PRONEWS

  • imgABOUT
  • imgTWI
  • imgFB
  • imgYTU

トップ > 特集 > [NAB2017:Grass Valley]SDI/IPネットワーキング、4K UHD、HDRやスーパースローモーションに対応した製品などを出展

News

[NAB2017:Grass Valley]SDI/IPネットワーキング、4K UHD、HDRやスーパースローモーションに対応した製品などを出展

2017-05-12 掲載

Grass Valleyブース360°全天球動画

RICOH THETA Sで撮影した360°全天球動画です。視点変更機能を利用するにはPC版Google ChromeブラウザおよびiOS/Android版YouTubeアプリが必要です。(アプリ起動はこちら)

Grass Valleyは「Content Your Way」をテーマにかかげ、ライブプロダクションやニュース、コンテンツデリバリー、ネットワーキングといった各分野に応じたソリューションを中心に、SDI/IPネットワーキング、4K UHD、HDRやスーパースローモーションなどに対応した各種製品を出展していた。

カメラ関係では、2/3インチB4レンズマウントを採用した4K対応カメラLDX 86Nや、マルチパーパスHDカメラLDX C82のほか、IP対応のベースステーションXCU Universe XF、長距離伝送装置HDX Plus、JVCケンウッドのカメラGY-HM790およびGY-HM890に対応したファイバー伝送システムCopperHead ProHDなどが展示された。

LDX 86Nカメラシステムは3CMOSセンサーを搭載しており、HD 3倍速/6倍速、4Kにネイティブ対応しているほかSMPTE ST 2084(PQ)とHLGの両方のHDR方式やITU-R Rec. BT.2020色域をサポート 4K対応マルチパーパスカメラLDX C86N。BT.2020色域のほかオプションでHDRに対応しており、LDX 86Nとマルチカメラで使用可能

スタジオ関連機器としてはビデオプロダクションスイッチャーK-Frame V-series、K2 Dynoリプレイシステム、プロダクションオートメーションシステムIgnite、ビデオプロダクション&コンテンツマネジメントシステムGV STRATUS、プロダクションクライアントK2 Summit 3G、ハイパフォーマンスシェアストレージK2 Central TXなどのほか、リアルタイムIPプロセッシング&ルーティングプラットフォームGV Node、IP対応ルーターNVISION 8500を出展。NVISION 8500はSMPTE 2022-6に対応したルーターだが、今回参考出品として8K対応を表明した。

K-Frame V-seriesビデオプロダクションスイッチャー。最大3M/E+2VPE、20フルキーヤーで、32GBイメージストアやRAMレコーダーを搭載可能。オプションのDPMモジュールによりiDPM(2D/3D DVE)機能の搭載や、IP I/OボードによりSMPTE ST 2022-6、VSF-03/04にも対応可能 K2 Dynoリプレイシステム。6倍速4K対応のK2 Dynoリプレイシステムで、Dynoコントローラーで作成したプレイリストのMXFエクスポート機能、クリップのタイムコード付替、アンシラリデータの付与設定などが行える Igniteプロダクションオートメーションシステムは、スイッチャーからのソースの切り替えやマルチビューワーの映像切り替え、報道システムと連動したプログラムの制御などに対応しており、同社の各システムをオールインワンでコントロールが可能 ビデオプロダクション&コンテンツマネジメントシステムGV STRATUS。EDIUSでのテンプレートからのプロジェクト作成、既存プロジェクト内にあるシーケンスやアセットをダイレクトに編集が行えるほか、K2のクオータ制御、EDIUSからのシーケンスマーカー連携、EDIUSからアーカイブアセットのリストアなどの機能を搭載している EDIUS 8.5。H.265(HEVC)インポートのほか、XAVC Intra Class 480、QFHD XAVC LongG 60M、XAVC LongG 422、XD CAM 35M(l920x1080)のエキスポートが可能なほか、BT.2020やBT.2100 PQカラースペースでのプライマリーカラーコレクション、H.264の画質向上およびエンコードスピードの向上、キヤノンEOS C700のRAW対応などのアップデートが行われた インテグレーテッドプレイアウトiTX On-Demand。インジェストからクオリティコントロール、コンテンツ管理、オーディオ・ビデオプロセッシング、グラフィックスやサブタイトル、オートメーションといったプレイアウトに必要な機能を搭載したiTX Playoutやサードパーティソリューションとも連携が可能なほか収録中の映像ファイルから並行して処理することでコンテンツ処理時間を軽減する クレードル接続対応のベースステーションXCU UXF&UXF Cradleは12G-SDIやIP対応のほか、LDX 86やLDX 86Nによる4KやHDRに対応している

[ Category : , ]
[ DATE : 2017-05-12 ]
[ TAG : ]

この記事に関連する記事一覧

[After Beat NAB SHOW 2017]Vol.04 注目の360°VRの課題は、どこで、なにで、なにを見るのか

txt:江口靖二 構成:編集部 隆盛誇るVR。その課題はなんだろう? 今年はノースホールの一角に、Virtual and Augmented Reality Pavil... 続きを読む

