PRONEWS

  • imgABOUT
  • imgTWI
  • imgFB
  • imgYTU

トップ > 特集 > [CP+2017]DJIブース:ハッセルブラッド製カメラH6D-100cを搭載したDJI MATRICE600など革新的な展示

News

[CP+2017]DJIブース:ハッセルブラッド製カメラH6D-100cを搭載したDJI MATRICE600など革新的な展示

2017-03-01 掲載

CP+でドローンメーカー唯一の参加となったDJI。といっても現在ではジンバル・スタビライザーRONINや手持ちジンバルOsmo、そして独自に開発されたZenmuseシリーズのカメラなど、現在では多岐にわたるカテゴリーが存在する。一概にはドローンメーカとは言えずカメラメーカーとも言えるだろう。実際にカメラ開発用の研究所も設立されている。

撮影関して多くのカテゴリーを有することになった展示の中心はやはりドローン。飛行スペースを確保した大きなケージを中心に各製品のデモが行われた。ラインナップである「PHANTOM 4 PRO」と「MAVIC PRO」、そして「INSPIRE 2」のデモフライトが行われた。新しく発表された女性向け(?!)新製品Osmo Mobile Silverも展示され、そのOsmoの説明が行われた。

一番のトピックスは、展示コーナーの一角では、数年前から技術提携を行い、昨年資本関係に大きな動きがあったと噂されているハッセルブラッドとのコラボ展示だ。ハッセルブラッド製カメラH6D-100cを搭載したDJI MATRICE600も展示されていた。H6D-100cは、ジンバルのRONIN-MXにセットされ、タブレットからリモートで、絞りとシャッター速度とISO、そしてフォーカスをダイレクトに制御するデモが紹介された。H6D-100cは、1億画素(8700×11600ピクセル)を有する。空撮の世界に新たな表現力以上に、検査など他の部分でもその解像感だけではなく多くの活用方法が考えられるだろう。

DJIブース 360°全天球動画

RICOH THETA Sで撮影した360°全天球動画です。視点変更機能を利用するにはPC版Google ChromeブラウザおよびiOS/Android版YouTubeアプリが必要です。(アプリ起動はこちら)

[ Category : , ]
[ DATE : 2017-03-01 ]
[ TAG : ]

この記事に関連する記事一覧

[10万円以下のジンバル選び]Vol.02 DJIから登場した片手持ちジンバル「RONIN-S」

txt:飯田雄平、編集部 構成:編集部 3.6kgのペイロードに対応する大型の片手持ちジンバル RONIN-Sは、DJIからRONINシリーズ初の片手持ちとして発売され... 続きを読む

[NAB2018:DJI]複雑なシーンや動きの激しいシーンでも滑らかな撮影を実現する「DJI FORCE PRO」と「DJI Master Wheels」を展示

360°全天球動画 RICOH THETA Vで撮影した360°全天球動画です。視点変更機能を利用するにはPC版Google ChromeブラウザおよびiOS/And... 続きを読む

[NAB2018]DJIブース(動画)

NAB2018のDJIブース動画です。 ... 続きを読む

[CP+2018]Vol.03 ブラッシュアップされたカメラ、レンズ製品に注目。やっぱりレンズが好き!

技術の進歩により高クオリティな製品が多数登場 多少風が強いものの引き続き快晴のみなとみらいのCP+会場。3日目の今日は再びメイン会場に戻ってレポートを再開しよう。 カメ... 続きを読む

[CP+2018]Vol.02 プロ向け動画エリアで各社映像機材を堪能する

別会場だからこそ堪能できる機材の世界 昨日の朝は暴風雨の影響で交通機関の乱れがあり、会場まで来るのが大変だったが今日は朝から快晴で気温もそれほど低くなく非常に気持ちの... 続きを読む

[CP+2018]Vol.01 カメラの祭典CP+開催~目立つスマートフォンでの撮影とその周辺機器

天候に恵まれた今年のCP+。春の陽気に誘われて… 2018年3月1から4日までの4日間パシフィコ横浜および大さん橋ホールにおいてCP+2018が開催された。今年は横浜に開... 続きを読む

