PRONEWS

  • imgABOUT
  • imgTWI
  • imgFB
  • imgYTU

トップ > 特集 > [CP+2017]富士フイルムブース:GFX 50Sなどの新製品を展示。参考出品のシネマカメラ用レンズ「MKレンズ」にも注目!

News

[CP+2017]富士フイルムブース:GFX 50Sなどの新製品を展示。参考出品のシネマカメラ用レンズ「MKレンズ」にも注目!

2017-02-27 掲載

富士フイルムは、Xシリーズ最新モデルや、中判ミラーレスデジタルカメラとそのレンズ、インスタントカメラのチェキシリーズといったカメラのほか、カメラやレンズの貸し出しサービスや同社のXシリーズカメラで撮影した写真の無料プリントサービスおよびスマートフォンで撮影した写真を真四角にプリントするサービスなどをブース内で展開した。

フィルムの自動現像システムからプリントシステムまで、同社は以前から大きなシェアをもっており、デジタルカメラのファイルからプリントするシステムやサービスも行っている。今回はこうしたサービスに真四角にプリントするという新たなサービスを開始して無料プリントサービスを行い、一般への認知を進めようということらしい。

今回新製品として出展されたカメラは、中判ミラーレスデジタルカメラ GFX 50SとXシリーズの最新モデルX-Pro2グラファイトエディション、X-T2グラファイトシルバーエディションやX-T20、X100F。また、インスタントカメラチェキの参考出品も数機種披露した。ほかにもスマートフォンで撮影した写真をワイヤレスで伝送プリントできるinstax SHARE SP-2や各種専用フィルムなどを展示したほか中でも注目は、参考出展されたシネマコーナーのデジタルシネマ用ズームレンズFUJINON MK18-55mm T2.9だ。

デジタルシネマコーナーでは同社のデジタル一眼レフカメラX-T2による動画撮影システムや参考出展のXマウントデジタルシネマ用レンズ2本および開発中のレンズが出展された 参考出展のスーパー35対応フジノンシネマ用ズームレンズMK18-55mm T2.9。本体重量は約980gと軽量ボディとなっている 参考出展のスーパー35対応フジノンシネマ用ズームレンズMK50-135mm T2.9。Eマウントタイプは開発中 デジタル一眼レフカメラX-T2。センサーにベイヤー配列ではない粒子が不規則に並ぶ銀塩フィルムの構造からヒントを得た独自のX-Trans CMOSセンサーを採用。これによりモアレや偽色を防ぐ光学ローパスフィルターを排除し、高い解像感と低ノイズを実現 Xシリーズの最新モデルX-Pro2。光学式のファインダーと電子ファインダーを融合したアドバンストハイブリッドマルチビューファインダーを搭載。1/8000秒メカニカルシャッターやフィルムシミュレーションACROS、圧縮RAWなどの機能を備えている X100F。レンジファインダー式カメラのようなデザインを採用しており、操作も直感的なアナログ操作が可能。1/32000秒の超高速電子シャッターや59.94p/50p/29.97p/25p/24p/23.98pの6パターンのフルHDの動画撮影がで可能 様々なカラーバリエーションや機能をもつインスタントカメラチェキシリーズ

富士フイルムブース 360°全天球動画

RICOH THETA Sで撮影した360°全天球動画です。視点変更機能を利用するにはPC版Google ChromeブラウザおよびiOS/Android版YouTubeアプリが必要です。(アプリ起動はこちら)

[ Category : , ]
[ DATE : 2017-02-27 ]
[ TAG : ]

この記事に関連する記事一覧

[NAB2017:富士フイルム]MKレンズシリーズが登場!スタジオ撮影用レンズや放送用ズームレンズも展示

富士フイルムブース動画 360°全天球動画 RICOH THETA Sで撮影した360°全天球動画です。視点変更機能を利用するにはPC版Goog... 続きを読む

[NAB2017]ナブブラリVol.07(動画)

NAB2017の会場で気になったところをぶらぶらしながらレポートするコーナー。富士フイルムブース、カナレブース、アンジェニューブース、カールツァイスブース、EARTECブースからお... 続きを読む

[NAB2017]富士フイルムブース(動画)

NAB2017の富士フイルムブース動画です。 ... 続きを読む

[CP+2017]プロ向け動画エリア:デジタルシネマ系カメラやオーディオ製品など、各社ビデオ製品を展示

プロ向け動画エリアに変動アリ デジタル一眼による動画撮影が盛んになった数年前、CP+2013会場では初の試みとして「プロ向け動画エリア」を新設し、DSLRムービーはもちろん、... 続きを読む

