PRONEWS

  • imgABOUT
  • imgTWI
  • imgFB
  • imgYTU
  • imgInstagram
  1. トップ
  2.  > 
  3. 特集
  4.  > 
  5. [NAB2017:Carl Zeiss]新製品シネプライムレンズCompact Prime CP.3やCompact Prime CP.3 XDを初披露
Special

[NAB2017:Carl Zeiss]新製品シネプライムレンズCompact Prime CP.3やCompact Prime CP.3 XDを初披露

2017-05-15 掲載

Carl Zeissブース動画


360°全天球動画

RICOH THETA Sで撮影した360°全天球動画です。視点変更機能を利用するにはPC版Google ChromeブラウザおよびiOS/Android版YouTubeアプリが必要です。(アプリ起動はこちら)

Carl Zeissブースレポート

Carl Zeissは今回のNABで、Compact Prime CP.3およびCompact Prime CP.3 XDという2つのレンズラインナップを発表した。Compact Prime CP.3のラインナップは従来のCompact Prime CP.2の特長であったカメラシステムに応じてユーザーが簡単にマウント交換およびシム調整を行えるIMS交換マウントシステムと、35mmフルフレームセンサーに対応したイメージサークルを搭載しており、ユーザーの使いやすさをさらに追求したシネレンズシリーズとなっている。

右がCompact Prime CP.3左がCompact Prime CP.3 XD。Compact Prime CP.3 XDにはマウント部分に電気接点があるほか、鏡筒部分にコネクターが装備されている

鏡筒設計を徹底的に見直し、Carl Zeissの最上位シネレンズシリーズMaster Primeと同様の環状ボールベアリングを内蔵。小指一本でも回せるトルクの軽さと、指を離したところでピタリと止まるフォーカシングを実現したほか、新しいコーティングにより従来は難しかった曲率の高い超広角レンズ前玉にも極めて均一なコーティングを施し、画面全域にわたりフレア特性を改良し、光学性能の向上が図られている。

基本的なレンズ構成は同じだがレンズコーティングやフォーカスやアイリスの機構部分が改良された

レンズ前面の直径はCompact Prime CP.2より一回り小サイズの95mmに統一され、レンズ重量も軽くなって最近の小型カメラとのマッチングも向上した。なお、Compact Prime CP.3 XDシリーズはレンズ本体にCooke/iと互換性のあるZEISS eXtended Dataのエンコーダーと接点を搭載し、撮影時のレンズメタデータに対応。撮影後のカラーグレーディング作業の大幅な効率化を図ることが可能となった。

Compact Prime CP.3 XDの電気接点とコネクター

メタデータはレンズ名のほか、レンズ製造番号、開放絞り値、実絞り設定値、焦点距離、実撮影距離、フォーカス位置ごとの被写界深度、フォーカス位置ごとの湾曲収差補正データー、周辺減光補正データーとなっており、これらのデータはAmbient社製Master Lockit Plusによってタイムコードに同期して収録全フレームに書き込めるほか、Pomfort LiveGradeおよびSilver Stackソフトウェア上でリアルタイムにレンズ補正を加えた映像を確認・収録が行えるようになっている。

Compact Prime CP.3 XDのコネクター

対応マウントはCompact Prime CP.3がPL、EF、E、MFT、Fマウントの5種類でCompact Prime CP.3 XD はPLマウントのみとなっている。レンズの種類はいずれも15mm/T2.9、18mm/T2.9、21mm/T2.9、25mm/T2.1、28mm/T2.1、35mm/T2.1、50mm/T2.1、85mm/T2.1、100mm/T2.1 CF、135mm/T2.1の10機種。


[ Category : , ]
[ DATE : 2017-05-15 ]
[ TAG : ]

この記事に関連する記事一覧

特集記事

ARRI, my love ARRI, my love
映画機材界の雄であるARRI。日本での販売拡大に注目されるARRIの歴史から実用例までフィーチャーする。
SXSW2021 SXSW2021
3/16~20日にオンライン開催となった「SXSW2021」をレポートする。
Virtual Production Field Guide Virtual Production Field Guide
国内のバーチャルプロダクションの展開と、映像制作ワークフローへの影響について紹介
CP+2021 CP+2021
オンライン開催のCP+2021で発表された新製品をレポート。
新世紀シネマレンズ漂流:NewTrend 2021編 新世紀シネマレンズ漂流:NewTrend 2021編
2020年末から2021年に発売されたレンズ新製品をピックアップする。
映像基礎講座 映像基礎講座 Episode 2
2020年8月に公開された特集「映像基礎講座」続編。引き続き映像の基本や基礎知識を学ぶ。
CES2021 CES2021
オールデジタルのオンライン開催となったCES2021をレポートする。
年末イッキ読み! 年末イッキ読み!
2020年に話題になった製品の特集やコラム記事をまとめて振り返る。
PRONEWS AWARD 2020 PRONEWS AWARD 2020
激動の1年となった2020年の映像業界を、PRONEWS編集部が総括する。
2020年11月特集:[再現:Inter BEE 2020]-Web Trade Show- 再現:Inter BEE 2020-Web Trade Show-
11月18日(水)からオンライン開催されるInterBEEを解説する。
Inter BEE 2019 ぼくらのEDIUS X
約3年ぶりのメジャーバージョンアップとなる「EDIUS X」の魅力を紹介。
InterBEE 2019の歩き方 Broadcast & Cinema EXPO 2020
映像制作者、映像業界関係者向け情報イベント配信番組。
ATEM WORLD ATEM WORLD
ラインナップ充実のATEM Miniシリーズの選び方や使いこなしをご紹介。
SIGGRAPH2020 SIGGRAPH2020
オンライン開催されたVFXの祭典・SIGGRAPH2020をレポート。
映像基礎講座 映像基礎講座
映像の基本や基礎知識を学ぶ。映像制作初心者はもちろん、熟練者ももう一度初心に立ち返ろう。
  1. トップ
  2.  > 
  3. 特集
  4.  > 
  5. [NAB2017:Carl Zeiss]新製品シネプライムレンズCompact Prime CP.3やCompact Prime CP.3 XDを初披露