PRONEWS

  • imgABOUT
  • imgTWI
  • imgFB
  • imgYTU

トップ > 特集 > [QBEE2017]Vol.02 九州放送機器展開催〜まだまだあるぞ注目の新製品

News

[QBEE2017]Vol.02 九州放送機器展開催〜まだまだあるぞ注目の新製品

2017-07-07 掲載

txt/movie:MonkeyHills(岡英史&猿田守一) 構成:編集部

SIGMA

ここ数年の同社のスチルレンズ・ラインナップは目を見張るものがある。特に単焦点F1.4シリーズはコストパフォーマンスも最高だ。その技術を落とし込んだシネレンズ群。新たに24mmと135mmが加わり全7本のラインナップとなった。

朋栄

HANABIのコンパネも含めてIP関連の機材がNABで参考出品だったのが、怒涛のごとく新製品としてのラインナップを固めていた。朋栄は特にどこかのメーカーに偏るわけではないのに、いろいろなメーカーと素直に繋ぐことができるおもしろいメーカーだ。

IDX

やはり目を引くのは新開発のLEDライトパネル4種類。特に一番小さいモデルはポケットに入れても苦にならない大きさなのに、その光量は必要にして十分だ。またInterBEEでも秘密兵器が飛び出す可能性も?!

マンフロット

NABで発表された、同社久しぶりのビデオ三脚であるNitrotech。カウンターバランスに窒素ガス封印バルブを埋めることで、最大8kgまでのカメラを搭載可能。特に1kg以下の小型カメラへの対応は素晴らしい。他メーカーにはできない技術なので今後のロードマップが楽しみだ。

平和精機工業

今回もメインの展示は新型のズームデマンド。極力までにハイトを落としパン棒との密着感を考えられたシーソースイッチは、小さい手でも無理なく操作が可能だ。

アスク/D-STORM

TriCasterがTC1という型式名に変わり4Kスイッチが可能になった。3G×4本のスタイルでの入出力になるが、コンバーターを繋ぐことで接続の煩わしさは消える。またIPに完全対応になり全部で16chのI/Oとフォーマットを選ばない入力は経験の浅い方でも使いやすい。

KPI

スタビライザーのグライドカムから電動ジンバル搭載機種が2つラインナップに加わった。特にスタビライザーと組み合わせた1軸のシステムはロール方向の全てのエラーを適正に回避してくれる優れもの。

プロ機材ドットコム

面白い機材を取り扱っている&コスパの良さで有名な同社。最近は女性の自撮りに特化したkirei撮りシリーズが人気だ。今回は影の出にくい丸型LEDライトをメインに展示。柔らかい光は女性自撮りにはうってつけだ。またパナソニックのGH5にオリジナルRIGを使ったB4レンズの展示は興味深い。


txt/movie:MonkeyHills(岡英史&猿田守一) 構成:編集部
◀︎Vol.01 [QBEE2017] Vol.00

[ Category : , ]
[ DATE : 2017-07-07 ]
[ TAG : ]

この記事に関連する記事一覧

[CES2018]Vol.07 大量中華ブースが繰り広げる「もうひとつのCES」〜真の主人公ここにあり

“DESGIN & SOURCE”と銘打たれた新設ブース。しかしその実態は…。大きさはほぼLVCCサウスホールと同じ規模面積。このテントの大きさを見るだけでも価値あり…。 txt... 続きを読む

[CES2018]Vol.06 制作・開発者目線から見たCES2018〜なぜ僕らはCESに足を向けるのか?

txt:清水幹太 編集部 /  構成:編集部 見方によって景色は大きく変わる これを書いている筆者は、普段はテクニカルディレクター及び開発者として様々な制作・開発プロジ... 続きを読む

[CES2018]Vol.05 気になるディスプレイ関連の注目ポイント

txt:江口靖二 / 編集部 構成:編集部 CES2018で気になったディスプレイ製品色々 サムスンのメディア向けカンファレンスで発表された「The Wall」 ... 続きを読む

[CES2018]Vol.04 CES2018で静かに盛り上がる「なんかいい」UX大系

txt:清水幹太  / 構成:編集部 直感的な“なんかいい”もの VRに人工知能、暗号通貨、あるいはAIスピーカー等々、最新技術の動向を色濃く投影するCESではある... 続きを読む

