

Bluetoothは新たに4.2に対応し、スマートフォンのコントロールアプリとは常時接続が標準となる。スマホで受信したGPSデータをカメラに取り込んだり、リモート撮影もいちいち再接続する必要がない。またリモート優先に設定しておけば、カメラ側の電源スイッチがOFFの状態でもカメラを起動して撮影できる。USBも新たにUSB-Cタイプのコネクタを採用し、3.1対応となった。USB 3.1は、2015年と2016年発売のMacBookでUSB3.1 Gen1、2016年末に発売されたMacBook ProでGen 2が採用されている。転送レートはUSB 3.1 Gen 1で5Gbps、USB 3.1 Gen 2で10Gbpsとなる。

そのほかフォト向けの機能ではあるが、6K/30Pの撮影も可能だ。6Kで撮影しておき、4Kに切り出しといった使い方も模索してみると面白いかもしれない。ただし6KはコーデックがHEVCなので、いったん編集向けコーデックに変換する必要がある。まだ現時点ではスペックが明らかになったに過ぎないが、実機でどれぐらいの画質なのか、プロカメラマンの評価を待ちたい。

txt:小寺信良 構成:編集部


Vol.02 [CES2016] Vol.04

[ Category : , ]
[ DATE : 2017-01-10 ]
[ TAG : ]

この記事に関連する記事一覧

特集記事

ARRI, my love ARRI, my love
映画機材界の雄であるARRI。日本での販売拡大に注目されるARRIの歴史から実用例までフィーチャーする。
SXSW2021 SXSW2021
3/16~20日にオンライン開催となった「SXSW2021」をレポートする。
Virtual Production Field Guide Virtual Production Field Guide
国内のバーチャルプロダクションの展開と、映像制作ワークフローへの影響について紹介
CP+2021 CP+2021
オンライン開催のCP+2021で発表された新製品をレポート。
新世紀シネマレンズ漂流:NewTrend 2021編 新世紀シネマレンズ漂流:NewTrend 2021編
2020年末から2021年に発売されたレンズ新製品をピックアップする。
映像基礎講座 映像基礎講座 Episode 2
2020年8月に公開された特集「映像基礎講座」続編。引き続き映像の基本や基礎知識を学ぶ。
CES2021 CES2021
オールデジタルのオンライン開催となったCES2021をレポートする。
年末イッキ読み! 年末イッキ読み!
2020年に話題になった製品の特集やコラム記事をまとめて振り返る。
PRONEWS AWARD 2020 PRONEWS AWARD 2020
激動の1年となった2020年の映像業界を、PRONEWS編集部が総括する。
2020年11月特集:[再現:Inter BEE 2020]-Web Trade Show- 再現:Inter BEE 2020-Web Trade Show-
11月18日(水)からオンライン開催されるInterBEEを解説する。
Inter BEE 2019 ぼくらのEDIUS X
約3年ぶりのメジャーバージョンアップとなる「EDIUS X」の魅力を紹介。
InterBEE 2019の歩き方 Broadcast & Cinema EXPO 2020
映像制作者、映像業界関係者向け情報イベント配信番組。
ATEM WORLD ATEM WORLD
ラインナップ充実のATEM Miniシリーズの選び方や使いこなしをご紹介。
SIGGRAPH2020 SIGGRAPH2020
オンライン開催されたVFXの祭典・SIGGRAPH2020をレポート。
映像基礎講座 映像基礎講座
映像の基本や基礎知識を学ぶ。映像制作初心者はもちろん、熟練者ももう一度初心に立ち返ろう。
  1. トップ
  2.  > 
  3. 特集
  4.  > 
  5. [CES2017]Vol.03 LUMIX GH5は避けて通れない存在〜プロフェッショナルとコンシューマの間にあるもの