[After Beat NAB SHOW 2017]Vol.03 地味に重要なHDRとSDRが混在する時代のワークフロー

txt:江口靖二 構成:編集部 HDRについて考える CESなどでは、HDRに関する展示や提案が非常に多くなっている。それらは再生側、ディスプレイに関する技術の... 続きを読む

[After Beat NAB SHOW 2017]Vol.02 After NAB Show Tokyo 2017レポート02

txt:稲田出 構成:編集部 前回に続いて会場の各社ブースを紹介して行こう。 パナソニック パナソニックはブース名もPOVCAMとし、POVCAMを中... 続きを読む

[After Beat NAB SHOW 2017]Vol.01 After NAB Show Tokyo 2017レポート01

txt:稲田出 構成:編集部 今年のNABの総括をAfterNABshowで考える 2017年5月30日の大阪グランドフロント大阪に続き東京秋葉原のUD... 続きを読む

[NAB2017:Adobe]Creative Cloudのビデオとオーディオ製品のアップデートを発表

Adobeブース360°全天球動画 RICOH THETA Sで撮影した360°全天球動画です。視点変更機能を利用するにはPC版Google Chromeブラウザおよ... 続きを読む

[NAB2017:TASCAM]インターネットライブ配信で活躍するMiNiSTUDIO US-42などを展示

TASCAMブース360°全天球動画 RICOH THETA Sで撮影した360°全天球動画です。視点変更機能を利用するにはPC版Google Chromeブラウザお... 続きを読む

[NAB2017:ASTRODESIGN]VA-1845、HR-7518などの新製品を8Kカメラやモニターと組み合わせたデモで紹介

ASTRODESIGNブース360°全天球動画 RICOH THETA Sで撮影した360°全天球動画です。視点変更機能を利用するにはPC版Google Chrome... 続きを読む

[NAB2017:LiveU]ワイヤレスモバイル中継装置の新製品「LU600」や小型軽量モデルの「LU200」などを展示

LiveUブース360°全天球動画 RICOH THETA Sで撮影した360°全天球動画です。視点変更機能を利用するにはPC版Google Chromeブラウザ... 続きを読む

[NAB2017:Harmonic]OTTとクラウドベースのソリューションを展示

Harmonicブース360°全天球動画 RICOH THETA Sで撮影した360°全天球動画です。視点変更機能を利用するにはPC版Google Chromeブラウ... 続きを読む

特集記事

inside DaVinci 14 inside DaVinci 14
4月に行われたNAB2017にて発表となったDaVinci Resolve 14を紹介。
SIGGRAPH2016 How to Media Composer | First
Avid Media Composerのインターフェースを誰でも無料で使えるAvid Media Composer | Firstのセットアップ方法や、使い勝手を解説していく。
QBEE2016 BIRTV 2017
中国・北京で開催されたアジア地区ではInterBEEと並ぶ大規模な放送機器展 BIRTVをレポート。
SIGGRAPH2017 SIGGRAPH2017
世界最大のコンピュータグラフィックスとインタラクティブ技術の学会・展示会SIGGRAPH2017ををレポート。
THE ROAD TO VR THE ROAD TO VR
幅広いジャンルで活用されているVRが、いかに普及、どのように進化していくのかを考える。
QBEE2017 QBEE2017
九州放送機器展(QBEE)をいつもの会場練り歩き方式でレポート。
After Beat NAB SHOW 2017 After Beat NAB SHOW 2017
東京秋葉原のUDXにおいて開催されたAfterNABshowで今年のNABの総括を考える。
NAB2017 NAB2017
米国ネバダ州ラスベガスにて開催される世界最大の放送機器展覧会 2017 NAB Showをレポート。
SXSW2017 SXSW2017
米国テキサス州オースティンで開催された、SXSW(The South by Southwest:サウス・バイ・サウスウエスト)をレポート。
CP+2017 CP+2017
カメラと写真の総合展示会、CP+2017をレポート。
CES2017 CES2017
世界最大の国際家電見本市、2017 International CESをレポート。
PRONEWS AWARD 2016 PRONEWS AWARD 2016
2016年は映像業界にとってどのような年だったのか。PRONEWS AWARDで部門ごとに振り返る。
Inter BEE 2016 Inter BEE 2016
千葉幕張メッセにて開催されるInterBEE2016をレポート。
InterBEE2016の歩き方 InterBEE2016の歩き方
目的に合わせたブースをピックアップし、最小限の力で最大の効果が得られる最強の「Inter BEE 2016の歩き方」を紹介。
Photokina2016 Photokina2016
2年に一度催される、世界最大のカメラ関連の展示会“Photokina(フォトキナ)”をレポート。

トップ > 特集 > [NAB2017:Grass Valley]SDI/IPネットワーキング、4K UHD、HDRやスーパースローモーションに対応した製品などを出展