PRONEWS

  • imgABOUT
  • imgTWI
  • imgFB
  • imgYTU

トップ > 特集 > [BIRTV 2017]Day.02 ついにAU-EVA1の実働モデルが登場!Panasonic他

News

[BIRTV 2017]Day.02 ついにAU-EVA1の実働モデルが登場!Panasonic他

2017-09-07 掲載

「AU-EVA1」を入念にチェックする岡カメラマン。詳しいレポートが期待できそうだ
txt:小寺信良 構成:編集部

ついにAU-EVA1の実働モデルが登場! | Panasonic

昨日はお昼に北京入りしたため、午後3時間程度しか会場を見て回ることができなかった。今日が本格的な取材である。まず向かったのはパナソニックのブース。NABではチラ見せだったスーパー35mmシネマカメラ「AU-EVA1」の実動モデルが展示されていた。

日本ではまだ情報が少ないカメラだが、ハンドルやビューファインダを外してかなり小型化できるようになっている。詳しくは動画レポートや、岡カメラマンのレポート(近日公開!)を見ていただいたほうが早いだろう。

レンズを取ってみた。センサーはどうだろうか?

昨年のInterBEEあたりから、局内インフラはSDIでいいんじゃないかという方向性を打ち出したパナソニック。参考出展された「AV-HS8300MC」は、そうした方向性を具現化した12G-SDI入力対応の4Kスイッチャー。SDI 1本で4Kの接続ができるため、本体規模としては従来のHDスイッチャー並みのサイズを実現したところがポイントだ。4Kながら80in/40outを実現した、4M/Eスイッチャーである。

参考出展の「AV-HS8300MC」

またHDとの切り換え運用も可能で、その場合は160in/80out/8M/Eと、2倍のスペックとなる。今回の展示ではコントロールパネルは既存モデルを流用しているとのことだが、逆に考えれば既存製品ユーザーであってもコンパネはそのまま、本体入れ替えだけで4Kオペレーションが可能になるという点では、キツキツで設計してある中継車やスタジオサブなどは、卓周りを作り直さなくてもよいというメリットもある。すでに日本国内では受注しており、年内には数ヵ所に配備されるという。

現地の放送機器メーカー社長に訊く | HDAVS

せっかく中国まで来たということで、中国オリジナルの放送機器メーカーにお話しを伺った。HDAVSは北京に本社を置く総合放送機器メーカーで、ENGカメラ、スタジオカメラ、レコーダー、編集システムなどを幅広く手がけている。

社長の呉 会森氏は、ソニーやパナソニックなど日本企業における中国市場担当を歴任した経験があり、中国製の放送機器を作ることを目標として2005年に創業した。現在は中国最大の国営放送である中央電視台(CCTV)北京本社内の機材のうち、半分程度はHDAVSの機材だという。

自社製品を解説する社長の呉 会森氏

日本との関わりも深く、日本国内にも錦糸町に関連会社を持っている。呉社長自身も日本に帰化しており、錦糸町にお住まいだそう。ハードウェアの製造は中国だが、設計は日本で行なうことも多く、部材調達も日本で行なう事も多いという。

HDAVSのカメラシステムでは、記録メディアとしてiVDRを採用している。iVDRは、ご存じの方はもう少ないかもしれないが2000年初頭に日立、アイ・オー・データ機器、三洋電機らでコンソーシアムを立ち上げたインターフェース規格だ。ストレージには2.5インチHDDを採用し、一時はPC用リムーバブルディスク、テレビレコーダなどの製品も出たが、あまりパッとせず現在に至っている。

記録メディアにiVDRを採用しているのはユニーク

iVDRを採用している理由は、現在では圧倒的に低価格で入手できるところで中身的には日立(HGST)製だという。中国ではまだ4K放送の予定がなくHDがメインであるため、HDDの速度でも十分対応できるという。

またドラマなどの制作現場では4Kでの収録も始まっている。4Kカメラ向けとしては、SSDタイプのiVDRを使用するという。iVDRはインターフェース規格なのでストレージは何を採用してもいいわけだ。

同社が開発中のENGハンドヘルド「HDC-1280」

メディアサイズが大きいため、開発中のハンドヘルドカメラ「HDC-1280」もやや大型だが、センサー部が交換できるようになっており、HDから4Kまで同じボディで対応できる。このカメラで世界進出を狙うという。


Day.01 [BIRTV 2017] Day.03

[ Category : , ]
[ DATE : 2017-09-07 ]
[ TAG : ]

この記事に関連する記事一覧

[CES2018]Vol.07 大量中華ブースが繰り広げる「もうひとつのCES」〜真の主人公ここにあり

“DESGIN & SOURCE”と銘打たれた新設ブース。しかしその実態は…。大きさはほぼLVCCサウスホールと同じ規模面積。このテントの大きさを見るだけでも価値あり…。 txt... 続きを読む

[CES2018]Vol.06 制作・開発者目線から見たCES2018〜なぜ僕らはCESに足を向けるのか?

