PRONEWS

  • imgABOUT
  • imgTWI
  • imgFB
  • imgYTU
  • imgInstagram
  1. トップ
  2.  > 
  3. 特集
  4.  > 
  5. [CP+2017]コシナ/カールツァイスブース:Milvus、Otusやデジタルシネマカメラ用レンズも出展
Special

[CP+2017]コシナ/カールツァイスブース:Milvus、Otusやデジタルシネマカメラ用レンズも出展

2017-03-01 掲載

コシナは、同社が扱うCarl ZeissおよびVoigtländerブランドをブース左右対称にしたコーナーに分け、各種レンズの新製品を出展した。Voigtländerブランドでは参考出品として、MACRO APO-LANTHAR 65mm F2 AsphericalおよびNOKTON 40mm F1.2 Aspherical、NOKTON classic 35mm F1.4の3本のソニーEマウントレンズを披露していた。いずれのレンズもクラシカルなデザインでマニュアルフォーカスだが、手ぶれ補正に対応となっている。

Carl Zeissブランドのレンズは、曲線を生かした新しいレンズのラインナップであるMilvusシリーズと最高品質を目指したOtusシリーズのほか、デジタルシネマカメラ用のレンズなども出展されていた。Milvusシリーズはすでに21mm/F2.8、35mm/F2、50mm/F1.4、85mm/F1.4、50mm/F2マクロ、100mm/F2マクロが発売されているが、今回15mm/F2.8、18mm/F2.8、135mm/F2の3本がラインナップに新たに加わった。用意されているレンズマウントはキヤノンEFとニコンAi-Sマウントの2種類がある。

アクリルケースに収められていたVoigtländerブランドのMACRO APO-LANTHAR 65mm F2 Aspherical、NOKTON 40mm F1.2 Aspherical、NOKTON classic 35mm F1.4の3本のソニーEマウントレンズ

MACRO APO-LANTHAR 65mm F2 Asphericalは、最大撮影倍率1:2、最短撮影距離31cmのマクロレンズで、F2という明るさを活かしポートレート撮影にも適している

NOKTON 40mm F1.2 Aspherical。Eマウントに最適化された光学設計を採用しており、中心から周辺まで安定した画質を実現。絞りクリックの有無が選択可能

Carl ZeissブランドのレンズはMilvusシリーズのレンズとして今回15mm/F2.8、18mm/F2.8、135mm/F2の3本がラインナップに新たに加わった

Milvusシリーズ15mm/F2.8。ディスタゴンタイプのレンズ設計による超広角レンズで周辺部まで優れた画質を達成している。マウントはキヤノンEFおよびニコンAi-S

Milvusシリーズ135mm/F2。ゾナータイプのレンズ設計を採用した中望遠レンズで、美しいボケ味と0.8mの最短撮影距離を生かしたポートレイト撮影に適している

今年発売となったCarl Zeissブランドのデジタルシネマカメラ用レンズZEISS Lightweight Zoom LWZ.3 21-100mm/T2.9-3.9 T

ZEISS Lightweight Zoom LWZ.3 21-100mm/T2.9-3.9 Tは交換式レンズマウントを採用しており、PL、EF、E、MFTマウントに交換可能

コシナ/カールツァイスブース 360°全天球動画

RICOH THETA Sで撮影した360°全天球動画です。視点変更機能を利用するにはPC版Google ChromeブラウザおよびiOS/Android版YouTubeアプリが必要です。(アプリ起動はこちら)


[ Category : , ]
[ DATE : 2017-03-01 ]
[ TAG : ]

この記事に関連する記事一覧

特集記事

GH world
正式に発表されたパナソニック「GH5 II」と「GH6」。実機やインタビューを通して、GHシリーズの今後の展開を占う。
Virtual Production Field Guide Season2
バーチャルプロダクション特集のSeason2。引き続き国内の最新の動向やワークフローを追う。
ARRI, my love
映画機材界の雄であるARRI。日本での販売拡大に注目されるARRIの歴史から実用例までフィーチャーする。
SXSW2021
3/16~20日にオンライン開催となった「SXSW2021」をレポートする。
Virtual Production Field Guide
国内のバーチャルプロダクションの展開と、映像制作ワークフローへの影響について紹介
CP+2021
オンライン開催のCP+2021で発表された新製品をレポート。
新世紀シネマレンズ漂流:NewTrend 2021編
2020年末から2021年に発売されたレンズ新製品をピックアップする。
映像基礎講座 Episode 2
2020年8月に公開された特集「映像基礎講座」続編。引き続き映像の基本や基礎知識を学ぶ。
CES2021
オールデジタルのオンライン開催となったCES2021をレポートする。
年末イッキ読み!
2020年に話題になった製品の特集やコラム記事をまとめて振り返る。
PRONEWS AWARD 2020
激動の1年となった2020年の映像業界を、PRONEWS編集部が総括する。
2020年11月特集:[再現:Inter BEE 2020]-Web Trade Show- 再現:Inter BEE 2020-Web Trade Show-
11月18日(水)からオンライン開催されるInterBEEを解説する。
Inter BEE 2019 ぼくらのEDIUS X
約3年ぶりのメジャーバージョンアップとなる「EDIUS X」の魅力を紹介。
InterBEE 2019の歩き方 Broadcast & Cinema EXPO 2020
映像制作者、映像業界関係者向け情報イベント配信番組。
ATEM WORLD ATEM WORLD
ラインナップ充実のATEM Miniシリーズの選び方や使いこなしをご紹介。
  1. トップ
  2.  > 
  3. 特集
  4.  > 
  5. [CP+2017]コシナ/カールツァイスブース:Milvus、Otusやデジタルシネマカメラ用レンズも出展