[CP+2017]平和精機工業ブース:デジタル一眼と望遠レンズを組み合わせた展示。HFMPのタッチアンドトライコーナーも

以前は写真用の三脚も手掛けていた同社だが、ビデオ用の三脚に力を入れ始め、現在ではビデオ業界でLibecのブランド名を知らない人はいないほどだ。最近は三脚を中心にスライダーやビデオ用... 続きを読む

[CP+2017]Manfrottoブース:三脚やLEDライト、バッグなどを中心に、取扱いブランド製品も多数展示

マンフロットは、写真用三脚やビデオ用三脚のほか、LEDライト、バッグなど写真関係の機材を中心に、同社のもつGITZOやAvenger、Colorama、Lastoliteなどのブラ... 続きを読む

[CP+2017]Adobeブース:フォトグラファー向けツールLightroomやPhotoshopを展示

カメラがデジタル化され、カメラマンもフィルムからデジタルへ移行して久しいが、そうした業界でPhotoshopは一般に使われており、無くてはならないツールとなっている。CP+には毎年... 続きを読む

[CP+2017]銀一ブース:Really Right Stuff製品を国内初公開!ATOMOSレコーダーも各社カメラと組み合わせて展示

銀一は国内外の各種映像機材販売およびレンタルのほか、撮影スタジオ設計・施工、撮影、DTPシステムの販売など幅広く手掛けているが、同社のオリジナル輸入商品以外を取り扱うコーナーとして... 続きを読む

[CP+2017]ケンコー・トキナーブース:カメラ、レンズ、三脚などスチル製品が勢揃い

カメラやレンズのほか三脚やフィルターなど各種写真用品を総合的に扱っているケンコー/トキナーは今年も数多くの新製品を出展した。また、主にプロフェッショナル向けの商品を扱う関連会社KP... 続きを読む

特集記事

inside DaVinci 14 inside DaVinci 14
4月に行われたNAB2017にて発表となったDaVinci Resolve 14を紹介。
SIGGRAPH2016 How to Media Composer | First
Avid Media Composerのインターフェースを誰でも無料で使えるAvid Media Composer | Firstのセットアップ方法や、使い勝手を解説していく。
QBEE2016 BIRTV 2017
中国・北京で開催されたアジア地区ではInterBEEと並ぶ大規模な放送機器展 BIRTVをレポート。
SIGGRAPH2017 SIGGRAPH2017
世界最大のコンピュータグラフィックスとインタラクティブ技術の学会・展示会SIGGRAPH2017ををレポート。
THE ROAD TO VR THE ROAD TO VR
幅広いジャンルで活用されているVRが、いかに普及、どのように進化していくのかを考える。
QBEE2017 QBEE2017
九州放送機器展(QBEE)をいつもの会場練り歩き方式でレポート。
After Beat NAB SHOW 2017 After Beat NAB SHOW 2017
東京秋葉原のUDXにおいて開催されたAfterNABshowで今年のNABの総括を考える。
NAB2017 NAB2017
米国ネバダ州ラスベガスにて開催される世界最大の放送機器展覧会 2017 NAB Showをレポート。
SXSW2017 SXSW2017
米国テキサス州オースティンで開催された、SXSW(The South by Southwest:サウス・バイ・サウスウエスト)をレポート。
CP+2017 CP+2017
カメラと写真の総合展示会、CP+2017をレポート。
CES2017 CES2017
世界最大の国際家電見本市、2017 International CESをレポート。
PRONEWS AWARD 2016 PRONEWS AWARD 2016
2016年は映像業界にとってどのような年だったのか。PRONEWS AWARDで部門ごとに振り返る。
Inter BEE 2016 Inter BEE 2016
千葉幕張メッセにて開催されるInterBEE2016をレポート。
InterBEE2016の歩き方 InterBEE2016の歩き方
目的に合わせたブースをピックアップし、最小限の力で最大の効果が得られる最強の「Inter BEE 2016の歩き方」を紹介。
Photokina2016 Photokina2016
2年に一度催される、世界最大のカメラ関連の展示会“Photokina(フォトキナ)”をレポート。

トップ > 特集 > [CP+2017]富士フイルムブース:GFX 50Sなどの新製品を展示。参考出品のシネマカメラ用レンズ「MKレンズ」にも注目!