PRONEWS

  • imgABOUT
  • imgTWI
  • imgFB
  • imgYTU

トップ > 特集 > [SIGGRAPH2017]Vol.03 応用分野はCGにとどまらず。SIGGRAPH2017の論文発表からみる映像技術の進化

News

[SIGGRAPH2017]Vol.03 応用分野はCGにとどまらず。SIGGRAPH2017の論文発表からみる映像技術の進化

2017-08-17 掲載

txt:安藤幸央 構成:編集部

キリンとスケッチ

スケッチのモデルとして会場に運ばれてきた子供のキリンTiny君と、スケッチ講座の様子

今年のSIGGRPAHで参加者のみんなの度肝を抜いたのが、会場を歩き回るキリンの姿。SIGGRAPHでは、デジタル技術に片寄らず、スケッチや手作り感溢れる催しがいつも企画されているが、今年のキリンの登場は誰もが驚いた。

実際のところキリンの役目は何かというと、リアルで動き回る動物のスケッチを教わるワークショップのモデルとして会場に運び込まれたものだ。3歳の子供のキリンTiny君の身長は12フィート(約3.7メートル)。本人はそれとは知らず、会場の人気者になっていた。

Gary Geraths氏によるスケッチ講座は、数十席用意されたワークショップが毎回満席の人気で、キリンの骨格や筋肉の構造、動物ならではの動きなどの特徴を分かり易く解説しながらのワークショップであった。

過去と現在を振り返るプロダクションギャラリー

プロダクションギャラリーの入口

今年から新たに設置されたコーナーであるプロダクションギャラリーは、各国のCGプロダクションが制作してきた映像制作のための素材、作品などを一同に集めて展示するコーナーだ。最近の作品に関連するものから、過去の思い出深い作品など、展示数は少ないながらもCG映画、VFX映画ファンにとってはたまらない展示の数々であった。まだ展示として模索中の感じもあったが、ここでしか見られない貴重な歴史的産物も見ることができ、大変貴重な展示コーナーであった。来年はさらに展示数が多くなることが期待される。

ニコラス・ケイジ主演のホラー映画「ゴーストライダー」で登場した改造バイク(実物大) 映画「メン・イン・ブラック3」に出て来たモノバイク(実物大) リメイク版映画「ゴーストバスターズ」に登場した、ラウンチャー、銃、幽霊探知機 リメイク版映画「ゴーストバスターズ」に登場した、幽霊捕獲機、背負っていたプロトンパック スクウェア・エニックス、ファイナルファンタジーXV より、ベヒーモスの模型。約30cmほどの大きさ ディズニー/ピクサー作品「Cars 3」よりキャラクター設定のためのスケッチの数々 ブリザードエンターテインメント、オーバーウォッチのキャラクタ、トレーサーの模型。約30cmほどの大きさ 「ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー」の衣装と、木のキャラクター「グルート」の模型

論文発表から、最新の映像技術を紹介

SIGGRAPHの本分は学会であり、その中心となるのはやはり技術論文の発表である。SIGGRAPHでの研究分野は、実務と関係性が深く、実際の映画製作でつちかわれた新しい技術が論文発表されたり、また逆に最新の研究発表が次の年の映画制作の特殊効果で活用されたりする。ここで発表された新しい技術が、市販ツールに取り込まれる期間も比較的短いため、遠い将来の未来の技術という感じではなく、もうすぐ手に入る身近な最新技術という雰囲気で捉えてほしい。

SIGGRAPH論文のダイジェスト動画:今年の主立った論文のデモが短時間で見ることができる

今年のSIGGRAPH論文は、35ヶ国から439本の論文が投稿され、その中の28%である126本の論文が採択された。SIGGRAPHはトップカンファレンスと呼ばれる採択されることがもっとも難しい学会のひとつでもある。

それでは、今年採択された126本の論文の中から、PRONEWSの読者向きの映像系の研究で興味深いものをいくつかピックアップして紹介しよう。現時点では研究段階のものも、来年、再来年くらいには市販ツールに組み込まれて使えるようになっているかもしれないのです。

Time Slice Video Synthesis by Robust Video Alignment

異なる時間に撮影したタイムスライス動画から、合成イメージを作成する技術。昼の動画と夜の動画を合成して、一瞬で滑らかに昼から夜に変化する動画にしたり、同じ人を複数合成したり、逆に背景に映っている人を取り除いたりすることができる。


