PRONEWS

  • imgABOUT
  • imgTWI
  • imgFB
  • imgYTU
  1. トップ
  2.  > 
  3. 特集
  4.  > 
  5. [BIRTV 2017]Day.02 ついにAU-EVA1の実働モデルが登場!Panasonic他
News

[BIRTV 2017]Day.02 ついにAU-EVA1の実働モデルが登場!Panasonic他

#Report NOW! #BIRTV

2017-09-07 掲載

「AU-EVA1」を入念にチェックする岡カメラマン。詳しいレポートが期待できそうだ
txt:小寺信良 構成:編集部

ついにAU-EVA1の実働モデルが登場! | Panasonic

昨日はお昼に北京入りしたため、午後3時間程度しか会場を見て回ることができなかった。今日が本格的な取材である。まず向かったのはパナソニックのブース。NABではチラ見せだったスーパー35mmシネマカメラ「AU-EVA1」の実動モデルが展示されていた。

日本ではまだ情報が少ないカメラだが、ハンドルやビューファインダを外してかなり小型化できるようになっている。詳しくは動画レポートや、岡カメラマンのレポート(近日公開!)を見ていただいたほうが早いだろう。

レンズを取ってみた。センサーはどうだろうか?

昨年のInterBEEあたりから、局内インフラはSDIでいいんじゃないかという方向性を打ち出したパナソニック。参考出展された「AV-HS8300MC」は、そうした方向性を具現化した12G-SDI入力対応の4Kスイッチャー。SDI 1本で4Kの接続ができるため、本体規模としては従来のHDスイッチャー並みのサイズを実現したところがポイントだ。4Kながら80in/40outを実現した、4M/Eスイッチャーである。

参考出展の「AV-HS8300MC」

またHDとの切り換え運用も可能で、その場合は160in/80out/8M/Eと、2倍のスペックとなる。今回の展示ではコントロールパネルは既存モデルを流用しているとのことだが、逆に考えれば既存製品ユーザーであってもコンパネはそのまま、本体入れ替えだけで4Kオペレーションが可能になるという点では、キツキツで設計してある中継車やスタジオサブなどは、卓周りを作り直さなくてもよいというメリットもある。すでに日本国内では受注しており、年内には数ヵ所に配備されるという。

現地の放送機器メーカー社長に訊く | HDAVS

せっかく中国まで来たということで、中国オリジナルの放送機器メーカーにお話しを伺った。HDAVSは北京に本社を置く総合放送機器メーカーで、ENGカメラ、スタジオカメラ、レコーダー、編集システムなどを幅広く手がけている。

社長の呉 会森氏は、ソニーやパナソニックなど日本企業における中国市場担当を歴任した経験があり、中国製の放送機器を作ることを目標として2005年に創業した。現在は中国最大の国営放送である中央電視台(CCTV)北京本社内の機材のうち、半分程度はHDAVSの機材だという。

自社製品を解説する社長の呉 会森氏

日本との関わりも深く、日本国内にも錦糸町に関連会社を持っている。呉社長自身も日本に帰化しており、錦糸町にお住まいだそう。ハードウェアの製造は中国だが、設計は日本で行なうことも多く、部材調達も日本で行なう事も多いという。

HDAVSのカメラシステムでは、記録メディアとしてiVDRを採用している。iVDRは、ご存じの方はもう少ないかもしれないが2000年初頭に日立、アイ・オー・データ機器、三洋電機らでコンソーシアムを立ち上げたインターフェース規格だ。ストレージには2.5インチHDDを採用し、一時はPC用リムーバブルディスク、テレビレコーダなどの製品も出たが、あまりパッとせず現在に至っている。

記録メディアにiVDRを採用しているのはユニーク

iVDRを採用している理由は、現在では圧倒的に低価格で入手できるところで中身的には日立(HGST)製だという。中国ではまだ4K放送の予定がなくHDがメインであるため、HDDの速度でも十分対応できるという。

またドラマなどの制作現場では4Kでの収録も始まっている。4Kカメラ向けとしては、SSDタイプのiVDRを使用するという。iVDRはインターフェース規格なのでストレージは何を採用してもいいわけだ。

同社が開発中のENGハンドヘルド「HDC-1280」

メディアサイズが大きいため、開発中のハンドヘルドカメラ「HDC-1280」もやや大型だが、センサー部が交換できるようになっており、HDから4Kまで同じボディで対応できる。このカメラで世界進出を狙うという。


Day.01 [BIRTV 2017] Day.03

[ Category : , ]
[ DATE : 2017-09-07 ]
[ TAG : ]

この記事に関連する記事一覧

[CES2020]Vol.11 Crystal LEDとAtom Viewで実現するヴァーチャルセット最前線~まさにリアルを超える?!

txt:西村真里子・猪蔵・編集部 構成:編集部 リアルとバーチャルの境目がなくなる影像制作 CES 2020はそれまでのCESの歴史から大きくシフトを宣言している年であ... 続きを読む

[CES2020]Vol.10 テレビ局が不在でも完全に8Kが主流のCES2020

txt:江口靖二 構成:編集部 CES 2020の主流が「8K」となった理由 CES 2020では完全に8Kが主流である。グローバルで市場を牽引する中国とアメリカでは、... 続きを読む