txt:清水幹太 編集部 /  構成:編集部 見方によって景色は大きく変わる これを書いている筆者は、普段はテクニカルディレクター及び開発者として様々な制作・開発プロジ... 続きを読む

[CES2018]Vol.05 気になるディスプレイ関連の注目ポイント

txt:江口靖二 / 編集部 構成:編集部 CES2018で気になったディスプレイ製品色々 サムスンのメディア向けカンファレンスで発表された「The Wall」 ... 続きを読む

[CES2018]Vol.04 CES2018で静かに盛り上がる「なんかいい」UX大系

txt:清水幹太  / 構成:編集部 直感的な“なんかいい”もの VRに人工知能、暗号通貨、あるいはAIスピーカー等々、最新技術の動向を色濃く投影するCESではある... 続きを読む

[CES2018]Vol.03 カメラコントロールボックスCCB-WD1で広がる映像の可能性

txt:小寺由子 編集部 / 構成:編集部 米国ラスベガスにおいて、恒例のCES2018が開催された。以前はその年の新製品や今後のコンセプトモデルなどが多数発表され、各社新製... 続きを読む

[CES2018]Vol.02 時代の潮目〜これからはモビリティが最上位概念であることを示したCES2018

txt:江口靖二 編集部 / 構成:編集部 CES2018のキーワードとは CESはご承知の通り、ここ数年テレビやデジタル家電だけの領域ではなく、IoTやAIなども含め... 続きを読む

[CES2018]Vol.01 混沌のCES開催〜“非接触性”の増加、未来のモビリティ提案

txt:西村真里子 編集部 / 構成:編集部 全く予想のつかないCES 今年のCESはいろんな意味で大いに荒れた。それは展示内容もそうだが、会期中珍しくラスベガ... 続きを読む

[BIRTV 2017]Day.03 常に新しいメディアであり続けられる中国のテレビ放送

txt:小寺信良 構成:編集部 北京取材も本日で3日目。最終日は明日だが、この日はもうブースをたたむメーカーも出てくるそうで、フルで取材できるのは本日が最後となる。国外企業が... 続きを読む

[BIRTV 2017]Day.01 中国企業に席巻!一味違う製品が一堂に揃うBIRTV

txt:小寺信良 構成:編集部 いい意味で期待を裏切られたBIRTV 8月23日から25日まで3日間の予定で、中国は北京で開催される映像機材展「BIRTV」を取材した。... 続きを読む

特集記事

CES2018 CES2018
米国ラスベガスで開催された世界最大の国際家電見本市 CES2018をレポート。
最新カメラ探訪2018 最新カメラ探訪2018
国内3大メーカーが世に問う「映像表現を進化させるプロダクト」とは?最新カメラ事情を紹介。
PRONEWS AWARD 2017 PRONEWS AWARD 2017
2017年は映像業界にとってどのような年だったのか。PRONEWS AWARDで部門ごとに振り返る。
Inter BEE 2017 Inter BEE 2017
千葉幕張メッセにて開催されるInterBEE2017をレポート。
InterBEE2017の歩き方 InterBEE2017の歩き方
目的に合わせたブースをピックアップし、最小限の力で最大の効果が得られる最強の「Inter BEE 2017の歩き方」を紹介。
inside DaVinci 14 inside DaVinci 14
4月に行われたNAB2017にて発表となったDaVinci Resolve 14を紹介。
SIGGRAPH2016 How to Media Composer | First
誰でも無料で使えるAvid Media Composer | Firstのセットアップ方法や、使い勝手を解説していく。
QBEE2016 BIRTV 2017
中国・北京で開催されたアジア地区ではInterBEEと並ぶ大規模な放送機器展 BIRTVをレポート。
SIGGRAPH2017 SIGGRAPH2017
世界最大のCGとインタラクティブ技術の学会・展示会SIGGRAPH2017をレポート。
THE ROAD TO VR THE ROAD TO VR
幅広いジャンルで活用されているVRが、いかに普及、どのように進化していくのかを考える。
Digital Cinema Bülow VI~CineGear 2017 Digital Cinema Bülow VI~CineGear 2017
米国ハリウッドで開催された映画撮影機材の専門展示会 Cine Gear Expoをレポート。
QBEE2017 QBEE2017
九州放送機器展(QBEE)をいつもの会場練り歩き方式でレポート。
After Beat NAB SHOW 2017 After Beat NAB SHOW 2017
東京秋葉原のUDXにおいて開催されたAfterNABshowで今年のNABの総括を考える。
NAB2017 NAB2017
米国ネバダ州ラスベガスにて開催される世界最大の放送機器展覧会 2017 NAB Showをレポート。
SXSW2017 SXSW2017
米国テキサス州オースティンで開催された、SXSWをレポート。

トップ > 特集 > [BIRTV 2017]Day.02 ついにAU-EVA1の実働モデルが登場!Panasonic他