PRONEWS

  • imgABOUT
  • imgTWI
  • imgFB
  • imgYTU

トップ > 特集 > [CP+2017]リコーブース:360°動画の火付け役「THETA」の新シリーズが登場。ペンタックスやレンズなどの新製品も展示

News

[CP+2017]リコーブース:360°動画の火付け役「THETA」の新シリーズが登場。ペンタックスやレンズなどの新製品も展示

2017-02-28 掲載

ワンショットで全天球イメージを撮影できる360°キャプチャーカメラRICOH THETA SCや、新型APS-Cサイズセンサーを搭載したミドルクラスのデジタル一眼レフカメラペンタックスKPを中心に機能や性能を生かした様々なシーンでの使い方や楽しみ方を披露していた。

RICOH THETAは2013年に初号機が発売されて以来、360°の世界を手軽に撮影できるアイテムとして一般の人たちにもVR画像をキャプチャできるデバイスとしてコアなユーザーを中心に普及してきた。ボディに2つの魚眼レンズを搭載したカメラスタイルは、その後いくつかのメーカーが追従し、VR画像のブームに火を付けたといえよう。RICOH THETAで撮影した360°画像は、スマートフォンやタブレットに転送して楽しめるほか、市販のVRビューアーを利用して手軽にVR体験が可能なほか、専用ウェブサイトtheta360.comにアップしてSNSで共有したり、FacebookやYouTubeに直接動画を投稿することもできる。ちなみにPRONEWSでは発売当初からRICOH THETAを利用して今回のCP+をはじめとした各種イベントで使用しているので、360°の画像世界を体験してほしい。

4色のカラーバリエーションが揃った新製品のRICOH THETA SC。撮影はスマートフォンまたはタブレットからのリモート操作のみで、作成した360°動画は通常の静止画像と同様に指先で画像のサイズや形、構図を変えて楽しむことができる 静止画編集用のスマホアプリ「THETA+」や、動画編集用アプリ「THETA+ Video」を利用して、撮影した画像の編集を手軽におこなうことが可能

ペンタックスKPは、新型APS-Cサイズセンサーを搭載したミドルクラスのデジタル一眼レフカメラで、5軸対応のボディ内手ぶれ補正機構や厳しい撮影環境下での使用を容易にする防塵・防滴構造や、マイナス10℃までの動作を保証する耐寒性能も備えているほか、夜景をスナップできるISO819200の超高感度撮影を新設計の小型ボディに搭載している。これにより、日常的なスナップから過酷なアウトドア環境下まで幅広く対応できる。

ペンタックスKPは、光学ローパスフィルターレス仕様の有効約2432万画素APS-Cサイズ相当の新型CMOSイメージセンサーを採用したほか、高速画像処理エンジンPRIME IVと最新のアクセラレーターユニットを搭載し、高速動作と高度なノイズ処理により高画質と超高感度性能を両立。手持ちでの夜景撮影も可能なISO819200の超高感度撮影を実現 5軸5段のリアルレゾリューションシステムを備えた独自の手ぶれ補正機構SR II(Shake Reduction II)を搭載。一般的な角度ぶれ(水平、垂直方向の2軸)に加えて、マクロ撮影時に発生しやすいシフトぶれ(水平、垂直方向の2軸)や、回転ぶれの補正にも対応 参考出品のデジタル一眼レフカメラ用交換レンズD FA★50mmF1.4。35ミリフルサイズのイメージサイズをカバーしたKマウントのレンズで、高解像、高コントラストでボケ味の柔らかさにもこだわった高性能スターレンズ 有効約5140万画素、43.8mm×32.8mmの中判フォーマットCMOSイメージセンサーを搭載したPENTAX 645Zと赤外線と可視光線に対応する撮影が可能なPENTAX 645Z IR

リコーブース 360°全天球動画

RICOH THETA Sで撮影した360°全天球動画です。視点変更機能を利用するにはPC版Google ChromeブラウザおよびiOS/Android版YouTubeアプリが必要です。(アプリ起動はこちら)

[ Category : , ]
[ DATE : 2017-02-28 ]
[ TAG : ]

この記事に関連する記事一覧

[CP+2018]Vol.03 ブラッシュアップされたカメラ、レンズ製品に注目。やっぱりレンズが好き!