Computational Video Editing for Dialogue-Driven Scenes

対談の映像から、しゃべっている時だけ顔を映したり、セリフの部分だけを抜き取ったりする技術。最新のテレビ会議システムや、映像スイッチャーとしてはごく普通の操作だが、それを全自動でそつなく出来るのがポイント。対談映像などを自動編集できる技術として期待される。


Real-Time Planning for Automated Multi-View Drone Cinematography

複雑なシーンでも、ドローンで自動的に撮影してもらう技術。ハリウッド映画でも撮影困難な状況でのドローンを活用した撮影が浸透しはじめており、それらを推し進める撮影技術のひとつ。


Low-Cost 360 Stereo Photography and Video Capture

リコーの360°撮影カメラTHETAを2台使った、安価なステレオ360°撮影技法。高価な360°立体視撮影専用カメラではなく、安価なTHETAを駆使し、できるだけ品質の高い撮影をする工夫。


Synthesizing Obama: Learning Lip Sync from Audio

音声データに、オバマ元大統領の口の動きを合わせ、音声ぴったりと合ったリップシンク映像で再生する技術。口の動きは、CG合成した場合、人間が不自然さを感じ易い部分のひとつであるが、本研究では大量の機械学習により、違和感なく再現できている。オバマ大統領の演説映像を大量に学習させた成果。通信回線がおもわしくない状況でのテレビ会議を補間する技術や、VR空間での対話などに用いる可能性があるとのこと。フェイクニュースなどに活用されてしまう可能性があるなど、問題もはらんでいるが、一方それを防ぐため、合成された映像を見分ける研究なども進んでいる。


Computational Zoom: A Framework for Post-Capture Image Composition

撮影時に様々なレンズを必要とする問題の解決方法の提案のひとつ。ドリーイン(カメラ自体が前後に動いて撮影した映像)を後処理で広角レンズまたはズームレンズで撮影した風に、カメラ距離と焦点距離を変更して映像を再構成することができる技術。


Deep Bilateral Learning for Real-Time Image Enhancement

写真のレタッチ(ゴミの除去などの修正)をカメラマンによる手作業を機械学習し、それらの作業を自動化する手法。コンピューティングパワーを極力使わない方法で、モバイル端末でも実現可能とのこと。


さらに今年のSIGGRAPHは、さまざまな制作が体験できるスタジオも充実、先進的な研究開発が体験できるE-Techと数多くの展示でにぎわった。盛りだくさんの話題は、続くレポートで紹介する。

txt:安藤幸央 構成:編集部
◀︎Vol.02 [SIGGRAPH 2017] Vol.04

[ Category : , ]
[ DATE : 2017-08-17 ]
[ TAG : ]

この記事に関連する記事一覧

[SIGGRAPH2019]Vol.05 技術進歩で制作そのものが変化する。CG技術で進化する映像制作のワークフロー

txt:安藤幸央 構成:編集部 リアルな撮影、バーチャルな撮影 バーチャルスタジオでの撮影の様子。床面のみ実物で、砂や石ころが敷き詰められている 今年のSIGGR... 続きを読む

[SIGGRAPH2019]Vol.04 未来の表示装置と、リアルタイムCGの世界

txt:安藤幸央 構成:編集部 先端技術展示。未来的のディスプレイデバイスの紹介 最新技術の展示体験コーナー、レーザー描画の絵柄でお出迎え SIGGRAPHの... 続きを読む

[SIGGRAPH2019]Vol.03 最新鋭の映像機器、VR応用の最先端

txt:安藤幸央 構成:編集部 新しい映像配給チャネル、Netflixが考えるCG/VFXと、ストリーミングの勘所 SIGGRAPHのプロダクションセッションと言えば、... 続きを読む

[SIGGRAPH2019]Vol.02 生々しい制作の現場。プロダクションギャラリーで制作の現場に出会う

txt:安藤幸央 構成:編集部 CG/VFX制作の現場を知るプロダクションギャラリー SIGGRAPHの人気展示のひとつ、プロダクションギャラリーは2017年から企画が... 続きを読む

