PRONEWS

  • imgABOUT
  • imgTWI
  • imgFB
  • imgYTU

トップ > 特集 > [CP+2017]キヤノンブース:ユーザーや用途に応じたソリューションを展示

News

[CP+2017]キヤノンブース:ユーザーや用途に応じたソリューションを展示

2017-02-27 掲載

昨年までの機種別展示から、撮影シチュエーションに合わせたテーマ別のブース構成となっており、風景・花/ポートレート・スナップ撮影ゾーン、乗物・動物・スポーツ撮影ゾーン、ENJOY!MOVIEゾーンなどのゾーンを設定したという。カメラの機種によっておのずとユーザーや被写体がある程度決まってくるので、一見して昨年との違いは分かりにくいが、ハンズオンコーナーの被写体やそれぞれのカメラで撮影した写真を展示するギャラリー、セミナーステージなどがそれぞれのゾーンに合わせた設定になっている。

ちなみにブース全体のテーマは「先進の“撮る・観る・つながる”で、楽しさをもっと。」となっており、カメラやプリンターのほか、ワイヤレスで撮影した写真をストレージするシステムなどを披露。ユーザーや用途に応じたきめ細かいソリューションを提案していた。

新製品は一眼レフカメラ「EOS 9000D」「EOS Kiss X9i」「EOS M6」、プレミアムコンパクトデジタルカメラ「PowerShot G9X MarkII」など。昨年に比べるとかなり数が少なくなっており、球数の減少もこうした出展構成の変更につながったのかもしれない。

キヤノンの8K映像ソリューションはカメラ、レンズ、モニターがあり、撮影に必要な主な機材を提供できる体制になっている。いずれもNABやInterBEEなどで参考出品されたもので、こうした展示会に出品することで製品化に向けたブラッシュアップを計っているようだ 参考出品されていた8K対応のカメラとレンズ。CINEMA EOS SYSTEMは文字通り映画製作を主な用途として開発されており、製品化も映画業界での8K制作の普及を狙っているようだが、放送業界ではNHKなどがすでに8Kによる番組制作をスタートしていることから、年内製品化を期待したい 参考出品の30型8K HDRディスプレイ。EOS 5Ds Rで撮影した8K HDRタイムラプス映像を上映していた CINEMA EOS SYSTEMのフラッグシップモデルEOS C700。デュアルピクセルCMOS AFや1~240fps(2K Crop記録時)までの可変フレームレート撮影に対応可能 Codex社のレコーダーCDX-36150を接続することで、最大120pの4K RAWが記録なほか、CANON Cinema RAW RMFファイルを出力できる 最大15Stopの広ダイナミックレンジを持つCanon Log 2や14Stopのダイナミックレンジと簡易なグレーディングが可能なCanon Log 3など複数のLogガンマを搭載 HDビデオカメラiVIS HF R82とiVIS HF R800。iVIS HF R72およびiVIS HF R700の後継機モデルで、光学32倍ズームレンズを搭載。回転軸・水平回転軸・縦回転軸・上下・左右の手ブレを補正するダイナミックモードを搭載しているほか、撮影中に任意のタイミングで映像の一部分を1/2倍速や2倍速で撮影することができる 新開発のセンサーを搭載することでAF速度と好感度化を実現したデジタル一眼レフカメラEOS 9000D。デュアルピクセルCMOS AFを採用しており、このクラスでは最速のAF動作を可能としているほか、常用ISO感度100~25600を達成。60pのフルハイビジョン撮影も可能 エントリーモデルながら優れた基本性能と多彩な機能を搭載したデジタル一眼レフカメラEOS Kiss X9i。デュアルピクセルCMOS AFやBluetoothによりスマホ側の操作で、カメラ内の画像をスマホで閲覧できるほか、白トビを抑えるHDR動画やフルハイビジョン60p記録も可能 約2420万画素CMOSセンサーを搭載し常用ISO感度100~25600を実現したミラーレスカメラEOS M6。写真はレンズやEVFがセットになった限定発売モデル 小型超音波モーター「ナノUSM」を搭載したズームレンズEF70-300mm F4-5.6 IS II USM。EFレンズでは初搭載となる液晶表示を備えており、撮影距離や焦点距離、F値のほかカメラとレンズの上下・左右方向の角度揺れ量の表示が可能

キヤノンブース 360°全天球動画

RICOH THETA Sで撮影した360°全天球動画です。視点変更機能を利用するにはPC版Google ChromeブラウザおよびiOS/Android版YouTubeアプリが必要です。(アプリ起動はこちら)

[ Category : , ]
[ DATE : 2017-02-27 ]
[ TAG : ]

この記事に関連する記事一覧

[InterBEE2017]キヤノンブース:自由視点映像生成システムによる3D映像の技術をはじめ4KやHDR対応のカメラを展示

キヤノンブース 360°全天球動画 RICOH THETA Vで撮影した360°全天球動画です。視点変更機能を利用するにはPC版Google Chromeブラウザおよ... 続きを読む