技術の進歩により高クオリティな製品が多数登場 多少風が強いものの引き続き快晴のみなとみらいのCP+会場。3日目の今日は再びメイン会場に戻ってレポートを再開しよう。 カメ... 続きを読む

[CP+2018]Vol.02 プロ向け動画エリアで各社映像機材を堪能する

別会場だからこそ堪能できる機材の世界 昨日の朝は暴風雨の影響で交通機関の乱れがあり、会場まで来るのが大変だったが今日は朝から快晴で気温もそれほど低くなく非常に気持ちの... 続きを読む

[CP+2018]Vol.01 カメラの祭典CP+開催~目立つスマートフォンでの撮影とその周辺機器

天候に恵まれた今年のCP+。春の陽気に誘われて… 2018年3月1から4日までの4日間パシフィコ横浜および大さん橋ホールにおいてCP+2018が開催された。今年は横浜に開... 続きを読む

[NAB2017]RICOHブース(動画)

RICOHブースの360°全天球動です。 RICOH THETA Sで撮影した360°全天球動画です。視点変更機能を利用するにはPC版Google Chromeブラウ... 続きを読む

[CP+2017]プロ向け動画エリア:デジタルシネマ系カメラやオーディオ製品など、各社ビデオ製品を展示

プロ向け動画エリアに変動アリ デジタル一眼による動画撮影が盛んになった数年前、CP+2013会場では初の試みとして「プロ向け動画エリア」を新設し、DSLRムービーはもちろん、... 続きを読む

[CP+2017]平和精機工業ブース:デジタル一眼と望遠レンズを組み合わせた展示。HFMPのタッチアンドトライコーナーも

以前は写真用の三脚も手掛けていた同社だが、ビデオ用の三脚に力を入れ始め、現在ではビデオ業界でLibecのブランド名を知らない人はいないほどだ。最近は三脚を中心にスライダーやビデオ用... 続きを読む

[CP+2017]Manfrottoブース:三脚やLEDライト、バッグなどを中心に、取扱いブランド製品も多数展示

マンフロットは、写真用三脚やビデオ用三脚のほか、LEDライト、バッグなど写真関係の機材を中心に、同社のもつGITZOやAvenger、Colorama、Lastoliteなどのブラ... 続きを読む

[CP+2017]Adobeブース:フォトグラファー向けツールLightroomやPhotoshopを展示

カメラがデジタル化され、カメラマンもフィルムからデジタルへ移行して久しいが、そうした業界でPhotoshopは一般に使われており、無くてはならないツールとなっている。CP+には毎年... 続きを読む

[CP+2017]銀一ブース:Really Right Stuff製品を国内初公開!ATOMOSレコーダーも各社カメラと組み合わせて展示

銀一は国内外の各種映像機材販売およびレンタルのほか、撮影スタジオ設計・施工、撮影、DTPシステムの販売など幅広く手掛けているが、同社のオリジナル輸入商品以外を取り扱うコーナーとして... 続きを読む

特集記事

10万円以下のジンバル選び 10万円以下のジンバル選び
一層注目が増している小型カメラジンバルをDJIやZHIYUN、FEIYU TECH、FILMPOWERの4社5機種に渡って比較紹介。
Inter BEE 2018 Inter BEE 2018
千葉幕張メッセにて開催される国際放送機器展“Inter BEE“をレポート。
InterBEE 2018の歩き方 InterBEE 2018の歩き方
今年もInterBEEの歩き方をジャンル別にピックアップし、6種類のコースを紹介。
新世紀シネマレンズ漂流:最新単焦点レンズ編 新世紀シネマレンズ漂流:もの作りの現場から
「新世紀シネマレンズ漂流:最新単焦点レンズ編」の続編。前回紹介することができなかったシネマレンズメーカーを取材。
Photokina2018 Photokina2018
ドイツ・ケルンメッセで開催されたスチルカメラの祭典 Photokina2018をレポート。
IBC2018 IBC2018
オランダ・アムステルダムで開催された欧州最大の映像・放送の展示会IBC2018をレポート。
映画「万引き家族」〜撮影部と撮影監督の眼差し 映画「万引き家族」〜撮影部と撮影監督の眼差し
「万引き家族」はいかにして生まれたのか?今回の特集ではその制作側を覗いてみる。
SIGGRAPH2018 SIGGRAPH2018
世界最大のコンピュータグラフィックスとインタラクティブ技術に関する学会・展示会SIGGRAPH2017をレポート。
BIRTV2018 BIRTV2018
中国・北京で開催されたアジア地区ではInterBEEと並ぶ大規模な放送機器展 BIRTVをレポート。
QBEE2018 QBEE2018
九州放送機器展(QBEE)をいつもの会場練り歩き方式でレポート。
inside DaVinci 15 inside DaVinci 15
史上最大のアップデートを実現したと言われるDaVinci Resolve 15に関する最新動向をまとめてみた。
Cine Gear Expo 2018 Cine Gear Expo 2018
米ハリウッドの中心、パラマウントスタジオで開催された「Cine Gear Expo」をレポート。
After Beat NAB SHOW 2018 After Beat NAB SHOW 2018
東京・秋葉原で開催された「After NAB Show Tokyo 2018」をレポート。
NAB2018 スペシャルレポート NAB2018
世界最大の放送機器展覧会「2018 NAB Show(NAB2018)」をレポート。
Your Choice?GH5 or GH5S Your Choice?GH5 or GH5S
映像業界で活躍中のカメラマンやディレクターに聞く「GH5」と「GH5S」の選び方。

トップ > 特集 > [CP+2017]リコーブース:360°動画の火付け役「THETA」の新シリーズが登場。ペンタックスやレンズなどの新製品も展示