[SIGGRAPH2019]Vol.01 CGの祭典SIGGRAPH2019開催!今年のテーマは「THRIVE」

会場となったロサンジェルスコンベンションセンター txt:安藤幸央 構成:編集部 リアルタイムCGが映像制作の現場に。VR技術で映像制作の可能性が広がる現場 SIGG... 続きを読む

[SIGGRAPH2018]Vol.05 応用例が広がるCG/VFXの世界

txt:安藤幸央 構成:編集部 SIGGRAPH 2018全体を振り返る 展示会会場で大人気だったNVIDIAのレイトレーシングブース リーマンショッ... 続きを読む

[SIGGRAPH2018]Vol.04 業界における最先端のノウハウが共有できるSIGGRAPHの醍醐味

txt:安藤幸央 構成:編集部 担当者が制作過程を惜しげもなく公開。現場の苦労が聞けるプロダクションセッション プロダクションセッションは、Computer Anima... 続きを読む

[SIGGRAPH2018]Vol.03 現場で使われた小道具と衣装が集合。プロダクションギャラリーの見所

txt:安藤幸央 構成:編集部 VFX制作の現場を知るプロダクションギャラリー SIGGRAPHの人気展示のひとつ、プロダクションギャラリーは昨年から企画がスタート... 続きを読む

[SIGGRAPH2018]Vol.02 昨年以上のVR三昧。ハリウッド資本の流入と、新デバイスの発展

txt:安藤幸央 構成:編集部 特別なVR体験と、身近なVR体験へ キャプション:バーチャルカメラでVR空間を描いた仮想セットのカメラアングルを検討するスピルバーグ... 続きを読む

特集記事

再現:CP+2020 再現:CP+2020
開催中止となってしまったCP+2020をPRONEWS誌面上で再現して行く。
CES2020 CES2020
米国ラスベガスで開催された世界最大の国際家電見本市 CES2020をレポート。
PRONEWS AWARD 2019 PRONEWS AWARD 2019
2019年は映像業界にとってどんな年だったのだろうか。PRONEWS AWARDで部門ごとに振り返る。
Inter BEE 2019 Inter BEE 2019
千葉幕張メッセにて開催される国際放送機器展“Inter BEE“をレポート。
InterBEE 2019の歩き方 InterBEE 2019の歩き方
今年もInterBEEの歩き方をジャンル別にピックアップし、6種類のコースを紹介。
Film Shooting Rhapsody Film Shooting Rhapsody
フィルム撮影の経験をしたい人に向けてフィルム撮影で必要な各種の工程について解説していく。
IBC2019 IBC2019
欧州最大の業務用映像・音響の専門展示会「IBC2019」をレポート。
新世紀シネマレンズ漂流 新世紀シネマレンズ漂流
シネマレンズを中心に一眼やミラーレスデジタルカメラの動画撮影機能と組み合わせて使われる交換レンズの最新動向を紹介する。
BIRTV2019 BIRTV2019
中国・北京の中国国際展覧中心で開催された展示会「BIRTV 2019」をレポート。
SIGGRAPH2019 SIGGRAPH2019
世界最大のコンピュータグラフィックスとインタラクティブ技術に関する学会・展示会SIGGRAPH2019をレポート。
QBEE2019 QBEE2019
九州放送機器展(QBEE)をいつもの会場練り歩き方式でレポート。
4K・8K映像技術展Report 4K・8K映像技術展Report
東京ビッグサイト青海展示棟にて開催された4K・8K映像技術などの最新技術が一堂に出展する「通信・放送Week2019」をレポート。
DSJ2019 DSJ2019
幕張メッセで開催された国内最大のデジタルサイネージの展示会「DSJ2019」をレポート。
Digital Cinema Bülow VIII~Cine Gear 2019 Digital Cinema Bülow VIII~Cine Gear 2019
米国ハリウッドのパラマウントスタジオ内で開催された映画撮影機材の専門展示会「Cine Gear Expo」をレポート。
After Beat NAB SHOW 2019 After Beat NAB SHOW 2019
東京・秋葉原のUDXにて開催されたAfter NAB Show 2019をレポート。

トップ > 特集 > [SIGGRAPH2017]Vol.03 応用分野はCGにとどまらず。SIGGRAPH2017の論文発表からみる映像技術の進化