[CP+2017]プロ向け動画エリア:デジタルシネマ系カメラやオーディオ製品など、各社ビデオ製品を展示

プロ向け動画エリアに変動アリ デジタル一眼による動画撮影が盛んになった数年前、CP+2013会場では初の試みとして「プロ向け動画エリア」を新設し、DSLRムービーはもちろん、... 続きを読む

[CP+2017]平和精機工業ブース:デジタル一眼と望遠レンズを組み合わせた展示。HFMPのタッチアンドトライコーナーも

以前は写真用の三脚も手掛けていた同社だが、ビデオ用の三脚に力を入れ始め、現在ではビデオ業界でLibecのブランド名を知らない人はいないほどだ。最近は三脚を中心にスライダーやビデオ用... 続きを読む

[CP+2017]Manfrottoブース:三脚やLEDライト、バッグなどを中心に、取扱いブランド製品も多数展示

マンフロットは、写真用三脚やビデオ用三脚のほか、LEDライト、バッグなど写真関係の機材を中心に、同社のもつGITZOやAvenger、Colorama、Lastoliteなどのブラ... 続きを読む

特集記事

10万円以下のジンバル選び 10万円以下のジンバル選び
一層注目が増している小型カメラジンバルをDJIやZHIYUN、FEIYU TECH、FILMPOWERの4社5機種に渡って比較紹介。
Inter BEE 2018 Inter BEE 2018
千葉幕張メッセにて開催される国際放送機器展“Inter BEE“をレポート。
InterBEE 2018の歩き方 InterBEE 2018の歩き方
今年もInterBEEの歩き方をジャンル別にピックアップし、6種類のコースを紹介。
新世紀シネマレンズ漂流:最新単焦点レンズ編 新世紀シネマレンズ漂流:もの作りの現場から
「新世紀シネマレンズ漂流:最新単焦点レンズ編」の続編。前回紹介することができなかったシネマレンズメーカーを取材。
Photokina2018 Photokina2018
ドイツ・ケルンメッセで開催されたスチルカメラの祭典 Photokina2018をレポート。
IBC2018 IBC2018
オランダ・アムステルダムで開催された欧州最大の映像・放送の展示会IBC2018をレポート。
映画「万引き家族」〜撮影部と撮影監督の眼差し 映画「万引き家族」〜撮影部と撮影監督の眼差し
「万引き家族」はいかにして生まれたのか?今回の特集ではその制作側を覗いてみる。
SIGGRAPH2018 SIGGRAPH2018
世界最大のコンピュータグラフィックスとインタラクティブ技術に関する学会・展示会SIGGRAPH2017をレポート。
BIRTV2018 BIRTV2018
中国・北京で開催されたアジア地区ではInterBEEと並ぶ大規模な放送機器展 BIRTVをレポート。
QBEE2018 QBEE2018
九州放送機器展(QBEE)をいつもの会場練り歩き方式でレポート。
inside DaVinci 15 inside DaVinci 15
史上最大のアップデートを実現したと言われるDaVinci Resolve 15に関する最新動向をまとめてみた。
Cine Gear Expo 2018 Cine Gear Expo 2018
米ハリウッドの中心、パラマウントスタジオで開催された「Cine Gear Expo」をレポート。
After Beat NAB SHOW 2018 After Beat NAB SHOW 2018
東京・秋葉原で開催された「After NAB Show Tokyo 2018」をレポート。
NAB2018 スペシャルレポート NAB2018
世界最大の放送機器展覧会「2018 NAB Show(NAB2018)」をレポート。
Your Choice?GH5 or GH5S Your Choice?GH5 or GH5S
映像業界で活躍中のカメラマンやディレクターに聞く「GH5」と「GH5S」の選び方。

トップ > 特集 > [CP+2017]DJIブース:ハッセルブラッド製カメラH6D-100cを搭載したDJI MATRICE600など革新的な展示