[CES2020]Vol.09 「次の10年のエンターテインメント・プラットフォーム」とは?〜モバイル向け動画配信サービスQuibiスタート直前

txt:加藤薫(博報堂DYメディアパートナーズ) 構成:編集部 モバイル向けストリーミングサービス「Quibi」とは? 生活を変えるテクノロジーのショーケースとして... 続きを読む

[CES2020]Vol.08 日常が“つながる”と意外なものがメディアになる?未来の生活を彩るものたち

txt:平野陽子 (大広) 構成:編集部 2020年1月7日~1月10日、米国ラスベガスにて「CES 2020」が開催された。すでに多くのメディアで語られているが、再度振り返... 続きを読む

[CES2020]Vol.07 人工人間、身体性が問われるテクノロジー「NEONプロジェクト」

txt:西村真里子 構成:編集部 CES 2020で注目のテクノロジー「NEON」とは CES 2020の日本のスタートアップが出展するEureka Parkに... 続きを読む

[CES2020]Vol.06 目の付け所がAIなプロダクトが続々登場〜会場から見えてくるAIプロダクト達

txt:江口靖二 構成:編集部 進化する画像センサーがより良い未来を作る サムスンの「Ballie」は目の付け所がサムスンなプロダクトだ。百聞は一見にしかず、サムス... 続きを読む

[CES2020]Vol.05 航空会社として初基調講演。デルタ航空が考えるイノベーション〜パラレル リアリティ ディスプレイ

txt:江口靖二 構成:編集部 航空会社として初めての基調講演 CESでのキーノートには、例年家電メーカーであったり、インテルやクアルコムのようなチップ系のメーカー、最近では自... 続きを読む

[CES2020]Vol.04 より多くの人を集めるために〜CESにおける「見せ方」と「ブランディング」効果とは?

Audiのブースは上からキラキラしたリボンが無数に装飾されており、否が応でも足を踏み入れたくなる txt:清水幹太 構成:編集部 来場者の気を引く“見せ方”は多種多様 ... 続きを読む

[CES2020]Vol.03 一般化を迎えたカテゴリーに花開く、味わい深いプロダクトたち〜展示会スタート

txt:清水幹太 / 編集部 構成:編集部 いよいよ展示会が始まる MediaDayが終わり、CES展示会場での展示がいよいよ始まった。CESの他の展示会と大きく違う点... 続きを読む

特集記事

Inter BEE 2019 ぼくらのEDIUS X
約3年ぶりのメジャーバージョンアップとなる「EDIUS X」の魅力を紹介。
InterBEE 2019の歩き方 Broadcast & Cinema EXPO 2020
映像制作者、映像業界関係者向け情報イベント配信番組。
ATEM WORLD ATEM WORLD
ラインナップ充実のATEM Miniシリーズの選び方や使いこなしをご紹介。
SIGGRAPH2020 SIGGRAPH2020
オンライン開催されたVFXの祭典・SIGGRAPH2020をレポート。
映像基礎講座 映像基礎講座
映像の基本や基礎知識を学ぶ。映像制作初心者はもちろん、熟練者ももう一度初心に立ち返ろう。
	
Shoot with Vlog cam Shoot with Vlog cam
個人の動画ブログ「Vlog」が隆盛するいま、Vlog用カメラを通して映像を撮ることを数回にわたり考える。
Camera Preview 2020 Camera Preview 2020 Part II
2019年から2020年春にかけて発表された話題の新製品やカメラシステムを紹介。
Camera Preview 2020 Camera Preview 2020 Part I
2019年から2020年春にかけて発表された話題の新製品やカメラシステムを紹介。
AfterCOVID-19 映像業界サバイバル AfterCOVID-19 映像業界サバイバル
社会的危機となっている新型コロナウイルス拡大の状況を分析し、今何が起こり、何が必要で、その後に何が訪れるのかを考えてみる。
Film Shooting Rhapsody 上映編 Film Shooting Rhapsody 上映編
16mmフィルムトライアルルームの荒木泰晴氏によるフィルム特集第2弾。今回はフィルム現像から紹介する。
再現:NAB2020 再現:NAB2020
米国ラスベガスにて開催予定だった世界最大の放送機器展覧会 2020 NAB Showでお披露目される予定だった内容を再現していく。
Film Shooting Rhapsody Film Shooting Rhapsody
16mmフィルムトライアルルームの荒木泰晴氏によるフィルム特集第2弾。
再現:CP+2020 再現:CP+2020
開催中止となってしまったCP+2020をPRONEWS誌面上で再現して行く。
CES2020 CES2020
米国ラスベガスで開催された世界最大の国際家電見本市 CES2020をレポート。
PRONEWS AWARD 2019 PRONEWS AWARD 2019
2019年は映像業界にとってどんな年だったのだろうか。PRONEWS AWARDで部門ごとに振り返る。
  1. トップ
  2.  > 
  3. 特集
  4.  > 
  5. [BIRTV 2017]Day.02 ついにAU-EVA1の実働モデルが登場!Panasonic他