[CES2018]Vol.03 カメラコントロールボックスCCB-WD1で広がる映像の可能性

txt:小寺由子 編集部 / 構成:編集部 米国ラスベガスにおいて、恒例のCES2018が開催された。以前はその年の新製品や今後のコンセプトモデルなどが多数発表され、各社新製... 続きを読む

[CES2018]Vol.02 時代の潮目〜これからはモビリティが最上位概念であることを示したCES2018

txt:江口靖二 編集部 / 構成:編集部 CES2018のキーワードとは CESはご承知の通り、ここ数年テレビやデジタル家電だけの領域ではなく、IoTやAIなども含め... 続きを読む

[CES2018]Vol.01 混沌のCES開催〜“非接触性”の増加、未来のモビリティ提案

txt:西村真里子 編集部 / 構成:編集部 全く予想のつかないCES 今年のCESはいろんな意味で大いに荒れた。それは展示内容もそうだが、会期中珍しくラスベガ... 続きを読む

[BIRTV 2017]Day.03 常に新しいメディアであり続けられる中国のテレビ放送

txt:小寺信良 構成:編集部 北京取材も本日で3日目。最終日は明日だが、この日はもうブースをたたむメーカーも出てくるそうで、フルで取材できるのは本日が最後となる。国外企業が... 続きを読む

[BIRTV 2017]Day.02 ついにAU-EVA1の実働モデルが登場!Panasonic他

「AU-EVA1」を入念にチェックする岡カメラマン。詳しいレポートが期待できそうだtxt:小寺信良 構成:編集部 ついにAU-EVA1の実働モデルが登場! | Panason... 続きを読む

特集記事

CES2018 CES2018
米国ラスベガスで開催された世界最大の国際家電見本市 CES2018をレポート。
最新カメラ探訪2018 最新カメラ探訪2018
国内3大メーカーが世に問う「映像表現を進化させるプロダクト」とは?最新カメラ事情を紹介。
PRONEWS AWARD 2017 PRONEWS AWARD 2017
2017年は映像業界にとってどのような年だったのか。PRONEWS AWARDで部門ごとに振り返る。
Inter BEE 2017 Inter BEE 2017
千葉幕張メッセにて開催されるInterBEE2017をレポート。
InterBEE2017の歩き方 InterBEE2017の歩き方
目的に合わせたブースをピックアップし、最小限の力で最大の効果が得られる最強の「Inter BEE 2017の歩き方」を紹介。
inside DaVinci 14 inside DaVinci 14
4月に行われたNAB2017にて発表となったDaVinci Resolve 14を紹介。
SIGGRAPH2016 How to Media Composer | First
誰でも無料で使えるAvid Media Composer | Firstのセットアップ方法や、使い勝手を解説していく。
QBEE2016 BIRTV 2017
中国・北京で開催されたアジア地区ではInterBEEと並ぶ大規模な放送機器展 BIRTVをレポート。
SIGGRAPH2017 SIGGRAPH2017
世界最大のCGとインタラクティブ技術の学会・展示会SIGGRAPH2017をレポート。
THE ROAD TO VR THE ROAD TO VR
幅広いジャンルで活用されているVRが、いかに普及、どのように進化していくのかを考える。
Digital Cinema Bülow VI~CineGear 2017 Digital Cinema Bülow VI~CineGear 2017
米国ハリウッドで開催された映画撮影機材の専門展示会 Cine Gear Expoをレポート。
QBEE2017 QBEE2017
九州放送機器展(QBEE)をいつもの会場練り歩き方式でレポート。
After Beat NAB SHOW 2017 After Beat NAB SHOW 2017
東京秋葉原のUDXにおいて開催されたAfterNABshowで今年のNABの総括を考える。
NAB2017 NAB2017
米国ネバダ州ラスベガスにて開催される世界最大の放送機器展覧会 2017 NAB Showをレポート。
SXSW2017 SXSW2017
米国テキサス州オースティンで開催された、SXSWをレポート。

トップ > 特集 > [QBEE2017]Vol.02 九州放送機器展開催〜まだまだあるぞ注目の新製品