[NAB2017:Canon]EFシネマレンズ「CN-E70-200mm T4.4 L IS KAS S」や業務用ディスプレイ3機種のアップデートなどを展示

Canonブース動画 360°全天球動画 RICOH THETA Sで撮影した360°全天球動画です。視点変更機能を利用するにはPC版Google Ch... 続きを読む

[NAB2017]Canonブース(動画)

NAB2017のCanonブース動画です。 ... 続きを読む

[CP+2017]プロ向け動画エリア:デジタルシネマ系カメラやオーディオ製品など、各社ビデオ製品を展示

プロ向け動画エリアに変動アリ デジタル一眼による動画撮影が盛んになった数年前、CP+2013会場では初の試みとして「プロ向け動画エリア」を新設し、DSLRムービーはもちろん、... 続きを読む

[CP+2017]平和精機工業ブース:デジタル一眼と望遠レンズを組み合わせた展示。HFMPのタッチアンドトライコーナーも

以前は写真用の三脚も手掛けていた同社だが、ビデオ用の三脚に力を入れ始め、現在ではビデオ業界でLibecのブランド名を知らない人はいないほどだ。最近は三脚を中心にスライダーやビデオ用... 続きを読む

[CP+2017]Manfrottoブース:三脚やLEDライト、バッグなどを中心に、取扱いブランド製品も多数展示

マンフロットは、写真用三脚やビデオ用三脚のほか、LEDライト、バッグなど写真関係の機材を中心に、同社のもつGITZOやAvenger、Colorama、Lastoliteなどのブラ... 続きを読む

[CP+2017]Adobeブース:フォトグラファー向けツールLightroomやPhotoshopを展示

カメラがデジタル化され、カメラマンもフィルムからデジタルへ移行して久しいが、そうした業界でPhotoshopは一般に使われており、無くてはならないツールとなっている。CP+には毎年... 続きを読む

[CP+2017]銀一ブース:Really Right Stuff製品を国内初公開!ATOMOSレコーダーも各社カメラと組み合わせて展示

銀一は国内外の各種映像機材販売およびレンタルのほか、撮影スタジオ設計・施工、撮影、DTPシステムの販売など幅広く手掛けているが、同社のオリジナル輸入商品以外を取り扱うコーナーとして... 続きを読む

[CP+2017]ケンコー・トキナーブース:カメラ、レンズ、三脚などスチル製品が勢揃い

カメラやレンズのほか三脚やフィルターなど各種写真用品を総合的に扱っているケンコー/トキナーは今年も数多くの新製品を出展した。また、主にプロフェッショナル向けの商品を扱う関連会社KP... 続きを読む

特集記事

Inter BEE 2017 Inter BEE 2017
千葉幕張メッセにて開催されるInterBEE2017をレポート。
InterBEE2017の歩き方 InterBEE2017の歩き方
目的に合わせたブースをピックアップし、最小限の力で最大の効果が得られる最強の「Inter BEE 2017の歩き方」を紹介。
inside DaVinci 14 inside DaVinci 14
4月に行われたNAB2017にて発表となったDaVinci Resolve 14を紹介。
SIGGRAPH2016 How to Media Composer | First
誰でも無料で使えるAvid Media Composer | Firstのセットアップ方法や、使い勝手を解説していく。
QBEE2016 BIRTV 2017
中国・北京で開催されたアジア地区ではInterBEEと並ぶ大規模な放送機器展 BIRTVをレポート。
SIGGRAPH2017 SIGGRAPH2017
世界最大のCGとインタラクティブ技術の学会・展示会SIGGRAPH2017をレポート。
THE ROAD TO VR THE ROAD TO VR
幅広いジャンルで活用されているVRが、いかに普及、どのように進化していくのかを考える。
Digital Cinema Bülow VI~CineGear 2017 Digital Cinema Bülow VI~CineGear 2017
米国ハリウッドで開催された映画撮影機材の専門展示会 Cine Gear Expoをレポート。
QBEE2017 QBEE2017
九州放送機器展(QBEE)をいつもの会場練り歩き方式でレポート。
After Beat NAB SHOW 2017 After Beat NAB SHOW 2017
東京秋葉原のUDXにおいて開催されたAfterNABshowで今年のNABの総括を考える。
NAB2017 NAB2017
米国ネバダ州ラスベガスにて開催される世界最大の放送機器展覧会 2017 NAB Showをレポート。
SXSW2017 SXSW2017
米国テキサス州オースティンで開催された、SXSWをレポート。
CP+2017 CP+2017
カメラと写真の総合展示会、CP+2017をレポート。
CES2017 CES2017
世界最大の国際家電見本市、2017 International CESをレポート。
PRONEWS AWARD 2016 PRONEWS AWARD 2016
2016年は映像業界にとってどのような年だったのか。PRONEWS AWARDで部門ごとに振り返る。

トップ > 特集 > [CP+2017]キヤノンブース:ユーザーや用途に応じたソリューションを展示